公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

自己啓発のはなし

テーマパークのような不思議な人生

シンガポール フラトン


日本経済新聞朝刊一面のコラム「春秋」(2018/5/12付)において、(米朝首脳会談の舞台に選ばれた)シンガポールのことを「人工的で清潔で、街全体がテーマパークのような不思議な国」と形容していました。

私が初めてシンガポールに行ったのは5年前のこと。その時から、これまで見たことのないような「街全体がテーマパークのような不思議な国」の魅力に取りつかれました。移住したいと思う3つの国のうちの1つです。

私がシンガポールに行く時に必ず携帯している 白石隆著 『海の帝国―アジアをどう考えるか』(中公新書)によると、シンガポールの建国は1819年であり、「1811年にはシンガポールはまだ人口数百人の小さな漁村にすぎなかった」(P4)といいます。シンガポールの「建設者」と知られるラッフルズが38歳の時にシンガポールが建国され、ラッフルズの提案通りに「自由貿易帝国」を作り上げる。そして、小さな漁村にすぎなかった街が、200年後には世界の貿易、金融、経済のハブとなり、いまだにその発展は衰えることを知らない。

当然、そんな街に足を踏み入れると、地鳴りがするような活気を肌で感じ、「生きている」という活力をもらいます。世知辛く、息苦しい所に身を置いているのがアホらしく思うほどに。

「とは言っても東南アジアだよな」という面もあるけど、自由のシンボルとしての側面もある。5年前にとんでもない成功者やとんでもない富裕者を目の当たりにして、自分の中で何かが崩れ、何かが弾け、一瞬にして価値観が変わり、魂に火が灯りました。

その時、宿泊していたマリーナ・ベイ・サンズのベッド脇に備えてあったメモパッドに、当時の自分からすると”非現実的”と一蹴されるような夢・願望を書きなぐり、ひとつの決断をして帰国しました。

結局、そこに書いたことは、すべて2年で実現させました。夢・願望に実現には、数年のスパンが必要ではあるものの、自ら選択し、決断し、行動したものは、着実に、確実に達成できるということを証明してきました。

今回のシンガポール滞在中にも、自分の人生の大きなミッションを一つ達成させました。

先日、このブログで「自分の人生もフィクションではないか」と書きました。自分の人生は、自分で自由に書き変えることができるのです。今無いものを嘆くヒマがあったら、自分がどう在りたいのかを考えるべき。一国家が「テーマパークのような不思議な国」と形容されるように、自分の人生を「テーマパークのような不思議な人生」にしてしまってもいいじゃないか。

人生100年時代なんて言われますけど、38億年の人類の歴史を365日とすると、100年なんて0.8秒に過ぎません。「あ」っという間に死んでいく人生。「テーマパークのような不思議な国」の夜景をぼんやりと眺めながら、本当はどうしたいのか自分に問い続けるべきだ、と改めて感じました。


人間を別にすれば、あらゆる動物たちは

生きていることの主たる仕事が、

生を楽しむことだということを知っている。


 ― サミュエル・バトラー(イギリスの作家、1835-1902)


(写真は、宿泊先の”The Fullerton Hotel” の Roof Top Barより)

70歳になっても海外ホームステイをして英語を学び直したいって、素敵すぎるやん

早いもので4月も最終日。

ということで、日経新聞の連載コラム「私の履歴書」(毎月1日〜末日までの連載コラム)も、本日が最終回。今月の「私の履歴書」を担当されたジャパネットたかた創業者 高田明さんのコラムの締めは、こんな文章でした。

私も今年で古希を迎えるが、これからが人生の本番と心得ている内外を旅して世界遺産を見たり、カジノを楽しんだり、下手なゴルフに挑戦したり、サッカーを応援したり。願わくば2〜3年、海外にホームステイして英語を学び直したい。情熱を持って生きている限り、人は年を取らない

私の座右の銘は「夢持ち続け日々精進」だ。この言葉が大好きで、何千回となく口にした。夢は「持っていたのに」と過去形ではなく、持ち続けるものだ。その夢に近づくために「昔は頑張った」と振り返るのではなく、「今を頑張っている」ことこそ大事だと思う

もう時間ですね。明はこれからも一生懸命、生きていきますよ。皆さんもお元気で!

高田明さんが古希(70歳)を迎えるというのは驚きでした。

先日紹介したサマセット モーム『月と六ペンス』 の書評において、「『自分が在るべき場所』を狂気ともいえるほどの激しさで追い求めれば、人生の最後に最大の愛と幸福に到達する」と書きました。自分は本当はどうしたいのか。本当はどこにいたいのか。本当は誰といたいのか。年齢は関係ないと思います。70歳になっても「海外にホームステイして英語を学び直したい」などの夢や情熱を持っていることは素敵なことだと思います。私は70歳になったら何をしているのだろうか。きっと今とはまったく違う生活をしていると思いますが、情熱だけは持ち続け、社会に何らかの足跡を残したいと思います。

人生は短くても長くても一度きり。

人生は一度きり


日経新聞朝刊の『春秋』も良い文章を書きますよね。
毎朝、日経の『春秋』と、読売の『編集手帳』は欠かさず読んでいます。

アフラックのCMに出演されていた方が先週亡くなられたようです。
その方の書籍の一節が紹介されています。
「人生は短くても長くても一度きり。泣いても笑っても一度きり。一瞬たりとも後悔なく生きたい」

私は森信三の『人生二度なし』が座右の銘となっておりますが、『人生二度なし』『人生は一度きり』と分かっていても、その時その時を全力で生きるのは難しいもの。

ただ、「時間の浪費」だけはしたくない。「なんとなく」の時間、「なんとなく」の仕事、「なんとなく」の人間関係、「なんとなく」のネット接続・・・に費やしている時間を合計すると、相当な時間になるかもしれません。そういう「時間の浪費」を無くしていくだけで人生はさらに有意義になると思います。私は空いた時間を出来るだけ読書に当てるようにしていますが、そう意識するだけで読書量は2〜3倍になります。それが(昨日紹介した池上さんの記事にもあるように)やがて仕事でも生きてくるのではないかと思います。



「人生の持ち時間を何に使えばいいか」という問題




先日行ったシンポジウム『宗教と生命』は、『激動する世界と宗教』と題する連続シンポジウムであり、第3回目の開催でした。

第1回目のシンポジウムは2017年8月に開催され、その記録が先日『宗教と資本主義・国家』として書籍化されました(第2回目のシンポジウムの記録は『宗教と暴力』として4月20日発売予定)。

本書でも、私が大尊敬している知の巨人、松岡正剛・池上彰・佐藤優の3名(+2名)が登壇(登場)し、侃侃諤諤の議論がなされております。

『宗教』『資本主義・国家』という難しいテーマではあるものの、松岡正剛氏が、「(このテーマを)私なりにいい換えると『合理と非合理とはいったい何か』という点にあった」(P144)と一言でまとめたのにはちょっぴり感動。本を読みながら唸り声を上げることが時々ありますが、この一文は唸った。詳しい内容を書くと面白くなくなるので・・・省略します。本書をご確認ください。

----

今回は書籍を紹介したかった訳ではありません。池上彰氏と佐藤優氏の対談の中で、佐藤優氏がこんなことを言っているのです。

この場で初めて話しますが、私には、個人的な相談をする相手はほとんどいません。この10年ほどの間にサシで相談した相手は、池上さんだけです。何を相談したかというと、「人生の持ち時間を何に使えばいいか」という問題です。池上さんからいただいた非常に重要なアドバイスは「今は教育と研究を両方しているけれど、60歳までにどちらか一つに選んだほうがいいでしょう。選ぶとしたら教育のほうではないでしょうか」というものでした、私の心をよくわかっているなと思っています。(P72)


この「人生の持ち時間を何に使えばいいか」という問題は、究極の人生相談であり、私自身もいつも自分の問うている問題です。

20代・30代は「24時間戦えますか」のCMの如きガムシャラに働いていましたが、40代になってからは労働時間を極限まで減らしました。昨年、働き方を変えると宣言した通りです。50歳でリタイアするというのもこのブログで度々書いてきた通りです。時間はたっぷりあります。さぁ、ここでどうするかです。

そうすると、私の場合、もう一度ガムシャラに働こうとか、カネを稼ごうとか、そういう気分には全くならない。有難い程に色んな仕事のオファーを頂きますが、本業に関係ないものや、下請的なものは全てお断りしていますし、今後もやる予定は一切ない。

1日中アポイントがない、どころか、1週間アポイントがない、なんて時もありますが、じゃぁ何がしたいのか(何をしているのか)といえば、「教育と研究」ということになる。まったくカネにならないことを、ひたすらやっている。

池上彰氏が『私は今、7つの大学で学生に教えているのですが、これほど経済合理性に反する行為はありません』(前掲書P69)と述べています。私も大学院で講師をやっていたことがあるので、これはよく分かります。東京・新大阪間の交通費や宿泊代は自腹だったので、やればやるほど赤字でした。

人間は経済活動で一定の成果を上げるとお金から解放され、お金から解放されると資本主義的な論理とは違うところので活動をするようになるのでしょう(もちろん、そうはない人も沢山います)。ひたすら教会で教えを説くとか、ひたすら聖書やコーランを読む、といった宗教活動も、資本主義的な論理とはかけ離れた活動という意味では同じことかもしれません。

ここで『合理と非合理とはいったい何か』という話に結び付くわけです。『人生の持ち時間を何に使えばいいか』ということを問うと、合理から非合理、経済活動(資本主義)から精神活動(宗教活動)へと移っていく。合理の中で経済が発展したように、非合理の中で自己が発見・確立するのかな、と漠然と思う訳です。私の愛読書の辰濃和男著『ぼんやりの時間』(岩波新書)には、「ぼんやりは貴い」と書かれています。非合理な時間や、ぼんやりの時間を意識的に持ちたいと考えています。

知の巨人に会いに行く

将来振り返ると、今日という一日は忘れられない日になりそうです。

私が大尊敬している3名を、「生」で、しかも「同時に」見ることができました。



春分の日の今日、有楽町の朝日ホールで開催されたイベントへ行きました。

『激動する世界と宗教 「第3回 宗教と生命(いのち)」』というシンポジウム。 


「宗教と生命」に興味がない訳ではありませんが、その話を聞きたかった訳ではありません。

先月、宿泊先の部屋に届けてくれた朝日新聞をペラペラとめくっていたら、松岡正剛・池上彰・佐藤優の3名が登壇する朝日新聞社のシンポジウムがあることを知りました。私が「知の巨人」として大尊敬している3名です。行かない訳にはいきません。

「事前打ち合わせ一切なし」で行われたという対談&パネルディスカッションは、おったまげました。

特に佐藤優氏のマシンガントークは唖然。佐藤優の対談本や講義録は多く出版されており、それらの本を読んだ時、「こんな濃い内容の話を何時間も喋り続けることなんてホントに出来るのか?」、「後でかなり加筆してないか?」って思ったものですが、「生」佐藤優はもっと凄かったです。しかも相当面白い。見た目怖いのに喋り出したら爆笑のインテリジェンス。

池上彰氏はテレビのままで、分かりやすく伝えることは日本一のジャーナリスト。対談の進め方もうまいですね。私がセミナーに登壇する時は、池上彰氏の伝え方・喋り方を意識しています。(実はね)

松岡正剛氏の講演は何度か聞いたことがありますが、この方の頭の中も唖然とさせられます。頭をかち割って、脳の中を紐解いてみたい。今日のパネルディスカッションも前半は独演会のようになっていました。どんなに努力しても超えることができない天才だと思いますし、永遠の憧れです。

あっという間の5時間。これだけの内容の対談・パネルディスカッションが出来るその裏にはどれ程の努力をされてきたのだろうか。「bookishな教養(書物から学ぶ教養)が必要」(佐藤優氏)だということも思い知らされましたが、この人たちが凄いのは単に知識や教養があるだけではなく、その先の「知の編集力」が凄まじい。相当刺激になりました。

印象的だったのは、パネルディスカッション中の松岡正剛氏の話を一心不乱にメモを取っている佐藤優氏の姿。異業種格闘の相手からも学ぼうという姿勢。おったまげです。

内容についてはまた気が向いたら書きます。







モチベーションというのは維持しようと思って出来るもんじゃない

『モチベーションをどうやって維持しているのか?』という質問を度々受けます。先週の経営者向けのセミナーでも受けました。質問が多いということは、モチベーションを維持するということが難しいと思っている方が多いということでしょうか。

モチベーションというのは維持しようと思って出来るもんじゃないと思います。(1)自分の夢・願望を明確にし(2)人生における優先順位付けをすれば、おのずとモチベーションは高まるもんだと思います。それでもモチベーションが湧かないというのは、夢・願望が間違えているのかもしれません。

誰もが夢・願望を一つや二つは持っていると思いますが、人生における優先順位付けをしているでしょうか。「優先順位付け」ができていないと、目の前のことに追われてしまいます。どうでもいいことに流されてしまいます。そうやって流された人生を送っていると、いつもと同じ状況から脱却することができず、夢が夢で終わる可能性があります。

モチベーションを維持するためには夢・願望を明確にする必要があり、夢・願望をかなえるためには「優先順位付け」が必要であり、「優先順位付け」をするためには「タイムマネジメント能力(時間管理能力)」が必要です。タイムマネジメントに関しては、『7つの習慣』の「第3の習慣」を読んで下さい。

「行動」の前に「タイムマネジメント」があり、「タイムマネジメント」の前に「優先順位付け」があり、「優先順位付け」の前に「夢・願望」がある。「夢・願望」が明確で、かつ、強烈であれば、流される行動ってものはなく、モチベーションが湧かない行動ってのもない。あとは、習慣化するまで行動をし続けることです。


優先順位付け



生き方の「型」を先に決めてしまうこと

「あなたの時間は限られています。ですから他の誰かの人生を生きることで、それを無駄にしてはいけません。人の意見の雑音で自分の心の声をかき消されてはいけません。一番重要なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなたの心と直感は、あなたが本当は何になりたいのかを既に知っているのです。」(SteveJobs)


本当は何になりたいのか。
本当は何がしたいのか。
本当は何を手に入れたいのか。
本当はどこにいたいのか。
本当は誰といたいのか。
本当はどう在りたいのか。

経営者になりたいのか、従業員でいたいのか。
会社を大きくしたいのか、一人会社でいたいのか。
24時間戦いたいのか、バランスよく過ごしたいのか。
有名人になりたいのか、自由にいたいのか。

すべて、答えは自分の心の中にあるはず。あったはず。

大人になるにしたがって、人の意見の雑音で自分の心の声をかき消されていく。

「お前には無理だ」とか、
「そんなことやめとけ」とか、
「金持ちにろくなヤツはいない」とか…。

そんな雑音ばかり聞かされると、そうなのかと錯覚し、
いつの間にか現状を正当化していく。

「僕はこういう人間なんだ」と。

そこにいることが居心地よくなって、安全領域に入りこんで、ゆでガエル状態になり、ゆでガエルであることに死ぬまで気が付かない。

そんな生き方を脱する方法はただ一つ。安全領域(コンフォートゾーン)から一気に抜け出すこと。

未来は現在の延長線上にはない。
未来は自分が決めるもの。

そこから逆算して考えれば、ゆでガエルだって大気圏を突破するほど飛び上がることはできる。
劣等感のカタマリだった私がそうできたように。

本当はどうしたいのか?
生き方の「型」を先に決めてしまうことが大切だと思います。


【関連記事】
2017/6/9 長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか。

なぜ生きているのか

阪神大震災


画像はネットから拝借。

神戸新聞社は、本社が三宮の駅前にあります。
阪神大震災で本社は壊滅的な被害を受け、新聞発行に欠かせないホストコンピューターが動かなくなる。

にもかかわらず、震災の日に夕刊を発行したのです。

この出来事を基に制作されたドラマが数年前に放映されました。

震災から1時間ちょっと過ぎたあたりの午前7時頃、本社に集合した一部の社員の前で編集長がこんなことを言ったのです。

「新聞社が新聞を出さなかったら、
新聞社の使命を果たすことができない!
なんとしても新聞を出すぞ!」

不幸に見舞われた人々や地域を取材することへの葛藤に悩み苦しみながらも、自らの使命を果たすために限界までやり抜く記者達の姿は美しく、感動的でした。

そして、本社も潰れ、コンピューターも潰れたのに、近くの京都新聞社などに協力を仰ぎ、新聞を休むことなく発行し続けたのです。

--------

私は、阪神大震災で震度7を経験し、数十秒の揺れの間に生死の境を彷徨い、「ヤバイ!」と思いながらも奇跡的に生きることができたのですが、余震の恐怖に震えながら「いつ死ぬか分からない」「人間は無力な生き物だ」と思ったものです。

死は生を全うした後の最終段階にあるのではなく、自分で支配することもできない。
我々は生かされている生き物である。

だから、いつか必ず来る死を甘受し、限られた人生において時間を無駄にせず、自分の使命を果たし、社会に足跡を残さなければならないと思っています。


私がブログから情報を配信して、自分の思いを伝えることもその一つです。「なんとしても新聞を出すぞ!」という神戸新聞社の記者の皆様の情熱には遠く及びませんが、私も公認会計士としての使命を果たし、社会に足跡を残さなければならないという気持ちは強くなるばかりです。

「生きてる間に阪神大震災より大きな震災がくることなんてない」と思ってましたが、来るのです。あの後も、これからも。本当に自分がやるべきことをやるべきだと思います。

大人が無理だといっても、あなたは可能だ!

今日は成人式。

私の住んでいる市は、市長がマスコミで騒がれてます。

それを受けて、「市民として恥ずかしい」とか、「辞めろ」とか言っている市民がいるようです。アホちゃうかと思います。

騒がれている原因を作っているのはマスコミで、そのマスコミが面白おかしく記事を書いて、炎上させているのです。一連の報道を真っ先にネットで配信した新聞社は、配信した直後に記事の内容を摩り替えています。摩り替える前の記事が消されましたので確認出来ませんが、私の記憶では、最初は新聞社に否がある(=記者が休暇中に市長の自宅に押し掛けた)ような報道をしていましたが、摩り替え後はこの部分が削除され、市長が記者に暴言を吐いたという内容を前面に押し出しています。マスコミはこういうことを平気でやるんですね。

ちなみに、この新聞社は、成人式の直後も、「成人式で暴言には触れず」みたいなことを記事にしています。ワイドショーか。。。

議員ってのは世間から監視される立場にありますから、マスコミが取材するのは仕方ないとしても、議員のちょっとした一言(だけ)を持ち上げ、そこを膨らまし、事実を歪めた報道をし、個人を攻撃し、炎上させ、アクセスを稼ぐというやり方は共感できません。

我々としては、報道と事実を見極めることができる大人にならなければなりません。

--------

そんなこんなで、アンチ市長の市民も多いようですが、私は支持しています。そんじょそこらの国会議員よりもよく働き、結果をだしているんじゃないかと思います。情報開示も積極的です。彼のブログはほぼ全て目を通していますが、非常にクレバーで、正義感・行動力があるリーダーだと思います。

今日の成人式が終わった直後も、この市長は自身のfacebookやブログで式辞を掲載してくれています(こういうことを当たり前のようにやるところも共感しております)。

全て読んで欲しいですが、一部のみ抜粋します(全文は彼のブログでご覧下さい)。
特に、若い人には「熟読」して欲しい。

私が若い人に言っていること、そのまんまです。

さて、新成人の皆さんは、もうとっくに有権者でもあり、
すでにお仕事なさっている方、お子さまおいでの方もいらっしゃいますが、
世間では「若い」と扱われがちです。
ですから、年上の人からのアドバイスをしばしばお受けすることになります。
それは、もちろんみなさんのへの愛からくるモノではありますが、
ハタチのみなさんが大事にすべきことは、
必ずしも年上の人のアドバイスではありません。

たとえば、年上の人たちが「無理だ・やめておけ」と言ったりします。
その人は、あなたがその挑戦に破れて失敗すること、
そして、その失敗があなたを大きく傷つけることを心配して
そう言ってくれているのです。あなたへの愛ゆえにです。
彼は彼の経験上、あなたの挑戦が失敗に終わると思っているのです。

でも、その人が「無理だ」と言うのは、
「その人にとって無理」だっただけで、あなたには可能かもしれません。
その人の限界より、あなたの限界がもっと遠いところにある可能性は
じゅうぶんにあります。
また、たとえその人の言うように、あなたが失敗したとしても、
その失敗したところから、次の挑戦をすればよいだけの話です。
失敗して、傷ついて、だいじなものを失って、
そして、そこからどうするのかこそが、
あたらしい価値を生み出せるかどうかなのです。

経験に基づく先人の言葉が価値を持つことも、ときにはありますが、
彼らの言葉に束縛されることなく、
自らで判断し、新しい価値を創造することのほうが重要です

自分で決断し、自分で挑戦し、自分で失敗し、自分で這い上がり、
自分で限界を超え、自分で常識を疑い、
自分で新しい価値を創造し、自分で恋をし、
自分で血と汗を流し、自分で幸せをつかむ、
自由と責任があるんだという希望を、
きょう成人式で新たにしてもらいたいと思います。

(以下省略)


【関連記事】
2017/7/3 想像できないものは手に入らない

多岐亡羊

『安岡正篤一日一言』(12月18日)より。

多岐亡羊(たきぼうよう)ということがある。

これは羊を飼っておった人が羊を逃がした。
そこで慌てて追いかけた。

隣り近所の人も一緒になって追っかけてくれたが、あんまり岐路が多い。
いわゆる多岐である。

岐路が多くって、あっちへ行ったこっちへ行ったと言っているうちに、どっかに行っちまってわからなくなった

人間もそういうもので、あんまり仕事が多くなると、肝腎(かんじん)なものがどこに行ってしまったかわからないようになる。

人間というものの本質、人間の使命、人間の幸福、そういったものがわからなくなってしまうのである。


「忙しい」は、「心」を「亡くす」「亡びる」に分解できます。
「Business」の語源は、「Busy」だそうです。

仕事に追われると自分を見失う。

『岐路が多くって、あっちへ行ったこっちへ行ったと言っているうちに、どっかに行っちまってわからなくなった。』というのは、私も何度も経験したことがあります。

岐路が多くなった時や、やるべき仕事が多くなってきた時こそ、「優先順位付け」「タイムマネジメント」(=第2象限に一点集中)が大切です。何をやるかより、何をやらないかを決めることも大切だと思います。ネットを遮断する、スマホを見ない、テレビを見ない・・・なんてことをやるだけでも、一点集中する時間はたっぷり確保できるものです。「一点集中」する時間の濃さが、人生の濃さではないかと思います。




経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 (12月12日(水)@名古屋)
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』




●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社




コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード