公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

自己啓発のはなし

年間目標の立て方(2) ―やりたいことがない方へ

続きです。

「願望がすべて」と書きましたが、「願望がない」、「夢がない」、「やりたいことがない」・・・と言われることがあります。つまり、明確な目標がないと。

本当でしょうか? 自分に勝手な制約を付けているだけではないでしょうか?

年間目標を立てる時に、一番時間をかけるべきは、「本当は何がしたいんだ!?」ということを自分に問い続けることです。

例えば、

 ・心からわくわくすることは何か?
 ・寝ても覚めても打ち込めることは何か?
 ・人を喜ばせることができることは何か?
 ・今やっていることが、本当に心からやりたいと思っていることなのか?
 ・今やっていることの延長線上に、自分の夢・願望があるのか?


といったことを問い続けることです。

今すぐに明確な答えが出ないかもしれませんが、それでも問い続けることべきだと思います。

答えはきっと自分の中にあると思います。

『心の奥底では、誰もが真理を知っている。実は我々が求めている答えも、懸命に得ようとしている力も、誰かに認めてもらいたいという思いへの答えも、実は私たちの内にある。機会や、困難が与えられれば、私たちは本当に知らなくてはいけないことを知り、本来なすべきことをするようになるのだ。』
(アラン・コーエン著『人生の答えはいつも私の中にある』より)

年間目標の立て方

今日から年末年始休暇という方が多いようですね。

私は、年末年始は人生計画(5カ年計画)を練り直します。この儀式は十数年前からやっており、毎回かなりの時間をかけてブラッシュアップしてます。明確な計画がなければ、人生が「流される」からです。

飛行機には「オートパイロットシステム(自動操縦装置)」というものが備わっており、目的地までの航路を外れた時に自動的に軌道修正してくれるようになっているようです。人間にも、オートパイロットシステムと似たようなものが備わっているのではないでしょうか。朝起きてから夜寝るまでの間、殆どの行動が無意識に流されています。これまでの習慣と少しでも異なることが起こったら、オートパイロットシステムが作動し、これまでの習慣に引き戻されてしまいます。例えば、モチベーションが急激に上がったとしても、数日後には元の状態に戻ってしまった・・・、という経験をされたことがあると思います。

ですから、人生を変えたいと思った場合、自ら、意識的に、オートパイロットシステムを解除しなければなりません。別の言い方をすれば、セルフイメージを変える潜在意識を書き換える、ということをしなければなりません。意識を変え、行動を変え、習慣を変えなければ、人生は「流される」と思います。

ナポレオン・ヒルによると、100人のうち98人は、明確な目標を持たず、流されているといいます(出処)。別にそれでも構わないのであれば、これまでどおり無意識に進んでいけば良いと思います。ただ、来年以降、人生を変えたいと思うのであれば(私は毎年変えたいと思ってますが)、明確な目標、壮大な目標、非現実的な目標、あり得ない目標、笑われるような目標を立て、それを潜在意識に刷り込ませ、セルフイメージを変え、自己評価を高め、意識的に行動を変えるしかないと思います。

人生は劇的にしか変わりません。はっきりいって、今まで通りのペースで進んでも、大した変化はないと思います。理性を超えた行動をした時、人生が変わるのです。おそらく、殆どの人は、イメージしたもの以上の行動はできませんし、イメージしたもの以上のモノは手に入りません。まずは明確な目標を立てることが大切だと私は思います。

理屈は跡付けでいいのです願望がすべてです。かつて、「月に行きたい」と壮大な夢をもった人がいたから人間は月面着陸できたのであって、「準備ができたら行こう」なんて考えていたら今でも月に行けていないでしょう(多分)。少なくともケネディ大統領が人間を月に到達させるという声明を発表した時は、準備も出来ていなかったのです。

準備してから始めるのではなく、決断して始めるのです。行動してから考えるのです。

来年は変えたい、変わりたい、と思っている方は、年末年始を有効に使って、明確な目標を立てて頂ければと。

なお、私が使っている計画表のフォーマットは『公認会計士の仕事』という本の第5章に載せてますので、興味ある方は参考にしてみて下さい。私はこのフォーマットに入力したエクセルシートをモレスキンに貼り付けて、ほぼ毎日見返してます。

知識の定着させるための「48時間ルール」

先日『独立会計士のためのマーケティング&ブランディング研修』を受講された方で、感想をブログに書いてくれている方がもう一人おられました。

知識の定着にはインップット後のアウトプットの意識が大切です。武田雄治さんの講演に行ってきました


この内容は、研修の本題ではなく、研修の冒頭で喋った話しです。
他の研修・セミナーでも、冒頭でお話しする内容です。

研修・セミナーを受講しても、ただ聞いているだけでは、48時間以内に7割以上のことを忘却します。せっかく、貴重な時間を割いて受講しても、大半を忘却したのでは勿体無さ過ぎる。

では、「学んだことを忘れない」ためにはどうしたら良いのか?

「学んだことを書き留める」「書き留めたことを読み返す」というのも効果があるのですが、最も効果があると言われているのは、「学んだことを人に教える」ということなのです。何かの本によると、人に教えたことは、48時間経ってもほぼ覚えているようです。

私も多くの研修・セミナーを受講してますが、自分の中で「48時間ルール」というものを作り、学んだことを48時間以内にアウトプットするようにしています。「人に教える」だけでなく、ちょっとした呑みの席で伝えるとか、ブログとかSNSに感想を書くとか、そんなことでも記憶は定着します。

読書についても同様に、ただ読んだだけでは大半を忘却しますので、48時間以内にアウトプットするようにしています。


人生は誰をメンターにするかで決まる

私のことを「メンター」と言ってくれる方がいるのは嬉しい限りです。私にも「メンター」にしている人が何名かいます。現存するかどうか、会ったことがあるかどうかにかかわらず、心の師、人生の師といえる人は「メンター」です。

本田健さんは、人生は誰をメンターにするかで決まるというようなことも書いていますが、これも激しく同意です。私も以前、真に独り立ちするためには私淑するメンターを持つことが必要だと書きました

自己啓発書などを読むと「モデリング」というコトバが出てくることがあります。メンターにしている人、尊敬できる人、成功している人、そういう人を「モデル」として、その人に成りきるのです。身振り手振りといった振る舞い方、動き方、喋り方、接し方、笑い方、そして生き方までもマネしてみる。そうすると、その人に似てくるのです。なぜ「モデリング」が必要かというと、意識的に行動を変えなければ、習慣は変えられないからです。習慣を変えなければ、人生は変わりません。

「メンター」も、「モデリング」の対象とする人も、何人いてもいいと思いますが、誰を「メンター」にするのか、誰を「モデリング」するのかということはとても大切です。最近若者やベンチャー業界の界隈で「メンター」というコトバが軽〜く使われていることには違和感があります。ちょっと使い方を間違えているような気がします。

私は、「メンター」が現存する方であれば、どんな手段を使っても会いに行くと決めています。そういう行動力だけは我ながら狂っていると自認しています。しかし、他方で、絶対にメンターに弟子入りしないということも決めています。過去に弟子入りしたいと思った人が2人ほどいましたが、熟慮の末、やめました。最短で師を超える道は弟子入りではないからです。同じ理由で、絶対に弟子は取らないということも決めています。その人の人生に責任を負えません。しかし、あらゆる手段を使って私に会いに来てくれる人もいます。私のことを(勝手に)師匠と言っている人もいます。勝手に言ってもらう分には構いませんが、私は弟子とは思ってません。ただ、後生畏るべしで、そういう行動力ある人から学ぶことは非常に多い。そういう人達の多くは、今ではお互いを自分を高めあう同志として連絡を取り合ってます。縁尋機妙、多逢聖因です。

ここにいる理由

芦屋


東京で一緒にビジネスをやっている会計士が、わざわざ兵庫県の我が家まで遊びに来てくれました。

なぜ私がここにいるのか、分かってくれたみたいです。



事務所も東京、クライアントさんも大半が東京、
なのに毎週毎週、新幹線で東京・新大阪間を往復。

「東京に住めばいいのに・・・」と何十人という人に言われたけど、今後も東京に住むことはないかな。

どこに住んでいても仕事はできるし、サービスの提供もできるし、執筆もできる。

現にやっている。

そうであれば、自分が一番住みたい場所に住むのが良い。



このブログにも書いたことがありますし、本にも書いたことがありますが、私はモレスキンというノートに夢・願望・5カ年計画を書き出しています。

・人生の目的は何か?
・自分の役割は何か?
・大切にしている価値観は?
・幸せを感じるのは何をしている時か?
・自分にとっての幸せとは何か?
・自分にとっての成功とは何か?
・心の安らぎを感じるのは何をしている時か?
・大切にしている人は?
・真のパートナーはどういう人か?
・遠ざけるべき人はどういう人か?
・理想の人格・人物は?
・人生におけるこだわりは何か?
・どういう仕事がしたいのか?
・年収はいくら欲しいのか?
・資産はいくらにしたいのか?
・どこに住みたいのか?
・どのような家がいいのか?
・どの車に乗りたいのか?
・どこの国・場所に行きたい(旅行したい)のか?
・プライベートでの最良の願望は何か?
・ビジネスでの最良の願望は何か?
・健康面での目標は何か?
・理想の体重は何キロか?
・理想の体脂肪率は何キロか?
・将来、本当はどうなりたいのか?

・・・といったことを何度も何度も何度も何度もアップデートしました。


住みたい家の写真もペタペタと貼り付けてきた。
乗りたい車の写真もペタペタと貼り付けてきた。
理想の人物の写真もペタペタと貼り付けてきた。
行きたい場所の写真もペタペタと貼り付けてきた。

それを日々、何度も何度も何度も何度も読み返してきました。

そんなことを、もう15年以上やってきました。



実現不可能と思ったようなデカイ夢を15年前、10年前から書いてきました。
けど、今読み返すと、書いたことの多くが実現しました。
今、ここにいるのは、何年も前から私が理想としてきたこと(モレスキンに書いてきたこと)です。



書いたことは実現します。
書かないことは忘却の彼方へ消えていきます。



だったら、書いた方が良い。



夢や願望というのは、
お金ができたら実現するというわけではありません。
時間ができたら実現するというわけではありません。
自信ができたら実現するというわけではありません。

お金がないから夢が実現できない。
時間がないから夢が実現できない。
自信がないから夢が実現できない。
それは言い訳です。

今、手にしている結果は、自分がやってきたことの結果。
そうであるなら、将来手にしたいものも、自分がやるか、やらないかの結果。

お金がなくてもやる。
時間がなくてもやる。
自信がなくてもやる。
思ったことを「やる」か、「やらない」か、それは自分の選択です。

「やらない」という選択をするのも自由
「やる」という選択をするのも自由



アンソニー・ロビンズは言いました。

『決断の瞬間、運命が変わる』



今日、ウチに来てくれた会計士も、一つの決断をして帰っていきました。


(上の写真は家の近くの展望台より)

独立するということ

「引退するということ」について書いたので、「独立するということ」についても少しだけ。

独立するというと、会社勤めから起業家になるという身分的なものをいうだけではなく、むしろ精神的なものだと思います。

組織に属していると、その型にはまって生きていかなければならない時がありますが、独立するということは、型にはまらずに生きていかなければなりません。というより、普通の人の型にはまらないものがなければなりません。型にはまらず、他人に依存せず、独り立ちするためには、絶対的な自分というものを確立していなければなりません。それなりの知力も体力も精神力も人間力も必要です。

身分的には独立していても、「仕事ちょうだい」「仕事ちょうだい」と両手を差し伸べながら歩いているような人がいますが、これは真に独り立ちしているとはいえず、私は意識的に付き合わないようにしています。

真に独り立ちするためには自ら修養することがもちろん大切ですが、私は次の3つのものが必要だと考えています。

●同志 ・・・自分を高めてくれる人を持つこと
●師  ・・・私淑するメンターを持つこと
●慎独 ・・・独りを楽しむこと


簡単そうに思えて難しく、特に下にいくほど難しいかもしれませんが、私の経験では、どれか一つでも欠けたら独立は出来なかっただろうと思います。


【関連記事】
2016/7/13 やがて哀しき起業家たち
2015/5/4  人生は誰をメンターにするかで決まる

引退するということ

引退試合


今日でプロ野球セ・リーグの全日程が終了。そして、福原選手が今日で引退。訳あって特別に応援していた選手だっただけに寂しい。戦力外通告をスポーツ新聞で知って、数日間涙が止まらなかったとか。悔しいでしょうね。まだ十分にやれる自信もあるでしょうし。

私も引退試合を見ながら目頭が熱くなりました。

誰しも、いつか現役を退く時が来るわけですが、この人も退くのね・・・と。


私も、(皆様と同じく) いずれはマウンドから下りる時が来ます。そういうことを数年前から考えるようになりました。今年・来年の話ではありませんが、今の仕事には相当の情熱・プレッシャー・体力が必要ですから、疲れが楽しさを上回ったら潔くマウンドから下りようと。 死ぬまで投げ続けることも男の生き様かもしれませんが、勝てない試合を続けるより、一番良い時にマウンドから下りる方が自分の生き方に合っているような気がしますし、自分の人生を大局的にみるとその方が幸せだろうと思います。

安岡正篤は『知命と立命』という本において、命を知ること(知命)や、天命を立てること(立命)が大切で、それは心を尽くして知るべきであり、それを知らなければ一生を台無しにする、といいます。

私は仕事も人生も何事も、「積み上げ方式」でやるよりも、「ゴール逆算方式」でやる方が合理的だと思っています。コツコツやっていってゴールを作り上げるより、先にゴールをイメージし、ゴールから逆算して、そこに向かって行く。

人生の「ゴール」が仕事の引退という人も多いと思いますが、私の人生の「ゴール」は少なくとも仕事の引退ではない。その先にあるものが「天命」といえれば幸せな人生だろうなぁと思います。


今日の引退試合を見ながら、そんな小難しいことを思考してました。

福原選手、とりあえずお疲れ様でした。

(写真はネットから拝借しました)




佳人と出会うということ

先週の都内某所。

久しぶりに死ぬほど美味しい焼肉を食べました。

私より若い公認会計士と。

-----

彼と初めて会ったのは、今から13年前。私がまだ監査法人勤務時代。
その時も、都内某所の焼肉屋でした。

彼はまだ大学生。記憶力の悪い私も、その時のシーンは今でもはっきりと覚えています。私が(見知らぬ)ブログ読者とリアルで会った初めての人だから。

私は約15年前からブログを書いますが、独立するまでは匿名でした。匿名にも関わらず、そこそこのアクセス数があり、ブログ経由でダイレクトメッセージをくれる人もいました。当時はネット勃興期で、ネットで知り合った人とリアルで会うことなんて考えもしてませんでしたが、彼とは会うことにしたんです。公認会計士を志しており、合格後にどのようなキャリアを積むべきかについて相談したいということだったので。

公認会計士の受験生って、公認会計士になった後の仕事のことを知らずに、カネ儲けできるんじゃないかとか、安定しているんじゃないかとか、そういった何となくのイメージだけで勉強している人が多いと思います。私の場合は、幸いなことに、ゼミのOBに公認会計士がゴロゴロいたので、聞ける相手がたくさんいましたが、普通はいませんからね。合格後のことを知りたいという受験生がいたら何か提供してあげることは合格者の務めではないかと今でも思ってます(なので、その後、「公認会計士の仕事」という本を上梓したわけですが)。

その時のアドバイスが役に立ったのかどうか分かりませんが、その後、彼は公認会計士試験に合格し、大手監査法人に入所した後は、私と似たような人生を進んで、今は複数の会社を経営する「事業家」になっています。私と違う所は、会計を本業としているか否かという所くらい。

今回、唸るような美味しい肉を食べながら、彼のビジネスセンスにも唸りました。相当な刺激をもらいましたし、色々と勉強にもなりました。

-----

今となっては、ブログやSNSを経由してリアルで知り合った人は数え切れないほどになりましたが、お互いを高め合える「同志」というのはほとんどいない。しかし、数少ない「同志」はブログやSNSを経由して出会った人が多い。

縁尋機妙 多逢聖因というコトバがあります。

「安岡正篤 一日一言」にも出てくるコトバです。

『良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展していく様は誠に妙(たえ)なるものがある
これを縁尋機妙(えんじんきみょう)という。

また、いい人に交わっていると良い結果に恵まれる
これを多逢聖因(たほうしょういん)という。

人間はできるだけいい機会、いい場所、いい人、いい書物に会うことを考えなければならない。

彼との縁も妙なるものがあります。

-----

〆の冷麺を二人でシェアした後、私がトイレに行ってる間に、彼は精算を済ましてくれてました。

「俺が払うから」という私に、「武田さんには感謝しかありませんから・・・」とカードと明細を財布に入れて、店を出ていきました。

そのコトバの真意を有難く受け取り、今回は有難くご馳走になりました。

「出会いに感謝」というと、とても抽象的で表層的に聞こえることがあります。
安岡正篤は、よい本(佳書)はいつでも手に取ることができるけど、よい人(佳人)は案外出会えないものだと言ってます。私もその通りだと思います。「出会い」の中には、心の底から神に感謝したくなるよな運命的な出会いもありますが、そうでない出会いもたくさんあります。良い縁はさらに良い縁に繋いでいく努力が必要ですが、他方、悪い縁は切ってしまう努力も必要だと思います。こんなことをいうとアレですが、悪い縁は断ち切らなければ、良い縁は繋がらないと思っています。体内には一定の悪玉菌も必要ですが、人間関係には悪玉菌は必要ありません。自分を高め、幸せを手にするためには、安岡正篤のいうとおり、できるだけいい機会、いい場所、いい人、いい書物に会うことを考えなければならないと思っています。



人生は「捨てる」ことで決まる。

昨日のエントリーをした直後に、友達から
「やることがいっぱいいっぱいで気持ちに余裕がない時はどうしたら良い?」
とLINEがきました。

そういう時は、ポジティブな開き直りで、
 ●やらないことを決める
 ●明日に回せるものは回す

べきです。

「To Do List」は捨てるべきです。

私が何十回と読み返しているジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』には、タイムマネジメントについて、以下のように書かれています。
「時間管理とは最も大切なことを実行することだ」
「一番大切なことを一番最初に行い、二番目に大切なことををまったく行わないということだ」 


拙著『社長のための 1年で売上が急上昇する「黒字シート」』でもタイムマネジメントについて書いており、『ドット(点)型』の時間の使い方を提唱しております。

大袈裟ではなく、この時間の使い方ができるかどうかで人生も年収も変わると思ってます。参考にしてみて下さい。

成功している人たちというのは、信じがたい努力をしてる

日本電産永守社長のインタビュー記事。

[週刊現代]日本電産・永守重信会長「ダメな経営者はすぐ分かる」

共感できることが多い記事です。

成功は、まず夢を見ることから始まると思っています。会社のトップが小さい目標を持つのはダメですよ。経営者の最大の仕事は、夢を形にすること。それができない経営者の下には、将来のある若者や人材は集まってきません。

若い経営者たちに言いたいのは、人は人を裏切ることがあるけど、努力は絶対にその人を裏切らないということです。私はいろんな方とお会いしてきましたが、結局、努力した人が最後まで勝ち残っています。一度成功したからといって六本木に飲みに行ったり、遊んだりしていたら、それはダメな経営者。それ以上の成功は望めません。

成功している人たちというのは、信じがたい努力をしています


【関連記事】
2016/4/5 成功者は努力を習慣化している。だから努力を努力と思わない。
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■プロネクサス主催
 (5月25日(水) @東京)
『先行事例から学ぶIFRS導入プロジェクトの実務』

■ラウレア主催
 (5月25日(水) @東京)
『決算早期化実務の最新情報』

■日本経営協会主催
 (7月開催予定@東京)
 (8月開催予定@大阪)


【中小企業向けセミナー】

■黒字社長塾主催
 (5月29日(月) @大阪)
『社長のためのセールス・マーケティング実践セミナー』


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ