公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

自己啓発のはなし

こういう時こそ地中深くに根を伸ばせ

桜開花


4月に入り、あちこちで桜が満開になってきた。友達がボソリと「こんな時でも桜は咲くんだなぁ」とつぶやいた。季節外れの雪が舞い、見えないウイルスが猛威を振るう中でも、桜はいつもと同じように綺麗に強く花を咲かせる。

ふと、3年前の4月1日の読売新聞「編集手帳」のコラムを思い出した。

◆11打数0安打5三振。野村克也さんのプロ野球人生1年目である。拝み倒して撤回してもらったものの、シーズンの終了後には解雇を通告されている。その人が戦後初の三冠王になり、名監督になった

◆新国劇の名優とうたわれた島田正吾さんは駆け出しの昔、舞台で『千葉周作』の寺小姓を演じた。たった1行ながら、新聞の劇評欄に初めて名前が載った。〈島田正吾、観るに堪えず〉

◆山中伸弥さんが執刀すると、20分の手術が2時間かかった。足手まといの“ジャマナカ”という異名を先輩医師からもらい、臨床医になる夢をあきらめた。その人がノーベル賞で研究医の頂点を極める

◆きょうが入社式という若い人も多かろう。希望に燃える門出には要らざるお世話にちがいないが、何十年か前のわが身を顧みれば日々、挫折と失意と狼狽と赤面の記憶しか残っていない

◆高見順に『われは草なり』という詩がある。〈われは草なり/伸びんとす/伸びられるとき/伸びんとす/伸びられぬ日は/伸びぬなり〉草の丈が伸びぬ日もあろう。そういう日は、大丈夫、見えない根っこが地中深くに伸びている
([出所]2016/4/1「編集手帳」より)

4月1日、入社式を迎える人達に向けてのメッセージであるが、我々も学ぶところがある。

外出も出来ない。花見も出来ない。会社にも行けない。学校にも行けない。身近に陽性反応が出た人もいる。収入が絶たれたという人もいる。先も読めない。不条理ではあるが、人生は不条理なものだ。思い通りにいかなくて当たり前。思い通りにいったら奇跡。これまでの歴史を振り返るまでもない。

季節外れの雪が舞ったとしても、きちんと根っこを地中深くに伸ばしていけばいい。根が深ければ、そうそうのことで倒れることはない。より強く生きるために今があると思いたい。

【関連記事】
2019/5/24 人生の目的

辛いなら逃げろ

すべて、twitterより。

twitter_T3


twitter_T1


twitter_T2


twitter_T4


Twitter_HT1


twitter_K1

只々同意。

自分が幸せになることを優先しろ。辛いなら逃げろ。
自分の人生を生きろ。他人の人生を生きるな。
同調圧力に屈するな。ワガママに生きろ。
一度しかない人生。もっと楽しめ。もっと遊べ。







人生の十か条 (中公新書ラクレ 634)
辻 仁成
中央公論新社
2018-10-06




今日も新年会

ハム


私が独立して、一旦関西に戻った15年前のこと。

六甲山系の山の上の某高級住宅街に300〜400坪はあろうかという売地があり、時々ドライブがてら訪れていた。夜になると梅田ビル群から大阪湾、関空まで一望できる絶景のパノラマ。

 『いつかは、ここの土地を買って、豪邸を立ててやる!』

と、その場所を「願望」に入れたのだ。山の上といえど、土地だけでも1億円は下らないだろう。当時の私の貯金はほぼゼロ。ゼロから関西での生活がスタートしたのだ。

-----

それからも、この高級住宅街を度々訪れた。訪れるだけでなく売物件の内覧もするようになった。相変わらず貯金はなかったが、「願望」を手に入れるためには圧倒的な行動をするしかない。周辺の街の売物件も含め、100〜200戸は内覧したと思う。お陰で建築に詳しくなった。

人生とは妙なもので、その時に出会った売主の一人が、いま私が師と仰ぐ人である。8年前に出会った。

この師との出会いにより、私の人生は激的に変わった。年収は倍増し、この高級住宅街に住み、フェラーリに乗るという願望も一気に実現させた。

一方、その師は、物件売却後、同じ町内の別の場所に数億円の大豪邸を建てた。その場所は、15年前に私が『いつかは、ここの土地を買って、豪邸を立ててやる!』と誓った土地である。

私の自宅から、この師の大豪邸が見える。地球はとても広いはずなのに、半径数百メールの所で我々は出会い、生活している。たまたまにしては出来過ぎた話だ。

-----

今日はその師との新年会だった。

師から「ビジネスにチカラを貸して欲しい」と提案を頂いたのがちょうど3年前の今日。あの日のことは忘れもしない。今日も同じ店の同じ席で食事をさせて頂いた。3年前と違うのは、同じ会社のチームメンバーであり、同志であるということ。今ここに居ることに感謝しかない。

師が代表をする会社が入居している賃貸オフィス物件の、前の入居者が私の叔父が経営する商社で、私は学生時代にその商社でバイトをしていたというのも、何かの縁だろう。あらゆる縁が重なって、今ここに私がいる。

15年前は憧れだった環境にいて、8年前には憧れだった人と仕事をしている。それが人生というものだ。ここに至るまで、それなりの努力はしてきたと思う。結果よりも、そのプロセスに対して、自分で自分を認めてやり、褒めてやりたいと思う。

暉峻淑子(てるおかいつこ)さんの『豊かさとは何か』(岩波新書)という本に、「豊かな社会の実現は、モノの方から決められるのではなく、人間の方から決められなければならない」(P237)と書かれており、そのためには、自分自身が豊かな人生の実現とはどんな生き方なのかを「探求する必要がある(P240)とも書かれている。特に後半の文章には共感する。豊かな人生を実現するためには「探求」しなければならない。

今年は(年頭にも書いたとおり)収入、時間、人間関係のポートフォリオを変えたいと思っているが、どうなるかは想定不能。ただ、「願望」は明確にしつつも、色々と「探求」することの努力は惜しまない。それを通して師の「願望」も実現させたいと思う。今日、改めてそれを誓い合った。

-----

今日も赤ワインを空けた。

5日連続の新年会の5日目も気持ちよく酔った。
二日酔いならぬ、三日酔い、四日酔い状態だったが。

週末は少しアルコールを控えようと思う。

書くこと

今日読んだ本に、とても共感できることが書いてあった。

書くとは、思いを相手に伝えることでもありますが、自分のなかにあって、自分でも気づかない思いを感じ直してみることです。
(若松英輔著『本を読めなくなった人のための読書論』(亜紀書房、P40)より)

その通り。

私は、「暇ができたらモレスキン」、「暇ができたらモレスキン」、「暇ができたらモレスキン」・・・と、心の中で自分に言い続けている。

あらゆる情報を1冊のノート(私はモレスキンを使っている)にまとめている。思ったこと、考えたこと、気づいたこと、反省点、振り返り、気になった小説の一文、取っておきたい新聞記事・・・なんでもかんでも1冊のノートに書き留めたり、貼り付けたりしておく。そのノートは常に持ち歩き、常に読み返す。思考を脳みそに擦り込ませるように。単に読み返すだけではない。色んなページを行ったり来たりしながら、ある日の思考と、別の日の思考を、ツナいでみたり、合わせてみたり、ズラしてみたり、関係性を考えてみたり、境界線を見つけてみたり、B案を考えてみたり、抽象化してみたり、ということを繰り返していく。それが新たな1ページのネタになる。そうやって「知」は移動する。

ノートに向き合い、自分と向き合い、考え抜くという時間を持つことにより、思考が思想や哲学に昇華されていき、自分の軸が出来上がっていく。特に、ネガティブな出来事があった時や、ネガティブな感情になった時に、じっくりとノートに向き合うことにより、自分の思想や哲学が編まれるのではないかと思う。

だから、出来るだけノートに向き合う時間を確保するようにしている(私の場合は寝る前の時間に1日を振り返ることが多い)。



この本には、こんなことも書かれていた。

「読む」ことを始めるために準備していただきたいのは、誰かがすすめた「ため」になる本ではなくて、何も書いていないノートと使い慣れたペンや鉛筆なのです。
(前掲書P34より)

これも同意。遠回りにみえる時間こそ、人生にとって大切な時間だと思う。







違うから、人は人を想う。

人は人を想う
(日経新聞(2019/9/21朝刊)全面広告より)


嫌いな人をほめてみよう。

好きな人の嫌いなところはありますか?

いくつ思いつきましたか。好きな人の嫌いなところは意外と見つかります。
でも、その嫌いな部分も含めて、その人が好きだったりする。
では、逆はどうでしょう。
嫌いな人の好きなところを挙げるのって難しくないですか?

とはいえ「嫌い」でその人に心を閉ざしてしまうのももったいない。
マンガではよく宿命のライバルがのちの盟友になりますし、
ドラマではたいてい運命の二人の第一印象は最悪です。
違うから、おもしろい。違うから、視野が広がる。違うから、成長できる。
たいせつなのは、お互いを想い、認める気持ち。

嫌いな人のいいところを見つけてみませんか。
そんな小さなやさしかから世界はちょっとずつ変わっていくと
私たちは信じています。

違うから、人は人を想う。


ひとのときを、想う。JT

朝から新聞をめくる手が止まった。

「違うから、おもしろい」
「たいせつなのは、お互いを想い、認める気持ち。」


ホントにそう思う。




【関連記事】
2019/3/24 『人と違うことは素晴らしい』
2019/9/4  存在承認の大切さ

わたしの生存戦略

先日の「存在承認の大切さ」というエントリーの続き。

朝日新聞(2019/9/4朝刊)に掲載されていた「ひきこもり」の特集記事で、あるひきこもり経験者が、ひきこもりは「現代の生存戦略」と述べていた。これは非常に共感できる。

「世間」や「他人」を気にするあまり、同調圧力が強く、「自分らしさ」や「個性」を殺す空気がある。本来、「人と違うこと」が素晴らしいことなのに、家庭でも学校でも職場でも「人と違うこと」よりも「他人と同じこと」が称賛されることが多い。他人と同じように宿題をし、他人と同じように良い点数を取り、他人と同じように真面目に働くことが評価される。

で、他人から評価されるため、また、他人から受け入れてもらうために、「自分らしさ」や「個性」を殺し、「他人の欲求」を生きることになる。

山竹伸二著「『認められたい』の正体」(講談社現代新書、2011)によると、多くの人が家族に対しても本音を隠し、「ありのままの自分」を過度に抑制し、家族の求める役割を演じている。若い人の間でも、他人の言動に同調した態度を取り続ける人が少なくないという。著者は、このような他人の気を使うコミュニケーションのことを「空虚な承認ゲーム」と呼んでいる。

なぜ人は「空虚な承認ゲーム」を繰り返すのか。それは、「他者の承認は自分の存在価値に関わる、最も人間的な欲望であり、長期にわたってそれなしに生きていける人間はほとんどいない」(前掲書P28)から。換言すれば、他者の承認なしに「人生の意味」、「生きる意味」を感じることができないから(同P49、P76〜)。

誰からも存在承認をされない苛立ち、不安、虚無感、抑うつ感が、他人に対する無関心につながったり、自分の感情を抑えたり、空虚な行動をとったりすることにつながるのだろう。2008年の秋葉原でおきた無差別殺傷事件の加藤被告は、事件前にネット掲示板にモテないことへの恨みを綴っていたらしく、承認の枯渇が原因ではないかと言われている(同P17〜)。

「ひきこもり」というのは、心身共に疲弊した自己を防衛し、他人を回避するための生存戦略だということは、自らの経験からも理解できる(私も軽度のひきこもりだから)。

ひきこもる人間を、同調圧力や外的コントロールによって動かそうとする人が多いと思う。しかし、生存戦略として(命がけで)ひきこもっているのであるから、ひきこもる人間を力で動かすことなんてできない。そういうことをするとますます他人を回避する(=ひきこもる)と思うし、何を言われようがそれを聞く前に耳をふさいでしまう。

大切なことは「存在承認」だと思う。自分にも他人にも「ありのままの自分」を認めることだと思う。存在を承認されず、他人と比較され、機械のように扱われた人間に、自己肯定感も存在意義もない。そうやって感情まで消えていくのだ。

ひきこもっている人も、「ありのままの自分」を認めることが大切だと思う。他人に振り回されず、他人との境界線を引くこと。ここまでは受け入れることができるが、ここから先は受け入れられないと、キチンと自己主張すること。自分自身の心に素直になって、自分が本当に求めているものに従って生きていけばいいんじゃないかと思う。まさに、No Fun,No Life! だ。私も不器用ながら、傷を負いながら、そうやってなんとかここまで生きてこれたような気がする。




5年後の自分

昨日のブログを読んでくれた吉岡先生からメールが来た。「涙出ましたわ」と。

そんなおもろいことを書いたっけ? 笑

人生は5年で劇的に変わる。人間関係も価値観も能力も技術も思想も哲学も、さらには資産も財産も住居も環境も何もかも。5年前には実現不可能と思った環境に身を置き、5年前には到底不可能と思ったものを手に入れている自分がいる。自分が特別だったとは思えない。夢を思い描く想像力、夢を叶えるという意志の強さ、圧倒的な行動力、この3点だけは誰にも負けないものを持ち続けていたと言える。

未来は現在地の延長にはない。5年後の自分は今の延長上にはない。だから、描く夢や願望は実現不可能・想定外のものでいい。人から鼻で笑われるものでいい。そうじゃないものは夢じゃなく、単なる目標。夢はバカデカイものだが、夢しか叶わない。

多くの人が人生を変えたいという夢や願望があると思う。それを「いまの自分」を基準に諦めていいのか。安全領域から飛び出し、既成概念をぶっ飛ばし、周りの人間から失笑されながらも、自分だけを信じて大気圏を突き抜けるほどの行動をしたら、夢は全部叶う。

私も吉岡先生も5年後にはもっと突き抜けてるはず。

知らんけど。。。

あと365日

東京五輪


日本橋にて。

東京五輪まであと365日。マンダリンが入居する三井タワーがライトアップされていた。

昨年の今頃は知人と「五輪に行こう!」と盛り上がっていたが、結局チケットの申し込みすらしなかった。五輪、W杯、WBC、世界陸上…といったものに最近熱狂出来なくなってきた。地元の甲子園球場ですら、もう2年以上行ってない。TVで野球は観るが、途中で飽きてしまい、最後まで観ることが出来ない。熱狂できるもの変わってきてしまった。阪神が弱すぎるからかもしれんけど…。

今日からこっそりバンコクに逃亡しようかと企んでいたが、色々と重なって諦めた。かといってアポが入っている訳でもないので、執筆に専念しようと思う。

とか言いながら、久しぶりに「Think clearly」という自己啓発本を読んでいるが、これはかなり良い。1ページ目から『何かを書くというアイデアは、「考えているとき」にではなく、「書いている最中」に浮かぶ』と書かれているが、ホントにそのとおり。執筆するににあたり、企画・執筆にどれだけ練り込むかは非常に大事であり、ここをすっ飛ばしてはダメだけど、アイデアは「書いている最中」に浮かぶものであり、書きながら原稿は編集されていく。だから私の原稿はいつまで経っても仕上がらない…。もう納期が4ヶ月も過ぎてるのに、新しいアイデアが続々と浮かんでくる。そのアイデアが素晴らし過ぎるから、文献を漁るところから遡るので、いつまで経っても完成しない。未完の芸術、サグラダファミリア状態。

編集長はご立腹かもしれないが、「知の編集」というものにはスポーツ観戦よりも熱狂できる。きっと向いているんだろう。

ちなみに、上の赤字の箇所の真意は、考えるよりも行動しろ、ということ。
事業計画を立てるよりも先ず経営しろ。
好きな人がいたら先ず告白しろ。
海外行きたかったら先ずチケット予約しろ。
フェラーリ乗りたかったら先ずディーラーに行け。
痩せたかったら先ず食うな。

思い悩んでいる時間は1ミリも先に進んでいないが、行動すれば目的地には近づく。

下の写真はネットから拝借したが、毎日1%の向上を積み重ねると365日後には37.8倍になるし、毎日1%サボると0.03倍になるということを計算式で表したもので「1.01の法則」とも言われているらしい。人生はそんなうまいこと右肩上がりで結果が出ることはないが、一歩一歩進んでいけば、365日後にはとんでもない結果が出ることは間違いないと思う。人生はサグラダファミリアではダメなのさ。今日一歩踏み出せば、五輪が始まる頃には違う人生になっているに違いない。


100乗


今を一生懸命生きるということ

ジャパネットたかた


今日は日本公認会計士協会東京会主催のイベントがあり、ジャパネットたかた創業者 眦通聖瓩旅岷蕾颪鯒卍阿靴拭

しびれる話の連続だった。

私は「心配」はしないようにしてるんです。人間が記憶できる量は決まっています。大事なことは2〜3個しか記憶できません。だから過去のトラウマみたいなものは捨てる。自分で変えられないことで悩まないんです。

冒頭からこんな話だった。過去のトラウマを引きずっている私に、いきなり心に刺さるような話から始まった。

過去のことや、学歴などは、その後の人生に関係ないんです。大切なことは、過去でもない、未来でもない、「今を生きる」ということです。「つもり」になってはいけません。「今を一生懸命生きる」のです。努力は必ず報われます。無駄な努力なんてありません。

ご自身が大阪経済大学在学中に語学の勉強をしたことが今に活きているという話や、ジャパネットたかた時代に固定概念をぶち壊して商品を売り続けた話などに展開していった。とにかく話がうまい。吉本新喜劇の内場勝則に顔も喋り方もなんとなく似ているからか、NGKで新喜劇を見ているような感覚になった。

「今を一生懸命生きていたら『ヒマ』なんてことはないんです」といわれた時は、グサっときた。私は「忙しいですか?」と聞かれたら、ほぼ「ヒマです」と答える。実際にヒマな日が多いから。「あぁ〜、最近、一生懸命に生きてねーなー」と反省した。

ただ、全体を通して、今を一生懸命に生きることの大切さや、人は思い通りに生きることができるということ、ミッション・パッション・アクションが最高の人生を作るということなどなど…全てにおいて同意・共感できる内容であった。

最後に、何十年とテレビショッピングをやってきた眦通聖瓩「伝え方」について伝授してくれた。うまく伝えるためには、うまく伝えようとしないこと。大切なことは繰り返すこと。「間」を大切にすること。非言語(表情・身振り手振りなど)が大切であること。

LINEでのコミュニケーションに苦言を呈していたことも共感。

71歳でこれだけ元気でテンションが高いというのも刺激になった。

残念だったのは、こんなに良い講演会を平日の昼間にやるから若手会計士が極端に少なかったことだ。なんで休日にやらないのか? 会場費をケチってるのか? もっと多くの人に聞いて欲しかった。

なお、講演中に「世阿弥」と「チェンジ・ザ・ルール」の2冊を紹介されていた。世阿弥については解説本まで上梓されている。読んでみようと思う。





チェンジ・ザ・ルール!
エリヤフ・ゴールドラット
ダイヤモンド社
2002-10-11


幸せとは、思考と言葉と行動が合致していること

フェラーリ


毎日、PCを立ち上げて真っ先にやることが、「過年度の今日」何をしたのかをチェックすること。

日々の行動内容、仕事内容、執筆内容、読書内容、睡眠時間、快眠度、運動内容、歩数、体重、体脂肪、食事内容、気付き・感想等を数年前からエクセルシートに記録しているため、2018年6月15日、2017年6月15日、2016年6月15日・・・に何をしていたのか瞬時に分かる。毎日過去を振り返ると、5年なんて一瞬だと感じる。5年前のこの時期もIFRSコンサルティングに追われ、週末に弾丸でバンコクに行っていた。今と大して変わらん生活をしていることに凹まされる。目の前の時間は、自分を置き去りにして、恐ろしい速度で過ぎ去っていく。

同じように、5年後も一瞬でやってくるはずだ。5年後にも過去を振り返って「今と大して変わらんなぁ」と思うようではつまらない。人生に強制的な変化をもたらさなければと思う。変化を起こし、生き方を変えなければ、いつまでも今と同じことを自動反応によってやり続けることになる。朝起きたらPCの前に座るという自動反応こそ、最も変えるべき自動反応プログラムかもしれない。

私がめちゃくちゃ好きな言葉に、『しあわせとは、あなたの考えと言葉とおこないが、調和していること』(マハトマ・ガンジー)というのがある。以前読んだ『良心をもたない人たち』 (草思社文庫)という本の最終章に載っていた言葉。幸せとは、思考と言葉と行動が合致していることだと。自分が考えていることや、発していることと、行動を合致させなければならない。その一貫性が幸せの源泉となる。嘘や言い訳をしていて幸せになれる訳がない。

変化を起さねばと思う。5年後の日記に何を書くかは、今の自分の思考と言葉と行動とセルフコントロールによって決まると思うから。


(※ 写真は、1年前の2018年6月15日に納車されたフェラーリ。本文とは何の関係もない。)
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ