公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

自己啓発のはなし

自分の人生は自分で決める。

字幕翻訳家の戸田奈津子さんの字幕デビューは『地獄の黙示録』(1979年)なんですね。日本公開は、戸田奈津子さんが43歳の時。

それまで、20年にも及ぶ「下積み生活」をされていたようです。

改めて、人生のスタートに年齢は関係ないと感じます。

以下、今朝の読売新聞(2017/8/8)の戸田奈津子さんへのインタビュー記事より。
「地獄の黙示録」をきっかけに週1本、年間40〜50本というペースで仕事が来るようになりました。字幕翻訳は途中で文体が変わってはいけないので助手を使えません。配給会社の試写室で映画を見ては、自宅で延々と机にかじりつく生活が続きました。
(中略)

50代まで仕事に追われて突っ走り、気がつけば還暦。体を壊せば一銭も入らない身一つの職業ですが、幸い大病もせず、運が良かったと思います。
(中略)

結婚はせず、子どももいない――。振り返れば捨てたことも多く、好きなことを追い続けた自分を「卑怯だったかな」と思う時もありますが、「You can not have everything.(全てを手に入れることはできない)」と悟っています。

自分のことは自分で決める。これが人生で一番大事。誰のせいにもできないけど、自分の選んだ道ならどんな結果にも満足できますから。

今日は、監査法人を今月末で退職する後輩とランチをしていました。来月から新たな夢に向かって「下積み生活」が始まるようです。コツコツ努力すれば夢は叶うと思います。書きながら、鍵山秀三郎氏「10年偉大なり、20年畏るべし、30年歴史に残る」というコトバを思い出しました。「気がつけば還暦」と言うくらい長い目でコツコツやれば、おのずと結果は出るのではないかと思います。

50歳でリタイアする人間が偉そうなこと言ってますが。。。


【関連記事】
2016/9/8 成功している人たちというのは、信じがたい努力をしてる/日本電産永守重信社長

学問の本質

■学問の本質

人間生活があらゆる面で便利になるにつれて、
思想だの学問だのというものも、普及すればするほど通俗になります。

しかし、本当の学問は、自分の身体で厳しく体験し実践するものであります。

この意味が本当に理解されて初めて活学になります。


([出処]「安岡正篤活学一日一言」7月24日より抜粋。読みやすいように、改行、読点を入れました。)


3日間、某セミナーに参加しました。

正直疲れました。詰め込み過ぎて頭痛がします。

しかし、30時間を超える時間と、ウン十万円という受講料という投資は、今後10年以内に何百倍というリターンを生み出すことは間違いありません。やはり、本物(=その道の第一人者)に学ばなければならないと痛感しました。

セミナー受講で大事なことは、「セミナー直後」に学びを実践することだと思います。受講して満足するような人間では虚しい。実践して、身に付けて、自分のものにすることが大事だと思います。


【関連記事】
2017/1/20 セミナーを受講するということ




安岡正篤 活学一日一言 (致知一日一言シリーズ)
安岡 正篤
株式会社 致知出版社
2012-12-26



オススメしたくない本

公認会計士の友達(関西人)と食事していた時のこと。


友達 『武田さん、ひとつ、意見が欲しいのです。』

 『何??』

友達 『この前、学生時代の友達数名から呼ばれて、飲みに行ったのですよ。もう十年ぶり? 二十年ぶり? というくらい懐かしい友達です。昔は一緒にバカをした仲間だったのに、久しぶりに会うと全く会話が面白くないんです。途中でどれだけ帰ろうかと思ったことか。そんな経験ないですか?』

 『あるある。めっちゃある。』

友達 『え! めっちゃあるんですか? そういう友達との付き合いは続けるべきなのか悩んでいるんです。武田さんなら、どうしますか?』

 『切るよ。』

友達 『学生時代の親友でも?』

 『うん。価値観が合わない人と居るのは時間の無駄だよ。貴重な時間をそういうことに浪費したくない。』

友達 『それを聞いて、少しホッとしました。』

 『ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」って本は読んだだろ? 実は、ナポレオン・ヒルが「思考は現実化する」を書いた翌年に書いた原稿があるんや。けど、この原稿の内容を公にするのはヤバすぎるという理由で、ナポレオン・ヒルの奥さんが出版に猛反対し、結局出版されることはなかった。しかし、70年以上経って、つい最近出版されたんや。「悪魔を出し抜け!」というタイトルで』

友達 『ナポレオン・ヒルのそんな本が出版されたのですか!? 直ぐに読んでみます!』

 『この本を読むと、確かに、出版することに家族が猛反対するだろうと思ったよ。でも、俺は「思考は現実化する」と同じくらい何度も熟読したし、赤ペンのラインだらけになっている。
 この本に書かれていることを簡単にいえば、世の中には「98%の流される人間」「2%の明確な目標をもった人間」に分けられるということ。98%の人間は流されるけど、明確な目標を持っている人間は流されない。そして、親、教師、宗教こそが「流される人間」を作っていると痛烈に批判している。』

友達 『それは、ヤバイ本ですね…。』

 『先程の飲みに行った話でいえば、その場にいた友達は「流される人間」ばかりだったはず。だから「明確な目標をもった人間」からすると居心地が悪い。その場にいると自分も流される可能性があるからな。だから「帰りたい」と思ったはずや。でもそれは、ナポレオン・ヒル風にいえば、(2%のマイノリティだけど)「流されない人間」と言える。
 俺が、人間関係、仕事の環境、住居の環境に人一倍気を使っていることは、見てたら分かるやろ? 俺の自宅は、車がないと生活できないような山の上にあるけど、ウチの周りの人間はなんであんな不便な場所に住んでると思う? 自己顕示欲なんかじゃないよ。みんな、「流される人間」と付き合うことによるデメリットを分かっているからや。似たような話が「悪魔を出し抜け!」に全部書いている。2%の人間になりたいなら、流されたらアカン、悪魔を出し抜かないとアカン、ってことや。』

友達 『(腕を摩りながら)うわぁーー、鳥肌立ちました。』

 『こんなこと誰にも言えへん。もし言ったら、98%の人から批判されるだけ。だからブログに書評を書けへんねん(笑)。』


----------


ブログに書評を書いているのは、読んだ本の5〜10冊に1冊位の割合です。
書評を書けない本も沢山あります。

『悪魔を出し抜け!』が先日文庫化されました。
文庫を買い直して、再読しております。


悪魔を出し抜け! (文庫)
ナポレオン・ヒル
きこ書房
2017-07-03





真の自由とは

私も自由にやっている方だと思いますが、私の友達の会計士は「真の自由人」だと思います。

3月期決算会社の決算繁忙期(4月頃〜6月頃)のみ働いて、残りの何か月か海外旅行に出かけます。以前、1年かけて世界一周旅行に行ってましたが、それでも未だ入国していない国が多くあるようです。昨日、また旅立ちました。とりあえず行ったことのない近くの国に入国し、そこから先の予定は行ってから考えるといいます。いつ帰ってくるかも決めていないと。

これほど自由な人間は、私の周りにはいません。

彼とはこれまで何度も旅行したことがありますが、旅の道中も徹底して自由。その時その時、足が向いた方向にただ歩く。何時間でもただ歩く。気になる所があれば立ち止まり、そしてまた歩く。日が暮れるまでただ歩く。特に何を喋る訳でもない。まるで駱駝のように黙々と地球の上を歩いていく。そこからお互い何かを感じ取っている。

体力の限界を超えるくらい旅行中はよく歩く。けど、これが旅行だと思います。観光名所の間をバスに乗って移動するだけの旅行では何も分からない。



私も、行き先も決めず、帰国日も決めず、今すぐにでも旅立ちたいが、彼ほど自由になれない。



真の自由とは、経済的に自由であることだという人もいます。
確かに、経済的自由であることは、真の自由であるために必要だと思います。
しかし、経済的自由であれば、必ず真の自由であれるかというと、それは違う。

私が「真の自由人」になれないのは、心配事があるからです。
彼が「真の自由人」であるのは、心配事がないからです。
経済的自由とは、お金の心配がないというだけのことです。

真の自由とは、彼の言葉を借りれば、未来の自由と幸福を願うのではなく、現在に自由で幸福であろうとすることです。未来に期待も失望もせず、今この瞬間をあるがままに経験することです。

私はまだその領域には達していません。
しかし、彼から学ぶことは非常に大きい。
人間的な、あまりにも人間的なことを。

想像できないものは手に入らない

『想像できないものは手に入らない』

とよく言われます。だから、夢はデカイ方が良い。デカければデカイ方が良い。

所詮夢なんだから実現可能かどうかなんて考える必要なんてないと思います。そもそも簡単に実現するものなんて夢とはいわない。目標とか予定といった方がいい。

ぶっ飛んだ夢を50個くらい書き出したら、それを手帳なりモレスキンなりに貼り付けて、毎日見ることを色んな人に薦めています。ただし、夢は決して人には言わないこと。身内にも言わないこと。笑われるか、足を引っ張られるか、目の前から消えていくかのいずれかで、応援してくれる人はごくごく少数ですから。「ヴィジョンボード」を作って壁に貼っておけば夢は叶う、みたいなことをいっている人もいますが、「ヴィジョンボード」も人に見せない方が良いと思います。夢を人に見せることのメリットよりデメリットの方が大きいというのが私が経験から学んだこと。

ぶっ飛んだ夢を描くには、ぶっ飛んだ想像力が必要です。自分の狭い檻の中で、そこが自分の在るべき世界だと思い込んでいることは、ある意味幸せなことかもしれませんが、私にはそれを不幸と感じます。今の狭い檻の中にいることをコンフォートゾーン(快楽領域)と思っている限り、そこから抜け出すことが困難です。

私が小さい時から、ぶっ飛んだ成功者とか、ぶっ飛んだ大金持ちとか(それこそ、ドナルド・トランプとか)、ぶっ飛んだ家に住んでいる人とか、ぶっ飛んだ車に乗っている人とか、ぶっ飛んだ世界観を持っている人とか・・・に関心があったのは、狭い檻の中にいる自分に息苦しさと悔しさを感じていたからです。

10年ほど前からモレスキンに「ぶっ飛んだ」夢を書き続けてきましたが、既に半分くらいは実現しています。これは才能でも自信でもないです。想像力と行動力だけです。ホントになりたい自分をイメージすることが人生を変える第一歩だと思います。

起点は直感、展開は論理

ある方がSNSに書いていました。

『起点は直感、展開は論理。これが上手く行っている時のパターン。』


至言ですね。

私なら、こういいます。

『起点は直感、展開は論理。これが上手く行っている人のパターン。』

やる前からあれこれと論理的に考え過ぎてしまう人は上手く行かない、と私は思います。

追い風

先日、私の母校の関西学院大陸上部の多田修平さんが、100メートル走で国内初の9秒台(9秒94)をマークしました。しかし、追い風4.5メートルのため公式記録とはならず、残念ながら参考記録に。追い風2.0メートルを超えると「追い風参考記録」となるのです。

かつて1マイル(約1.6キロ)を4分以内で走ることは、物理的に不可能だと思われていました。しかし、1954年、イギリスのロジャー・バニスターという選手が1マイル3分59秒4で走りました。すると、なんと、その後1年以内に23人もの選手が4分の壁を破ったのです。

おそらく、日本人が100メートル9秒台で公式記録を樹立する日は近いと思います。そして、そこから数年以内に何人もの日本人が9秒台で走ることになると思います。


人生において、これまで何度か「追い風」が吹いていると感じる時がありました。意に反して自分が走る速度よりも早く走っていると感じたり、背中を誰かに押されていると感じたり。

陸上のトラックを走っている時もそうですが、人生においても、向かい風よりも、追い風が吹いている時の方が不安になります。人間は、自分のペースが狂わされると不安になるものだと思います。

しかし、人生において「追い風参考記録」はありません。ペースが狂わされた時、走り続けるか、立ち止まるか、どちらかを直感で決めるしかないのです。私は追い風にのってどこまでも行ってしまう気性だと思います。これが良い結果になるか、悪い結果になるかは走ってみないと分からないけど、人生が変わるようなパラダイムシフトの瞬間になることが多いように思います。

投資する際の3つの注意事項

昨日紹介した渡部昇一さんと神田昌典さんの対談本『日本人の成功法則』において、「お金」の話題の中で、本多静六博士の話が取り上げられています。

「お金の達人」である本多静六博士は、投資する際の注意事項として、以下の3点を指摘しています。備忘録として書き留めておきます。

〃糞い僚朶弔鬚茲観察する。
好景気のときは倹約・貯蓄に励み、不景気の時代には思い切った投資をする。
L詰をしないで辛抱強く時節の到来を待つことも大事である。

この3つの注意事項を一言で言えば、「景気」ですね。

私も、株式、不動産、ビジネスへの投資をコツコツやっています。昔は大きな失敗もしましたが、今は大きな含み益を抱えるようになりました。きっかけとなったのは「私なりの投資の原理原則」を掴んだにあると思います。それは、「景気」です。「流れ」をつかむこと、「時節」を待つこと、値が下がった時に一気に勝負するだけのカネと勇気をもつこと・・・、ただそれだけ。私はファンダメンタル分析は殆どやりません。世の中は理より情で動いているからです。



私の財産告白 (実業之日本社文庫)
本多 静六
実業之日本社
2013-05-15

物事を先送りしていると必ず大きなツケが回ってくる

日経新聞夕刊一面の下の方にあるコラム『あすへの話題』は毎日目を通しています。

今日のコラム、アサヒグループホールディングス泉谷直木会長による
『時間マネジメント』
は、隅から隅まで良い内容です。

経営者は経営環境の変化が速度を増す中で迅速果断な意思決定を求められる。仕事も生活も含めて時間との闘いになる。そこでは時間のマネジメントが重要になる。言うまでもなく時間は有限である。過ぎ去った時間は取り戻せない。だから「忙しい」とか「時間がない」と言って物事を先送りしていると必ず大きなツケが回ってくる

「チャンスの神様には後ろ髪がない」と言われる。チャンスの神様は前髪しかないのでこの前髪をつかまない限りチャンスはつかめないということだ。似た言葉で「後で結うのが福助頭」という言葉を聞いたことがある。「結う」を「言う」と読み替えれば後悔先に立たずと同じような意味になるという。いずれにしても変化のスピードよりも速い速度で考え行動しないとチャンスはつかめない

時間マネジメントのコツは「段取り八分・仕事二分」に尽きると思うが、私は効果を上げるためにもう一工夫している。「時間の優先順位付け」「時間の見積もり」「時間の配分」の3つである。あれもこれもと沢山の仕事を並べ立てていても仕事は進まない。優先順位をつけるべきだ。次にその仕事を完成させる時間の見積もりをする。これをしないと計画的な仕事の進め方はできない。そしてワークライフバランスを含めた時間配分を考える。仕事ばかりでは良い知恵は生まれない。こうしていけば「時間に追われる」のではなく「時間を迎え撃つ」ことができる。そしてチャンスの神様の前髪をつかむことも可能になる。

時間は有限であり拡大することはできない。しかし時間を濃くすることはできる。私はこれで「忙中閑あり」を大いに楽しんでいる。


何度読んでも、全てに同感です。

●物事を先送りしていると必ず大きなツケが回ってくる
●速い速度で考え行動しないとチャンスはつかめない
●忙中閑あり


ホンマにそのとおり。


今日も仕事をしながら、

●行動が遅い者が必ず損をする
●行動が早い者が、行動が遅い者を駆逐する
●考えながら立ち止まっている者よりも、何も考えずに突き進む者が勝つ


・・・みたいなことを思っていたのです。


人生を変えるには『時間マネジメント』(タイムマネジメント)が欠かせないと思います。


▼オススメ本

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)
ハイラム・W・スミス
SBクリエイティブ
2009-11-16




【関連記事】
2015/11/9 六中観
2015/6/13 自分の価値観を変えなければ、人生は変わらない(22)

渡部昇一の絶筆のコラム 「二十代をどう生きるか」

去る4月17日に逝去された渡部昇一氏の絶筆の作となったコラムが、数年前から定期購読している「致知」(2017年6月号)に掲載されています。

「二十代をどう生きるか」という連載コラムの第78回目。

何だか、何度も熟読しました。

人生の恩師との出逢いも忘れなれない。高校時代に英語の授業を担当していた佐藤順太先生である。佐藤先生は知識を愛する人という表現がぴったりな方で、私は知らず知らずのうちに知識欲を掻き立てられ、身を乗り出して佐藤先生の授業を聴いていた。

卒業の際、遊びに来いとお誘いいただき、数名の同級生とご自宅に伺ったことがある。私はそこで生まれて初めて本物の書斎を見た。天井まで書棚があり、数々の和綴じの本や『小泉八雲全集』の初版、イギリスの百科事典24巻などが収蔵されている。とても山形県の田舎の一教師の書斎とは思えなかった。佐藤先生は着物姿でゆったり書斎に腰を掛けながら、いろんな話をしてくださった。

その時、私はこういう老人になりたいと強く思った。一生の目的が定まった瞬間だったと言っても過言ではない。まさしく佐藤先生に痺れたのである。

読んでるこちらまで痺れます。

ただ不思議なことに、他の同級生は誰一人痺れなかった。それどころか、後年同窓会で集まると、「そういえばそんな先生もいたな」と言う人が大半だった。もちろん彼らはそれぞれ他の先生の影響を受けたのだろう。だが、同じ先生に学びながら、全く影響を受けない者もいれば、私のように揺るぎない影響を受けた者もいる。

受け手の求める心や感性の如何によって、そこから学び取れる質と量は天と地との差になる、と言えるのではなかろうか。

私は、学生時代に「恩師」といえるような人や人生を決定づけた人には出会えなかった。むしろ、学生時代に出会った教育者はひどい人ばかりだった。私の感性の問題かもしれないけど、それを差し引いてもろくでもない人間ばかりだった。あぁいう大人にだけはなってはならないと思ったものです。

私淑する安岡正篤氏は、「師友」(=よい師や友)は肉親と同じほどの重要な役割をすると述べた上で、「師友のないことは最も深刻な寂寞、寂しさである」出処)と述べています。痛いほど分かります。社会人になってから、師友に恵まれたことは幸せなことです。ちなみに、安岡正篤氏は師や友は決して時と所を同じくする人ばかりとは限らず、「万里の彼方、千年の昔に師や友を得ることができる」(前出)とも述べています。

私はあの日以来、今日に至るまでの約70年間、佐藤先生のお姿や書斎のイメージが頭から離れたことはなく、いまも痺れっぱなしである。70代になって新たに家を建て、そこに10万冊ほどの本を収めた書庫をつくり、夢を叶えることができた。

ゆえに、若いうちに何になりたいかという強い意志を持つことその願望を思い描き、頭の中で鮮明に映像化し、信念にまで高めることが重要であると思う。脊髄の奥で沸々と願望を燃やしていると、天の一角からチャンスが下りてくるものである

70年間頭から離れたことがない。そういう方と出会えたということがすごいですし、そこから夢を追い求め、70代で夢を叶えたというのもすごい。痺れます。

20代を超えたとしても、師や友を得、願望を思い描き、信念まで高め、夢を追い求めたいものです。


【オススメ本】
渡部昇一『人生の手引き書 』 (扶桑社新書)
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催主催
 (8月29日(火) @大阪)
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』

■プロネクサス主催
 (9月5日(火) @東京)
『決算早期化(30日開示)を達成する決算実務』


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ