公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

仕事のはなし

「ビジネスコーチ」

新年会


今日は、経理代行会社「バックオフィスサービス」の代表明田佳樹会計士と新年会。行きつけの神戸の和食屋にて。

以前も書いたが、バックオフィスサービスは昨年、会社を分割し、新設法人(バックオフィスサービス合同会社)に業務移管した。新設法人の代表を明田会計士にお願いし、私は経営トップから退いた。私が経営のマネジメントを行うことの時間的・精神的な余裕がなく、事業の譲渡先を探している時に、彼が神の手を差し伸べてくれたのだ。まさに神のような存在。

働き方改革、人材不足、人件費高騰・・・といった世の流れに管理部門のアウトソーシングのニーズはこれからも増えてくることは間違いないと思うが、こちら側(受託側)の人材不足問題も常に付きまとう。だから、この会社を時流に乗せて拡大させようとか、IPOを目指そうとか、そういった目標も野心もない。いくつかのポートフォリオの一つとして業務を続けていくと思う。

私も明田氏も関心があるのは、アウトソーシングでも会計でも税務でもコンサルでもなく、「コーチング」の分野。一流のアスリートにコーチが存在するように、一流の経営者にもコーチが必要だと思っている。いま経営者に必要なのは、顧問会計士・税理士やコンサルタントではなく、「ビジネスコーチ」ではないか。しかし、「ビジネスコーチ」といわれる人はほとんどいない。私と明田氏は、この数年、それなりにコーチングを学び、実践してきた。今後のポートフォリオの中に「ビジネスコーチ」を組み込み、コーチングビジネスを拡大していきたいと思っている。明田氏は既に「ビジネス・コーチ・クラブ」というものをを立ち上げているが、私も明田氏とは違うカタチでコーチングビジネスの展開をしていく予定。ビル・キャンベルは目指さないが、日本でもビジネスコーチが根付けばいいなぁと思う。

今宵も赤ワインを空けた。明田だけに。







(※ 写真右:明田会計士、写真中:秘書、 本人の許可を得て載せている。)

クライアント様の経理部長と食事

bucho


東証一部上場企業のクライアント様の経理部長と定期的なお食事会。

私の新刊書『「経理」の本分』は、この経理部長さんと二人三脚でビジネスをしてきた経験がなければ書けなかった内容だといっても過言ではない。

実際、『「経理」の本分』の中に、この経理部長の話も載せている(名前は出してないが)。経理部長も、読みながら気付いてくれ、奥様に自慢してくれたらしい。

部長と出会ってから7〜8年になると思うけど、今でも経理の最先端の情報を共有でき、「強い経理部」を作りたいという「志」を共有できることが、本当に幸せだと感じる。今日も、経理部はどうあるべきかという話や、経理部員をどうやって育てるべきかという話を伺うことができた。非常に有益なお話しばかりだった。

仕事をしているとツライこともたくさんあるが、そういう記憶が吹っ飛んだ1日だった。

-----

もう一つ、幸せな話。

新刊書『「経理」の本分』、なんと、発売10日で増刷決定! これは嬉しい!

出版記念特別セミナーは来週月曜日(12/23)。この経理部長にもご登壇してもらいたかったのだが、部長の海外出張の日程と重なっていたため、今回は残念ながら実現できず。また別の機会に部長と何か一緒にできる機会を作りたいと思う。

出版記念特別セミナーは、かなり多くの方にお申し込み頂き、感謝です。会場を拡張することができたので、もう少しだけ募集します。


(※ 写真は許可を得て掲載している)

旅人

No Fun,No Life



某上場企業の代表取締役社長だった方(現47歳)が、SNS上で、2年半ぶりに社長復帰するという書き込みをされていた。

2年半前に代表取締役を退任され、その後、世界中を旅されていた。心底羨ましいと思いながら、いつもSNSを拝見していたが、まさか社長復帰するとは思わなかった。

社長復帰で思い出すのが、「ほぼ日」の糸井重里社長(現70歳)だ。糸井重里さんは40代の頃、仕事への情熱を見失い、2年ほど仕事をしない時期があったらしい。その代わりに没頭したのが釣りで、年間140日は釣りをしていたらしい。この話は、齋藤孝著『バカになれ』という本にも書かれている(P178)。

この2人に共通することは、一旦仕事から離れたことで、自分が本当にやるべきことや、心の底からやりたいと思うことが明確になったということだろう。没入しすぎるのは良くない。

-----

私は独立してからずっと同じ仕事に没入してきた。体力的には問題ないが、憂鬱になっている。コンサルの仕事を辞めたいと思っていることを知人に伝えたところ、「辞めなくてもいいと思うけど、1〜2年旅行にでも行ってきたらどうだ?」と言われたことがある。その時は、辞めることしか考えていなかったので聞き流したのだが、この社長復帰された方のSNSを何度も読み返すと、違う選択肢があるかもしれないと思ってきた。

先日誕生日を迎えた時、私の心の支えにもなってくれているビジネスパートナーが食事をご馳走してくれた。「元気な時間はあまりないかもしれないから、過去に囚われず、思うどおりに楽しんで、冒険したらいい」と言ってくれた時に、何かは分からないけと、背中を押されたような気がした。

いますぐ旅人になることはないと思うが、誕生日の前後に様々なことが起こったのには意味があると思う。これからも、心の底からやりたいと思うことを優先し、No Fun, No Life ! で生きていこうと改めて思った。


G grks

ggrks


ホリエモンのtwitterを見てると、爽快なツイートがある。

ググレカス


ホンマ、なんでもかんでも人に聞く前に、ググレ。

全ての答えはgoogleにある。

日本の人口動態も、
東京と大阪の気温の違いも、
シンガポールの雨季の時期も、
タイの為替レートも、
ピピ島の行き方も、
フェラーリの燃費も、
体脂肪率の減らし方も、
ディズニーランドでラーメン売ってる場所も、
エモいの意味も、
ググレカスの意味も…


俺に聞くな! ググレカス!

ググレカス2



特に、経営者や起業家の方は、外部環境の変化に自らが対応していかなければならないのに、社会・経済の動きや、業界の変化や、消費者の動向などに無関心の方が多過ぎる。そういったものは調査会社が調べるんじゃなくて、自分で調べろ。ググレ。とことんググレ。めちゃくちゃググレ。本屋に行く前にググれ。図書館に行く前にググれ。ネットサーフィンする時間は遮断しても、ググる時間は惜しむな。とにかくググレカス!!


(※ 画像はすべてネットから拝借した)

仕事は会議室でやるもんじゃない

東京から京都へ。

個人事業主のクライアントとの会食。

このクライアントとは、年に3〜4回食事をする。正確には、年に3〜4回の食事の時にしか会っていない。それでも、もう10年近くも支援をさせて頂いている。

毎月訪問してくれる税理士が近隣に何人でもいると思うのだが、近くにも居ないし訪問もしない私と創業以来のお付き合いとさせて頂いている。私としては、クライアントがより安心して経営ができるのであれば、近隣の税理士に契約を切り替えてくれても構わない。しかし、クライアントはその気はないという。

「税務の相談だけをしたいなら税理士に頼めばいいし、経営の相談だけをしたいなら経営コンサルに頼めばいいと思う。でも会議室で喧々諤々言われたら、僕はキレると思う。そういう人と付き合いたいとは思わない。武田さんなら何でも話せる。あとは人柄・キャラが好き。だからこれからも武田さんと契約を続けたい。」

今日も、そういってくれた。

このクライアントはお酒にやたらと詳しい。これまでお酒のことを相当教えてもらった。蒸留所に連れて行ってくれたこともある。今宵も4軒ハシゴして、しこたま飲んだ。何杯飲んだのかも覚えてないが、クライアントの前で記憶が飛んだことは一度もない。笑い転げて抱き合うような関係だが、緊張感が途切れることは絶対にない。「クライアント」と「私」という関係は、会議室にいなくても、どんなに仲が良くなっても、24時間365日、一定の緊張感が必要なのだ。悲しいかな、そういう関係なのだ。この緊張感が持てなくなったら、全てを失うのだ。

出会って直ぐに結婚する人なんていないという話

よろにく


よろにく

今夜、IFRSコンサルティングを一緒にやってる吉岡会計士と行った表参道の焼肉「よろにく」は、これまでの人生で食べてきた焼肉の中で最高級の美味しさだった。食事をしながら「唸る」という経験ができることは幸せだ。年に数回でいいので、こういう御褒美もアリかなと思う。

-----

この週末はAWARENESS社の『EMS』(Essence Marketing Seminar)というセミナーを受講していた。AWARENESS社のセミナーは全て受講者の期待を超える。『EMS』は初めて受講したが、これも私の期待を遥かに超える内容だった。講師はソフトバンクで孫さんの元でマーケティングを担当していた竹越氏。竹越氏とはこれまで何度か食事をしたことがあるが、初対面の時に、会って数分で「この人、天才!」と唸ったことを思い出す。「唸る」という経験ができることは幸せだ。

ソフトバンクのマーケティング予算は数百億円。それを回していたのだから、そんじょそこらのマーケティング専門家が語る上っ面の話とは次元が違う。この人は本質(Essence)を知っている。

竹越氏と初めて食事した時の一言が強烈に印象に残っている。

「餃子の王将が満席だったからといって、他の中華料理店に行きますか!?」

そりゃそうだ。
マーケティングとは何の関係もない話に思えるかもしれないが、ここに本質が宿っているように思う。数多く餃子屋がある中で、なんで餃子の王将は売上高800億円(2019年3月期予測)を超えるチェーンとなったのか。

竹越氏が、マーケティングを恋愛に例えていたことも印象に残っている。事業提案と契約成立は、プロポーズと結婚と同じ。出会って直ぐに結婚する人なんていない。どうやって出会い、どうやって距離を縮め、どうやって告白し、どうやってお付き合いするか。緻密な戦略が必要となる。つまり、事業家は、事業を続ける限り、マーケティングからは逃れられない。ビジネスは、売上を上げなければならないから。

-----

私も独立した直後は、マーケティングの本を乱読していた。今でも書庫にはマーケティング関連の書籍が数百冊はある。有益な本も多かったが、机上の空論と思った本はもっと多い。数百冊の本を読むくらいなら、『EMS』を1日受講した方が余程有益だと思う。何事も、その道の第一人者から直接学ぶことが成功への最短距離であることは間違いない。起業した時にこのセミナーに出会っていれば…と思った。

遠回りはしたかもしれないが、17〜18年もアホみたいに毎日ブログを書き続けきたから言えることがある。それは(ピーター・ドラッカー が言うように)「マーケティングは営業を不要にする」ということ。マーケティングをキチンとやれば、餃子の王将になれる。そこに技術があれば「他のコンサルに行きますか!?」といえるようになる。

ブログだけをやればいいって訳じゃないが、恋愛をすればいいのだ。「私はこういう人間です」から恋愛は始まる。それが相手に伝われば、向こうから告白してくれることもある。

予約のとれない焼肉屋みたいにはなりたくないが、私を指名してくれる方に対してはチカラになりたいと思う。

近いうちにリタイアすると思うけど

よろにく。


イースターに想う

今日はイースター。

イースターといえば、東京ディズニーランドのイースターパレード。ディズニーランドのあらゆるパレードの中でもイースターが一番好きだ。今でも、私がセミナーに登壇する前は(2012年まで開催されていた)Disney's Easter Wonderlandの音楽を聴いてテンションを高めている。同じような感動を提供しなければと自分を奮い立たせる。

私は、東京ディズニーランド、リッツカールトン、スターバックスのサービス・ホスピタリティに惹かれているが、何が他社との違いをもたらしているのかといえば、それはサービス提供者が「主体的である」ことにあると思う。競合他社は画一的であり硬直的なサービスしかしない。主体的に動くから、動きの中に個性があり、しなやかさがあり、滑らかさがあり、柔らかさがある。それが顧客から見ると、パーソナライズされたサービスと感じる。時にそれが感動を生む。

主体的なサービスを提供する企業には接客マニュアルがない。彼らはマニュアルではなく、理念で動いている。だから色んな役割を果たせる。画一的なサービスを提供する企業は、マニュアルで人を動かしている。だから働いている人は決められた仕事があると思い込み、それしかやらない。

成功哲学をまとめた名著「7つの習慣」には、成功するための「第1の習慣」として「主体的である」ことを挙げている。何事も「主体的」でなければならない。最低限のマニュアルは必要かもしれないが、(人は外的コントロールでは動かないように)人はマニュアルでは動かない。イースターパレードで演じるキャスト達の細かな動きは、決してマニュアル化できないものだ。その時々の状況を瞬時に見抜きながらも全力で演じる姿に私はただただ感動する。



完訳 7つの習慣―人格主義の回復
スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版
2016-06-01

情緒的なつながり

Starbucks Reserve Central World

上の写真は、バンコクの中心地サヤーム(Siam)にある巨大商業施設「Central World」に入っている、世界で二番目に大きいスターバックスコーヒー。

ここは初めて来たが、あまりのデカさと、オサレさに、ビビった。

日本にいる時もほぼ毎日スタバで仕事をしているが、タイにいる時もスタバで仕事をしている。他に色んなカフェがあるし、そういうカフェも利用するが、リピートしたいとは全く思わない。少し遠くても、あえて行きたいと思うカフェはスタバだけだ。

タイのスタバは、日本のスタバと値段が変わらない(日本より高いかもしれない)。物価水準を考えれば、我々日本人がコーヒー1杯に1000円以上払うような感覚だ。それでもスタバに若者が溢れている。なぜ、私を含め、多くの人がスタバを愛してやまないのか。

ここで思い出すのは、10年以上前に聴いたリッツ・カールトンの元日本支社長の高野登さんの講演だ。その際に、リッツ・カールトンが大切にしているのは1人1人のお客様との『情緒的な繋がり』だ、というようなことをおっしゃっていた。当時、独立して間もない頃だったこともあり、この一言は心に突き刺さった。それ以降、何度かリッツ・カールトンに宿泊し、感動的な『情緒的な繋がり』を体感させて頂いた。これが商売の原点であり、感動はそこから生まれる。スタバも、私から見たら『情緒的な繋がり』を大切にしている唯一のカフェだと思う。

先月登壇した22時間に及ぶ経営者・起業家向けセミナーにおいても、そんな話をした。そこに顧客をロイヤルカスタマーに昇華させるヒントがあると思ったからだ。すると、驚いたことに、受講生の中にスターバックス コーヒー ジャパンの正社員の方がいた。関心があったので、休憩中にその受講生に「何が違いをもたらしているのか」についてこっそり質問したら、こっそりと内部情報を教えてもらった。ここでは書けないが、なるほど、やはり商売の原点を貫いてきた結果が今のスタバなんだな、と痛感した。

今日行ったスタバの店員(若い男性タイ人)も、私の名前を聞いてくる。「Yuji 、これから君のために暖かいコーヒーを入れるから、少し待ってくれよ!」とさりげなく語り掛ける。なんでもない行為だが、ライバルはそれをやらない。そこにコーヒー以上に暖かい味わいを感じる。

仕事をやる限りは依頼主の期待を超える結果を出す

先日書いた通り、某上場企業から依頼されていた某調査についての報告会があった。調査系の仕事はかなりの集中力を要するが、調査の報告は100%の満足度で臨んだことがない。どこか不安が残る。それは調査に時間的制約があること、調査自体も様々な制約の中で実施すること、依頼主の方が調査対象に詳しいことがあること、など理由は様々。プロとして責任もって臨んでるが、限界がある。

今回の報告会も不安はあった。報告会の最中も、依頼主の部長さんと目が何度かあったが、目の奥で何を思われているのか、ひやひやしていた。報告会が終わった後、御礼のメールを頂いたが、本音はどうなのかは分からなかった。仕事をやる限りは依頼主・クライアントの期待を超える結果を出すことだけはコミットするようにしているが、果たして今回は期待を超える内容だったのか…。

何日か経った後、偶然、依頼主の部長さんが私のことをtweetしているのをネットで見付けた(もちろん部長さんも私も実名は出ていない)。そこには、「一般的な報告会は一般論に終始することもありがち」、「だが、今回の(私の)報告会は条文等を当社に置き換えての問題提起・提案をしてくれた」、「大変に分かりやすかった」、「誰に案件を依頼するかも大切」…といったことが書かれていた。

私以外の方々に発信しているネット上でこのような高い評価をして頂いていたことに、正直ホッとしたし、嬉しかったし、少し自信にもなった。

また次の依頼主の期待を超える結果を出すべく、目の前の案件に集中していこう。

その前に、自分の確定申告をとっとと終わらさなければ…。

一期一会

昨日、税務研究会様主催の決算早期化セミナーに登壇させて頂いたが、セミナー後は受講者の方から連絡を頂くことが多い。もちろん全てに目を通す。

私も何度も経験しているが、「出たい!」というセミナーがあっても、時間・日程等が合わずに参加できないことの方が遥かに多い。時間の自由が利く私でも、「出たい!」と思うセミナーの8割は出れない。もどかしい。

だからこそ、思う。私のセミナーに参加して頂けるということは当たり前のことではないと。一期一会だと。二回も三回も再受講して頂けるなんて感謝以外のコトバが出てこない。

セミナーでの奇跡的な出会いにより、私の「経理が変われば、会社は変わる」という理念や、真の意味を、一人でも多くの方に直に伝えることができる。1つのセミナーがきっかけとなり、受講者の意識が変わる。「真の経理部」が1社、また1社と生まれる。そうやって私の夢が実現していく。

だからセミナーだけは、どんなに報酬が少なくても登壇するし、どんな場所でも行くし、やる限りは何時間でも全力でやる。体調もテンションもその日をピークにもっていくために、10日前から出来るだけ外出を控える。この一期一会を妥協したくはない。

今週だけでも3つのセミナー依頼がきた(先週も2つきた)。また新たな出会いや再会があることを心から楽しみにしているし、依頼を頂く度に自分を磨き続けなければならないと感じる。

プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ