公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

どうでもいいはなし

誕生日に想う

誕生日


小学生時代、私は同級生のMちゃんという子に片想いをしていた。Mちゃんに告白したことはないが、私の親友が「武田はお前のことが好きやねん」と言ってしまった。シャイな私は、余計にMちゃんに喋りづらくなってしまい、教室内でほとんど喋ることができなくなった。しかし、それ以降、Mちゃんは私の誕生日(7月22日)になると、毎年自宅のポストにプレゼントと手紙を入れてくれた。小学校の終業式は7月20日頃なので、いつも私の誕生日は夏休みだった。誕生日はMちゃんに会えないが、Mちゃんからの誕生日プレゼントと手紙が毎年の楽しみだった。私もMちゃんの誕生日に、彼女のマンションの玄関のノブにプレゼントの紙袋をかけるようになった。その儀式は小学校を卒業してからも数年続いたと思う。顔を合わせることも、喋ることもなかったが、「おめでとう」の気持ちだけは伝え合った。忘れなれない青春の思い出である。

-----

以前、ある年上の方と久々に再会した時に、「僕の誕生日に武田さんから連絡がなくて、ずっと寂しかったんですよ」と言われたことがある。思いも寄らないことを言われ、返す言葉が見付からなかった。

私は知人の誕生日は比較的よく憶えている。「真の友人」は数名しかいないが、「知人」は365人以上いる。だから、毎日誰かが誕生日である。もちろん、その全員に祝辞を述べることなんてできない。

逆に、自分の誕生日に祝辞を受ける側となっても、すべての「知人」から祝辞を言ってもらえるなんて思わないし、望んでもいない。最近は、多くの人がLINEやMessengerを使ってお祝いメッセージのやり取りをしていると思うが、私は(以前も書いたが)LINEとかMessengerとかチャットのやり取りを極力やらない。はっきり言えば、LINEが嫌いなのだ。薄っぺらい言葉のやり取り、コミュニケーションの短縮化、スタンプ化、機械化、形骸化、奴隷化に強い違和感しかない。「おめでとう」という感情は、1秒で伝えられるものなのだろうか? それが対人コミュニケーションなのだろうか? その祝辞が記憶に残るのだろうか? そういうものが大量に送られてきても、私は沈黙するしかない。抑圧された感覚となり、まともな言葉でコミュニケーションをしようとする気が失せる。

誕生日は親、家族、友人などに感謝する日だとも言われる。かつては、多くの人が手紙やバースデーカードに気持ちをしたためていたと思う。そこには感情があり、感謝があり、承認があった。手書きだからこそ伝わる言葉があるが、大切なことは言葉にしにくい。言葉が見付からず、余白が生まれ、それが読み手の想像力を生み、余白を埋めていく。気持ちや愛が込められている分、受け手の記憶となる。

世の中が便利になり、モバイルアプリでコミュニケーションができる時代に、このようなことを言うのは「昭和のオッサン」かもしれないが、言葉が壊れてきた今こそ、自分の言葉で伝えるということを大切にすべきだと私は思う。誕生日の当日じゃなくてもいいじゃないか。会った時に「おめでとう」と言った方が何百万倍も記憶に残るはず。

先日の石垣島の夕食時、乾杯をする際に、旅友Tさんが「タケさん、少し早いけど、誕生日おめでと〜う!」と言ってくれたのは、ホントに嬉しかった。Tさんも私も、事務連絡以外でLINEを使うことがないから、誕生日当日にやり取りすることなんてない。しかし、石垣島での「おめでとう」は、少し照れていたTさんの表情と共に私の記憶にこびり付いて離れんだろうよ。

-----

ということで、今日、歳を1つ重ねた。SNS等から誕生日を非公開にしたので、スタンプだけを送り付けてくるような人はいなかったのでホッとした。誕生日を非公開にしても多くの方からお祝いのメッセージを頂いたのは感謝&感激。誕生日を憶えてくれていただけでも嬉しいのに、愛のあるメッセージを頂いたことは、それがLINEやMessengerであっても、素直に嬉しかった。これからも大切な人を大切にしていきたい。

残りの人生、楽しむことに躊躇せず、弾を撃ちまくるのみ。
原始的な生き方をしていきたい。
No Fun,No Life!!


ぷらっと神戸へ

松岡正剛

南国から帰ってきた翌日、神戸へ行ってきた。

持っている服の大半がユニクロとリーバイスなので、「もう少し服にお金をかけたら?」と言われることが多い。興味がないし、不自由もないので聞き流しているが、たまには「オサレ」をしてみてもいいかなと神戸旧居留地をぷらぷらしてみた。高級ブティックが立ち並び、見せつけるようにスーパーカーが横付けしているが、やはりそういう店には興味が沸かない(もはやスーパーカーにも興味が沸かない)。結局、リーバイスの「SALE」の文字に吸い込まれ、ジーンズ2着とTシャツ2枚を買った。買えば買うほど割引率が増えるらしく、これだけ買って1万円。良い買い物をした。

日本全国の大手書店で松岡正剛氏の ”知”祭り(千夜千冊エディション20冊突破記念フェア)が開催されているので、ジュンク堂書店三宮店にも寄った(ジュンク堂書店の創業の店でもある)。前から読みたかったレヴィ・ストロース『悲しき熱帯』など数冊を購入。良い買い物をした。

-----

申虎


夜、いつものメンバーで、いつもの店に行った。神戸の肉割烹料理店。
気に入った店があれば、顔と名前を憶えてくれるまで最低月1で通い続けるようにしていて、いま、そういう店が2つあるのだが、両店共、顔と名前だけでなく、好みのワインの味まで憶えてくれるようになった。私の好みのワインを提案してくれるのは嬉しい。


申虎


唸るほど美味しかった。

誕生日のお祝いまで。
粋だねぇ。

申虎


今日も気持ちよく酔った。

最寄駅を降りて、リーバイスの買い物袋がないことに気付いた・・・。

電車の中に忘れた模様・・・。乗った電車は(滋賀県の)米原行きだった。

さてはて。


今日もHouse Party !!

house_party

関西の緊急事態宣言最終日。
外でゆっくり飲めないので、2週連続でHouse Party !!

今日も、行きつけのお店のシェフに出張に来てもらって、ワインに合う料理を作ってもらった。

同世代の公認会計士5名集結。
会計をやってる人、税務をやってる人、コンサルをやってる人、監査法人のパートナー、やってる仕事はそれぞれ違うけど、皆それなりに成功している人ばかり。医者と同様に各人に専門分野がある。違う専門分野の話は同業者といえどビックリするような話も多かった。

監査法人を辞めて15年以上が経つが、その間に随分と監査法人も変わってしまったなぁ〜と思った。是非いつか私のYouTubeの会計士対談に出て欲しい。




ホームパーティー

今日もずごいボリュームもフルコースに、中年男子は腹がはち切れた。

雲丹の載った肉寿司も最高だったが、初めて食した「わさびチーズパスタ」も美味しかった。今日は炭水化物を過剰摂取したが、幸せだった。


ホームパーティー


17時前に始まったパーティーは、24時にお開きに。
7時間も飲んでたのか・・・。

ビール15缶、ワイン9本。
飲みすぎた・・・。

でも楽しかった。
人生、楽しんでなんぼ。


ホームパーティー

言葉にすることの責任の重さ

ダナン


2年前の今日はベトナムのダナンにいた。「何もしない」ことをしようと、ぼーーっと過ごせそうなホテルを選び、250mもあるプールサイドで読書と執筆をしていた。4日間、観光地のホイアン以外は行かず、ホントにぼーーっと過ごした。

久しぶりにこういう旅をしたくなってきた。


-----

言語化

日経の『春秋』を担当されている大島さん、ホントに良い文章を書くなぁ〜と毎朝関心する。

今日のコラムも、タイムリーすぎるトピックスで関心した(是非読んで欲しい)。

『言語化という作業にはふつう重い責任が伴う』。これはホントにそう思う。たかが「要請」にすぎないとしても、それが法律に基づかないものであるとしても、罰則がないものであるとしても、言語化されて発せられたものには重い責任が伴うと私も思う。特にそれを発したものが、政治家や専門家といわれる人であれば、たかが「要請」にすぎないものであっても強い強制力がある言語に置き換わる。新型コロナの専門家といわれる人が何かを発すれば、その科学的根拠の有無に関わらず、9割の人は信じる。ここに受け手側の読解力は関係ない。上のコラムで谷川俊太郎さんが言っているように、空語であったとしても「言語であるゆえに逆に現実をつくってゆきかねない」のだから。言葉にするとは、それほど重いものだと思う。

(なお、ベストセラーになっている西村秀一著『新型コロナの大誤解』は、コロナ専門家の言説を鵜呑みにしてはならにと警鐘を鳴らしている。彼らがいまの現実をつくっているともいえるのだから。)

菅、西村、小池、吉村といった人たちの発する言葉は、めちゃくちゃすぎて言葉を失う。発言の軽さ、責任の無さ、言い訳の見苦しさ。こんな人たちがリーダーシップを取って、誰が支持し、付いていくのだろう。秋の総選挙は波乱が起きるだろう。私はこれまで自民党を推していたが、今回ばかりは投票しないと思う(かといって、投じたい党がないのだが。)。小池、吉村も、頻繁にTVに出て軽い言葉を発しているが、結局は支持率を上げるための自己アピールに余念がないだけで、都民に寄り添っているとは到底思えない。結局この人たちは、リーダーとして何をしてきたのか。

そういえば、「また飲みに行きましょう!」と言われ、笑顔で手を握られたけど、その後二度連絡が来ないという人が何人もいる。そうやって信頼というものは失われていく。仮にその人から連絡が来ても付いていくことはないだろう。菅氏の「(緊急事態宣言は)これが最後」という言葉を誰も信用していないように、軽い言葉は全てを溶けて失わせる。

成長カーブ

アマゾン

([出所]日経電子版(2021/7/6)より)


世界一の富豪、amazon創業者ジェフ・ベゾス氏が7月5日にCEOを退任した。そして7月20日に宇宙飛行に臨む予定らしい。なんと、アメリカでは、貧富の差に不満が爆発した人が立ち上げた「ジェフ・ベゾスの地球帰還を許すな」という署名キャンペーンに14万人を超える賛同者を集めているという(2021/7/2 Newsweekより)。妬みは恐ろしい。

amazonが創業したのは27年前。当時のニュースを今でも憶えている。社名もインパクトがあった。そこからしばらく赤字続きで、芽が出なかった。それでも膨大な投資を続けていたので、「この会社、大丈夫か!?」と多くの投資家も思ったに違いない。

「成長カーブ」とは上のグラフのような曲線を描くものだ。時価総額1兆7000億ドル(約190兆円)は、おそらく地球史上最高であり、ジェフ・ベゾスも地球史上最高の富豪となった。しかし、そこに至るまで、20年以上に及ぶたゆまぬ努力をしてきたに違いない。それこそ、毛が全て抜けるほど…。

多くの人が、咲いている花(=見える部分)だけを見て判断し、思いっきり深く伸ばしてきた根っこ(=見えない部分)については無視する。しかし、花を咲かすために、どれだけの努力をしてきたことか。風雪に耐えてきた人だけが果実を得ることができる。それが出来ない人は「食うべからず」なのだ。行き過ぎた貧富の差や富裕層を優遇するような措置は是正すべきだと思うが、それは制度・政治の話であり、富裕層をバッシングする話ではないと思う。

松下幸之助の座右の書だった石田梅岩著『都鄙問答』には、「商人の売利は士の禄に同じ」(=商売で利益を得ることは武士の俸禄と同じで当然のこと)であり、むしろ儲けないのは商人として失格だと言っている。渋沢栄一著『論語と算盤』で引用している論語の一節おいても、「邦に道あるに、貧しくしてかつ賎(いや)しきは恥なり」(=国に道義があるのに、貧しくて、低い地位に甘んじているのは恥である)と書かれている。たゆまぬ努力をして利益を得ることが最大の社会貢献ではないのだろうか。その人が宇宙に行こうが、軽井沢に別荘を建てようが、スーパーカーに乗ろうが、絵画を買おうが、どーでもよくねー??

House Party !!

LOVE


7月4日。今日は、私が独立し、事業を開始した日。アメリカの独立記念日と被っているのはたまたまで、それまで働いてきた会社を6月末に辞め、翌月曜日が7月4日だった、というだけの話。独立して17年目に突入した。これからもマイペースで楽しもうと思う。


-----

YouTubeチャンネル登録数が2000名を突破したため、YouTubeのスタッフと打ち上げをした。

外の飲み屋は意味不明な制約があるため、行きつけのお店のシェフに出張に来てもらって、私の自宅で打ち上がった。House Party !!

我々のために、スペシャルコースを用意してくれた。

和さびや_三宮



ワイン好きの私のために、ワインに合う料理を考えてくれたらしい。
淡路牛のステーキとか、雲丹ののった肉寿司とか、たまらなく美味しかった。

和さびや_三宮



YouTubeデビューしてから1年3ヶ月。手弁当で手伝ってくれているスタッフのみんなには感謝しかない。彼らがいなければ、私は絶対にYouTubeはやらなかったからね。

大した収入にもならないのに、「次は2万人を目指そう!」と言ってくれたのは嬉しかった。

YouTubeもマイペースで楽しみながらコツコツやっていこうと思う。


wasabiya

ディレクターのニャンさん、シェフのワッシー、会計士のたけちゃん


旅に出るより遠くに行ける場所

枚方T-SITE

人生初、大阪の枚方市(ひらかたし)へ行った。

枚方市駅前にCCCが運営する『T-SITE』の関西1号店(代官山・湘南に続く3店舗目)があることは当然に知っていたが、これまで枚方に行く機会がなかった。なんで枚方に『T-SITE』なのか分からないが、TSUTAYA1号店が枚方駅前だった(1983年開業)ことと関連があるのかな。

昔から建築に興味があり、もし私がビルを建てるなら、四角い箱を積み上げたようなガラス張りのビルにしたいと思っていた。枚方の『T-SITE』は、まさに私のイメージしていたような建築物だった。竹中工務店が設計・施工し、数々の賞を受賞している。


枚方T-SITE

ガラスの向こうに蔦屋書店の巨大な本棚が見える。
バエるねー。

ビルに入る前からテンションが上がる。




枚方T-SITE_蔦屋書店


中に入ると、さらにテンションが上がるし、幸福度も上がる。
見惚れる。



枚方T-SITE_蔦屋書店


地震がきたら大変だぞ。



枚方T-SITE_蔦屋書店


書店も、スーパーも、家電量販店も、衣料品店も、ドラッグストアも、M&Aし、大型化し、弱肉強食化するのは必然なんだろうと思う。しかし、個性がなくなり、買い物をする楽しみがなくなるのは残念でしかない。海外に行けば、書店でも、スーパーでも、テーマパークのようなディスプレイになっているところがあるのだが、日本は買い物をしていて楽しいと思う店が少ない。

でも、蔦屋書店は面白い。代官山も、京都岡崎も、梅田も、枚方も、ワクワクする。気が付けば1時間、2時間と経っていたという程の「経験」が出来る。その時の出逢いが人生を変えたりもする。旅に出るより遠くに行ける場所だと思う。

7月1日

多くの公認会計士にとって、6月30日は一区切りの日だと思う。3月決算の上場企業の株主総会が終わり、有価証券報告書が出揃う。4月から続く繁忙期が一旦終わる。Twitterを見ていても、6月末を区切りに退職・異動・転職・独立する公認会計士が多かった。私もサラリーマンを卒業したのは2005年6月30日だった。

そこから独立し、15年間、めちゃくちゃ働いた。15年間、常に複数のコンサル案件を抱えて走っていた。一度も仕事が途切れなかったことは奇跡だと思う。15年連続増収を続けたが、スタッフゼロで上場企業のコンサルを10案件も同時並行で走らせるということは、もう体力的にも精神的にも不可能だと思ったし、そろそろ区切りを付けるべきだと思った。だから新規受注を抑えていった。そして、2020年6月30日に全てのプロジェクトが終了した。

我ながらよくやったと思う。
自分で自分を称賛したい。


-----

で、2020年7月1日から人生第2幕が始まり、1年経った。あれから大型コンサルはやっていないが、執筆、セミナーなどの仕事はやってきた。収入のポートフォリオは変わったが、会社も個人もキャッシュ残高は減らなかった(というか増えた)。最近、色んなところで「FIRE」というコトバを聞く(Financial Independence Retire Early(経済的自立&早期リタイア)の意味)。かつて、ロバート・キヨサキさんが「Financial Independence」と言い、本田健さんが「経済的自由」と言ってたが、最近の流行りは「FIRE」らしい。

ただ、「FIRE」に関する本や記事を読むと、「FIRE」=「仕事をやめること」と解釈している人が少なからずいる。「食欲・物欲は極限まで抑え、持っているものは出来るだけ売り、給与の数分の1で生活できれば、○年後に仕事をやめても○年間過ごせます!」 みたいなことが書かれている。こういう記事を見ると、ツッコまざるを得ない。おいおい、それってFinancial Independenceじゃねーよ。貯金を取り崩してるだけじゃねーか。

Financial Independenceに関する本に書かれていることに共通するのは、従業員(employee)ではなく、投資家(investor)にならねばならないということだ。貯金を取り崩すのではなく、資産を運用し、その利回りで生活することがFinancial Independenceであり、(平均的にその運用利回りは4%位あるから)資産運用額の4%未満の額で生活すれば貯蓄を減らすことなく生きていける。これを「4%ルール」といい、ブライス・リャン著『FIRE』にも紹介されている。これを、どういう訳だが、「支出を減らせば仕事を辞められる」と解釈している人がいる。仕事を辞めることが目的なら、とっとと辞めればいいじゃねーか。

私はいつでもリタイアできるだけのFinancial Independenceを獲得したと思うが、私の幸せは無職になることではないし、食欲・物欲を極限まで抑えたり、メルカリやブックオフで換金しながら生活することも望まない。有形資産のみならず、自分の無形資産も投資し、社会に足跡を残したい。

ある年配の方が「歳を取るとカネを使うことが減るから、若いうちに使っておいた方がいいぞ」というようなことを言ってたが、その通りなんだろうなぁと思う。カネを貯めることも大切だと思うが、カネをどう使うかも大切であり、自分の幸せを考えるのであれば、残りの人生のカネの使い方をきちんと考えた方がいいと思う。富を得ても、普通預金に貯め込んで死ぬのはカッコ悪い。

-----

7月1日は、私にとって、会計年度の初日のようなものなので、この1年間の仕事・投資・収入のポートフォリオを考えていた。執筆、講演、大学講義は決まっているが、あとは何も決まっていないので。

残りの人生のカネの使い方を考える時、今から2年前に「アナザースカイ」という番組で石田ゆり子さんが言っていたコトバを必ず思い出す。「お金って紙だから・・・経験に換えていきたい」。

以前のような働き方はもうやらないが、以前できなかった仕事や経験はしていきたい。そこにカネを使うことに躊躇したくない。貯蓄は減っても、幸福度が増すならそれでいい。楽しむことに躊躇せず、弾を撃ちまくる人生であれ。本音で生きろ、本気で生きろ。それが我が人生。

この1年も燃焼したい。



経験に換えていきたい
(※ 画像はネットから拝借した)

終わりの始まり

呉服橋

東京駅の日本橋口を出てビックリ。
トラストタワーの隣にバカでかいビルが建っていた(呉服橋交差点のところ)。
「常盤橋タワー」というらしい。

かつては毎週のように通った場所だが、コロナ蔓延後1年以上来ることがなかった。1年ちょっとでここまで光景が変わるものか。

「常盤橋タワー」の横に、今後、「Torch Tower」という日本一高いビルができる(2027年完成予定)。あべのハルカス(300m)も異常な高さだが、それを90mも上回る390mのタワーが出来る。閑散とした東京駅周辺を見ると、果たしてそんな建物が必要なんだろうか…と思ったり。。



日本銀行

日本銀行。
奥にはマンダリン オリエンタル ホテル。
マンダリン オリエンタルのBarにもよく行ったが、この1年は行けていない。
フライドポテトがめちゃくちゃ美味しいのだが。



三越前駅

三越前駅前の三越。
クルマも人も少なかった。
「終わりの始まり」のような空気が漂っていた。


-----



利三郎


今宵は、大原簿記専門学校時代からの友人で、あずさ監査法人での同僚でもあったYさんと飲みに行った。もう25年位の付き合いになるので、心置きなく飲める。楽しかった。

行きつけの「利三郎」にて。美味しいワインが楽しめるお店。

Yさん、めっちゃ痩せたなぁーと思ったら、休日は自転車で100kmくらいサイクリングをするらしい。アプリの履歴を見せてもらったが、ホンマに100km走ってる…。そりゃ痩せるわな…。

私は1日3km程度のランニングでふくらはぎが肉離れで戦線離脱中…。



利三郎

乾杯!

kobe

昨夜、先週ウチに遊びに来てくれた平松ゼミOBの御二方と神戸で飲んだ。阪急電車の神戸三宮駅高架下の飲食街が全面的に改装され、駅周辺がキレイになっていた。活気が取り戻ってきた気がする。喜ばしいことだ。

緊急事態宣言が解除され、マンボウに移行したが、飲食店での酒類提供については、大阪は「2人以下」、兵庫は「平日のみ」という意味不明な制限が加えられた。そうなれば、3人以上なら兵庫に流れ、休日は大阪に流れる人が増えるのは必然かと。大阪某所の居酒屋街では、マンボウ移行後も「2人以下」なんて完全無視して飲んでる群衆だらけで笑えたけどね。

最近は「県またぎ」についてゴチャゴチャ言ってくる人は消えたが、「ワクチンを打つまで人と接触するな」的なことを言い出す人が出てきた。コロナ脳に侵された人はいつまでも悲しい発言をするもんだ。ワクチンを打てば後は安泰、という訳にはいかないことなど、ベストセラーになってる幾つかのアンチワクチン本を読まなくても分かるでしょうに。


ワクチン
(※ twitterより拝借)



♪ かたい絆に 想いをよせて

kobe

泥酔してしまい、何の結束をしたのか覚えていない…。ごめん。
写真だけが記憶している。


-----

そういえば、先日、行きつけの店のオーナーから、「武田さんのブログを見たという方が食べに来てくれました〜!」という連絡が来た。

ニャンさんが「たけちゃんのブログは追体験したくなる」と言ってくれたことがあるが、私の備忘録のようなブログが幾人かの読者の方の人生に彩りを添えることができるなら、それは嬉しいことですわ。

ただ、オススメしたい店を載せてるとは限らんでー。


-----


次回のYouTube Liveは、

明後日、6月26日(土)20:00〜

今回のテーマは、リクエストにより『2021年上期を振り返る』に決定!

もう1年の半分が過ぎようとしている。いろんなことがありました。
今回も事前質問をお待ちしています。

今回は、私のビジネスパートナー、明けちゃんが初出演してくれます!
緊張してるみたいです。明けちゃんへの質問も是非!

youtube_live_2020上半期振り返り
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ