公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

どうでもいいはなし

人と違うことは素晴らしい

俺は、君のためにこそ死ににいく


明後日、鹿児島の知覧にある「知覧特攻平和会館」に行く予定をしている。事前の予習として、映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』を観た(劇場公開2007年)。

第2次世界大戦の沖縄戦で、爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たりする「特攻」という人類史上類のない作戦で1036人の特攻兵が死んだが、そのうち439名が知覧の基地から出撃したのだ。この映画は、その知覧飛行場を舞台に、特攻隊員となった青年達を描いたもの。

-----

映画を観て、(また受験勉強の話になるが)今の学校教育は、70年前の特攻隊への訓練とさほど変わりはないなぁ〜と思った。すべてを犠牲にして、敵艦(=有名大学)に体当たりしろと命じられる。親、教師、社会がそれを賛美し、それを誇り、背中を押す。体当たりできない者は落ちこぼれの烙印を押される。そうやって特攻(=受験)をしなければならない空気を作る。当人の意志は握り潰され、空気と世間で洗脳し、理性を喪失させ、退路を断ち切り、狂気の道へと駆り立てる。

今の教育も、人と違うことをさせず、人がやったことないことをやらせず、失敗を許さず、出る杭は打ち、個性を潰す。実は、日本国憲法は、人は皆違うことを前提に、『人と違うことは素晴らしい』ということを最も大切にしている(詳細はこちら)。しかし、『人と違うことは素晴らしい』と思っている大人はどれくらいいるのだろうか。

国籍も身長も属性も性別も性格も肌の色も全て違うように、能力も人と違っていいし、集団行動が出来なくたっていい。『人と違うことは素晴らしい』ということを大切にすべきだし、人と比べるような生き方、教え方はやめるべきだと思う。親や教育者が変わらないといけないと思う。

-----

鹿児島の前に広島に来たが、広島も多くの飲食店が19時ラストオーダー、20時閉店。
仕方ないので、今日も昼飲み。〆に麗ちゃん。


広島_麗ちゃん




受験勉強に思う

ggrks


面白くない話だが、昨日の続き。

ある有名な作家が、大学受験レベルの勉強は「最低限の教養」だと繰り返し主張し、山川の歴史の教科書や関連する問題集を推薦図書に挙げている。私も彼が推薦する図書を購入してみたことがあるが、数ページ読んでやめた。高校の日本史や世界史の教科書を読んでも、さっぱり面白くなし、何も理解できない。「いつ誰が何をやり、いつ誰が何をやり、いつ誰が何をやった」ってなことが列挙されているだけでストーリーがない。中高生の頃、歴史の授業を聞きながら「下らね〜ぇ」と思っていたのだが、残念ながら30年経っても同じ感想しか湧いてこない。ストーリー性がない日本語(人名、地名、年号、出来事など)を暗記することが勉強なのか? 「最低限の教養」なのか? そんなもの Ggrks と思う。

今から15年程前だが、青色発光ダイオードを発明された中村修二さんの講演会を聴きに行ったことがある(後にノーベル物理学賞受賞)。日本の大学生のやる気がないのも、日本でベンチャー企業が育たないのも、根本的原因は「超難関ウルトラクイズ」にすぎない大学入試に合格することを目的に勉強しているからであり、大学入試制度を廃止すべきだと訴えていた。これには共感しかない。学生時代はクラブ活動や恋愛に夢中になればいいと思う。そこで学ぶことの方が、予備校で学ぶことより、何倍も幸せに繋がると思う。

-----

今日は、秘書夫婦とランチをした。またも昼飲み。

私が生涯で最も利用しているお店が、移転することになり、今週末で一旦閉店する。思い出の詰まった店なので、閉店前に再度行っておこうかと。開店したのが12年前。その間、何度も通い詰め、この店で本場イタリアの料理や、ワインの味を覚えた。オーナーシェフと一緒に飲みに行く仲になり、さらにワインを教えてもらった。私の自宅のワインセラーにあるワインは、すべてこのシェフに選んでもらっている。

新しいお店は来月OPEN予定。楽しみ。
シェフが死ぬか、私が死ぬまで、通い続けるはず。

明日から旅に出るので、このお店に来るのは今日が最後。
最後にシェフを交えて記念撮影。


faber



(※ 冒頭の画像はネットから拝借した)

大学受験に思う

受験生

上の写真は、世間が仕事納めに入ろうかという年末にスタバで撮ったもの。
私の前にいる人達も、左右にいる人達も、みんな大学受験生だった。朝からずっと居座っているのだろう。さすがに店員さんが声をかけていたが、受験生達は無視して居座り続けていた。

隣に座っている学生が開いている予備校テキストをちらっと見てみると、赤のマーカーを引き、緑の下敷きを上に載せて、ただひたすら単語、年号を暗記している。相変わらずの「理解なき暗記」。中学・高校の6年間って人生で一番楽しい時期ではないかと思うが、この貴重な時期にこんな有害無益な勉強を強いられている人達が可愛そうでならない。「そんな馬鹿げた事はやめて、恋愛しとけ!」と隣の席の人達に言いたくなる(言わないけど)。

そして今朝、新聞の朝刊に「大学入学共通テスト」の問題・解答が掲載されていたので、一通り見てみたが、いったい何を評価したいのか理解に苦しむ問題ばかり。これまでの「大学入試センター試験」が暗記型学習への偏りを招いたとの批判から、思考力をより重視する「大学入学共通テスト」が今年から始まった。が、いったいこれのどこが思考力を問うているのだろうか。そして、これらのテストに高得点を得ることにいったい何の意味があるのだろうか。高学歴を掴み、人気企業に就職したかといって、生活は安泰とはいえないし、幸せになるわけでもない。そんなことは今の学生も分かっていると思うが、いまだに昭和的な詰め込み教育や学歴偏重の価値観から抜けきれない大人の奴隷になっている子供達がスタバに溢れ、本当にコーヒーが飲みたい大人がスタバを諦める。地獄絵図だ。「高い学歴を得るために生徒、親、教師、社会が必死になって、塾などに頼るという異常な状況」(橘木俊詔著『教育格差の経済学』P199)はいつまで続くのだろうか。

先日、中学・高校の娘を持つ方から、「娘たちにどういう勉強を薦めたらいいのでしょうか? 公認会計士試験の勉強とかさせるべきでしょうか?」と聞かれたのだが、勉強はさせるものじゃないと思う。「まとまったお金を渡して、ひとり旅をさせたらどうですか?」と、真剣に回答しておいた。スタバで真面目に勉強するような子供を叱りつける親であるべきだと思う。親より高いコーヒー飲むんじゃねー! と。

「淡路島バーガー」と「あわじ島バーガー」

淡路島バーガー


「脱ハンコ」といいながら、毎日どこかにハンコを押している気がするし、かなりの頻度で印鑑証明書を取得するために法務局に行ってる。昔から意味がないと思っていたが、今でも契約書など対外的に交わす資料はまだハンコが残ってる。金融機関は、麻生大臣が非対面を求める談話を公表したにも関わらず、その後も私との面談を要求してくる。なんとかならんのかいな。今日も、とある契約を交わしに西宮の某所へ行ってきた。

普段行かない場所に行ったので、街中をぷらぷらとしていたら、「淡路島バーガー」の店を見付け、吸い込まれるように店に入った。昼間っから飲んだ。忙中閑有り。

緊急事態宣言で20時に飲食店が閉まるのに伴い、昼間っから店を開けて頑張ってる居酒屋やBARを見ると応援したくなる。夜飲みより昼飲みの方が時間を有効に使えるので、しばらく昼飲みを楽しむか。

後で知ったのだが、淡路島で食べることができる「全国ご当地バーガーグランプリ受賞」1位&2位を受賞したハンバーガーは「あわじ島バーガー」で、今日行った店は「淡路島バーガー」だった。別モノかよ。美味かったけど。


----

どうでもいい話のついでに、もう一つどうでもいい話。

引越先が決まった。言わんけど。

環境を変えたいとずっと思っていたので、ようやく。

1,000 から 60 へ。

「風の時代」の幕開けに、風に乗って飛んでいくわよ。


-----

久しぶりに「終わりの会」を更新しました。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
人生はトレードオフ

銀世界

雪

目が覚めたら、外は銀世界。
こんなに積もったのは数年ぶり。

先日、自宅の真ん前の家に、新しい家族が引っ越してきた。山の上なので、冬の雪を心配されていた。「温暖化なので、雪が積もることなんてないっすよ〜」「スタッドレスはいらないと思いますよ〜」なんて言ってしまったが、その数日後にこの有様。すまん・・・。



夏男なので、冬の寒さは堪える。

できることならバンコクやシンガポールに移住したい。
それがムリでも、冬の間だけでも温かいところへ移りたい。

-----

昔読んだ大前研一氏の本に、こんなことが書いてあった。

『人間が変わる方法は三つしかない。
 一つは時間配分を変える、
 二番目は住む場所を変える、
 三番目は付き合う人を変える、
 この三つの要素でしか人間は変わらない。
 もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。』


何かを一気に変えたいと思ったら、まずは環境を変えるべきだと思う。

自分が居心地いいと思う理想の環境・空間・人間関係に包まれることが、幸せの条件の一つだと思うので。

「脱成長」、「風の時代」、「ニューノーマル」の時代の幕開けに、古いものを手放して、風に乗りたい。

君たちは腹が立たないのか

例年、年始めに、宝島社が強烈な見開き広告(意見広告)を新聞に掲載している。

昨年はこちら。一昨年はこちら。企業が発するメッセージ、キャッチコピーの勉強になるため、私のビジネスセミナーの題材でも取り上げたことがある。


その宝島社が、今年も全面広告を掲載した。

読売新聞に掲載されたのがこちら。

君たちは腹が立たないのか

([出処]読売新聞朝刊(2021/1/6)、画像は宝島社HPより)


君たちは腹が立たないのか

音漏れしてるやつ。傘の持ち方なってないやつ。
スマホ見ながら自転車乗るやつ。
まずいちゃもんつけるやつ。なんでも隠そうとするやつ
すぐ嘘つくやつ。すぐ戦争しようとするやつ。
この社会の息苦しさは、決してあなたのせいではない。
いきすぎた忍耐は、美徳でもなんでもないから。
理不尽にはきちんと怒ろう不条理には声をあげよう
怒りを笑うな。怒りとはエネルギーだ。
前例を打ち破り何かを生み出すためのパワーだ。
怒ることから世界は進む。
今年こそ、正しく怒ろう日本人


共感しかない。

一昨年の広告『嘘つきは、戦争の始まり。』と似たメッセージだなぁ〜と思ったら、どちらも電通の同じスタッフが制作したものだった。



要は、『嘘つくな!』ということだ。

相手に対しても、自分自身に対しても

世の中も人生も、理不尽で不条理なものだと思う。思い通りにならなくて当然。思い通りになれば奇跡。しかし、それに我慢するべきなのか。

訳の分からない正義感や同調圧力、付和雷同、他者監視といった「暴力」を被ることがある。そんな時に、「健全な優等生」を演じなきゃならないのか。忍耐は美徳なのか。

脳科学者の中野信子の著書『ペルソナ』にも書いていたが、「言いたいことを伝える」ということが自分の身を守る武器になる。他人の意見に安易に同調したり、マスコミのいうことを素直に信じたり、政治を批判したり、マスクをしない人を睨みつけたりする前に、「自分の意見」を毅然とした態度できちんと発するべきだと思う。おかしいことには「おかしい」と言うべきだと思う。やりたくないことには「やりたくない」と言うべきだと思う。腹が立つことは「腹が立つ」と言うべきだと思う。そして、怒りに対しては、正しく怒るべきだと思う。

戦うべき相手は、ウイルスではなく、自分自身(の嘘)だ。

カネは経験に変換すべき

久しぶりにM1グランプリを全部観た。

最初の10年は笑えたし、チャンピオンの予想も当たったが、この数年は笑えない漫才師が多いし、チャンピオンの予想が当たらない。今回は「おいでやすこが」が圧勝かと思っていたが外れた。今回のチャンピオンの漫才は、笑うところが分からなかった。そもそもあれは漫才なのか…?

いまだにスリムクラブの漫才は好きだ。笑いが進化したのか、私が退化したのか。感性の衰えは、筋肉の衰え以上に凹むぞ。

----

今日、十年来の付き合いの友達とランチをした。彼女も無類の旅好き。独立開業したての士業であり、新婚であるにも関わらず、平然と2〜3週間の旅に出る。旅の優先順位が何よりも勝るのだろう。私と同じように「人生楽しんでナンボや!」の思考なので、とても気が合う。

「稼いだ以上に使わないと、貯まっていきますよ」と当たり前のことを言われたが、「人生楽しんでナンボ」の思考をする人間らしき至言だと思った。たっぷり貯金して死ぬのはアホらしい。かといって、家やクルマなどの有形資産に使うのもアホらしい。ローン返済のために一生懸命働くのはもっとアホらしい。カネは経験に変換すべき。私はまだそこが十分にできていない。モノから経験にカネの使い方を変えていきたい。

ぜんぶ捨てて、すべてを手放した後、何に変換しようか。

夜、旅友Tさんから長崎に着いたとLINEが来た。無人の長崎中華街の写真と共に。それでもTさんは開いてる店を探して、変なものを食べてるに違いない。彼の経験値の高さは一生越えられない。パラオで一緒にコウモリを食べたのはいい思い出だな。

-----

YouTube 更新しました。

前回の続きで「73の質問 」をされてみましたシリーズ。今回が最終回。

ディレクターのニャンさんと、沖縄・北谷のアメリカンビレッジで収録しました。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
沖縄旅行-73の質問-Part4


-----

次回のYouTube Liveは、

12月29日(火)21:00時間変更しました

今年最後のLiveです

次回のLiveは、「1年の振り返り」をお伝えする予定です。

是非ご覧下さい。
事前の質問等もお待ちしております。




全捨離

「断捨離」ではなく、「全捨離」というコトバがあるらしい。櫻庭露樹さんという方が登録商標をされている。先日有馬温泉に一緒に行った同級生ファミリーが、この櫻庭さんのことを教えてくれた。全捨離をすれば運気が上がるという。実際に同級生ファミリーも全捨離を行ったら、その日のうちに仕事の話が舞い込んできたらしい。

櫻庭さんのYoutubeを見ると、全捨離をすれば物件も売れるというから、私もこの週末は全捨離を実行した(自宅売却中なので)。

独立してから15年間保管されていたコンサルの成果物、提案書等も全部捨てた。15年間のセミナー資料も全部捨てた。執筆の下書き・ゲラなども全部捨てた。コンサル会社を経営していた時に制作した販促用小冊子やニュースレター等も全部捨てた。役員会議の議事録、人事考課表、その他諸々の資料も全部捨てた。15年を振り返ると、よくこんなに仕事をしてきたもんだと、自分で自分を褒めたくもなるし、呆れそうになる。

最もスペースを取っていた書籍・雑誌類は数百冊捨てた。15年前はオーディオセミナーを聞きまくっていたのでDVDやCDが200本くらい出てきた。合計数百万円相当。これも捨てた。

名刺、年賀状、手紙、写真、デジカメ、文具、家電、鞄、靴、服、衣装ケース、棚・・・も捨てた。過去への執着こそ捨てたかった。

がら〜んとした部屋を見ると、これまでどれだけモノに溢れた生活をしていたのだろうかと思う。

ちなみに、「全捨離」とは、「8割手離す」ことをいうらしいが、2割を残すのも難しい。いっそうのこと、全部捨ててしまいたい(先日紹介した中野善壽さんの本のタイトルのように)。全捨離はまだ完了していないが、年内には終わらせたい。

来年は運気が上がるはず。

2週間限定の武田雄治

金髪


年内はセミナーやコンサルで人に会うこともないだろうから、美容師さんに「ぶっ飛んだ感じにして」と頼んだら、こうなった。

自分でも笑ってしまったが、若干パープルが入っていてカッコいい。気に入った。

2週間限定のお遊び。何事も楽しまないとね。

実物を見たい方は来週29日(火)のYouTube Liveをご覧下さいまませ。

いま、ここ

すごい文章を書くなぁ〜。

春秋_20201216b
([出処]日経電子版)


今年も色々とあったけど、「いま、ここ」を楽しみたいね。

絶望と希望は、コインの表と裏の関係。
解釈次第。

過去は変えられないけど、
過去の意味付けは変えられる。

-----

以前、YouTube Liveで「読書の効用」について喋ったことがある。この収録前に、ある視聴者の方から「死に対して考えさせられるオススメ本はないでしょうか?」という事前質問を頂いた。大好きな方が癌で亡くなったという。

私はこのLiveで、坂井律子著『〈いのち〉とがん』(岩波新書)と、船木亨著『死の病いと生の哲学』(ちくま新書)を紹介した。船木亨さんは哲学者。死や生というテーマと向き合ってきた哲学者が、癌を患い、抗癌剤などによる「拷問のような治療」により耐え難き苦痛を味わい、身体があっという間に「ポンコツ」になる(P152)という経験のドキュメントと、その時に何を思ったのという思考の過程が書かれている。

この本を読んで改めて思うのは、死は生のゴールではなく突然不運にやってくるものであり人生は所詮フィクションということだ。人は、生が無限に続くと錯覚するが、いつか終わる。その人生は、ストーリー性が全くない物語であったり、歴史に残らない物語だったり、物語にもならないものだったりする。大半の人は(あらゆる生物のように)食べて、糞便して、動いて、寝て、さらには怠惰や快楽や依存を求めながら生きていく。しかし、著者は、癌の治療に入ると、「したいこと」が「生きること」に変わり、本気で心配してくれる人の存在が救いになった、という(第6章)。

コロナ禍において、自粛警察、県外ナンバー狩り、ドラッグストアへの行列といった奇妙な行動をする人が溢れたのも、「死んでしまうかもしれない」という状況下で、「生きたい」という根源的な欲望が全面的に出たからだ。人間は「利己的な遺伝子」により設定されているから、生命の安全を脅かされれば、自分さえよければ他人はどうでもいいというヒトの本性が現れる。

人間の根源的な欲望は「生きる」ということであり、それ以上ではない。それ以上のものを求めるから、怒り、妬み、恐れ、ストレスなどが生まれ、人生に絶望することになる。あらゆる期待や執着を手放し、(上のチンパンジーのように)「いま、ここ」を楽しんだらいいと思う。そして、仮に自分が病気になった時に、本気で心配してくれる人を本気で大切にすればいいと思う。


死の病いと生の哲学 (ちくま新書)
船木 亨
筑摩書房
2020-07-07



武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ