公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

どうでもいいはなし

札幌の不動産を売却、広島で大学授業、いつもの餃子屋でおつかれ生

札幌_不動産


人間も、美と健康に投資をすれば、40代でも50代でも60代でも若々しくいられるはず。美と健康に無頓着であれば、20代でも30代でも老けてしまうと思う。日頃の意識とメンテナンスが、見た目も寿命も変えてしまうのではないだろうか。

不動産も同じで、日頃のメンテナンスにどれだけカネをかけるかによって、築30年の物件でもキレイに維持できるし、築10年の物件でもボロボロになる。このメンテナンスをケチるオーナーが少なくないが、10年もすれば劣化がひどくなり、空室だらけになるに違いない。物件価値も下がり、売るに売れないというデススパイラルに陥る。売りに出てる物件で、そういう劣化のひどすぎる物件が多い。美意識や美のセンスがないんじゃないだろうか。

管理会社に美意識がないケースもあるが、そういうのは直ぐに変えた方が良い。なんのための管理なのか意味不明。

上の写真の物件は、私が札幌で12年前に購入したもの。購入時で築23年。11階建て、60戸。購入してから、メンテナンスにはカネを惜しまず、あらゆる備品・構築物などを刷新し、退去された部屋は全てリフォームし、ピカピカにしてきた。退去された部屋の賃料を数千円ずつ上げていったが、12年間、空室が2ヶ月以上続いたことはなく、常時満室経営をすることができ、最終的には利回り14.3%という札幌トップクラスの超優良物件となった。そして、昨年末、近年の物価高騰などの不動産市況の波に乗り、売りに出したところ、取得原価の2倍の値段で売却することができた。簿価ベースでは3倍の価額。築35年の物件をこれだけの価額で売却できたのはBig Exitだ。

今日、このマンションの決済日だった。ウン億円が入金されたが、全額次の投資に廻す。

12年前、この物件を視察しに行った時のことは、昨日のことのように覚えている。仲介業者、管理会社立ち会いのもと、このマンションの空き部屋を一つ一つ内覧させてもらったが、その場で買い付けしたのだ。成功するかどうかなんて分からなかったが、「明日」はないと思ったのだ。意思表示をするのは「今日」しかないと。あの時、大きなリスクを負ってでも大きな行動と決断をしたから、大きなリターンが得られた。

何事も、「今日」やらなければ、チャンスは二度とないかもしれない。

そう思って行動した方がいいと思う。



-----


決済は仲介業者に任せて、私は今年最初の大学授業のため、広島へ。
授業もあと3日。広島もあと3日。

上場企業のディスクロージャーが、サステナビリティ開示などの非財務情報開示へ拡大していく中、「会計監査は時代の変化と共にどのように進化すべきなのか」というテーマで、学生達に考えを述べてもらった。

財務情報への保証だけでは投資家保護を図ることができないのではないか、非財務情報への保証を義務化すべではないか、といった意見が多くを占めたが、他方で、すべての非財務情報への保証を公認会計士が実施することは難しいのではないか、試験制度も変える必要があるのではないか、公認会計士の人不足に拍車がかかるのではないか、AIやリモートワークなどをもっと活用して公認会計士の働き方を変えるべきではないか…、といった多様な意見を聴くことができた。

ある学生が、「保証の範囲に非財務情報が含まれる日はそう遠くない」と述べた学生がいて、その論拠として、「国民経済の健全な発展及び投資者の保護に資することを目的とする」という金融商品取引法第1条の条文、および、「…投資者及び債権者の保護等を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする」という公認会計士第1条の条文を取り上げたのにはビックリこいた。いまの監査制度で投資家保護を図り、国民経済の健全な発展に寄与することができるのか…と。あっぱれ。

後生畏るべし。すごい学生が多い。


-----


授業後は、先月も先々月も行った「餃子センター」へ。パリパリの餃子と、胡椒が利いたチャーハンがもう病みつき。辛味そばも美味しかった。


流川餃子センター


今週もおつかれ生!
No Fun, No Life !!

もっと幸せになってもいいんだよ

CPAラーニング

今日は、CPA会計学院新宿校で「CPAラーニング」(経理事務 上級)の収録。
4コマ収録予定だったが、ちょっとしたトラブルがあり、2コマしか収録できなかった。月内に全15コマの収録を終わらせようと思う。来月か再来月には公開されるはず。

あっという間に会員登録者数12万人突破!
近いうちに50万人を突破する目標らしい。
すごい!

会員登録まだの方は是非!
https://www.cpa-learning.com/


-----


阿吽

夜は、赤坂へ。師と仰いでいる方と新年会。
共通の知り合いが営んでいる『赤坂阿吽本店』へ。

ブロッコリーが好き。


-----

阪神大震災


阪神大震災から28年。

これまでの人生において、「死ぬかも」と思ったのは、この時だけだ。

上の写真はネットから拝借したもの。阪神大震災の翌日、留学生の友達の安否を確かめるために西(神戸方面)に向かい、この建物の前を通った時に、絶望して家に引き換えした覚えている。ちなみに、周りはこんな光景ばかりで、まるで戦場だった(留学生とはしばらく連絡が取れなかったが、後日無事が確認できた)。


人生はいつ終わるか分からない。だからこそ、いまやるべきことに集中し、いまここを全力で生きることが大切なんじゃないかなぁと思う。

人生をホントに楽しんでいるのか?
ホントにやりたいことをやっているのか?
やらない言い訳を並べてるだけじゃないか?
ストレスを我慢していないか?
我慢を美徳と思っていないか?
自分を見失っていないか?
自分を見くびっていないか?
他人の目を気にしすぎていないか?
他人の言動に悩んでいないか?
過去のことをくよくよしていないか?
SNSに溺れていないか?
余計なことに首を突っ込みすぎていないか?
何かに怒りを抱えていないか?
他人を変えようとしていないか?
他人に期待していないか?
ネガティブな感情に支配されていないか?

クソ真面目に生きることも大切だと思うが、それより大切なことがあるんじゃないかな。笑顔とか、愛とか、感謝とか。

もっと幸せになってもいいんだよ。


今年最後の外食 〜秘書ちゃんの家へ

和さびや_三宮

おつかれ生!

今年最後の外食。
最後は「和さびや」と決めていた。最終営業日ギリギリ駆け込み。



和さびや_三宮

秘書ちゃんの旦那さんにもご挨拶できた。
年末の大忙しの中、ひとりで調理する旦那さん。今日1日で何人分の食事を作ってんだろ。手際の良さは尊敬するわ。




和さびや_三宮

寒い夜に「おでん」は温まる。牡蠣があったので牡蠣フライも頂いた。
他に、鮮魚、黒毛和牛、そば、にぎり寿司、ピノ・ノワールとか。
美味しい食事に、美味しいお酒に、大満足。


今日は女将さん(秘書ちゃん)はおやすみだった。「今年最後に会いたかったなぁ」とLINEしたら、「よかったら、うちに夜カフェしにきてください」と返事が来たので、遠慮なく自宅にお伺いした。

和さびや_三宮

突然の訪問なのに、ティラミスやらツマガリのクッキーやら、大したおもてなしを申し訳ない。ペロンと頂いた。



和さびや_三宮

今年も大変お世話になりました。
来年も再来年もよろしくお願いします。



和さびや_三宮

なーんて話し込んでいたら、娘ちゃんが起きてきた。
起こしてごめんねー。
眩しいねー。

でも娘ちゃんにも会えて嬉しかったぞー。
また沖縄にも来てねー。

ザリガニの鳴くところ

KG

中学の頃からの大親友が、赴任先のオランダ アムステルダムから数年ぶりに帰国。年末年始の限られた時間の中、親戚廻りもしなければならないだろうが、私と会う時間を作ってくれたのが何よりも嬉しい。

高校時代は同じ陸上部で、同じ短距離選手で、ほぼ年中を一緒に過ごした仲。私が高校時代にサンディエゴへ語学研修に行った後、私が猛烈に薦めた影響で、語学に興味がなかった彼もアメリカに留学した。英語ペラペラになって帰ってきたので、大手メーカー勤務後も海外のハブ拠点を任されている。なので、大親友なのに数年に一度会うかどうか。

「久しぶりの帰国なんだから、食いたいものを食えよ」、「お好み焼きが食べたい」、「関西人やな」

ということで、鉄板の前で尽きることのない話を。



抹茶ロール

店を変えて、カフェへ。

一時帰国して太ることを心配しているようだが、「久しぶりの帰国なんだから、食いたいものを食えよ」、「じゃ甘いものが食べたい」と、彼は抹茶ティラミスを、私も抹茶ロールを注文。アムステルダムでも日本人パティシエによる洋菓子屋はあるらしいが、素材が違いすぎるという。抹茶ティラミスに心の底から感動しているのを見て、やはり食文化の違いは大きいのだなあと思った。

結局、5時間以上話し込んでいた。まだまだ話したいことはあったが、彼も次の予定があるだろうから、お開きにした。青春時代がフラッシュバックした1日だった。楽しかった。何年経っても変わらない。大切な友だ。

----

夜、レイトショーを観に行った。
ザリガニの鳴くところ』という映画。

ザリガニの鳴くところ


同じタイトルの小説『ザリガニの鳴くところ』を読んでいるのだが、米ノースカロライナ州の湿地帯を舞台にしたストーリーの描写・文章が余りにも美しく、映像化されているなら一度観てみたいと思ったのだ。

小説も美しいが、映画も美しかった。いい映画だ。終わった瞬間にもう一度観たいと思ったほど。

結末を知ってしまったが、帰宅してまた小説に戻った。

なお、この小説、全世界で1500万部も売れ、2019年、2020年と2年連続で全米年間ベストセラー第1位だとか。日本でも本屋大賞翻訳小説部門大賞受賞。1500万部て、、、




ザリガニの鳴くところ
ディーリア・オーエンズ
早川書房
2020-03-05

お友達ファミリーと特上ホルモンでモツ鍋忘年会!

モツ鍋

お友達ファミリーが隣の県から遊びに来てくれた。
息子さんも、もうすぐ大学受験というのに、来てくれた。
私に会いたかったようで、嬉しい限り。
ちなみに、私の母校、関西学院大学商学部も受験するらしい。
教え子になったりして。

この日のために、別のお友達が営んでいる国産牛特上ホルモン屋さんから、特上ホルモンを取り寄せていた。「ホルモン」は、関西弁で「放るもん」が語源と言われており、かつては正肉以外の破棄されていた部位を指していたらしい。が、ここの特上ホルモンは、お世辞抜きにバリ美味い。超オススメ。


ferrari

元フェラーリオーナーに、「FERRARI BRUT」を持ってきてくれたので(しかも1500ml)、昼から(正確には朝から)飲んだ飲んだ。ビールも飲んだ。ワインも飲んだ。ケーキも食べた。エクレアも食べた。年忘れだ。

縁尋機妙 多逢聖因
良き縁が広がっていくのは幸せだなぁ。
来年もよろ肉お願いします。

J君、大学受験、試験終了のチャイムが鳴るまで諦めずに頑張れ!
運を掴め!
ちゃんとやってよ!


イチロー
(画像はネットより拝借)

Silent night, Holy night

Xmas

Merry Christmas.
写真は関西学院大学のInstagramより拝借。

酒のツマミと本の買い出しに梅田に出たら、阪急・阪神・大丸周辺は通勤ラッシュ時の御堂筋線状態を超えていた。老若男女、あれほどの人の群れを見たのは、コロナ後はじめてだなぁ。街に人と笑顔が戻ってきたのは嬉しいことだ。皆様、素敵なクリスマスイブを…と思いながら、人に酔いそうだったので小一時間で撤収した。

あとは、自宅で本を読みながら、好きな音楽を聴きながら、友達から頂いた赤ワインを飲みながら、Silent nightを過ごした。


Xmas


大雪の広島、今年最後の大学授業、ひとり打ち上げ

hiroshima

昨夜から氷点下となり、ホテルの暖房も効かなかった。ダブルベッドの部屋を取っていたので、布団を2枚重ねて寝たが、寒くて朝早くに目が覚めた。外は雪が積もっていた。今年の冬、初めて積雪を見た。

最高気温1℃、最低気温マイナス2℃。2週間前の沖縄ではTシャツだったのに、今日はダウンジャケットを着ても凍え死にそう。寒いのは苦手だ。

hiroshima


授業は13時からだが、朝から学生達のメールが相次ぐ。電車やバスが運休しているため欠席するという連絡。「船が止まったので学校に行けません」という連絡もあったが、いったいどこから通ってるんだい?? 

学校は休校にならず、通常営業。授業は10名程の欠席者がいたが、多くの学生が出席してくれていた。今年最後の授業は、公認会計士監査の話を理論と実務の両面からお伝えした。当然に実務面の話の方が食いついてきた。想定通り。それでいい。この授業をキッカケに関心を広げていって欲しい。

-----

授業が終わったら、吹雪いていた。新幹線が止まるリスクがあるので、イチ早く帰るべきだったかもしれないが、今年最後の広島、今年最後の講義、最終出勤日ということもあり、食べたいものを食べて帰りたかった。行きたい店はたくさんあるのだが、先月も行った「餃子センター」へ寄った。パリパリの餃子と、胡椒が利いたチャーハンが美味しいのだ。めちゃくちゃシンプルな味の中華そばも美味しかった。今年もお疲れ様! 乾杯!


hiroshima

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう

マリオット都

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こうの日。
あべのハルカスのマリオットへ。ロビーに巨大なクリスマスツリー。

知人へ新生活のご報告など。
ショートケーキが美味しかった。


-----

夜、おかんと福島のPizzaの美味しいお店「パポッキオ」へ。


パポッキオ




私がじいちゃんに書いた手紙や、じいちゃんと撮った写真を、母が持っていたらしい。
今頃になって見せてもらった。
懐かしい。
七五三の時の写真だろうか。

武田雄治

そんな時代もあったねと。
めぐるめぐるよ 時代はめぐる。

トキリ

wework

先日エンジェル投資をした投資先の社長から、増資後の報告を兼ねた打ち合わせと食事のお誘いを受け、某WeWorkへ。社外取締役とも初めてお会いしたが、9月に私が加入した「Lautsu(ルーツ)」というスタートアップ支援の専門家集団のメンバーだった。ひょんなところで人の縁が繋がって、点と点が線になっていく。

打ち合わせの後、役員の皆様と食事。社長から「鳥貴族でいいですか?」と言われ、「いいですよ」と即答したが、120%ギャクだと思っていた。ウン百万も出資した株主だぜ。何かのサプライズがあるに違いないと、黙って彼等に付いて行ったら、ホントに鳥貴族に入っていった。

「株主様からお預りしたお金を1円たりとも無駄にできません」と。

ほー。

人生初のトキリに行くことになったが、満足度とコスパの高い店だった。


wework

美人COO。許可を得て掲載している。

まだまだ課題満載のスタートアップだが、コツコツとやっていくしかない。5年、10年かけて、社会の課題を解決する企業になって欲しいと思う。



御堂筋イルミネーション

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こうの巻

昨日の日経朝刊に掲載されていたSUNTORYの全面広告。

人生には飲食店がいる
([出処]日経電子版より)

会うしあわせは濃くなった
なんて思うのです。

離れた時間が増えたぶん、
仕草や空気を感じられる時間が
前よりずっと大切に思える。

しょうもない話で笑いあえたり
黙っててもなんだかわかりあえたり、

無駄と言われたら
無駄かもしれないけど
でも必要な時間

そのうれしさを
今は深く味わえる気がする。

世の中が変わっても
私たちには
それでも会いたい人がいる。

今年のうちに会っておきませんか。
お気に入りのあの店で。


気づけば数年会ってない友達とか、
3年ぶんのあれやこれやのお祝いとか、

濃いしあわせを感じられる
あったかい冬がやってきます。

人生には、
飲食店がいる。

朝から感動した。素晴らしいぞSUNTORY。
今年一番の企業広告・企業メッセージだ。


----


今年のうちに会っておきたい人がいた。

その人に会うためには、日本で一番通りたくない通路を通らなければならない。

数年ぶりにその通路を通って、ますます嫌な気分になった。気持ち悪い。


品川駅港南口



----


そして、「連結の女王」こと 飯塚幸子先生のオフィスを訪問。

お元気そうだったが、(相変わらず)忙しそうだった。
朝からお会いしたので飲みには行かなかったが、3年ぶんのあれやこれやを語り合った。やはり、会いたい人には、地球上のどこに居ても、会いに行くべきだ。短い時間だったが、楽しかった。次は飲みに行きましょう。沖縄でもお待ちしてます!


ラウレア
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ