公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

どうでもいいはなし

コーヒーテーブル

コーヒーテーブル

沖縄から帰った翌日の今日、家具やら、本棚やら、日用品やら、ワインやら・・・色んなものが一気に届いた(というか、今日を到着希望日にしていたので、昨日沖縄から帰ってきたのだが)。

待ちに待ったコーヒーテーブルも届いた。

ここで、本を読みながら、コーヒーが飲める。

少し殺風景なので、ラグを買おうと思う。




コーヒーテーブル


ワインセラーも買ったので、行きつけのイタリア料理店のオーナーシェフに美味しいワインをセレクトしてもらい送ってもらった。

12本買ったのに、13本送られてきた。

1本はオーナーシェフからの御祝だった。感激。

読めても書けないこの名前。




ファーベル

ファーベル_神戸

私が生涯で最も利用しているお店が、移転&リニュアルOPENした。


ファーベル_神戸

店内の雰囲気はガラリと変わっていた。
前の店よりアットホームで良いかも。


ファーベル_神戸

秘書ちゃん夫婦と一緒に送ったお花。
大きすぎて店の外に置けなかったらしい・・・。
大きけりゃ良いってもんじゃないね・・・。



ファーベル_神戸

その秘書ちゃん夫婦と一緒に祝杯。

とりあえず生。

からの赤ワイン。



ファーベル_神戸

食事はいつも「武田スペシャル(武スペ)」。
メニューを見たことがない…。
この店のメニューは秘書ちゃんがデザインしているのだが。すまん。

またここで食事が出来るのが嬉しい。
シェフが死ぬか、私が死ぬまで、通い続けるはず。

自宅を引っ越したので店が遠くなってしまったが、月1で行きたい。

お店はこちら



(※ 写真は、本人から許可を得て掲載している。)

佐藤可士和展へ行ってきた

佐藤可士和展

国立新美術館の『佐藤可士和展』へ行ってきた。
事前予約制だったので混んでない。並ばずに入場できた。有り難い。


佐藤可士和展

クリエイティブディレクター 佐藤可士和の、子供の頃から現在までのあらゆる作品が展示されていた。


佐藤可士和_smap

懐かしいものも。


佐藤可士和_ステップワゴン

個人的に、佐藤可士和作品でも最も好きなのはステップワゴンの広告。
佐藤可士和が(独立前の)博報堂勤務時代に制作した作品。

クレパスで書いた紙芝居に、「こどもといっしょにどこいこう」というキャッチコピー。クルマの映像も写真も使わない常識ハズレの広告が、世の父親たちの心を動かし、ステップワゴンを爆発的に売った。そして、スポーツカーのHONDAを、ファミリーカーのHONDAに変えた。

マジで天才だと思った。

その後書かれた著書『佐藤可士和の超整理術』 (日経ビジネス人文庫)は何度も読んだ。改めて天才だと思った。

これほどのクリエイティビティを持った人は、そういない。



佐藤可士和展

↑ これが見れただけでも来た甲斐があった。

妥協なし。


-----

国立新美術館の近くに、高校・大学の時の同級生が働いているので連絡してみたら、在宅ワーク中だったのに出て来てくれた。

7年ぶりに再会できた。

かつて私がコンサル会社の代表をしていた時に、別のベンチャー企業も立ち上げたことがあるが、そこで一緒に働いてくれた同士でもある。「あの時のキャリアが今も役立ってる」と言ってくれたのは嬉しかったなぁ。


六本木
(※ 写真は、本人から許可を得て掲載している。)

久しぶりのトキオ

シェラトン

コロナ前まで「週1」で東京に来ていたが、今は「月1」になった。
先月は日帰りだったので、都内泊は10週間ぶり。

今後も東京に来る回数は減りそう。

今日は、定宿になりつつある都内某ホテルに泊まる。


シェラトン

ここに来ると、東京にいることも、仕事で来たことも、すっかり忘れさせてくれる。都内の高層階から見下ろす夜景よりも、目の前に緑が広がる景色の方が私は落ち着く。

庭園には、ちょこっと桜が咲いていた。春だね。


シェラトン

ホテルのラウンジで過ごすより、こういうところで本を読んでる方がぼんやりできる。日本庭園で本を読んでる人なんて、ほとんど見ることはないけど。


シェラトン

庭園を散歩した後にクラブラウンジに行ってみたが、無料のコーヒーを1杯飲んで10分で逃げた。全く落ち着かないし、ただテンションが下がるだけの空間。

かつて「ノマド」ってコトバがブームになったが、単にカフェやラウンジでマックブックを開けてる人を指しているだけで、ホントの意味でのノマド(遊牧民)ではない。

マックブックをドヤ顔で操る人を「ドヤラー」というらしいが、今日もラウンジの横に「ドヤラー」がいた。マックブックを覗くと、案の定、ひたすらネットサーフィンをし、その合間に誰かとチャットをしている。生産性のないことをドヤ顔でやってる風。遊牧民というか、社畜じゃないか。

真の遊牧民になるためには、あらゆる拘束、呪縛、契約、監視、同調圧力、カネ、時間、スマホ、マックブックから解放されなければならないと思う。もしホントにそれを求めてるのならば。

ソファーが届いた

アンティーク家具

先日購入したアンティーク家具のうち、ソファーだけが先に届いた。

めちゃくちゃ座り心地良いが、何か物足りない…。

ラグだな。

ラグが欲しくなってきたぞ。ヴィンテージの。

断捨離してるのに、どんどんモノが増えていくがな・・・。

女性会計士と昼飲み

mariko

私のことを「リア充」と言った友達とは別の友達から、「ブログを見てたら友達が少ないのが分かる」とも言われた。ガハハ。バレてる。

人間関係が幸福度を決める要因の一つだろうが、友達の数が一定数を超えるほど、LINEを見る時間が一定時間を超えるほど、幸福が遠ざかっていく気がする。

互いの存在を承認でき、話を傾聴できる友が少しでも(ひとりでも)いたら、それで幸せだと思う。


-----

ということで、今日もブログ登場の常連になりつつある真理子さんとランチ。

昼から飲んだが、真面目な話もしていた。日本公認会計士協会のPRの仕事もされているので、どうやって公認会計士(特に女性会計士)を増やせるだろうかとか、どうやって広報活動したらいいだろうかとか、研修にどんな講師を呼んだからいいかとか、あれやこれやと意見交換なんぞ。

PRの延長で、私のYouTubeにも登場してくれることになった。黒字社長塾チャンネルの「公認会計士の仕事」というコーナーで私と対談する予定。

3月26日(金)20時〜YouTube Live にも出演してくれるかも。

現役女性会計士が表に出てくれるのは嬉しすぎる!

私のYouTube に、現役会計士にどんどん出てもらおうと企画中。
自薦他薦問わず興味ある会計士の方は、連絡下さい。


Brooklyn Parlor


-----

がっつりハンバーガーを食べた後、近くの店で真理子さんがザミオクルカスという観葉植物を買ってくれた。新居&オフィス移転のお祝いにと。

終わりの会」を見て、私の部屋に(本以外に)緑を置いた方がいいと思ってくれたらしい。ありがたみ!



ザミオクルカス

piece of cake

タオカコーヒー

ずっとブログを読んでくれてる学生時代からの友達に「リア充やな」と言われたが、リア充で何が悪い!? リア充を選択し、リア充を生きている。


パンケーキ

会いたい人に会い、食べたいものを食べる。

筋トレが好きだからとて、ササミばかり食べる人生はつまらん。
仕事が好きだからとて、プライベートを犠牲にする人生もつまらん。


ケーキ

甘いものが食べたくなったら、カフェに飛び込めばいい。
メニューから好きなものを、好きなだけ頼めばいい。

周りは女性ばかりさ。
10代、20代ばかりさ。
だからナンなの。

パンケーキ

人生を楽しむ方法は、簡単なことさ。
人の目を気にしなければいい。
ただそれだけ。

アンティーク家具

北の椅子と


東京と大阪のオフィスを解約し、個人事務所も法人も自宅も引っ越しした。すると移転先オフィスに訪問してくれた人が何人かいるらしい。せっかく訪問してくれて申し訳ないが、オフィスには年に数日しか行かないと思う。仕事は自宅かスタバでする。

自宅の引っ越し前に、本棚以外の家具は全て捨てた。環境を変えるのであれば、家具も変えたかった。この数ヶ月、色んな家具屋を回ったが、ピンっとくるものが見付からなかった。

自宅で過ごす時間が最も長くなると思うので、どういう過ごし方をしたいのかを吟味した。これまでのようにPCに向かってゴリゴリと仕事をすることはないと思う。本を読んだり、本を書いたり、ぼんやりしたり、そういう時間が増えるだろうなぁ〜と思う。であれば、アスクルで売っているようなデスクはいらない。アーロンチェアのような椅子もいらない。

毎日のように家具屋のサイトを見ていて、「これだ!」と思った。
コーヒーテーブルを買おうと。



北の椅子と

タイル貼りのコーヒーテーブルを売ってる店をひたすら探したら、とある店に行き着いた。

訪れると、巨大な倉庫にアンティーク家具がぎっしりと展示されている。ここは、フェラーリやポルシェが展示されているスーパーカーのディーラーより興奮した。


北の椅子と


何十年モノという北欧のビンテージ家具が並ぶ。リペアーされたものもあれば、されていないものもある。ひとつひとつが生きているようで、初めてペットショップを訪れたときのような錯覚に陥る。この店の店員さん達も、ひとつひとつの家具を「この子」「あの子」と言う。まるで自分の飼い犬のように、愛着のある家具を撫でている。その姿が愛おしかった。



北の椅子と

店員さんと話しをして、もうこの店から新居に相応しい家具を買うと決めた。
2時間くらい考えたが、結局は第一印象で気に入ったこの3点を全部買った。


北の椅子と

コーヒーテーブルを探しに来ただけなのに、ビンテージのソファーも2脚買った。ソファだけ別の家具屋で買うということは、このコーヒーテーブルの美しさを引き出せないのではないか。ゼニアのスーツの下に安物のシャツを着るようなコーディネートはできない。ゼニアのスーツを着るのであれば、全身をゼニアにすべきだ。


北の椅子と

正確にいえば、第一印象でこのソファーを買うつもりはなかった。完全にスルーしていた。しかし、店員さんの薦めで座ってみた瞬間に「買いたい」のスイッチが入った。この一ヶ月ほど、いろんな店で、いろんなソファーに座ってきたが、これほどフィットしたソファーはなかった。何度も何度も座ってみたが、間違いない。一日中このソファーに座ってもいいと思った。


北の椅子と

来週から、私の仕事場は、イプシロンの椅子から、「この子」に変わる。

ここでコーヒーを飲みながら、自分の哲学を完成させていく。

新しい生活も楽しむしかない。
人生、楽しんでなんぼ。
No Fun, No Life !!


(※ 写真の一部は、この店のinstagramより拝借した)

人間関係

北新地

18時、北新地。

タクシーも通っていなかった。

このブログで私の近況を知った知り合いから「久しぶりに会おう」という連絡を多く頂く。なんとも有り難いことだと思う。今日はかつてのクライアントさんと飲みに行った。仕事を離れてもプライベートでお付き合いが続くのは嬉しい限り。

思えば、このクライアントさんとは、海外も国内も色んな場所に同伴したことがあるし、なぜか全裸で盃を交わしたこともある。アホなことをたくさんした。正真正銘の裸の付き合い。だから何年経っても気にかけてくれるのだろう。この歳になって人間関係を広けていこうとは思わないが、何年、何十年と寄り添って来たbuddyは大切にしたいと思う。

カオソーイ

タイ料理


ぷらっとタイに来ました。

っていうのは嘘。



引っ越しして10日が経った。新居の周りを散策する日が続いている。

テキトーに入ったこのタイ料理屋に、今週3度も来た。めちゃくちゃ美味しいという訳ではないし、ジャスミンライスがイケてないのだが、「カオソーイ」が食べられるので。この店はヘビーローテーションになりそう。


タイ料理_カオソーイ


-----

以前住んでいた商業施設が皆無の山の上とは異なり、今度の自宅は徒歩圏内に欲しい物がほぼ全て手に入る。便利すぎて泣きそう。以前はコンビニに行くのですらクルマで山を下りなければならなかったが、今は自宅の前にある。コンビニエンスすぎる。買いだめしなくていい生活ができることに感動。水を何ケースも買わなくてもいいんだね。

以前はタクシーアプリがサービス圏外で使えなかったが、今はフツーに使えるのにも感涙。っていうか、タクシーアプリを使わなくても、自宅の前にタクシーがビュンビュン通る。今までタクシーを捕まえるのにどれだけ苦労したことか。

一番感動したのは、Uber Eatsが来てくれること。以前はドミノピザ以外の宅配は全て断られた。ドミノピザも30分以内では来てくれないから、取りに行った方が早い。宅配の意味ねーじゃん。結局、宅配を頼んだことは殆どない。こっちに来てUber Eatsが神に見えた。

新しい生活も楽しむしかない。
人生、楽しんでなんぼ。
No Fun, No Life !!

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ