公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

どうでもいいはなし

受験勉強

小学生の頃から、算数・理科の成績は全国トップレベル、国語・社会は全国最下位レベルの、典型的な理系人間だった。苦手科目を克服することが志望校合格への近道と分かっていたが、暗記科目の勉強をする気が起こらず、というか算数に熱中しすぎて、中学受験は失敗。

高校受験は、理詰めで戦おうと、受験科目に社会がない学校を志望校に選んだ。英語・数学で9割取れば、国語は3割でも合格するだろうと思い、英語(特に英文法)と数学だけをひたすら勉強し、国語は捨てた。戦略通りに合格した。

関西学院大学の付属高校に合格したものの、数学者として生きていきたいという夢があったので、高校1年から駿台予備校に通った。しかし、全校生徒の99%が無受験で関西学院大学に進学する(当時)という環境の中にいると受験勉強に身が入らない。易きに流れる。99%の人間と一緒に自分の好きなことに没頭する人生と、1%のマイノリティとなって受験勉強を続けるのと、どちらが自分の人生にとって有益なのかを考えたら、迷うことなく前者だと思った。何年経っても暗記科目を勉強をする気が起こらず、受験には向いてないと思った。駿台予備校は高校1年の夏には辞め、数学者の夢も捨てた。未練は全くなかった。

代わりに英語だけは勉強を続けた。高校3年間で、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドに語学留学・ホームステイに行った。何度もアメリカに旅行に行った。この3年間の高校生活が、今の人生の骨格を作ったといっても過言ではない。

大学受験レベルの勉強は「最低限の教養」として必要だと主張する人がいる。言いたいことは分かる。しかし、色んなことに好奇心が溢れる中学生・高校生の頃に、受験勉強だけに多くの時間を割かれることが人生において果たして有益なことなのか。「最低限の教養」は受験勉強として詰め込む(=暗記する)ものなのか。そもそも、ネットでググれば何でも分かる時代に、いつまで暗記力で受験生をふるいにかけるんだろうか。この時期、新聞にセンター試験の問題が掲載されているのでランダムに解いてみるのだが、こんな問題を正解することが果たして教養なんだろうかと思うし、こんなことを目標にする勉強って何なんだろうかと思う。

子どもの成績が悪いのは、親が馬鹿だからだ」ということを進化論的、遺伝学的、脳科学的なエビデンス(証拠)を添えて紹介した衝撃の書、橘玲さんの『言ってはいけない』の続編『もっと言ってはいけない』が発売された。相変わらず残酷な話の連発で面白い。

ひとは、赤ちゃんの時に遺伝の影響が最も大きく、成長するにつれて(環境の影響が強まり)遺伝の影響は小さくなると思っていたし、多くの人がそう思っていたのではないだろうか。しかし、発達行動遺伝学の研究では、これを真っ向から否定する。遺伝の影響は思春期に向けて徐々に開花していく。幼児教育の効果は思春期になるとほぼ消滅し「地頭がいい」人の能力は中学生・高校生くらいに開花する。それを言っては元も子もないという話だが、これは「行動遺伝学の発見の中で最も重要なものの一つ」(P72)だという。

私の息子も来年は中学受験。学習塾に通い、勉強せざるを得ない ”環境” に身を置いている。膨大な宿題に追われているが、本当は「(行動遺伝学的にいえば)成績が悪いのは、親が馬鹿だからか、中学生・高校生くらいに開花するからか、どちらかだ。だから今は好きなことに没頭しとけ。」と言ってやりたいところだ。が、それを言っては、それこそ元も子もないという話になってしまう。私自身が受験勉強に否定的だし、ろくに勉強してこなかった人間だけに、悩ましい。



毒になる親

先週のこと、DeNA筒香嘉智外野手が、かつて自身も所属していた少年野球チームを見学しに行った。その時、筒香選手は報道陣の前で胸の思いを訴えた。

そこでは指導者の方が、指導というよりは暴言、罵声、事細かい指示が行われていました。子供たちはできないのが当たり前。なぜそれに腹を立てて怒っているのか
([出処]日刊スポーツ(2019/1/14)より抜粋)

私の息子も少年野球チームに所属している。私も時々ではあるが、練習の手伝いや、審判の手伝いをしている。その時、とても嫌な想いをするのが、この指導者の暴言・罵声を聞くことだ。自分のチームの監督・コーチはそれほど酷い暴言・罵声を浴びせることはないが、対戦相手の指導者・保護者の暴言・罵声は聞くに堪えないことが多い。本当に多い。パワハラを通り越している。人権侵害・人格無視した激しい罵りに怒りがこみ上げてくる。野球が純粋に好きで集まっている子供たちが奴隷のように強制労働させられている姿を見て、心が苦しくなることがある。子供たちもその異常性に早く気付いて ”抵抗” して欲しい。

指導者の大半は、野球チームに所属する子供たちの父親だ。試合や練習が終わったら、家庭に戻ってフツーの父親に戻るはず。家庭内でもこうやって暴言を吐きまくっているのだろうか。それとも、妻から暴言を吐きまかれているから、グランド(もしくは子供)をはけ口にしているのだろうか。子供たちはどこかにはけ口をもっているのか心配になる。

こういったことも人それぞれの価値観の違いかもしれないが、子供に対してガミガミ言ったり、事細かい指示を出さないと気が済まない人は、大人になりきれてないんじゃないか。1〜2歳の赤ん坊なら手取り足取り何でも教えてあげないといけないが、小学生にもなれば自分の頭で考える力をもっているし、大人よりもその辺りは柔軟で賢いと思う。私なんて「カネは出してやるから、親の背中を見て、自分で考えて、勝手に育て!」と思っているし、私の両親もそうやって私を育ててくれた。しかし、私のこういう価値観・態度は四方八方からの罵声の対象になっている。毒親よりも子供のことを考えていると思うのだが、どうしたもんだか。

価値観

日本にいる限り日本の法律に従わなければならない。東京都にいる限り都の条例に従わなければならない。組織に属している限り組織のルール・規程に従わなければならない。当たり前のこと。

しかし、法律などに遵守することと、他人の価値観をすり込まれることは全く異なる。でも、それをごっちゃにしている人が多い。例えば学校において、教師が生徒に校則を遵守するように教育・指導するのは当然であるが、教師が生徒に自分の価値観をすり込むようなことをしていないか。例えば会社内において、上司が新人に会社の規程を遵守するように教育・指導するのは当然であるが、上司が部下に自分の価値観をすり込むようなことをしていないか。例えば家庭内において、親が子供に家庭内のルールを守るように躾けるのは当然であるが、親が子供に自分の価値観をすり込むようなことをしていないか。

こういった価値観のすり込みは、一種のハラスメントだと思う。私は、親しき中であってもこの手のハラスメントは許さないし、強烈なアレルギー反応を起こしてしまう。

精神科医 岡田尊司先生の『人間アレルギー』(新潮文庫)によると、我々の苦悩の多くは「人間アレルギー」だという。本書でいう「人間アレルギー」とは、「人間の人間に対する過剰な異物認識と心理的な拒絶反応」のことをいうが、嫌いな人間、許せない人間、受け付けない人間、価値観が合わない人間を拒絶することと言っていいだろう。本書によると、生きづらさも、孤独も、心を濁らせるネガティブな感情も、元をたどれば「人間アレルギー」に由来する

価値観をすり込んでくる人間は、本人にその意識が皆無であるため、アレルギー反応を起こす私に、さらなる攻撃を仕掛ける。他人と迎合することや、コミュニケーションを取ることや、協調性があることが善いことだという人がいるが、それこそ価値観をすり込みだ。嫌いな人間、許せない人間、受け付けない人がいることの何が悪いんだと思う。大切なことは、大切な人を、大切にすることであり、他人の価値観に合わせて生きていくことではない。他人に影響されることでもない。自分の価値観を委ねることでもない。最低限の法令遵守はしつつも、自分の中心軸をブラさずに生きていくことが大事だと私は思う

QUEEN

2019年の日本の祝日

1月01日(火) 元日
1月14日(月) 成人の日
2月11日(月) 建国記念の日
3月21日(木) 春分の日
4月29日(月) 昭和の日
4月30日(火) 国民の休日
5月01日(水) 天皇の即位の日
5月02日(木) 国民の休日
5月03日(金) 憲法記念日
5月04日(土) みどりの日
5月05日(日) こどもの日
5月06日(月) 振替休日
7月15日(月) 海の日
8月11日(日) 山の日
8月12日(月) 振替休日
9月16日(月) 敬老の日
9月23日(月) 秋分の日
10月14日(月) 体育の日
10月22日(火) 即位礼正殿の儀
11月03日(日) 文化の日
11月04日(月) 振替休日
11月23日(土) 勤労感謝の日


22日もある。そろそろ仕事モードに入ろうかと思った矢先に3連休とか、ホンマやめてほしい。旅行に行く気にもならないし、街に出る気にもならない。かと言って、ずっと自宅に居る気にもならない。GWの10連休とか、考えただけで萎える。

この3連休中、ダメ元でググってみたら、最寄りの映画館に空席があったので、『Bohemian Rhapsody』を観に行った。映画館で映画を観るのは、2017年2月の『スノーデン』以来2年ぶり。

QUEENの全盛期は知らないのだが、学生時代にロックにハマった時期があり、その頃から相当聴いてきた。自分の結婚式の2次会でもBGMにQUEENの曲を使ったくらい、僕にとってもQUEENは特に好きなバンドだ。

このQUEENの輝かしい軌跡と、ボーカルのフレディ・マーキュリーの(知られざる?)半生を再現したのが本作品『Bohemian Rhapsody』。予告編も何も見ずに突然行ったのだが、すごく良い映画だった。何ヶ所か感動で泣きそうになった。左右にいた見知らぬ客も大絶賛してた。2回も3回も観に行ったという人がいるのも頷ける。

これはタブレットではなく映画館で観ることを薦める。場所によっては今週17日(木)で上映が終わるらしい。

帰りの車の中のBGMは、もちろん、 ”We are the champions”
この曲、この歌詞に、これまでどれだけ奮い立たされてきたか。

音楽は地球を救う。音楽は人類を救う。
No Music, No Life !

No Music, No Life !

iPhoneのアプリをどれだけ利用しているのかをチェックしてみたら、ほとんどSpotifyしか使っていなかった。音楽なしでは生きていけない。


iPhone

嘘つきは、戦争の始まり。

いろいろな人が、いろいろ嘘をついている。

ついて良い嘘と、ダメな嘘があると思う。ついたらダメな嘘をつく人は、信頼をなくすだけでなく、自分の人生もつらくなると思う。約束を守らないのも同じ。人との約束、自分との約束を守らない。時間を守らない。納期を守らない。そういうことを一度二度と繰り返すだけで信頼をなくすし、自分自身の輝きが失っていくのではないか。

-----

今朝、読売新聞と朝日新聞の朝刊に、宝島社がすごい見開き広告を掲載していた。
上の「敵は、嘘。」が読売新聞、
下の「嘘つきは、戦争の始まり。」が朝日新聞。


敵はうそ


敵は、嘘。
いろいろな人がいろいろ嘘をついている。子供の頃から「嘘をつくな」と言われてきたのに嘘をついている。陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。世の中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ずかしくないのか。この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。



うそつきは戦争の始まり

嘘つきは、戦争の始まり。
「イラクが油田の油を海に流した」その証拠とされ、湾岸戦争本格化のきっかけとなった一枚の写真。しかし、その真偽はいまだ定かではない。ポーランド侵攻もトンキン湾事件も、嘘から始まったと言われている。陰謀も隠蔽も暗殺も、つまりは、嘘。そして今、多くの指導者たちが平然と嘘をついている。この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。今、人類が戦うべき相手は、原発よりウィルスより温暖化より、嘘である。嘘に慣れるな、嘘を止めろ。今年、嘘をやっつけろ。


-----

作品の秀逸さにしばらく見惚れた。さすが電通。
上の作品の背景は、ローマの彫刻「真実の口」。最近、何が真実なのか分からないことが多過ぎる。疑ってかからなければならないものが多過ぎる。平然と嘘をつく人もいる、ネットの情報も嘘が多い、大手新聞社も平気で嘘を書く。それがどれだけのなのか分かっているのか。両作品に共通してでてくるコトバ、『この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく』。そうなんだよな。嘘は私たちをとんでもない場所へ連れてゆくのだ。戦争の始まりなんだ。


宝島社はこの広告の制作意図を次のように説明している(宝島社HPより)。
人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、
怒ることを忘れているように見えます。
いまを生きる人々に、嘘についてあらためて考えてほしい。
そして、嘘に立ち向かってほしい。

メディア社としての強烈なメッセージを感じる。

最近おかしいことが多いけど、そういったことをスルーしたり、逃げたりすべきではないと私も思う。真実を確かめるべきだと思う。


(※ 上の作品は宝島社HPより拝借しました)

待つのはイヤなので

新幹線

東京駅。

17時53分発の新幹線のチケットを買って、構内に入ったら、姫路駅で人が新幹線と触車した(自殺した?)とのアナウンス。「17時50分以降に発車する列車の運転を見合わせる」、「運転再開には1時間半以上かかる見込み」とも。

直ぐにチケットを払い戻して、東京駅構内の三省堂書店で本を買って、駅の近くのホテルに入りました。「待つ」ってことができません。案の定、運転再開は2時間半〜3時間かかったようです。終日ダイヤの乱れが続くとのこと。

何事も思い通りにいかなくて当たり前。「今日はゆっくり休んでおけ」という神のお告げでしょうか。本を読んで、寝ることにします。

(写真はネットから拝借)

乱読デー

訳あって今日の予定を延期しまして、久しぶりに何のアポもない1日となりました。ジムにでも行こうかとも考えましたが、このクソ暑い中ジムまで行く気にもなれず、1日中自宅でぼーっとしていました(そんな日は珍しいのですが)。

買ったきり未読状態の積読本が100冊位ありますので、今日は終日乱読デーでした。1冊の本を読み続けると2時間もすれば飽きてくるので、こういう時は3〜4冊を並行して読みます。相当面白い本に出会いましたので、また追って書評を書きたいと思います。

最近、このストレッチポールを愛用しています。読書をする時は、このストレッチポールの上で背中や腰をゴリゴリやりながら。



椅子に座り過ぎて腰の筋肉がカチカチで、さらにハムストリングスもカチカチなので、前屈が出来ない身体でしたが、このストレッチポールの上で読書をするようになってから前屈が以前より出来るようになりました。マッサージ屋に1回5千円・6千円と支払うことを考えたら、ストレッチポールを自宅に置いておくのも悪くないと思います。

ルーブル美術館展

ルーブル美術館展


仕事の合間に新国立美術館で開催されている『ルーブル美術館展』へ行ってきました。

今日の東京は台風が接近しており、大雨だったため、待ち時間なしで入館できました。館内も人が少なく、じっくりと堪能できました。雨の平日は穴場かも(^^)

美術館ではいつも音声ガイドを付けて鑑賞しますが、今回の『ルーブル美術館展』のナビゲーターである高橋一生さんの声と案内が非常に良かったです。

ABC

週末のトキオ。
再び青山ブックセンター(ABC) 六本木店に行ってきました。閉店まで後2週間ちょっとというのに、高く積み上げられた本、独創的な本棚、数々のフェア、様々な本を薦める小冊子、書店さんの手書きのポップ・・・、本当にこの店が閉店するのかと、信じられません。お店への敬意を表し、何冊か購入しました。「松岡正剛フェア:遊学する365冊篇」というフェアもやってます。こういう変態的なフェアにかなりのスペースを割くあたりもたまらなく好きだったのですが。。。
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 2/22(金)@東京
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード