公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

どうでもいいはなし

中之島バラ園

バラ園

私が住んでるマンションの傍の中之島に「バラ園」があり、ちょうどこの時期、バラが花を咲かせる。310品種・約3,700株ものバラが植わっており、かなりキレイな光景が広がる。



バラ園

普段は静かで広大な公園なので、ジョギングコースにしているのだが、この時期だけは薔薇族が殺到するので、ジョギングはできない。ゆーっくりウォーキングしながら、世界各国の、色、カタチが違う花を楽しむ。



バラ園


バラ園


バラ園


伊江島のゆり祭、ハイビスカス園も良かったが、中之島のバラ園も負けてないと思う。


バラ園



----

以前、クライアントの社長から、「CANDEO HOTEL(カンデオホテル)、良いですよ」と薦められた。外からはフツーのビジネスホテルに見えるが、中は全然違うらしい。高級ホテルも知り尽くしている社長が薦めるので泊まってみたが、確かに、このホテルはいい。気に入ったので、その後も何度か泊まっている。

今日(2022/5/19)の『カンブリア宮殿』に、そのCANDEO HOTELの創業者、穂積社長が出演されていた。

観ながら、「せやねん!!」と膝を叩いた。

高級ホテルに泊まるほどでもないビジネス出張だけど、狭苦しいビジネスホテルに泊まる気がしない時に、「どこに泊まるねん問題」が生じる。毎回、この問題解消のために、ネットを何十分も検索することになる。中途半端なホテルがないのだ。穂積社長は、そこに目をつけて、「唯一無二の”四つ星ホテル”」というコンセントでホテル事業を始めたという。大学で建築を専攻していたこと、不動産ファンド勤務時代にホテル開発に携わったこと、これまで世界中のホテルを転々としてきた経験などを活かし、建築、窓、ソファ、鏡、空間、風呂、朝食…など細部にまでこだわり抜いた「中間ホテル」を作り上げる。結果、顧客満足度ランキングで1位を獲得(日経ビジネス)。

これぞ、イノベーション!

イノベーションという言葉を100年以上前に提唱したシュンペーター教授は、イノベーションを「新結合(new combination)」と定義している。つまり、既存のものを新しく結合する(組み合わせる)ことがイノベーションと定義した。ただ、私は、ビジネスにおいては「結合する」という発想より、「ズラす」という発想の方が、イノベーションを起こしやすいのではないかと思っている(なので、黒字社長塾セミナーでは「ズラす」ことを提案している)。既存のハード、ソフト、商品、サービス、組織、人事、マネジメントなどをズラすことによって、新しい何かが生まれないだろうか。カンデオホテルは、既存ホテルにあるあらゆるものをズラしていったのだろう。ズラして、ズラして、ズラして、他のホテルにはない新しいものを作っていったのだと思う。ゼロからイチを作る発想よりも、既存のものをズラすという発想の方が重要だと思う。

ちなみに、我が母校 関西学院大学に玉田しゅんぺーた(俊平太)という名教授がいる。シュンペーター教授から名を取った しゅんぺーた博士の親もすごいが、イノベーション界の第一人者となったしゅんぺーた博士もすごい。名は体を現すとはこういうことか。違うか。






a walk in the park

大阪城公園

本日も晴天なり。
もうジーンズが暑いので、今日から短パンに変えた。

大阪城の近くに用事があったので、大阪城公園を散歩。
散歩するだけで汗が出てくる。


大阪城公園

大阪城公園は、大阪城の内堀・外堀を見ながら走るショートコース(2.9km)と、公園の外周を走るロングコース(3.5km)があり、ジョギングしている人が多い。大阪でジョギングをするなら、ここのロングコースは走りやすいし、気持ちがいい。

今日も多くのランナーが走っていたが、大半がマスクをしていた。走る時くらい外せよ。人の目なんて気にすんな。マジ死ぬぞ。



-----

新刊書の初校ゲラのチェックを終えて、出版社へ郵送した。
少しだけ修正して欲しいところがあったが、ほぼ変更無しでいけそう。

あと1回、今回の修正を反映させたゲラチェックをして、製本、流通となる予定。出版は7月頃かな。



-----

次回のYouTube Liveは、

5月27日(金)20:00〜

テーマは『武田雄治新刊書の出版記念イベントを考える会』(仮題)

出版記念イベント、そろそろ考えましょう。お知恵を下さい。

Twitterで「黒字社長塾」のアカウントを作りましたので、フォローをお願いします。YouTube Liveの情報などを発信していきます。


-----

日本経営協会主催 決算早期化セミナー(オンライン)開催します。

詳細は、以下のリンク先をご覧ください。
(表示されない場合はリロードしてください。)

決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方

ぷらっと神戸 〜肉割烹

申虎

月1で食事会をする平松ゼミの先輩・同期と、神戸の肉割烹料理屋へ。


申虎

本日は熊本の大自然の中で育てられた和牛を使った料理をご提供させて頂きます、と36歳の若店主。



申虎

3〜4年前から通っているが、毎回、全品、唸るような美味しさ。
実際に唸っている。

今日の「酒のツマミになる話」は、平松先生の話だった。
よく考えてみれば、我々が大学生の頃、平松先生は今の我々とほぼ同じ年齢だった。その時から、平松一夫は国際会計の第一人者であり、世界の平松だった。偉大なる師の元で学ばせて頂いたのだと、改めて感謝と幸福を噛みしめる。ツマミにするのは失礼な話だ。。。



申虎

今日は、ビール以外に、シャンパン1本、赤ワイン4本を飲んだ。自分史上最高に飲んだかもしれないが、まだまだ現役時代の平松先生の飲みっぷりにはかなわない。「平松先生だったら、この後、北新地に向かうんだろうなぁ」と思いながら、今日も気持ちよく自宅に向かった。

自分のペースで人生も食事も味わい尽くそう。
No Fun,No Life!!


(※ 写真は許可を得て掲載している)

沖縄本土復帰50周年

オリオンビール_75beer

本日(2022/5/15)で、沖縄本土復帰50周年。



NHKスペシャル『証言ドキュメント “沖縄返還史”』という番組を観た(2022/5/15初回放送)。「戦後最大の外交交渉」と言われる “沖縄返還” に関して、交渉当事者の証言を記録した膨大な映像・音声等を元に、交渉を再構築したというもの。

基地が返還されないことの怒りは、沖縄本土復帰前の沖縄でもあったようだ。
しかし、安全保障やアメリカの機嫌を考えながらの佐藤栄作元総理による10年にも及ぶ外交交渉は「さすが!」としか言いようがない(佐藤は1974年にノーベル平和賞受賞者)。


▼上:琉球新報(1972/5/15)、:琉球新報(2022/5/15)
沖縄_基地
(※ 画像はネットより拝借した)






-----


NHKスペシャル 沖縄戦 全記録 [DVD]
NHKエンタープライズ
2016-05-27




沖縄のことをもう少し知っておこうと、『沖縄戦全記録』というDVDも観た。米軍が撮影した800巻の膨大なファイル等を元に、日本で唯一の地上戦を伝えてくれる。映像で観るとすごいな…。

沖縄戦での死者は約20万人、うち沖縄県民は約12万といわれている。84,074人は特定されており、NHKがその戦死者84,074人の死亡日や死亡場所を分析することにより、地上戦の経路・実態を可視化していった。

すると、驚くことが分かったのだ。米兵が沖縄本島(読谷村)に上陸したのが1945年4月1日で、そこから南下して首里を陥落したのが1945年5月31日だということは、既に文献等から分かっているが、実はこの時点での沖縄県民の戦死者は4万人以下なのだ。戦死者の約6割は、6月1日以降に亡くなっている。

首里を陥落したことにより、事実上、戦争は終結したのだが、そこからも(米軍の本土侵略への時間稼ぎをするために)戦いを継続することを決定し、住民13万人がいる南部へと戦線が移動することになってしまう。そして、同年6月6日から南部で掃討戦が開始し、被害が拡大したのだ。6月20日に前線が最南端の喜屋武岬に到達すると、多くの住民が岬から身を投じて自決した。1日で5500人が亡くなった日もあった。

なぜ、これほど多くの一般住民が戦死したのか。南部へ撤退したことや、米軍が火災放射器で壕に逃げる一般人を焼き尽くす等の常軌を逸する無差別攻撃をしたことだけではない。「一億玉砕」「天皇万歳」の思想を刷り込まれたこと、敵の捕虜になる恐怖から集団自決に追い込まれたこと、さらに、日本軍の兵力不足により14歳以上の男子が「防衛召集」され一般住民が軍に組み込まれたことも、戦死者を増やすことになった。さらに驚くことに、日本軍が(敵の攻撃を避けるために)一般住民の服を着るように命令されていたのだ。

NHKがすごいのは、この時に沖縄戦の最前線にいた米兵を見付けて、米国まで行って取材しているのだ(当時20歳前後だった米兵は、もう90歳を超えているため、生存者を探すのも大変だったのではないだろうか)。取材を受けた元兵士は、「敵が兵士か住民かの違いが分からないため、敵が撃ってくる前に、撃ち殺すしかなかった」というようなことを語っていた。そして、「翌日、戦場に戻ると、何の罪もない一般住民が何人も死んでいた」と。その元兵士は、当時を振り返りながら号泣していた。

1日でも早く戦争が終わっていたら……、沖縄でこれほどの住人が死ぬこともなかっただろうし、その後、原爆が投下されることもなかったかもしれない。

歴史に「if」はないが、そこから学ぶことは多い。
これからも、沖縄のこと、失敗の本質、人間の悪の凡庸さについては学び続けたい。

分かち合い、笑い合い

コロナ

画像はネットより拝借した。


今日、大学時代からの友達と食事をした。
理由は特にないらしいが、彼女から誘ってくれた。
コロナ、お子さんの受験、ご自宅の引越しなどがあり、さらに、今年に入ってからは本業の税理士業務の繁忙期が続き、2〜3年ぶりの再会となったが、忙しい中のわずかな時間に誘ってくれたのは嬉しい。

そして色んなことを「分かち合える」ことが嬉しい。
「分かち合い」の先にしか、真の人間関係はないからね。



前日も、公認会計士の大先輩が食事に誘って頂いた。
2人で食事をするのは初めてなので少し身構えたが、「会いたかってん」「寂しかってん」と、特に理由なく誘ってくれただけだった。ワイングラス片手に、ウダウダ話し合い、分かち合い、笑い合った。

理由もなく会える人と腹を抱えて笑っている時間の方が、そうじゃない人と過ごすよりも100万倍楽しい。



理由もなく会えるのが友達。
理由がないと会えないのが知り合い。
理由を作ってでも会いたいのが好きな人。
理由がなくても会うのが家族、守るべき人、大切な人。

こういう人と過ごす時間は貴いものだと思う。

人生二度なし。
自分のことを雑に扱う人との縁は切ればいい。
大切な人と過ごす大切な時間を、トコトン大切にしていこう。

そういうことだよ

会えるけど

一笑懸命

124


先日、書籍の話に関連して「この世に駄作(の本)なんてない」って書いたことがあるけど、これって、人間にも言えると思うんだよねぇ。

どうしようもない人間もいるかもしれないし、私もどうしようもない人間だと思うけど、それぞれの事情がある中で、みんなそれなりに一生懸命生きているんじゃないだろうか。

私の生き方、働き方、過ごし方、本の読み方、書評の書き方、旅の仕方、酒の飲み方、付き合い方・・・など、絶対に他人とは違う。違って良いと思う。違うと自覚もしている。それこそ、目の色、肌の色、髪の色、身長、体重、喋り方、考え方、笑い方、宗教、国籍・・・何もかも人と違う。70億人いたら70億の個性がある。

それを、なぜ批判されなきゃならんのだ?

しかも、ネットで。

私のブログの一言一言をネットで批判しているヤツがいるらしく、それを見てみたら、私のLINEで繋がっているヤツの書き込みと知った時の私の気持ち、分かってもらえるだろうか。しかも書き込んでいる時も私とLINEしているという・・・マジ草。

そんな書き込みに興味もないから読んでないけど、よくそこまで書けるね〜ってことを書いてくれてるらしい。実名は出てなくても読む人が読めば誰のことを書いてるか分かるよね〜。そうやって批判か憎悪か分からんけど、「自分は正しい、お前は間違ってる」と言って、優越感に浸っているのか、正義感に浸っているのか、理解に努めても理解できないが、(昨日も書いたとおり)みんな違う人間なんだから、他人のことを気にする暇があったら、もっと自分や大切な人との時間を大切にしたらいいのに、と思う。


-----

知床観光船が沈没するという悲しすぎる事故が起こった。

半年前、知床に行った時に、ウトロ港の傍のホテルに泊まった。ウトロ港は知床岬の25km手前にある。知床岬は国立公園内の特別保護地区として管理されており、車で乗り入れることができない。数日かけて徒歩で行く人もいるらしいが、過去にヒグマの被害にあった人もいる。そのため、知床岬を見るには、観光船に乗ることになる。

私も半年前、この船に乗ろうとした。しかし、朝から雨がひどく、船は欠航となったのだ。もし晴れていたら、もし事故があの時だったら・・・。

悲劇はいつ起こるか分からない。

今回の船に20代前半のカップルがいて、男性が船の上でプロポーズしようと婚約指輪を用意していたと報じられていた。あんな壮大な大自然を見ながらのプロポーズって、なんて素敵な話だ! と思ったのだが、ネットには「あんなボロ船で?」「周りに人もいるのに?!」「彼女可哀そう」というような書き込みがあったらしい。

もうねぇ、読んだだけで気が滅入るよ。



最高のプロポーズは出来たのだろうか。どんなカタチであれ、2人そろって救出して欲しい。その時には女性の薬指に指輪がはめられていたらと思う。とにかく全員が早く救出されることを祈るのみ。



-----

言葉が人を殺す。

もうイヤというほど学んできたはずなのにね。

人と違うことは素晴らしい。

これも、ずっと言われてることなのにね。

人と違う言動をすると、言葉という凶器で滅多刺しにする人たちが溢れている。

上述の通り、人はそれぞれ違い、人にはそれぞれの事情を抱えている。その事情というものは、血の繋がった親子ですら理解できないものだと思う。ましてや赤の他人が踏み込むべきものではない。何もかもが違い、それぞれの事情を抱えた中で、その人の存在を承認し、リスペクトし、その違いを認められることが人間関係の基本中の基本ではないだろうか。存在承認もできず、違いも許容できないのであれば、家族であっても、夫婦であっても、大切な友達であっても、直ぐに別れた方がいいと私は思う。

私がオンライン飲み会をやらないことや、政府が飲食店への営業自粛を繰り返すことに反対する意見をブログで書いたことに対して、「お前が外で飲みたいだけやろ」的な批判をされたこともある。そう、外で飲みたいのだ。ダメなの?

私は、オンラインで会うのが嫌いなのだ。大切な人とは直接会いたい。そして、一緒に食事がしたい。そして、笑いあいたい。その時間が私の幸せなのだ。楽しみなのだ。それを誰かに批判される筋合いはないし、邪魔されたくもない。人生は楽しんでなんぼだと思ってるし、笑い転げてなんぼだと思ってるので。

ひとりがロウソクに火を灯したところで、全体が明るくなることはないよ。でも、その火で隣の人のロウソクを灯してあげ、その隣の人がまた隣の人のロウソクを灯してあげて・・・を繰り返していって、全員のロウソクに火が灯ったら、地球全体が明るくなるんじゃないだろうか。

一人ひとりが「一笑懸命」生きていき、ひとりの笑いが周りに広がっていき、全員が笑い転げることができたら、社会全体が明るくなるんじゃないだろうか。そういう社会であって欲しい。

ずっとそう思ってるので、会いたい人がいたら地球上のどこでも会いに行って、盃を交わして、ワイワイやってるのだけど、なんでそんなことまで批判されなきゃならんのだろうね。切ないね。

まぁ、色々と腹が立つことや、許せないこともあるだろうけど、言葉で人を殺したらだめだね。
私も完璧な人間ではないし、不器用な人間なので、過ちを犯したことは何度もあるけど、結局一番深い傷を負うのは自分なんだよね。それぞれの事情を抱える他者を承認し、リスペクトし、仲間どおしで笑いあえる日常を死ぬまで続けたいと思う。

明日からも「一笑懸命」生きていくのみ。
No Fun,No Life!!



(※ 画像はネットから拝借した)

みんな違う人間

キムタク


旅をしない人は、旅をする人を批判する
旅をする人は、他人の旅を批判する

TVを観ない人は、TVを観る人を批判する
TVを観る人は、ネット民を批判する

本を読まない人は、本を読む人を批判する
本を読む人は、他人が読む本を批判する

太ってる人は、痩せてる人を批判する
スリムな人は、他人の生活を批判する

運動しない人は、運動する人を批判する
運動する人は、他人の習慣を批判する

酒を飲まない人は、酒を飲む人を批判する
酒を飲む人は、他人の飲み方を批判する

カネを持たない人は、金持ちを批判する
金持ちは、他人の仕事を批判する


キモいよね。
人を批判することでしか、自分の正しさを認められない人たち。
他人と比較することでしか、自分の思考を正当化できない人たち。

そうやって、他人の出生、職業、地位、性別、国籍、肌の色まで批判して、
自分の方が幸せだと言いたいの???

とても幸せそうには見えないけどね。

他人を批判している人で、幸せそうな人を見たことが一度もない。
表情から喜怒哀楽が消え、不幸のオーラを身にまとっている。

こういう人って、自己正当化することに余念がない。
そうしないと生きていけないのだろうね。
本当の孤独に陥っても自己正当化してるんだろうね。
周りに耳も心も傾けず、卑屈になってる自分に酔ってるだけの人たち。

人は人、自分は自分。キムタクはキムタク。
みんな違う人間。完璧な人間なんて一人もいない。
誰しも欠陥があり、誰しも間違えたことをしている。
それぞれが、他人には分からない事情を抱えている。
そんなことは誰にも理解できないことなのだ。
欠陥を抱え、悩みを抱え、コンプレックスを抱え、後悔し、懺悔し、
それぞれが、それぞれの人生を生き、
人とは違う速度で成長していってる。
他人が干渉することではない。

いつも他人を気にし、
いつも他人と比較し、
いつも他人の悪口をいってる人は、マジキモい。

それでも批判したいならいつまでも批判しておけばいい。
キモい人に何を言われても屁とも思わん。屁以下の糞野郎。

他人から何を言われようが、今日も楽しかったといえる生き方をした者が勝ち。
ホントに楽しい生き方をしてたら、他人のことなんて気にする暇もないだろうに。

もし許容できないことがあるというのなら、
ネットに書き込まず、相手の所に行って直接言えばいいんじゃないの。
陰でコソコソ批判垂れたり、ネットに書き込んだりする暇があるなら、
もっと自分を高めたり、大切な人に向き合ってはどうなの。

大切な人、例えば、家族とか、親とか、兄弟とか、恋人とか、友達とか、仕事仲間とか、
そういう人たちの大切にしていることを大切にして、
そういう人たちに愛と感謝を伝える時間とか、
そういう人たちと腹をかかえて笑う時間とか、
そういうのをもっと大切にした方が幸せだと思うけどねぇ。


批判する人


(※ 画像はネットから拝借した)

ブラックジャック

中之島公園

在宅&オンライン&孤高の仕事が続いていたので、4月に入って初めてスーツを着ることになった。クローゼットにはまだ冬物スーツやコートがかかっている。慌てて衣替えした。

某上場企業グループ会社の経理部から「助けて欲しい」とのご依頼。
会計界のブラックジャック出動。

複雑に入り組んだ経理実務に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明し、業務を極限までシンプルにする外科手術をして、全員がハッピーになることが、私にとっての最大の働き甲斐であり最大の報酬だと思う。


-----

夜は、YouTubeのスタッフさんと共に、ニャンさんが新しく開店したビストロへ。平日なのに賑わっていた。厳選された牧草牛、野菜ソムリエが仕入れた野菜を使った料理、さらに、大阪ではなかなか目にすることができないクラフトビールや地酒がそろっていた。こりゃ〜いい店だわ。

牡蠣からはじまり、ステーキまで、ガッツリ美味しい料理を頂いた。
あー幸せ。


nyan



-----

次回のYouTube Liveは、

4月23日(土)20:00〜

今回のテーマは、満を持して「筋トレ」

事前質問受付中。何らかの方法で連絡下さい。

Twitterで「黒字社長塾」のアカウントを作りましたので、フォローをお願いします。YouTube Liveの情報などを発信していきます。

youtube_live_筋トレ術

東京神田

今年4度目の東京。

昨年末から新事業を立ち上げようとビジネスプランを練っていたが、有り難いことに協力してくれる人が協力してくれる人を紹介してくれ、今日、その方のオフィスがある神田で顔合わせをすることになった。そういう方の協力のお陰で事業がカタチになっていく。

神田という町は、ごちゃごちゃしていて好きではないが、ナンダカンダと縁がある。監査法人に入所して、初めての往査先も神田が本社の上場企業だった。築50年は超えてそうな古びた雑居ビルの中にある中堅企業で、初っ端から上場企業のイメージが崩れ落ちたが、最初に中堅企業を担当できたことは幸運だったと思う。1年で監査の全体像が見えたので。

六本木や赤坂の高級料亭なんぞで接待されている同僚もいたが、私の主戦場は神田の居酒屋だった。

ひとりの時は、よく神田駅高架下の吉野家に行ったもんだ。まさに、田舎から出てきた右も左も分からない生娘(生息子?)が吉野家にシャブ漬けにされていた。早い、美味い、安い。最高だ。当時は並が300円位だったと思う。仕事を頑張った日は卵と味噌汁を付けた。それでも400円位。自炊するより安い。そもそも自炊できない。なので、週3回は吉野家だった。同僚が1皿8,000円の瀬里奈のしゃぶしゃぶを食べている時に、私は吉野家でシャブシャブだった。

でも、そんな生活は3年でやめた。牛丼屋含め、ファーストフード店は、それ以降殆ど行ってない。

独立してからも何かと神田に足を運ぶことが多かった。税理士登録した時も、間借りした事務所が神田だった。税理士登録は会計士登録と同じ場所じゃなければならないというよく分からない決まりがあったので、会計士登録も神田に移した。なので、何かと神田に通った。2020年に税理士資格を返上したと同時に、会計士登録を大阪に移し、神田にいたパートナーともなぜか連絡が付かなくなり、それ以降神田に来ることが途絶えた。もう二度と来ることはないだろうと思ったが、また来ることになった。なんの引き寄せなんだかカンダか。

-----

久々の神田なので、かつて行きつけにしていたお店にお邪魔した(ご無沙汰しちゃってすみません)。いつもソムリエさんが私の好みと料理に合ったワインを提供してくれる。今日はジビエ&Georgiaのワインという最良の組み合わせ。たまらん。最高だった。酔った酔った。


利三郎


ということで、幸せな東京出張だった。


-----

次回のYouTube Liveは、

4月23日(土)20:00〜

今回のテーマは、満を持して「筋トレ」

人生100年時代を乗り切るのも筋トレ、万病の元であるストレスを解消するのも筋トレ、基礎代謝を上げるのも筋トレ、良質な睡眠も筋トレ、モテるのも筋トレ、人類みな筋トレ。筋トレをテーマに、ニャンさんとウダウダ語ります。

事前質問受付中。何らかの方法で連絡下さい。

Twitterで「黒字社長塾」のアカウントを作りましたので、フォローをお願いします。YouTube Liveの情報などを発信していきます。

youtube_live_筋トレ術

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ