公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

わたくしごと

2018年を振り返る

備忘的に。

●2018年の自分のgoogleカレンダーを振り返る。特段何も変わったことをしていない。

●仕事面に関しては、2016年末に「コンサル1.0」(滞在型コンサル)の新規契約を終了し、2017年から「コンサル2.0」(非滞在型コンサル)に完全移行した。2018年からは決算・開示・IFRS以外の仕事は断った。売上高は下がるだろうと思ったし、下がってもいいと思っていたが、今期は過去最高売上高を更新したし、来期も既に受嘱ベースで過去最高売上高を更新することが確実。嬉しい悲鳴である。来年は「コンサル3.0」(クライアント間のコミュニティ)への移行の種まきをしていこうと思う。

●来年は、さらに自分の専門分野にフォーカスし、自分のバリューを上げていくために、専門分野以外の仕事をさらに削ぎ落していく。黒字社長塾の新規受嘱は当面止める。バックオフィスサービスは経営の最前線から離れる。税理士法人も辞める(税理士も辞めるかも)。起業家支援のスタートアップエンジンの活動も当面止める。新規ビジネス投資も当面止める。自分がやるべきことに時間とエネルギーをつぎ込む。

●プライベート面に関しては、フェラーリを買ったことが一番大きな出来事だったかもしれない。中学生の頃から夢見て、数年前まで一生実現できないと思っていた夢が実現した。

●他方、大きな傷を負った1年でもあった。私の知人が癌になった。夏のこと、あまりにも長期にわたって体調不良が続いていたので私が病院に行くことを強く薦めた。大病院で検査入院するように言われ、その結果、癌が発覚した。それだけでもショックな話だ。何かチカラになれることはないかと、癌のことを相当勉強した。医者にも話を聴きに行った。癌が消えたという人にも話を聴きに行った。そして、その知人を陰ながら支えた。癌の手術の当日は見舞いに行けなかったが、手術の数日後に病院に見舞いに行った。そしたら、なんと、病院の受付で「そんな人はウチの病院にいない」と言われた。現時点ではこれ以上の詳述は伏せるが、信じられない嘘を付かれたのだ。体調を崩す前からそれなりにサポートしてきた人であり、裏切られる筋合いは全くない。なんでそんなことが自分の身に降り注ぐのか、降り注いだのか、さっぱり分からない。私が生きていた中で、この出来事ほど「意味が分からない」ものはなかった。

●すでに起きてしまった出来事は自分で変えられない。受け入れるしかない。しかし、それが起こったことの意味は何なのか、過去に対する「意味付け」については、自分で変えられる。だから「意味が分からない」で済ませるのではなく、その意味を考えに考えた。本にも救いを求めたし、友人・知人にも救いを求めた。

●数少ない友達には相当色んな相談にのってもらった。中には僕より一回り以上若い友達もいる。一回り以上若い秘書にも相談にのってもらった。相談した友達・秘書、全員が「信じられない」と絶句し、身を乗り出して私の話に耳を傾けてくれた。そして色んな意見や助言をもらった。コーチ役にもなってくれた。それには本当に感謝している。この場を借りて改めて御礼を申し上げます。本当にありがとう。あなたたちがいなければ私の心は折れていました。今回の傷を負ったことによって得たものは、僕にも真の友、大切にすべき友がいると神が教えてくれたことだ。

●そうやって、世の中には自分が理解に努めても理解できない人がいることを知った。とんでもない人がいることも知った。平然と嘘をつく人、上辺だけでモノをいう人、罪悪感のない人、責任感がない人、良心を持たない人、相手の気持ちを考えられない人、刹那的・短絡的にしか物事を考えらえない人・・・、そんな人が世の中には沢山いる。我々は「人間はみんな同じ」「人間はみんな平等」という教育を受けてきたけど、それは大きな誤解であり、「人間はみんな違うものだ」「差があることが当たり前なんだ」という教育をすべきなのだ。

●平然と嘘をつく人は、何か重いものを抱えているのかもしれないし、何かを守ろうとしているのかもしれないが、自分で嘘をついて人を騙しているという意識がないのだろう。しかし、嘘をついたことを隠すために、また嘘をつく、ということを繰り返すのではないか。そうやって自分だけの世界が築かれていく。周りの誰もが理解しがたい世界。それは人を傷付け、自分も苦しむことになる。人を怒らせ、自分も悲しむことになる。人を遠ざけ、自分も失うことになる。結果として哀れな末路を辿ることになる。それでも当人はその原因を死ぬまで気付かないのだ。周りからは狂気にしか見えない人を、普通の人間が理解することなどできないし、理解しようと努めると自分が身を滅ぼすリスクがある。そういうことも友が教えてくれた。

●いつも年末のこの時期になると、人生の5ヵ年計画を立てるのだが、どうも今年はそんな気分になれない。5年先どころか、1年先も見えない。明日も見えない。今日生きていけばそれでいいと思ってきた。ホントはそれじゃダメなんだろうけど。来年はどんな年にしたいのか、とよく聞かれる。フェラーリ以外に物欲は何もない。新たな仕事をするつもりもない。新たな出会いも求めていない。傷付きながら川を登っていくより、川の流れに身を任せて流れ落ちていき、いずれ大海に辿り着ければいいか、そんな気になってきている。年を取ると目が霞んでくるようだ。先が見えない。来年はハズキルーペを買おうか。

独り言はこれくらいにしておきます。
本年もこんなB面ブログをご覧頂き感謝申し上げます。

leave for vacation

VAC


先日より南の国でぼんやり過ごしています。

この一年、色んな事があり過ぎました。
ちょっと疲れました。
しばらく、ぼ〜〜っとします。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


トキオ

東京出張


東京のマンションを引き払って5年。
ホテル暮らしが続いています。
おそらく年内の東京ホテル生活は今日が最後。
来週からしばらく休暇に入ろうと思います。

写真は、バルコニー付きのホテルから撮った丸ノ内。
いつも通っている街ですが、ビルの高さがそろっていることを初めて知りました。
地上を歩いていると分からないけど、見上げると違う景色が見えることもありますね。
PCから離れて、空を見上げる余裕を持って生きていきたいものだ。

オカン

高校生の時に両親が離婚してから、母親とほとんど会っていません。同じくらい妹とも会っていません。昨日、数年ぶりに妹から電話がかかってきたので、心臓が止まりそうになりました。母親が営んでいる飲食店が「明日閉店する」との連絡でした。地主の都合により。

もう20年くらい営んできたのでしょうか。こんなに長いこと飲食店を続けるなんてすごいことです。母親も70歳。後は年金で暮らしていくとか。このブログを読んでるかどうか分かりませんが、お疲れ様。ゆっくり休んでください。たまには孫の顔でも見に来たら? 僕が日本にいるうちに。

夢実現

jinji


私は以前から、見る夢、見る夢が、正夢になります。
既視感(デジャヴ)が余りにも多いので、見た夢を記録するようにしています。
そんなことを十数年もやっていると、未来が予測できることもあります。

十数年前にある夢を見ました。
私が上場企業経理部に勤務していた時に人事部でお世話になったAさんと再会する夢。あまりにもリアルな夢だったので、今でもその夢のシーンをはっきりと覚えています。

しかし、Aさんとは勤務先もバラバラになり、連絡先も分からす、十年以上の月日が経ちました。でも、なんとなく、きっといつか正夢になるんだろう…って思っていました。

そしたら、ひょんなことから突然Aさんと再会することができました。

あまりにも突然の再会に発狂しました(笑)。

「引き寄せ」ってあるもんですね。我ながら自分の波動の強さに驚いています。

忘年会

忘年会


都内某所
本年最初で最後の忘年会

株式会社TKCの役職員さんと、TKC全国会の税理士さんと、年一度の日本酒呑みまくりの会。専門分野は若干違えど、会計・税務を生業にしている者ばかりですので、とても楽しい会でした。めちゃくちゃ飲みましたが、本物の日本酒は酔いませんね。

知識は偏見である

私が師と仰いでいる人が2人いるということを度々書いていますが、そのうちの1人の師の下で、13年間学んでいます。当初は「ビジネス」について教えを乞うていましたが、9年前からは「ビジネス」に限定せずに、「知の全般」について学んでいます。

13年前に独立した時は「ビジネス」について学ぶ必要があり、マーケティングやマネジメントやビジネスモデルなどを体系的に学び、知識を体系化していくことに価値や意義がありました。

しかし、9年前に再独立して「社長」から「(個人としての)公認会計士」に戻った時に、もはや「ビジネス」の知識を吸収したいという欲求はなくなり、無知であり未知である領域を知りたいという欲求が溢れてきました。

私が師にお願いしたのは、人類の英知のあるべき姿を問う社会科学ありのままの姿を記す自然科学ありたい姿を描く人文科学、この3つの領域を1本の串で指してくれないか、というものでした。それらを串刺ししたところに「哲学」という4つ目の領域が浮き上がってくるのではないか。その4領域を巡回し、横断したところの「知の交差点」のようなものが見たい。そして、その英知を「知のMAP」として描きたい。

そういった無茶な要望をしたのですが、師は快諾してくれ、私の想いに共感してくれたもう1人の方と3名で、9年間にわたって知の横断をしています。

無知であり未知である領域を旅して9年。
宇宙の暗黒物質を探るような旅を続けて思うことは、知識は無知がもたらす偏見から解き放ってくれるものですが、知識もまた偏見であるということです。「それでいいんだ」と思うようになりました。あるべき「知のMAP」というものはなく、自分なりの地図を描けばいいと。

そして旅は10年目に突入しました。

ぼくの半生は言葉と時空との闘いの歴史であって、
とうてい得意技の発露の歴史ではなかった。
不得意領域への挑戦史なのである。

(松岡正剛『危ない言葉』より)

ビジネス投資 vs 不動産投資

konishi


大阪北浜にある「北浜バルこにし」が開業4周年を迎えます。
シェフ小西氏と共に開店前の市場調査、店選びなどを行い、私が出資して、お店がOPENしたのが2014年11月26日。お陰様で5年、10年と続きそうな気がしてきました。

北浜・淀屋橋界隈に行かれることがあれば、是非一度お立ち寄りください(といっても私はおりませんが)。かなり美味しいと思っています。ワインも美味しいものを他店より安く提供しております。

[食べログ]北浜バールこにし


これまで経験のためにビジネス投資もちょこちょことやってきましたが、私には向いているとは思いません。最近はビジネス投資の話はすべて断ってます。インキュベーション系の話も興味がなくなってきました。人への投資(ビジネス投資)ではなく、モノへの投資(不動産投資)の方が向いていると思いますので、国内不動産を再び買い増していこうと思っています。スルガの件で他行も融資を抑えている今こそチャンスなのです。

夢の実現

myhome


ここに引っ越して来て今日で5年
夢を叶えて5年

夢を叶えるには、一旦大気圏を突き抜けるくらいの圧倒的な行動をすること。
自分の限界を超えたらあとは無重力になります。

そういうことを教えてくれた方がいます。ちょうど1年前のブログでも少し触れたことがあるこの方です。この方との出会いがなければ、私は一生夢を追い求めるだけの人間で終わっていたかもしれません。

『KPMG Alumni Japan アニュアルパーティー2018』

KPMG Alumni Japan


今日は東京ドームホテルにて、KPMG(あずさ監査法人)のOB会ともいうべき
『KPMG Alumni Japan アニュアルパーティー2018』
に参加してきました。

 ※ alumni(アラムナイ)とは「同窓会」という意味

800名が参加したようです。人数が多過ぎて余り話しができませんでしたが、懐かしい人にもたくさん会うことができました。OBの集まりにこれだけの人数を集め(それも申込を途中で締め切ってる)、ホテルで食事を提供し、お笑い芸人まで呼び、手土産まで用意し、何とも手厚いサービスですこと。


帰宅して手土産を開いて、まぁビックリ!

KPMG饅頭

経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード