公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

わたくしごと

モデルとする人

今でもこんな働き方をしているのかどうか分からないが、私が監査法人に勤務している時に、某クライアントの監査時間は朝10時〜翌朝3時だった。クライアント本社の横にあるビジネスホテルに2週間連泊させてもらったので、毎日4時〜9時半まで5時間半の睡眠を取ることは出来た。体力的には問題なかったが、精神的につらい仕事だった。

国内最大規模の上場企業であり、取引量・取引内容ともに通常の常識を超えていた。クライアントから提出される資料がまず理解できない。理解できたとしても、どういう処理をしているのかが分からない。どういう処理をしているかが分かっても、それが正しいかどうかが判断できない。会計基準を見れば、白か黒かは分かるが、グレーなものは判断がいる。そもそも会計基準が想定していない処理は、自分の判断が正しいかも分からない。日本の最先端をいく会社だけに、会計基準設定者も想定していないような特殊な金融取引なんかを平気でやる。当時は会計士1年生で、クライアントからも舐められてたけど、プロフェッショナルという自負もある。「分からない」とはできるだけ言いたくない。けど、どれだけ頭をひねっても、何も知恵が湧かない。時計の針が深夜になり、周りが静まり返っても、ただただ資料を見て、ひとり格闘するのみ。そんな日が続く苦しさ。

そんな時、2歳上の先輩だけがいつも気にかけてくれ、声をかけてくれた。深夜であっても煮詰まった僕をビルの外に連れ出してくれ、近くのカフェでコーヒーを奢ってくれたことは一度や二度ではない。そしていつも励ましてくれた。「お前はできる! 辛いけど頑張れ!諦めるな!苦しいのは今だけだ!」と。スクールウォーズか!

今から思えば、この時、この先輩も20代であったことに驚かされる。私はこれ以降、この先輩が ”人間としての” 目標となっている。自分が指導的立場に立つ時、父親の立場に立つ時、行動を起こす前にワンクッション置き、この先輩ならどういう指導をするかを考える。そしてこの先輩に成り切り、その人を演じる。こういうのを「モデリング」というが、私のモデルはこの先輩だ。

あれから20年近く経ち、その先輩は監査法人のパートナーにまで昇進され、忙しくされているので、なかなかお会いできなかったが、先日久しぶりに食事をすることができた。いまでも当時と同じように ”人間としての” 目標であり、 ”人間として” 尊敬する。何年経ってもその先輩には追い付けない。これからも追いつけないと思うが、死ぬまでその方をモデルとして生きていくと思う。


ワイルドだぜ

帰国してからずっと頭痛がする。スギ花粉の影響かもしれない。もう来たか。

くしゃみ、鼻づまりはないが、頭痛がひどい。これから2〜3ヶ月、この不愉快な痛みが続く。

病院にも通っているが、服用される薬の眠気に耐えられない。そもそも薬に頼るのが好きでない。鼻の穴にワセリンを塗りたくったこともある。根本的な原因を解決しなければならないということも分かっている。色んなアドバイスを頂くが、やれることはやっている。ヨーグルトを毎日欠かさず食べている。べにふうきも飲んでいる。花粉症以外に身体に問題はない。免疫力もあるはず。跳ね馬にはほとんど乗らずに1日1万歩くらい歩いてる。ジムには20年以上通っている。健康年齢は25歳。体脂肪率は一桁。どうしろと??

そもそも論として、花粉症対策とインフルエンザ対策として年の数ヶ月をマスクをして過ごさなければならないことがおかしい。そうでない時期も、気温が40度まで上昇したり、台風が真上を通過したり、大地震が直撃したり、噴火したりと、あらゆる危険やリスクにさらされる。そんな国、他にあるんだろうか。民族が移動するのはこういう時なんだろうか。

ホントは何がしたいのか

昨日「第2創業期」というタイトルでエントリーをしたので、何人かの方から「おめでとう」という連絡を頂いた。

「第2創業期」はちょっと言い過ぎだったかな。それほど大袈裟なことではない。また「働き方」を変えただけのこと。これまで何度も「働き方」を変えてきたけど、ようやく落ち着いて自分らしい環境で仕事に没入できるようになったかな、という意味での「第2創業期」。

昨日の夜は、行きつけのPubで一人で飲んでいた。こういう日は、誰かと騒ぐより、一人で飲んで落ち着きたい。

-----

独立してから数年間は毎日飲んでたと思う。なので、体重は今より20キロ多く、30代前半にして高脂血症、肝障害、痛風手前のヤバいメタボ野郎だった。夜の予定が入っていないと誰かに連絡して飲みに行った。上司だろうが、先輩だろうが、お構いなし。予定が空いてる人を探しては飲む。帰宅は毎日日付が変わってから。それほど強くない酒をなんで毎晩飲んでたかって、そうでもしないと仕事が受注できないんじゃないかという恐怖があったから。生きるのに必死だった。生きる(live)というより、生き残る(survive)というべきか。でも、そんな生活が続く訳がない。体力的より、精神的にキツかった。独立して3年後、生まれて初めて心療内科に駆け込んだ。長期療養を進められ、受け入れることにした。で、自分が作ったコンサル会社に辞表を出した。共同経営者や社員からの態度は冷ややかだった。そこから先のことは思い出したくもない。弁護士のお世話にもなった。身近な人間ほど信頼できないものはないと悟った。

眠れない夜に、自分に問う日々が続いた。「何のために生きているのか」、「何のために働いているのか」「ホントは何がしたいのか??」…と。

その答えが出ぬままに、療養から1カ月もすれば仕事のオファーを山のように頂き、また死ぬほど仕事をする生活に戻っていった。そして同じ失敗をその後も繰り返すことになる。若気の至りというか、何というか、情けない程に傷付いていった。

しかし、若いうちにこういう経験をして良かったと思っている。そうでなければ、「ホントは何がしたいのか」が分からないまま今でも傷付いた鱗を光らせながら川を上って行ってたかもしれない。

----

当時は上に上に登ることしか考えていかなったと思う。”足るを知る” ということがなかった。どこまでも突き進んでいた。しかし、今は下山することしか考えていない。まだ早過ぎるのではないかと言われるが、そう言われるたびに「いつ死ぬかも分からんのやぞ」と心の中で反発してしまう。「ホントは何がしたいのか」が薄っすらと見えてきたからこそ、残りの時間は過去をなぞることに使いたくない。

どこかで決断しなければ人生は変わらない。誰に何を言われようが、近いうちに人生も「第2創業期」に入る。

第2創業期

1月ももう終わり。

「この時期は忙しいんじゃないですか?」と毎日のように言われるが、監査をしない公認会計士・税務をしない税理士に繫忙期はない。

経理代行・記帳代行を実施していたバックオフィスサービス株式会社を分社化することになり、神戸のオフィスを閉鎖することにした。今後新設会社に業務を移管することになり、私は経営トップ(事業責任者)から退く。私が経営トップに立ち、かつ、人を雇用する会社はこれでゼロになる。残りは全てマイクロ法人(一人会社)。

会計士業と社長業との両立は不可能だということは独立直後から分かっていた。限られた時間を組織のマネジメントやクオリティーコントロールに割かれることがストレスでしかなかった。しかし、世のニーズが高いこともあり、経理代行・記帳代行の業務を始めたが、私の代わりにマネジメントが出来る人間が見付からなかった。昨年10月、社員からの1本のメールを受けてオフィスの閉鎖を決めた。今後、私が人を雇用するビジネスの経営トップに立つことは断じてない。

今年の初めに、このブログで「2019年は、.灰鵐汽襦幣緇豐覿函上場準備企業の決算・開示・IFRS)、⊆紘、6軌蕁淵札潺福次法↓ど堝飴催蟷顱△裡瓦聴奮阿了纏は辞める。他の仕事はやらない。無償でやってきた仕事も全て辞める。削ぎ落していく。」と書いたが、もうすぐその環境が整う。これからは、ひとり、職人として生きていく。自分の人生の使命を果たすために。

24年に想う

阪神大震災


これは1995年1月17日の神戸新聞夕刊(画像はネットから拝借)。
本社が倒壊し、ホストコンピューターも潰れたのに、その日の夕刊を発行したのだ。記者達は、不幸に見舞われた人々や地域を取材することへの葛藤に悩み苦しんだという。それでも京都新聞社などに協力を仰ぎ、新聞を休むことなく発行し続けた。新聞社として、記者として、使命を全うするために。

世の中、不条理で理不尽なことばかり。苦しいことばかり。思い通りにいかなくて当たり前。なんで生きているのかの答えが出ぬうちに、いつ死んでもおかしくないという出来事が次々と我が身に降りかかってくる。平和すぎる日本にいると分からないが、色んな国を訪れると、飢餓、病気、暴力、レイプ、殺人、戦争などで命を落とすことが当たり前という地域もある。その日を生きていくことだけに必死になっている人を何人も見てきた。何なんだろうと思う。

明石家さんまさんの娘IMARUさんの名前の由来である『生きてるだけで丸儲け』という言葉は、私も座右の銘としている。辛い出来事が起こるとこの言葉を思い出す。そのIMARUさんが19歳の時、人間関係に悩み、泣きながら父さんまさんに電話したら、電話口の向こうで爆笑され、『泣くな、笑え』って言われたとか。この言葉も、辛い出来事が起こると思い出す。

人生笑ってなんぼやな。楽しんでなんぼやな。どうせ死ぬんだから。
と思う。

人生に悲観しているわけじゃなく、ポジティブに生きていくために、そう思う。

震災から24年が経ったらしい。戦場のようだった街が驚くほど綺麗になった。過去の辛い出来事を後世に伝えていくことも大切なことだと思うが、過去を振り返るのはもういいんじゃないかとも思う。それよりも、限られた未来を楽しみ、自らの使命を全うし、社会に新たな足跡を残す人間でありたいと思う。公認会計士として何が残せるかを考えながら、原稿に向かう。

2019年に向けて独り言

先日の「2018年を振り返る」というエントリーに、5年先どころか、1年先も見えない、なんてことを書いた。これはホントなんだが、一応、年末年始の恒例行事として、「人生の理念・ビジョン」→「人生の夢リスト」→「5ヵ年計画」の3点セットを更新した。

そのエントリーにも書いた通り、何か新しいことをやろうとか、抱負とか、挑戦とか、目標とか、そんなものはない。ただ何年も前から掲げていたことを2019年も本気になって取り組もうかと、3点セットに向かい合ってみた。3点セットはもちろん誰にも見せない。夢は実現してから事後報告。

-----

●2019年、ビジネス面では、「自分がやるべきこと」に時間とエネルギーをつぎ込む。いわれる「第2象限」により一層フォーカスする。これまで、「自分がやらなくてもいいこと」に結構な時間とエネルギーを取られてきた。それがストレスにもなっていたし、憂鬱にもなっていた。見城徹さんが「憂鬱でなければ、仕事じゃない」って本を出しているけど、僕は「憂鬱なら、仕事をやめろ」という本を出したい。仕事をしていてストレスが溜まるってことは、楽しくないか、向いてないかじゃないかと思う。

●2019年は、.灰鵐汽襦幣緇豐覿函上場準備企業の決算・開示・IFRS)、⊆紘、6軌蕁淵札潺福次法↓ど堝飴催蟷顱△裡瓦聴奮阿了纏は辞める。他の仕事はやらない。無償でやってきた仕事も全て辞める。削ぎ落していく。

●中期的には、コンサル業もBtoBからCtoCに移行していきたい。私が何度も書いてきた「コンサル2.0」から「コンサル3.0」へ、ってのを実現させるタイミングがやってきたように感じる。

●「4つ以外の仕事は辞める」とは言ったが、「稼ぎ口」は増やしていく。当然のこととして。

●ブログをやるか、やめるかは毎年悩む。上の4つ以外の仕事をやらないのであれば、もうやらなくてもいいんじゃないかともいえる。ブログを続けることが「自分がやるべきこと」なのかもよく分からない。今回もどうしようか悩んだが、とりあえず優先順位を下げて継続しようと思う。ブログに書き貯めておくということが、日記を書くことと同様に、後々、自分の役に立っているので。ただ、誰かに読んでもらおうとか、毎日更新しようとか、アクセス数を増やそうとか思って書くのはやめようと思う。だから「ですます調」もやめた。「である調」に戻す。偉そうな言い方に聞こえるから「ですます調」にしてたんだけど、正直書きづらい。

●ブログを書く時間を減らす分、書籍の執筆の時間を増やす。

●プライベート面では、これも「2018年を振り返る」というエントリーで書いた通り、2018年は大きな傷を負ったが、ノスタルジーに浸る老人のようにはなりたくない。人生は「楽しんでなんぼ」やと思う。大切な人を大切にしながら、徹底して楽しむ。たっぷりある時間を、勉強・読書(input)、執筆(output)、旅行、運動、大切な人との食事、に可能な限り費やしたい。

●以前、「人生なんて所詮フィクションだ」ということを書いたことがある。そしたら、読者の方から、「なんでそんなネガティブなことをいうんだ」と言われた。フィクション=虚構=無味、と捉えられたのだろう。僕はそういう意味で言った訳ではない。人生は良いことも悪いことも起こる。自分自身の内面にも複数の人格(パーソナリティ)が潜んでいる。だから、自分の人生を「1つの完成された完璧なストーリー」と考えることに無理があると思う。「こんな人生でいいんだろうか」とか、「こんなはずじゃなかった」といった不の感情や、「自分はこうあるべきだ」といった思い込み・決めつけ・先入観は、人生を「1つの完成された完璧なストーリー」にしなければならないと思うところから生まれる感情・観念ではないだろうか。また、自分が決断、判断、約束、覚悟したことが、正しいことなのかどうかと悩むことも同じことだ。それが正しいかどうかなんて誰も分からない。自分が選んだ人生が、自分の人生なのだ。

●人生はフィクションの集合体から編集されているのだ。第1章が終われば、第2章が始まる。第3章が始まる。どんどん新しいストーリーが展開する。1冊目が終われば、続編が続く。番外編も待ち受けてる。特別編だってある。いつ終わるかも分からないけど、ストーリーはひたすらに続いていく。ワンピースのようなもんだ(読んだことないけど)。僕はそう思うようにしている。人生において何度も「Game Over」を突き付けられることがあるけど、その都度ノスタルジーに浸っててたまるか。人生なんて所詮フィクションなんだ。所詮Gameなんだ。次の幕がもう始まっているのだ。次のストーリーを自分で作っていけばいい。主人公は自分。自分の好きなように、自分が楽しいと思うものに人生を作っていけばいい。書き換えていけばいい。

●だから2019年はどうするのかって、自分が好きなようにストーリーを作っていくしかない。どんな展開になるかは予測不能。制御不能。神のみぞ知る。

楽しんでなんぼ。
No Fun,No Life


2018年を振り返る

備忘的に。

●2018年の自分のgoogleカレンダーを振り返る。特段何も変わったことをしていない。

●仕事面に関しては、2016年末に「コンサル1.0」(滞在型コンサル)の新規契約を終了し、2017年から「コンサル2.0」(非滞在型コンサル)に完全移行した。2018年からは決算・開示・IFRS以外の仕事は断った。売上高は下がるだろうと思ったし、下がってもいいと思っていたが、今期は過去最高売上高を更新したし、来期も既に受嘱ベースで過去最高売上高を更新することが確実。嬉しい悲鳴である。来年は「コンサル3.0」(クライアント間のコミュニティ)への移行の種まきをしていこうと思う。

●来年は、さらに自分の専門分野にフォーカスし、自分のバリューを上げていくために、専門分野以外の仕事をさらに削ぎ落していく。黒字社長塾の新規受嘱は当面止める。バックオフィスサービスは経営の最前線から離れる。税理士法人も辞める(税理士も辞めるかも)。起業家支援のスタートアップエンジンの活動も当面止める。新規ビジネス投資も当面止める。自分がやるべきことに時間とエネルギーをつぎ込む。

●プライベート面に関しては、フェラーリを買ったことが一番大きな出来事だったかもしれない。中学生の頃から夢見て、数年前まで一生実現できないと思っていた夢が実現した。

●他方、大きな傷を負った1年でもあった。私の知人が癌になった。夏のこと、あまりにも長期にわたって体調不良が続いていたので私が病院に行くことを強く薦めた。大病院で検査入院するように言われ、その結果、癌が発覚した。それだけでもショックな話だ。何かチカラになれることはないかと、癌のことを相当勉強した。医者にも話を聴きに行った。癌が消えたという人にも話を聴きに行った。そして、その知人を陰ながら支えた。癌の手術の当日は見舞いに行けなかったが、手術の数日後に病院に見舞いに行った。そしたら、なんと、病院の受付で「そんな人はウチの病院にいない」と言われた。現時点ではこれ以上の詳述は伏せるが、信じられない嘘を付かれたのだ。体調を崩す前からそれなりにサポートしてきた人であり、裏切られる筋合いは全くない。なんでそんなことが自分の身に降り注ぐのか、降り注いだのか、さっぱり分からない。私が生きていた中で、この出来事ほど「意味が分からない」ものはなかった。

●すでに起きてしまった出来事は自分で変えられない。受け入れるしかない。しかし、それが起こったことの意味は何なのか、過去に対する「意味付け」については、自分で変えられる。だから「意味が分からない」で済ませるのではなく、その意味を考えに考えた。本にも救いを求めたし、友人・知人にも救いを求めた。

●数少ない友達には相当色んな相談にのってもらった。中には僕より一回り以上若い友達もいる。一回り以上若い秘書にも相談にのってもらった。相談した友達・秘書、全員が「信じられない」と絶句し、身を乗り出して私の話に耳を傾けてくれた。そして色んな意見や助言をもらった。コーチ役にもなってくれた。それには本当に感謝している。この場を借りて改めて御礼を申し上げます。本当にありがとう。あなたたちがいなければ私の心は折れていました。今回の傷を負ったことによって得たものは、僕にも真の友、大切にすべき友がいると神が教えてくれたことだ。

●そうやって、世の中には自分が理解に努めても理解できない人がいることを知った。とんでもない人がいることも知った。平然と嘘をつく人、上辺だけでモノをいう人、罪悪感のない人、責任感がない人、良心を持たない人、相手の気持ちを考えられない人、刹那的・短絡的にしか物事を考えらえない人・・・、そんな人が世の中には沢山いる。我々は「人間はみんな同じ」「人間はみんな平等」という教育を受けてきたけど、それは大きな誤解であり、「人間はみんな違うものだ」「差があることが当たり前なんだ」という教育をすべきなのだ。

●平然と嘘をつく人は、何か重いものを抱えているのかもしれないし、何かを守ろうとしているのかもしれないが、自分で嘘をついて人を騙しているという意識がないのだろう。しかし、嘘をついたことを隠すために、また嘘をつく、ということを繰り返すのではないか。そうやって自分だけの世界が築かれていく。周りの誰もが理解しがたい世界。それは人を傷付け、自分も苦しむことになる。人を怒らせ、自分も悲しむことになる。人を遠ざけ、自分も失うことになる。結果として哀れな末路を辿ることになる。それでも当人はその原因を死ぬまで気付かないのだ。周りからは狂気にしか見えない人を、普通の人間が理解することなどできないし、理解しようと努めると自分が身を滅ぼすリスクがある。そういうことも友が教えてくれた。

●いつも年末のこの時期になると、人生の5ヵ年計画を立てるのだが、どうも今年はそんな気分になれない。5年先どころか、1年先も見えない。明日も見えない。今日生きていけばそれでいいと思ってきた。ホントはそれじゃダメなんだろうけど。来年はどんな年にしたいのか、とよく聞かれる。フェラーリ以外に物欲は何もない。新たな仕事をするつもりもない。新たな出会いも求めていない。傷付きながら川を登っていくより、川の流れに身を任せて流れ落ちていき、いずれ大海に辿り着ければいいか、そんな気になってきている。年を取ると目が霞んでくるようだ。先が見えない。来年はハズキルーペを買おうか。

独り言はこれくらいにしておきます。
本年もこんなB面ブログをご覧頂き感謝申し上げます。

leave for vacation

VAC


先日より南の国でぼんやり過ごしています。

この一年、色んな事があり過ぎました。
ちょっと疲れました。
しばらく、ぼ〜〜っとします。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


トキオ

東京出張


東京のマンションを引き払って5年。
ホテル暮らしが続いています。
おそらく年内の東京ホテル生活は今日が最後。
来週からしばらく休暇に入ろうと思います。

写真は、バルコニー付きのホテルから撮った丸ノ内。
いつも通っている街ですが、ビルの高さがそろっていることを初めて知りました。
地上を歩いていると分からないけど、見上げると違う景色が見えることもありますね。
PCから離れて、空を見上げる余裕を持って生きていきたいものだ。

オカン

高校生の時に両親が離婚してから、母親とほとんど会っていません。同じくらい妹とも会っていません。昨日、数年ぶりに妹から電話がかかってきたので、心臓が止まりそうになりました。母親が営んでいる飲食店が「明日閉店する」との連絡でした。地主の都合により。

もう20年くらい営んできたのでしょうか。こんなに長いこと飲食店を続けるなんてすごいことです。母親も70歳。後は年金で暮らしていくとか。このブログを読んでるかどうか分かりませんが、お疲れ様。ゆっくり休んでください。たまには孫の顔でも見に来たら? 僕が日本にいるうちに。
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 2/22(金)@東京
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード