公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

わたくしごと

師を偲ぶ

私が師と仰いでいる人が2人のうちの1人、池田教授が今年4月に逝去された。家族葬で執り行われ、コロナで弔問もできないままだった。ようやく色々な状況が落ち着き、昨日、滋賀県にある池田教授のご自宅へ伺うことができた。

15年ものお付き合いをさせて頂いたが、ご自宅への訪問も、ご家族に会うことも初めてだった。奥様と娘さんと少しお話しすることができた。ガンが進行し危うい状況になっていたが、痛いとも、しんどいとも一切言わず、仕事への復帰を意気込んでいたという。「(仕事ができなくなったことは)無念だったと思います」と奥様。

「仕事のことは家で一切喋らない人なので、外でどのような仕事をしていたのか全く分からず・・・」と奥様も娘さんもおっしゃるので、池田教授がこれまでどれほど多くの経営者に影響を与え、そして、私の人生にどれほどの影響を与えたか、というようなことを簡単にお伝えした。池田教授には感謝しかない、ということも。驚かれていたが、喜んでおられたと思う。職人は家族の前では多くは語らないのだろう。容易に想像できる。

ご自宅のワークスペースも見せて頂いた。亡くなってからも一切触っていないというデスクの上には、読みかけの書籍が積み上がり、ペンケースはファスナーが開いたままだった。本棚には思想、哲学、歴史関連の本が多かった。松岡正剛の本も大量に収められていた。私がそういう本を読むキッカケを与えてくれたのも池田教授だったと思う。

「ノートもご自由に、ご覧下さい」と言って頂いたので、初めて教授の知的生産の過程を覗かせて頂いた。壮絶な知的編集の跡が残ったノートだった。大量の書籍・雑誌の切り貼り、付箋、スケッチ、落書き・・・それを編みながら、自分なりの解を求めていることを楽しんでいるような、そんなノートだった。

池田教授が残したもの、池田教授から学んだものは、これから私が世の中に広めていく、ということを奥様に約束し、ご自宅を後にした。この日の出来事は一生忘れない。

-----


天狼院書店_京都


池田教授との出会いが私の人生を変えたことは間違いない。自分の無知を知り、未知の分野の本も大量に読むようになった。

池田教授のご自宅の帰りに、どうしても寄りたい場所があり、京都四条に行った。「人生を変える書店」を自ら名乗る「天狼院書店」へ。未知の世界との出会いを求めに。

何冊かの本を買った。



祇園


書店のある祇園はガラガラだった。
外国人観光客も舞妓さんもいない。
まだ閉まっている店も多かった。

-----


鴨川_川床

夜は、鴨川沿いの川床で「偲ぶ会」が開かれた。
これまで池田教授が残してきたものを、どのようなカタチで社会に残し、世の中に広めていこうかという話になった。具体的にはこれから知恵を絞らなければならないが、私にその役割の一翼を担うことができるのであれば幸せなことだ。

最後に、池田教授の秘書から、オフィスに残っていたという教授のノート、資料などを頂いた。まさか、池田教授のノートを頂けるとは思ってもいなかった。これは嬉しすぎる贈り物。形見として大切にしたい。


LDSS_note


行を終えたら、行を捨てる。

昨日は2020年6月30日だったので、瀧本哲史先生の『2020年6月30日にまたここで会おう』を読み返した。瀧本先生のことは書籍でしか知らないのだが、文面から熱意や気迫が伝わってくる。こういう先生を若くして喪ったのは惜しいことだ。

前も書いたが、今抱えているプロジェクト(コンサル案件)が6月末ですべて終わる(終わった)。独立してから15年間、常に複数のコンサル案件を抱えて走っていた。いままで一度も仕事が途切れなかったことも奇跡だと思うが、15年間増収を続けられたことも奇跡だと思う。

多いときは10案件くらい並行して進めていたと思う。スタッフゼロで上場企業のコンサルを10案件も同時並行で走らせるということは、もう体力的にも精神的にも不可能。だから昨年から長期契約の新規受注を抑え、いったん案件をゼロにすることを考えていた。そして昨日、ようやくすべて満了となった。

我ながらよくやったと思う。
自分で自分を称賛したい。

15年、そこそこ全力で走り続けたと思う。水の流れに打たれてきたので、身体中の鱗が傷ついている。しばらく、抗わず、川の流れに身を委ね、流れ落ちていこうと思う。行を終えたら、行を捨てる。コンサルタントに戻ることはないかもしれないし(理由は以前書いたとおり)、公認会計士の仕事を続けるかどうかも分からないが、瀧本先生のように多くの人に影響を与えられる人間になりたいと思う。


-----

 お知らせです。

第5回 YouTube Live やります!

7月3日(金)20:00〜20:45頃(@黒字社長塾チャンネルにて)

今回のテーマは、リクエストのあった「知的生産術」について。「インプット編」「スループット編」「アウトプット編」の3回に分けてお送りします(多分)。今回は「インプット編」について。

大量の情報を収集し、そこから自分の考えを練り上げ、自分の解を発信していくにはどうすればいいのか。何やかんやでブログ歴20年になった私が、日々どういう生活をしているのかもお伝えします。

このテーマに関する質問、要望などがあれば、コメント欄か武田公認会計士事務所HP掲載の問い合わせ用メールアドレス宛にご連絡下さい。

黒字社長塾チャンネルに「チャンネル登録」をし、「通知」の設定して頂くと、Liveのリマインドが届きます。



youtube live

師と私

先日開催したYouTube Liveの振り返りでもしたいところだが、我が師 池田教授との15年を振り返っておきたい。といっても、15年全てを書き出すと書籍になる程の分量になるので、まずは1点のみ。

-----

年に数回は、京都烏丸の池田教授のオフィスに通っていた。2010年頃、教授がボソっと、こんなことを言ったことがある。

●科学には3つある。社会科学、自然科学、人文科学の3つだ。
●人類の英知の「あるべき姿」を問うのが社会科学、「ありのままの姿」を記すのが自然科学、「ありたい姿」を描くのが人文科学といえる。
●その3つの科学に1本の『串刺』を指したしところに『哲学』という4つ目の領域が浮き上がってくるのではないか


これを聞いて、私は池田教授にリクエストをした。

●この3つの科学に『横串』を指してみたい。
●知を横断したところの『知の交差点』のようなものも見たい。
●さらに、その英知を『知のMAP』として描きたい。
●池田教授がスケッチする『知のMAP』を定期的に見る機会を作って欲しい。


私のリクエストを教授は快諾してくれた。ここから『知のMAP』プロジェクトは開始し、この10年間、MAP作りを続けていった。この10年で教授が作ったパワポは1000枚を超えるだろう。

1枚目のパワポがこれである。

知のMAP


このパワポに載っている約80個のハニカムを1つ1つ取り出して、深掘りし、それをまた戻し、全体を鳥瞰し、部分と全体の関係を知り、横串を指し・・・ということを10年間やってきた。この数年は、このハニカムから脱線したことも学んできた。

そうやって、我々は諸学を横断し、知を旅していた。無知が未知になり、未知が既知になっていくことは、快感であった。しかしまた、知を旅すればするほど、無知を思い知らさせることにもなる。それでも人は何かを求めて旅を続ける。知識は無知がもたらす偏見から解き放ってくれるものであるが、知識もまた偏見であることを知ることになる。

そうやって、永遠に未完の『知のMAP』はカタチを変えながら、『哲学』という4つ目の領域に串を指す挑戦を続けていった。

-----

いま読み返すと恥ずかしいのだが、2011年に上梓した「公認会計士の仕事」という本に、『知のMAP』に触れている箇所がある。

私の使命を具体的にいえば、「この世の中に溢れすぎている会計情報を整理し、体系化して、編集したうえで、わかりやすく伝えること」だと思っています。2万人いる会計士の中で、私にしかできないことは何か、私に与えられた「使命」は何かと考えると、こう導けます。

やさしいものをむずかしく伝えることは簡単ですが、むずかしいものをやさしく伝えることは容易ではありません。私は「会計は経営のツール」だと思っていますので、経営者の役に立つものでなければならないと考えていますが、会計は経営者にはわかりづらいものです。

もう少し範囲を広げて、ファイナンスも税務や企業法務、人事労務も、経営から遠く離れた場所の学問になっています。私は、これらの学問を机上の空論にしてしまってはならないと思っているのです。少なくとも会計と経営はつなぎたい。それができたら社会科学全般と経営をつなぎたいと思っています。

ただ、経営者に対する情報を提供するには、これだけでは不十分だと思っています。たとえば、尊敬できる経営者を何人か思い浮かべてください。尊敬できる経営者は、必ず宗教観や道徳観の持った方ですよね。尊敬できる経営者はみな、渋沢栄一翁の「右手に論語、左手に算盤」ではないですが、社会科学的な要素と、人文科学的な要素のバランスが取れていると思うのです。そう考えると、人文科学と経営もつなぎたいと思っています。

さらにいえば、自然科学と経営もつなぎたいですし、もっといえば、社会科学と人文科学と自然科学を串刺しして、「知のMAP」を作りたいと思っています。

もちろん、それは公認会計士というよりも編集者です。編集したものを、より多くの経営者に伝えていきたいと思っています。そこまでやろうと思ったら一生かかると思いますが、生涯かけてでもやりたいと決心しています
(※ 一部編集した)

モロに池田教授から影響を受けて書いた原稿である。「編集者」という肩書を意識したのもこの頃である(これは松岡正剛の影響も大きい)。

知を編集し、伝えていく。これからも私の使命に変わりはない。

数年前、池田教授から、「武田さん、俺が死んだら、後は頼むよ」と笑いながら言われたことがある。訃報を聞いてから、この言葉が離れない。半分冗談で言ったのだと思うが、私は師からそう言われたから、師の後継者になることを夢の一つとしてモレスキンに書き留めたのだ。師が残してくれたものを継承し、何らかのカタチで社会に残していくことも、私に課せられた使命なのだろう。挑戦し続けることが師への恩返しになるはずである。モレスキンに書いた夢をまた一つ実現させるために、これからも旅を続けようと思う。

訃報

LDSS_池田


以前も書いたが、私が師と仰いでいる人が2人いる。

このうちの1人は、私に「知」の土台を教えてくれた。

その師が、今日、永眠した。

数ヶ月前に大腸がんが見付かり、病気療養中だった。手術自体は成功したのだが、その後の抗がん剤治療により全てを奪い取られたのかもしれない。秘書の方から度々連絡を頂いていたが、「あと10日も持たないかも」と連絡をもらった翌日に永眠された。

-----

私の書籍を読んでくれた方や、私のセミナー(SBM)を出てくれた方はご存知の方が多いと思うが、「ビジネスシナリオMAP」というA4サイズ1枚でビジネスのドメイン(方向性)を明確化することができる究極のシートがある。これを考案されたのが、この師である(師から許可を頂き、書籍とセミナーで使用させて頂いた)。

「知」を図式化(図解)させたら、この方の右に出る者はいない。 これまで3000枚に及ぶシートを頂いたが、1枚1枚のシートが芸術であり、それらのシートが私の思考領域、思考法、発想法、鳥瞰力、編集力など、あらゆる能力を高めてくれた。師との出会いは、間違いなく私の人生を変えた。私を「天才」にしてくれたと思う。それくらい人生において影響を受けた人であった。本の読み方、ノートの取り方、生き様、すべてが異次元に思える人だったし、カッコ良かった。

師が亡くなっても、私の心の中では、師が憧れの存在であることには変わらない。

私のモレスキンに「夢」を50個書いたリストを貼り付けている。
そのうちの一つが、師の後継者になることだった。
直接引き継ぐ事ができないことは残念であり、無念である。

私はこれからも師を目指し、自分なりの「知のMAP」を作っていくだろう。

-----

池田教授、
これまで15年以上にわたり、本当にお世話になりました。
教授から頂いた西田幾多郎や本居宣長などの数々の書籍を形見とし、教授を超えることを目標に知を磨き、知を旅して参ります。そして、教授のメソッドを継承していきます。出会えたこと、指導して頂いたこと、一緒に学べたこと、生きる楽しさを教えて頂いたこと、全てに心から感謝申し上げます。「知のバケモノ」と15年も共に過ごせたことは、私の人生においてかけがえのない時間でした。

まだ現実を受け入れることができませんが、書きながら涙が溢れてきました。

安らかにお眠り下さい。

人生は劇的にしか変わらない

めじろ


この1週間のダウや日経平均の下落は、おそらく歴史に刻まれるだろう。ピンチはチャンス。こういう時こと、虎視眈々とチャンスを狙わなければならない。

プライベート面においても、この1週間は、私の人生の歴史に刻まれることになると思う出来事が続いた。これまで数年間、虎視眈々と狙っていたものが、この1週間で一気にやってきた感じがする。こういう時に、チャンスの女神の前髪を掴めるかどうかで人生は変わる。

今日で2月が終了。年初に書いたとおり、あと1年10ヶ月で人生のポートフォリオを変える。


(※ 写真は通りすがりにスマホで撮影したもの。本文とは何ら関係ない。)


10年前の決算早期化セミナー

BIRDLAND


10年位前に某上場企業の経理部長F氏と飲みに行ったことがある。私の決算早期化セミナーを受講して頂いた方。結局、その会社とは契約には至らなかったが、それはよくあること。上場企業の経理部長とサシで飲めるだけでも貴重なこと。

先日、その10年前に飲みに行った店の前をたまたま通ることがあった。「Fさん、元気にしてんのかな〜?」と思ったら、その直後にFさんからメールが届いた。そんな事があるんか!?。メールも10年ぶりかもしれない。恐るべし引き寄せ力。

ようやく本格的に決算早期化を進めることになり、私のことを思い出して連絡してみた、とメールに書いてくれていた。どんなセミナーでも何事も一生懸命やるもんだなぁ。どこでどう繋がるか分からない。

で、約10年ぶりに飲みに行った。

のっけから趣味が似過ぎで笑い過ぎた。週末の過ごし方も同じだわ、読んでる本も同じだわ、「サウナー」だわ、そんな事があるんか!? そんなこんなで今日もワインが進み、ボトルを空けた。ピノノワールのアテが『独ソ戦』になるとは…。人生は想定不能。だから面白い。






ホームランバッターを目指さない

野村監督


野村克也さんが亡くなったというニュースは、それなりにショックだった(2020/2/11 虚血性心不全により死亡)。野球が好きなので、日曜深夜の「ボヤキ解説」を結構楽しみにしてたのだが、もう聞けないのか。寂しいなぁ。

「ボヤキ解説」は、単なるボヤキ、単なる野球解説ではない。以前、「長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか」というエントリーをしたことがある。活躍中の福岡ソフトバンクホークスの若手の選手に対して、「長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか」「首位打者を目指すのか、ホームラン王を目指すのか」とボヤいていたが、単なるボヤキとは思えなかった。生き方・考え方を教えてくれたと思う。人生においても、長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのかを、事を為す前に見極めるべきなのだ(難しいと思うけど)。私はホームランバッターを目指さない。

野村克也さんのプロ野球人生1年目の成績は、11打数0安打5三振。シーズンの終了後には解雇を通告されている。拝み倒して撤回してもらったらしい。その人が戦後初の三冠王になり、名監督になった。

今この一瞬を切り取ったバランスシートで判断してもその人の価値は分からない。将来キャッシュ・フローを見積り、割引計算しなければ。

新庄剛志さんの追悼文からも、それはよく分かる。

宇宙人の名付け親 
新庄お前はファンに愛されるカッコつけて野球をやればええんや 選手に自由に野球をやりなさいって指導したのはお前だけや お前は悔しいくらい可愛いな(>_<)最高の言葉有り難うございました 実は野球の指導を1回しか受けた事がないその一回はボールをしっかり芯でとらえなさいただそれだけでした  お前は何番だったら野球を真剣にやってくれるんだ?そりゃ4番ですよ〜次の日から僕を4番に起用し、その年プロ野球人生最高の成績をあげメジャーに行けた
ベルサーチいいですよって教えたらずっとベルサーチを着続けてくれた カツノリの性格の良さはプロ野球選手の中でトップお父さんお母さんのおかげ 俺が死んだ後今度は俺が監督ノムさんが選手で二刀流をさせるその時はキャッチャー新庄
野村克也という人間に野球人生の終了は1%も無い 俺がそっちに行ったら叩き起こすんでそれまでゆっくり寝ててください(>_<) 本当に笑顔で有り難うございました(^^)また会う日まで野村克也監督。
([出処]新庄剛志さんのinstagramより抜粋)

ご冥福をお祈りします。

(※ 画像はネットから拝借した)

かつての仕事仲間と再会

CPA


トキオ2日目。
今日は公認会計士の友達とランチ。

私は(IFRS導入支援の仕事を除いて)1人で仕事をしているが、数年前まではチームで仕事をしていた。その時の仕事仲間と青山のオシャレなレストランで久しぶりの再会。一緒に仕事をしていたのは9年前だというから、時が経つのが早いと改めて思う。そりゃ私の髪も白くなるわ。

彼は、かつて決算早期化支援も手伝ってもらったことがあるので、私の書籍に載っていることを一通り手を動かして実践してくれた数少ない公認会計士。私の経理に対する理念や使命みたいなのも理解してくれているし、今でも想いを共有できるのは嬉しい限り。

そんな彼が、上場企業の経理責任者として内部からメスを入れる仕事をしてきた経験も持っているので、話の一つ一つが参考になった。「監査法人のクライアントへの事業内容や事業モデルへの理解が低すぎる」、「監査の品質よりもサービスレベルが低い」という趣旨の話は深く共感できる。監査法人は、座学の研修時間を増やすより、監査人にリッツ・カールトンやディズニーランドで本物のサービス、本当のサービスを体感させるべきだと私は思う。独立性云々の前に商売人たれ。

今日会った彼も、昨夜会った平松ゼミの後輩も、「『知のMAP』に興味がある」と言ってくれたのは驚いた。2人とも私のブログを昔から読んでくれているらしく、私が「知のMAPを描きたい」と書いたことを記憶してくれていたらしい。「知のMAP」プロジェクトは今でも継続中。終わりなき旅。「知」の全体像をMAPとして1枚のパワーポイントにまとめ、社会に残りたい。完成するのにあと何十年かかるか分からんが、この世に生まれてきた限りは社会に足跡を残しておきたい。その足跡は会計としてのそれではなく、「知のMAP」だと思っている。

食事中に、彼がポロっと、「僕の中での幸せの定義は『ストレスゼロ』の状態にあることなんですよ」といったヒトコトが余韻に残る。幸せの定義は人それぞれだが、『ストレス』を抱えている状態は幸せとはいえないと私も思う。自分が自分らしく、ストレスゼロで打ち込めるものって何だろうか。仕事をしなくていいなら何をするだろうか。彼はサポーターとしてサッカーの応援をすることだという。私は旅をすることだと答えた。旅をしながら、本を読み、ノートに向き合い、知のMAPを編んでいく。それだけに没入できたら幸せだろうなと、つくづく思った。一度しかない人生、ひとつのモノを完成させるということに時間を割きたいものだ。

初笑

secretary

2020年、初めてのアポイント。

秘書とランチ。

今年初めて人と喋った。

2020年の予定などを共有。今年もサポートをお願いします。

2020年年頭所感

Starbucks


今日から仕事始めの方が多いようで、いつも行くジムもスタバもガラガラだった。
朝からジムで筋トレ・サウナ、スタバで仕事。いつもと何ら変わらない1日。

ネットを見ると、上場企業の社長や、監査法人のトップなどが年頭所感を公表している。そういえば、私も昨年の始めに「2019年に向けて」というエントリーをした。書いたことの多くは実現しているので、こうやって書くことに意味はあるのだが、今年(2020年)はこれといって大きな目標のようなものは設定していない(中長期的な目標は設定しているが)。

強いて言えば、体脂肪率をもう一度7%台に戻すことかな。太るとあらゆる面で調子が悪い。

目標ではないが、心がけたいことは、ストレスのない生活をすること。
ストレスになることはやらない。
ストレスを感じることを避ける。
ストレスを感じる人から逃げる。

何にも縛られず、何にも執着せず、自分が犠牲になることはせず、幸せに生きることを優先する。

そのためには、収入、時間、人間関係のポートフォリオを変えなければならない。2年かけて変えていくつもりなので、今年はそのための準備、種まき、勉強の1年としたい。

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ