公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

わたくしごと

10年ぶりの再会

昨日、ひょんなことから高校時代の陸上部の友達2人と飲みに行きました。大親友ですが10年ぶり位に再会しました。2人とも大学卒業後に大手メーカーに勤務し、長期間海外に赴任し、帰国したばかり。昔のこと、今のこと、将来のこと、仕事のこと、家族のこと等々、積もり積もった話が途切れることなく、あっという間に4〜5時間が経ちました。若い時に一緒に過ごした友達と話す時間は本当に楽しいものです。久しぶりに夢中になって話をしたような気がします。

飲んだ後にラーメン屋に行ったのは何年ぶりでしょうか。一瞬だけでも、学生時代に戻ったような、ホントに楽しい1日でした。

My dream came true

221384


私が愛用しているモレスキンには50個ほどの『夢リスト』を書いていますが、今日、そのうちの1つが叶いました。

正直、今年の年初には叶うとは思っていなかった『夢』が、この数カ月で一気にカタチになりました。人生は何が起こるか予測不能です。しかし、圧倒的な行動をすれば、書いたことは叶います(書かないことは忘れます)。

今日の日を迎えるにあたり、前日の夜まで多くの方が支えてくれました。ただただ感謝致します。

夜はいつものpubにてクールダウン。
ハイネケンのグラスの中身は、私の大好きな六甲ビール。

Reborn

昨年末に「2017年から新しい働き方に変えます」というエントリーをしました。一種の宣言でもありました。そして、今年1月末で、宣言通り、これまでの仕事(コンサル1.0)をすべて手離し、「今日で一つの区切り。」というエントリーをしました。2月1日以降は、コンサル2.0へ完全にSHIFTしました。

それと同時に、自分の長年の夢の実現に向けて、虎視眈々と準備を進めていました。準備には1年以上かかると思っていましたが、今月中に新しい会社(といっても1人会社)を作り、来月には新しいビジネスがスタートします。年内に最低でももう1社(これも1人会社)を作る予定です。

独立して12年になりますが、ようやく自分が本当にやりたいことがカタチになりました。随分と遠回りしました。この間に、傷付いたり、辛酸を舐めさせられたりしたという話は以前も書いた通りです。ただ、遠回りしたから、自分が本当にやりたいことが見え、カタチになっていったのかもしれません。

6月から生まれ変わります。

バンコクにいます 〜Day 3

central embassy

バンコクで会計事務所を経営するビジネスパートナーに教えてもらったニュースポットがこの写真の本屋さん。食事ができて、お酒が飲める、めっちゃオシャレな本屋さんで、入った瞬間に惚れました。本が好きな方は絶対に気に入ると思います。バンコクのPhloen Chit駅(プローンチット駅)直結のCentral Embassy(セントラルエンバシー)6階です。


カオサンロード

打ち合わせの前に立ち寄ったのがKhao San Rd.(カオサン通り)。ここは何度来ても面白い場所。「バックパッカーの聖地」と言われています。私もバンコクに行くときは、仕事でもバックパックなので、フツーに同化していると思います。Khao San Rd.は美味しい料理屋も多いです。今日は午前中に行ったので空いてましたが、いつも通り、白人の観光客ばっかりでした。

Khao San Rd.を歩くと、こういう訳分からん銅像がやたらと並んでます。
カオサンロード

カオサンロード

カオサンロード


夜は念願の屋台へ。
店員さんがNo.1の人気メニューだというSea Bass(スズキ)を揚げたやつ。調理時間は正味2〜3分だったけど、これがめちゃくちゃ美味い! Sea Bassの他にも、色々頼んで、ビール飲んで、2人で500バーツでお釣りがきました。2人で約1,500円也。最高です。

sea bass



では、これから深夜便で帰国します。



バンコクにいます 〜Day 2

The Siam

バンコク2日目は別のホテルへ移動。
2日目も、以前から泊まってみたかったホテル ”THE SIAM” へ。

Casa BRUTUS(2017/5月号)の『世界のベストリゾート』特集で紹介されていました。

タクシーの運転手も「それどこ?」ってくらいに不便な場所にありますが、このホテルは、私がこれまでの人生で泊った数々のホテルの中で”最高のホテル”と言っても良いくらいの素晴らしいホスピタリティでした。

なお、ホテルに泊まってから知りましたが、このホテルの前のチャオプラヤー川からボートが出ており、無料でSaphan Taksin駅の近くまで送迎してくれます。これに乗ればめっちゃ便利です。


The Siam

今日の午後は予定が空いていたので、プールへ。
貸切状態でしたので、遠慮なく泳ぎまくりました。


The Siam

ホテルからプールに向かう、この道がなんかとても良い感じ。


The Siam

部屋もめちゃくちゃでかい。一人じゃ寂しすぎるくらい。天井も高すぎ。

ジムもあり、シアターもあり、ライブラリもあり、施設も充実。
仕事も読書もはかどりました。
1週間くらい過ごしたいホテルですが、残念ながら明日帰国です。

(上2つの写真はネットから拝借)

バンコクにいます 〜Day 1

マンダリンオリエンタルバンコク

13ヵ月ぶりのバンコク。

今回は、以前から一番泊まりたいホテルだったMandarin Oriental Bangkokに宿泊。

チャオプラヤー川沿いにあるTerraceのCafe(上の写真、ネットから拝借)は何度か利用したことがありましたが、宿泊は初めて。以前、何かの雑誌で、HIS澤田会長が、最もオススメしたいホテルに、このMandarin Oriental Bangkokを挙げていたような記憶があります。世界中を旅してきた澤田会長がオススメするホテルだけあって、何もかもが満足です。橘玲さんの小説『タックスヘイブン』にも登場するホテル。


マンダリンオリエンタルバンコク

チャオプラヤー側の対岸には、ペニンシュラや高層レジデンスが見えます(上の写真)。ここだけを見ると、バンコクにいることを忘れます。


マンダリンオリエンタルバンコク

夕方にwelcome cocktail party のようなものに招待してもらい、無料でワインやら食事やら、たらふく頂きましたので、結局今日の食事はこれだけ。楽しみにしていたローカルフードは明日にお預け。


高校野球を観に行ってきました

第89回選抜高等学校野球大会


今日はOFF。
高校野球観戦は何年ぶりでしょうか。十年ぶり、二十年ぶりかもしれません。
3連休の中日であり、春のセンバツの初日であり、天気も良く、甲子園球場はほぼ満席でした。人が多過ぎてビールが飲めませんでしたが、甲子園名物のジャンボ焼鳥は食べました。満足満足。

金沢にいます

兼六園


金曜日から金沢にいます。

今回は、寺町→にし茶屋町→香林坊→尾山神社→金沢城→兼六園→近江町市場辺りをぶらぶら。短時間でめちゃくちゃ歩きました。兼六園は何度行っても癒されます。最高の庭園です。



こんな本を買いました。
日本にも素晴らしい場所はたくさんありますね。







先日、「アメトーーク」で友近さんが「月2〜3回はひとり旅をしている」と言ってました。いいですね〜。私も、旅、読書、運動の時間は確保するようにしたいと思います。

(写真は兼六園。今日は人が多くて、良い写真が撮れませんでした。。)

人生はさっぱり分からない

友達はそれほど多くない。社会人になったばかりの頃は無差別に人脈を広げていったけど、今は時間管理を優先したい。それでも、出会うべきタイミングで、出会うべき人に出会う。

一緒に仕事をしている公認会計士は2人しかいません。そのうちの一人はTという会計士。学生時代から20年の付き合い。当時はそれほど仲良くなかったけど、10年位前から一緒に仕事をするようになりました。なんで一緒になったのかと記憶を遡っていくと、Kという会計士の存在があります。ある日突然、K氏から「紹介したい人がいる」と電話がありました。指定された六本木のレストランに行くと、Mという会計士がいました。一度食事をしただけなのに、M氏から抱えきれないくらいの仕事を振ってもらい、一気に年収が3倍になりました。人手も足りず、その時に手伝ってくれたのがT会計士。それからずっと、何かあれば手伝ってくれている。一緒に仕事をするようになってから、彼も無類の旅行好き、読書好きであることが分かり、プライベートでも交流を深めていき、今に至る。会う度に、旅行の話と、読んだ本の話が尽きない。知見を広めてくれる数少ない友達。

K会計士があの時、なぜ私に電話をくれたのかさっぱり分からないし、突然の呼び出しにも関わらず、なぜ六本木まで出て行ったのかもさっぱり分からない。でも、これがきっかけで、スティーブ・ジョブズがいう"connecting the dots"(点と点の繋がり)が生まれたのだ。

昨日書いた、”出会うべきタイミングで出会った人”との最初の出会いは5年前になりますが、なんで会いに行ったのかさっぱり分からない。何かに取り付けられたかのようにその人を探して会いに行った。その時に落とした「点」が5年後に「線」となって繋がった。たまたまかもしれないが、この4、5年の間に、点と点が繋がると信じ、それに向かって努力してきたからだと思う。

点がなければ線は書けないけど、点が幾つかあれば線になる可能性はある。仮に今やっていることに意味がないことだと思っていても、いずれはどこかでつながって実を結ぶかもしれない。一日一日、何か足跡を残していくことが、長い歳月の中で新たな歴史となるのではないかと思います。

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
(繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点を繋ぎ合わせることなどできない。できるのは、後から繋ぎ合わせることだけだ。だから将来、点と点が何らかの形で繋がると信じるしかない。)
(スティーブ・ジョブズ、2005年 米スタンフォード大卒業式講演より)

区切りの翌日

昨日書いたとおり、昨日をもって人生の「区切り」をつけた。何かを手放すことに不安がないわけではない。でも長年の経験から、何かを手放さないと新しいものはつかめない。手放す勇気と行動力がなければ人生は変わらない。

まさか手放した翌日に、こんなことが起こるとは想像だにしなかった、ということが起こった。出会うべきタイミングで、出会うべき人と出会うものだ。4、5年前にモレスキンに書いた「夢」が今日実現した。そして、新しいビジネスを始める決断をした。準備に1年くらいかかるかもしれないけど、私にとっては今日が人生の転機となったことは間違いない。



思考は現実化する〈上〉
ナポレオン・ヒル
きこ書房
2014-04-10



セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 (7月28日(金) @東京)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■日本経営協会主催主催
 (8月29日(火) @大阪)
  近日募集開始


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ