公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

経理のはなし

■window dressing

3月期決算の多くが、今日か、来週月曜日(6月1日)に法人税等の申告をすると思います。


私の事務所には、未上場企業の経営支援のような依頼もあります。
未上場企業には、経理業務や決算業務において、上場企業とは質の異なる重大な問題を抱えていることが多いです。


例えば、
1.月次決算をやってない
2.本決算は、決算日後2か月を経過しないと締まらない。
3.決算書の見方(=押さえるべきポイント)が分からない。
4.資金繰り表がない。
5.顧問税理士を過信している。

など。


よって、5月末になって初めて3月決算を見たという社長さんも多いはずです。しかも、昨年の5月以来、約1年ぶりに自社の決算を見たという社長さんが多いはずです。
ここに、未上場企業の最大の問題点があるといえます。


そんなことをいうと、こういう社長がおられます。
「ウチは、顧問税理士に任せているから大丈夫だ!」


しかしですね・・・
顧問税理士に決算を丸投げしているから、会社は問題だらけなんですよ。


中には、日常的にちゃんと指導して、決算も迅速に行う税理士もいるでしょうけど、ほとんどは申告期限ぎりぎりに決算書を持ってくるはずです。果たして、3月期の決算書を5月末に入手して、何か意味がありますか? 既に今期、2か月が経過しているんです。”too old” なんです。しかも、入手した決算書から何を感じましたか? 法人税の申告書から何を読み取りましたか? それをもって、次期以降どういう戦略を立てるのですか? 今後の資金繰りはどうされるのでしょうか? 


つまり、決算書なんて、自社の業績把握にも経営戦略立案にも何ら役に立ってないのが実情です。
納税と銀行のために、決算書を税理士に作ってもらっているだけで、経営には活かされていません。


そりゃ、まともな経営はできません。


銀行には良いところを見せたい、でも税金は払いたくない、というトレード・オフの間で、あるべき着地点に向けて顧問税理士に対し粉飾を指示する。顧問税理士がそれに応える。
そうやって毎年毎年整形手術をするうちに、自分の真の姿が分からなくなっている。そういう会社も非常に多いです。


この本、本文とは関係ないですが、税理士でありながらこの手の本を上梓する勇気と使命感に、差しでがましいですが賛意を称したいと思います。

テキトー税理士が会社を潰すテキトー税理士が会社を潰す
著者:山下 明宏
販売元:幻冬舎メディアコンサルティング
発売日:2009-01
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

■究極のコスト削減法

会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営 (朝日新書)会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営 (朝日新書)
著者:酒巻 久
販売元:朝日新聞出版
発売日:2009-01-13
クチコミを見る



キャノン子会社のキャノン電子の酒巻久社長による新刊書。

キャノンの取締役から、赤字だったキャノン電子の社長に就任し、徹底したコスト削減により、7年間で売上高1.3倍、経常利益は12.8倍、利益率は9.5倍にした凄腕社長による高収益体質への改善策集ともいうべき『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』 (祥伝社黄金文庫)の続編的内容。



『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』は、多くのデータに基づき合理的に社内のムダを排除していき、結果として高収益体質を実現させることを提案する素晴らしい本です。

たとえば、
・会議室から椅子をなくして「立ち会議」にしたら、会議時間が75%短縮できた、とか
・工場を立ち作業に変えたら、一人当たり生産性が3.9倍になった、とか
・キャノン電子で一番優秀と評判の社員が勤務時間の9割をパソコンで遊んでいた、とか
・平均するとパソコンに向かっている時間の3〜4割は仕事をしていない、とか
・30代がもっともパソコンで遊んでいる、とか…

売上が伸び悩む中、コスト削減が急務の会社は、この『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』を読んでみてください。



で、今回の『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』は、徹底したムダの削減により高収益化だけでなく、環境負荷の低減社員のモラル向上、といった一石三鳥の効果があるんだ! というところまで踏み込んで書かれています。

オフィスで発生するゴミの多くは紙類ですが、オフィスから回収されるオフィス古紙の量は1人あたり年48キロにもなるようですね。
では、これだけの紙を作るのには立木がどれだけ必要なのか。

答えは1.4本

従業員が1000人いる会社であれば、年間1400本分を消費していることになるのです!


そこで、キャノン電子では、不要な印刷・コピーを厳禁し、両面コピー・集約コピー、使用済みコピー用紙の裏面使用を徹底。会議の際は、プロジェクターを使い紙の文書や資料の持ち込みを禁止し、文書保存は電子化。
これにより、ムダに木を伐採しなくて済んだだけでなく、事務用品費が89%も削減できたと。額にして数千万円ですから、バカになりません。


これはほんの一部の施策ですが、このようなムダの削減により社員のモラルも高まってくるんですね。
印象的なのが、会社の工場の食堂で食中毒が発生した時の話。
食堂が1週間閉鎖になってしまい、仕方がないので1日3食分の弁当を社員にタダで提供したようです。その時に、ある女性社員が全部の弁当の輪ゴムを回収しに回ったそうです。結果、工場において1年間で消費する輪ゴム7000本を1週間で回収したそうです。
7000本の輪ゴムなんて買っても1万円もしないもの。でも「捨てたらもったいない。使える」と思い、労を厭わず回収したというから、何とも尊いことではないですか。



環境経営と企業利益はトレード・オフの関係にあるように思われていますが、これについて酒巻社長は真っ向から否定し、一石三鳥の効果を数字で見せてくれています。
コスト削減、コスト削減といいながら、なかなか本気で取り組めないもの。そんな経営者の方は特に『椅子とパソコン〜』と共に一読の価値ありです!




▼こちらもお薦め
酒巻社長の講演CD/DVD


▼こちらも読んで欲しい!
椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる! (祥伝社黄金文庫 さ 13-1)椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる! (祥伝社黄金文庫 さ 13-1)
著者:酒巻 久
販売元:祥伝社
発売日:2007-12-12
クチコミを見る



▼コスト削減といえば、こちらもお薦め!

日本電産永守イズムの挑戦 (日経ビジネス人文庫 ブルー に 1-32)日本電産永守イズムの挑戦 (日経ビジネス人文庫 ブルー に 1-32)
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2008-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る





余談ですが、同じ朝日新書から以前こういう本が出てましたね。
コピー用紙の裏は使うな!―コスト削減の真実 (朝日新書 37) (朝日新書)コピー用紙の裏は使うな!―コスト削減の真実 (朝日新書 37) (朝日新書)
著者:村井 哲之
販売元:朝日新聞社
発売日:2007-03-13
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


■平成21年度税制改正大綱を公表 自民党

本日、平成21年度税制改正大綱が公表されました。

平成21年度税制改正大綱・予算重要政策

解説は来週以降「CFOのための最新情報」に掲載します。

■超高利の貸付は返済すべきなの?

著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕された音楽プロデューサー小室哲哉氏が、某上場企業から月利5%(年利60%)という超高金利で融資を受けていたと報じられております。
今回の逮捕は、山口弁護士もおっしゃっている通り、同社の「企業コンプライアンス面で看過しえない問題も浮上してくる可能性」がありそうです。

さて、超高利融資を受けた場合、それを返済する義務はあるのでしょうか?
近年の判例では、貸付行為そのものが違法行為であるため、違法行為を行っておきながら「カネ返せ!」とは言えない、としています。つまり。超高利融資を受けても借りたカネは返す義務はない。
月利5%が“超高利融資”に当たるのかどうかは分かりませんが、少なくとも利息制限法を超える金利分については元本に充当し、残金を減らしてもらうことはできるようですし、過剰に支払った場合は返還してもらうこともできるようです。


【参考】利息制限法で制限されている利率
(金銭を目的とする消費賃借上の利息の契約)

・元本10万円未満…20%
・元本10万円以上、100万円未満…18%
・元本100万円以上…15%

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ