公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

経営のはなし

『なんとなく』、『たまたま』 という話

今年に入ってから、不思議なくらい多くの問い合わせを頂いてます。
『たまたま』 だと思いますが、上場企業、上場準備企業、中小企業、起業したばかりの個人事業主まで幅広く。独立直後にひょんなご縁で知り合った方から突然ご指名頂いたりも。

黒字社長塾を初めてから中小企業の支援も多くさせて頂いてます。飲食店とか、病院とか、工務店とか、町工場とか・・・、上場企業さんとは全く異なる業種・業態のお客様もおられます。

そのようなクライアントの社長さんに、『技術への過剰なこだわりはやめた方がいい』というアドバイスをすることがあります。例えば、飲食店オーナーであれば食材などに過剰にこだわりすぎたり、病院オーナーであれば医療器具に過剰にこだわりすぎたり、という傾向があります。小さな会社の職人気質のオーナーであれば仕方ありません。

しかし、その技術へのこだわりが利益率を悪化させたり、資金繰りを苦しめたりする場合があります。

技術へこだわりたい気持ちは十分に分かりますが、その技術を理解しているお客様がいったいどれだけいるとのかという話です。

普段通っているレストランの食材がいつもより少し良くなったとか、歯科の機械がいつもより良くなったとか、そんなことは大半の人が気付きません。

こんなことを職人気質のオーナーにいうとプライドを傷付けることになるかもしれませんが、お客様があなたを選ぶ理由は、『なんとなく』じゃないのか。例えば、店に入った時の雰囲気がなんとなく良かったとか、店員の接客がなんとなく感じ良かったとか。リピーターになってくれるかどうかは、その『なんとなく』が最大の理由なのではないかと思います。

最近、ビジネスホテルの予約が取りづらいし、値上がりが半端ないので、開き直って高級ホテルに泊まってますが、高級ホテルが高級ホテルたる所以はハードウェアの素晴らしさではありません。ハードウェアが素晴らしくても、サービスが三流であれば、所詮三流ホテルですし、私はそういうホテルにリピートすることはありません。でも、仮にハードウェアがイマイチだとしても、ほんの些細なおもてなしの心があるだけで、超一流ホテルだという印象を受けますし、私はそういうホテルをリピートします。私はホテル業界には詳しくないので、超一流か三流かの判断は主観ですし、『なんとなく』 です。でも、『なんとなく』でリピートするホテルを選んでいることは事実です。

今から10年位前のこと、リッツ・カールトンの元日本支社長の高野登さんの講演を聞く機会があったのですが、その際に、リッツ・カールトンが大切にしているのは1人1人のお客様との『情緒的な繋がり』だ、というようなことをおっしゃられていました。先日、京都のリッツ・カールトンに宿泊した時、(ホテルではなく)敷地に入った直後に、「おかえりなさいませ、武田様」と言われた時は感動しました。どこぞのホテルで、玄関のボーイが過去の宿泊客の名前を覚えてるでしょうか。しかも私みたいな人間の。

私も、技術へのこだわりが強い社長さんには、(技術の向上はもちろん大切ですが)お客様との『情緒的な繋がり』を大切にしてください、と言うことがあります。飲食店オーナーには、挨拶する時は料理の手を止めてお客様の目を見て挨拶して下さいとか、病院オーナーには、治療後に御礼状を出して下さいとか・・・、こういう些細なことを習慣化して1人1人のお客様と『情緒的な繋がり』を持つことが技術の向上よりも大切だと思っています。

『たまたま』のご縁で出会った方でも、『情緒的な繋がり』を持ち、『なんとなく』の安心感や感じの良さを与えることができれば、リピーターになってくれたり、指名してくれたりするんじゃないかと思います。


【関連記事】
2015/11/13 商売の基本

大気圏を越えたら無重力

続き


3ヶ月に及ぶ『新規事業創出塾』が終了して10日が経ちました。



『新規事業創出塾』の最終日の講義の最後の最後に、

「大気圏を超えたら無重力」

という話をしました。



私の家の数軒隣に、私とほぼ同じ年で、6億円の豪邸を建て、スーパーカー5台を保有する人がいます。年収は軽く億を越えてます。その方と初めて会った時に言われて突き刺さったのが、「大気圏を越えたら無重力」というコトバ。

大気圏を越えるまでは何万馬力というエンジンが必要でだけれども、大気圏を越えてしまったら無重力になれる。年収が億を超えたあたりから、無重力感を味わうことができる。そんな話でした。



『新規事業創出塾』を受講した方は、講義を聴き終わった瞬間はものすごくテンションが上がっていました。しかし、ここで一気に高いところまで行かなければ、しばらくするとまた元の位置に戻って、日常に流されてしまう可能性があります。

そうやって、上がっては元に戻り、上がっては元に戻り・・・、ということを繰り返す人が多い。

『新規事業創出塾』を受講した方には、そうなってほしくないのです。

だから、「大気圏を突き抜けろ!」というメッセージを最後に送りました。



一部の受講生は、既に『新規事業創出塾』でまとめ上げた事業計画を実行に移しています。受講生どおし、飲みに行ったり、連絡を取り合ったりしながら事業を作っている人もいるようです。私も何名かの受講生と飲みに行きましたが、私が数年前に「大気圏を越えたら無重力」というコトバと聞いて人生が変わったように、受講生の中にもこのコトバでマグマが溢れ出している人がいるようです。嬉しい限りです。

是非とも大気圏を超えるまで一気に突き抜けて欲しいと思います。


外部環境の変化に対応する努力と、自らの価値を高める努力

訳あって会社を1つ作ったのですが、登記が完了するや、来るわ来るわダイレクトメールの山。

『新設法人リスト』と検索してもらえれば分かりますが、新設法人名簿は売買されてます。オフィス家具・文具通販業者や会計事務所にとっては『新設法人リスト』は宝の山です。

今回、大量に届いたDMも、半分以上が会計事務所からのものでした。

一応、マーケティングの勉強のためにも全てのDMに目を通しましたが、会計事務所からのDMは驚愕でした。想像以上に価格破壊が進んでいる上に、圧倒的な安さ以外に目立った価値提供がないという印象。月額顧問料が980円とか、決算報酬無料とか、そういう破壊的な文字が踊るDMばかり。噂には聞いていましたが、身近な所にもそういう事務所がワンサカあることに愕然としました。気になってその事務所のサイトをチェックしてみましたが、フリーミアムモデルを採っているわけでもなさそうです。謎です。

数年前、会計事務所の所長さんの集まりみたいなところで、「会計事務所のブルー・オーシャン戦略」のようなテーマでの講演を頼まれて話をしたことを思い出しました。士業であっても、士業以外の経営者であっても、競争のない世界を創り出す努力は必要だと思います。それは、外部環境の変化に対応する努力と、自らの価値を高める努力。



異業種から学べ

続きの続き


『新規事業創出塾』を開催し、何名かの受講者と個別指導をしながら感じたことがあります。



それは、

『オリジナリティに溢れすぎ』

ということ。



言い換えれば、

『他社の成功事例を見てなさすぎ』

ということ。



新規事業を立ち上げるには、
 ●類似事業があるか
 ●類似事業は成功しているのか
 ●成功事例は何をもって成功したのか

ということを徹底的に分析して、成功事例についてはパクらなければなりません。



『パクる』というとネガティブな受け止め方をされる方がいるかもしれません。



私が言いたいのは、徳に反してでも成功しろということではなく、

『異業種から学べ』

ということです。



完全なオリジナルのビジネスモデルなんて殆どありません。
成功しているビジネスモデルの多くは異業種からの移植です。
自分が立ち上げようとしている新規事業についても、異業種のビジネスモデルを移植できるかを考えるべきですし、これが成功するための最短距離です。



成功事例のビジネスモデル
成功事例の値決めの方法
成功事例のマーケティング手法
成功事例のサイトの作り方  ・・・・・・

などは徹底的に分析すべきです。



こういったものは、アンテナを張っていれば、書籍、新聞、雑誌、テレビなどから情報はいくらでも入ってくるはずです。



吉越浩一郎さん(元トリンプ社長)は、

『TTP(徹底的にパクる)』

ということを信条とされて、19期連続の増収増益を達成したことは有名な話です。



私のビジネスモデルも、マーケティング手法も、神田昌典さんの書籍のパクリだという話は何度も書いたとおり。ベストセラーになった書籍に載っている手法なのに、会計士業界に同じことをやっている人はいません。聞いた話では、私のことを「新しいタイプの会計士」と形容してくれている方がいるようですが、何も新しいことはありません。異業種では10年前からやっていることです。

オリジナルが成功することはなく、成功がオリジナルと認知されるのだと思います。


もちろん、他社(他人)の著作権・商標権などの権利をパクるのは法律違反ですし、そういうことをやって成功することなんてないでしょう。徳の欠片もないことをやって事業の存続すら危ぶまれる状況に追い込まれた会社は枚挙に暇がありません。

『徳は事業の基なり』(菜根譚)
『天網恢恢疎にして漏らさず』(老子)
です。

一切の妥協なし

リッツ


今回も泊まりました。

チェックインする前の、建物の敷地に入った瞬間から、
『おかえりなさいませ』
のお出迎え。

チェックアウトした後は、敷地から見えなくなるまで
お見送り。

その間も一切の妥協なし。

最高のホスピタリティ。

こんなの、リッツかメイド喫茶くらいだろう。



スタッフは多くが20代と思われる。

どう考えてもマニュアル通りに動いているわけじゃない。



自分の頭で考えて動いているから、細部に目がとどく。

自分の頭で考えて動いているから、ちょっとした間が分かる。

自分の頭で考えて動いているから、粋に振る舞える。



コンサルティング業もサービス業。

こういうところは見習わなければならない。




モチベーションを維持する方法

昨日の続きです。


昨日の記事の内容に関して、
ある社長さんから、『モチベーションをどうやって維持したら良いのか?』という質問を受けました。

生活者・消費者・見込客に『認知』してもらう方法を15個も20個も書き出すことが出来ても、仕事をしていると些細な事に流されてしまう。

年初に高い志をもって高い目標を掲げたが、何日かすると掲げた目標を忘却してしまう。

そうやって、目の前のことに追われ、気が付けば、いつもと同じ状況から脱却することができない。

そういうお悩みです。



モチベーションというのは、維持しようと思って出来るもんじゃないと思います。

『人生における優先順位付け』

をやらなければならないと思います。

『優先順位付け』を行ってから行動しないと、どうでもいいことに流されてしまいます。

『優先順位付け』を行い、「緊急事項」より「重要事項」にフォーカスを当てなければなりません。



ですから、社長さんは

『タイムマネジメント能力(時間管理能力)』

は絶対に磨かなければなりません。

タイムマネジメントに関しては、『7つの習慣』の「第3の習慣」を読んで下さい。
地球上で、この本を超える成功哲学本はないと思います。




私がコンサルティングの仕事は1日2時間しかやらないと公言しているのは、逆にいえば、1日2時間(週5日✕1日2時間=週10時間)は『クライアントとの約束と果たす』ということにフォーカスしているということです。

売上が上がらないと悩んでいる社長さんは、1週間にどれだけセールス活動、マーケティング活動にフォーカスしているのでしょうか。週10時間以上の時間を割いているという社長さんはほぼ皆無だと思います。



ですから、話は戻りますが、
モチベーションを維持するためには、
優先順位付けをして、
そこだけを意識して、


今すぐやれ!


習慣化するまでやれ!



ということになります。





ご参考になれば。



7つの習慣 オーディオブック付き
スティーブン・R・コヴィー
キングベアー出版
2015-08-07

しつこさと 切なさと 心強さと ♪

昨日の続きとして、備忘録。


ビジネスモデルの構築(再構築)にあたって、
 (1)顧客の定義
 (2)商品・サービスの価値
 (3)価値の提供方法

の3つの要素は最低でも決定しなければなりません(詳細は拙著参照)。

昨日の『新規事業創出塾』でも感じましたが、(1)顧客の定義(2)商品・サービスの価値 は非常に難しい。ここは、(1)を定義しながら、(2)の価値を考えたり、(2)を考えながら、(1)を再定義したりということを何度も何度も繰り返していくことによって、イメージがカタチになると思います。

それができれば、その価値を、どうやって顧客に伝えていくのかという(3)価値の提供方法を考えなければなりません。

あなたの会社の商品・サービスを買わなきゃならないわけ(=商品・サービスの価値)を、
生活者・消費者・見込客にどうやって伝えていくのか

ということです。

□ 直接営業して伝えるのか、
□ チラシをまくのか
□ 広告を出稿するのか
□ ブログを書くのか
□ メルマガを配信するのか

方法は何十、何百とあります。
それをすべて書き出さなければなりません。

昨日の『新規事業創出塾』では、「最低15個」は書き出すことを課題にしました。

これが書き出せたら、ビジネスモデルは80%完成。

これを100%にするために時間を割くことも大切ですが、
「80対20の法則」の通り、最後の20%に、時間・気力の80%が必要です。

ですから、

価値の提供方法を15個も書き出せたらなら、何をすべきかと言うと


今すぐやれ!



15個すべてを、今すぐやれ。



昨日の『新規事業創出塾』でも言いました。

ビジネスモデルを構築するのに燃え尽きたかもしれませんけど、

  みなさんの会社の事業が『認知』されない限り、

      売上は1円も上がりませんから。





じゃぁ、どうやって『認知』してもらえるのか。

弾を撃ちまくるしかない。

価値の提供方法が100個あれば、100個すべてをやれ。

ビジネスモデルが決まったら、100発でも1000発でも10000発でも、弾を撃ちまくれ。

時間がない、カネがない、自信がない、とは社長であるかぎり絶対に口にするな。
自分で出来ないなら出来る人間を探せ。

弾を1発も撃ってないのに、あれこれと準備ばかりしている中小企業の社長が多すぎる。
弾を1発撃って、当たらなかったからといって、直ぐに諦める中小企業の社長が多すぎる。

私だって、「武田雄治」を認知してもらうために、この10年間、しつこいくらいに弾を撃ち込んできたから、ようやく世間に『認知』してもらえるようになってきた。武田雄治を知らない人が、武田雄治に決算早期化を依頼することも、IFRS導入を依頼することもない。

どれだけ撃ち込んでも命中しないこともある。
ただただ切ない時もある。
でも、それを乗り越える心強さが必要。



ですから、

事業立ち上げで大切なことは、正しいビジネスモデルの構築

ですが、

もっと大切なことは、アクション。

という話です。



PCの前に座っている限り、
会社は変わらない。

PCの前に座っている限り、
人生は変わらない。

おにぎらず

相変わらず安いビジネスホテルが取りづらい。
特に木曜日が取れません。

なので、この前と同じ某シティホテルにいます。

実はあの話、続きがありまして、ルームサービスのメニューにない「おにぎり」を食べた後、25時位に寝ようと思ったら、上のフロアから有り得ない位の騒音が響き、フロントに電話したんです。すると、フロアマネージャーの方が部屋まで来てくれ、とても真摯な対応をしてくれたのです(詳細は省きますが)。

翌朝もとても気持ち良い対応をしてくれました。

期待を超える感動でした。

私にとって、京都リッツ、京都ハイアット、沖縄ブセナが日本のベスト3のホテルだったのですが、ベスト2に昇格したかもしれません。

ということで、今回も宿泊させて頂きました。
今回もルームサービスを頼みました。あえて「おにぎり」を頼むことも考えましたが、「おにぎり」という気分でもなかったので、メニューにあるものを。



話は変わりますが、2011年の東日本大震災の直後に、中小企業こそ救わなければならないと思い、『黒字社長塾』を立ち上げましたが、これを機に、中小企業の社長さんと話をする機会が激増しました。経理部の方とは違う悩みを抱えていらっしゃいます。売上向上、資金繰り改善といった相談はもちろん多いのですが、結構多いのは人材育成、人材教育の相談です。

その分野は専門外ですので、あまりいい加減なことはいえません。真面目に思っていることを述べますが、社員を1日リッツに宿泊させれば良いと思っています。特にサービス関連のビジネスをされている会社であれば尚更。

そこで、20時間くらい過ごし、好きなことをするのです。食事もホテルの中のレストランでとり、スパも利用し、ルームサービスも利用し、フロントに色々とワガママを言ってみる(もちろん良識の範囲内で)。その時に、自分たちと歳の変わらないスタッフがどのような対応をするのか、どれほど感動を与えらえるのか、真のサービス、ホスピタリティとは何なのか、ということを体感してもらえば良いと思っています。泊まり込みの外部研修に参加するより安いもんです。



私は、以前リッツに泊まった時のことは一生忘れないと思います。
一人で朝食をとり、レストランを後にした時、20代くらいの若い着物を着た従業員の女性が私の背後にさり気なく近づいてきました。

「武田さま?」



名前を教えていないのに、彼女は私の名前を呼びました。

驚いて、私は後ろを振り向きます。

すると若い着物の女性が、深々とお辞儀をしているのです。

私は彼女をじっと見つめました。

彼女は、ゆーっくりと視線を上げました。

そして、少し間をおいて、微笑み、私に言いました。



「本日も素敵な一日をお過ごし下さいませ。」



しばらく時間が止まった感覚でした。

誰かにやらされて出来るサービスではありません。
彼女の心からの感謝の気持ちの表れだと感じました。

部屋に戻る途中、こみ上げてくるものを押さえました。



この時、思ったのです。
これが真のサービスだ、と。

裏を返せば、
サービスで失敗する原因のすべては愛と感謝の欠如だ、と。

私にとっても、最大級の学びとなった出来事です。



社員をサーフィンに行かせることも良いですが、
社員をリッツに行かるのも悪くないと思います。
何の保障もできませんけど。

資金繰りがヤバイ時に、社長は何をすべきか

黒字社長塾メールマガジンより)



月末に近くなると、黒字社長塾への相談が増えます。




『月末の資金繰りがヤバイんです・・・』 という相談が多いのです。



どうしたらいいのか。



シンプルにお応えします。



「収入」−「支出」=「収支」ですから、
資金繰り改善は、2つしかありません。


  (1)収入を増やす

 (2)支出を減らす




(1)収入を増やすためには、

   1.売上を上げる(もしくは売掛金を回収する)
   2.借入をする
   3.増資をする


という方法があります。



しかし、一般的に、『月末の資金繰りがヤバイ』 という会社は、どの方法も取り得ない状況かと思われます。



じゃぁ、どうするか。


支出を減らすしかありません。



(2)支出を減らすためには、以下の順序で進める必要があります。

  1.役員報酬の支払いを止める
  2.税金、社会保険料の支払いを止める
  3.借入金の返済を止める
  4.諸経費の支払いを止める
  5.仕入代金の支払いを止める
  6(最後の最後に)従業員の給与の支払いを止める





順序を誤らないようにしてください。



資金繰りが一時的に悪化することは、どこの会社でもあることです。何とかして乗り越える方法を考えなければなりません。



しかし、銀行借入ができなかったからといって、直ぐに仕入先への支払いを止めるようなことをすると、企業の存続すら危ぶまれる状況に陥る可能性があります(実際にそうやって取引停止となり事業継続ができなくなった企業は枚挙にいとまがありません)。



上の「1」から「6」の順序は覚えておいたうえで、自暴自棄にならずに、利害関係者の協力を仰ぐようにして下さい。


黒字社長塾






大切なこと

グリーン車の席の前に置いてある雑誌より。

商売の原体験
([出処]新幹線車内誌「ひととき」(2015/9月号)より)
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 (7月28日(金) @東京)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■日本経営協会主催主催
 (8月29日(火) @大阪)
  近日募集開始


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ