公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

経営のはなし

長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか。

日曜日の深夜のスポーツニュース『S1』の「ノムさんのボヤキ解説」を毎週見てしまいます。野球の見方が変わります。実に面白い。

先月28日(日)は、福岡ソフトバンクホークスの売り出し中の外野手上林誠知選手について、野村監督がこのようにボヤいていました。

どの道へ行くか。
長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか。
ハッキリ決めた方が良い。
首位打者を目指すのか、ホームラン王を目指すのか。
良いものをもっているのに、もったいない。

これを聞いた時は、思わず膝を叩きました。とても大事なことだと思います。この言葉を一言一句控えておきたくて、YouTubeで検索して、ノートに書き留めてました。



実は、中小企業向け・起業家向けセミナーや、中小企業向け・起業家向けのコンサルをする時に、これと似たようなことを言っているのです。

●(A)大きくて知名度のある会社を作りたいのか。
 (B)小さくてもキャッシュリッチな会社を作りたいのか。
●(A)孫正義、柳井正のような知名度と巨万の富を得たいのか。
 (B)無名でもいいから経済的に自由な生活がしたいのか。
●(A)私生活を犠牲にしてまで仕事に打ち込みたいのか。
 (B)私生活と仕事のバランスをとった幸せを手にしたいのか。

(A)が長距離打者、(B)が短距離打者といえると思います。

日本電産の永守重信社長は、数年前まで「元日の朝以外、年間364日仕事をしている」と公言していました。先日読んだ稲盛和夫さんの『考え方』という本には、若い頃は子供・家族と接する時間がなかったというようなことも書かれていました。あれ程の企業を作る経営者は、色々なものを犠牲にしているのです。

私も独立した時は(A)を目指して戦い、「24時間戦えますか」のリゲイン状態で仕事に没頭していました。しかし、ある時から(B)の生き方に軌道修正しました。あらゆるものを犠牲にしてまで仕事に打ち込むことより、バランスを取りながら自由な生活をしている方が幸せだと思ったからです。両方の道を歩んで思うのですが、目指すべきゴールが違えば、働き方・戦い方も変わります。今は1日2時間しか働いていないのは以前からこのブログでも述べている通りです。

中小企業の経営者さんも、起業家さんも、(A)を目指さなければならない、もしくは、(A)を目指すことが「経営」であると思っている方がいると思います。巷のビジネス書や、セミナーや、MBAの授業や、専門家の助言などの多くは(A)を目指す戦い方を述べているからだと思います。モデルケースになる会社は超大手上場企業で、どうやったら長距離打者になることができるかということが述べられています。(B)の道を薦める書物や専門家なんてほとんどありません。

しかし、プロ野球選手で長距離打者は少数派であるように、ビジネス界においても孫正義・柳井正のような経営者は稀有なわけです。99%が中小企業であり、上場企業は日本に約3600社しかありません。

上場企業(パブリックカンパニー)になって投資家などに対して経営責任・社会的責任を果たすためにプライベートを犠牲にしてでも仕事に人生を注ぎ込みたいというのであれば、それに向けて支援はします。しかし、好きなだけ報酬を取って、好きな家に住んで、好きなクルマに乗って、好きなだけ遊んでも誰にも文句を言われない自由な生活を謳歌したいというのであれば、上場を目指すべきではなく、小さくてもキャッシュリッチな会社(プライベートカンパニー、もしくはマイクロ法人)を作った方が良いと思います。上場企業で年収1億以上取っている経営者は一握りですが、プライベートカンパニーを作って年収1億円以上取っている経営者はゴロゴロいます。

どちらの道に進むかによって、経営戦略も財務戦略も組織設計も人事戦略も全部変わります。社長の(潜在的な)本心は短距離打者を目指したいと思っているのに、会社の理念・戦略は長距離打者を目指しているという会社が少なくないように思います。持っている経営資源を活かせていないという会社も多いように思います。

こういう会社をみると、ノムさんのようにボヤキたくなります。

良いものをもっているのに、もったいない。


だから、私はセミナーでいうのです。

「ホントは何がしたいのですか?」と。

軌道修正は1日でも早い方が良い、というのが私の考えです。







小さい会社がいつまでも小さい会社である理由。

小さい会社がいつまでも小さい会社である理由。

1.器 小さすぎ
「会社は社長の器以上には大きくならない」というのは真理だと思います。

2.取り巻きやばすぎ
取締役、監査役、顧問、相談役、税理士、弁護士、コンサル・・・社長の周りにいる人間が、会社の成長の足を引っ張っていることがあります。

3.数字見てなさすぎ
今朝の体重も見てない人が、ダイエットに成功するわけがありませんから。

4.脇 甘すぎ
契約書締結せずにビジネスを始めるとか、発注書締結せずに納品するとか、請求書もないのに支払うとか、必ずトラブるんです。で、貴重な時間・カネを失うんです。

5.人の話を聞かなさすぎ
要は、自己チュー。

6.勉強してなさすぎ
本読まなさすぎ。異業種から学ばなさすぎ。環境の変化を見てなさすぎ。

7.行動してなさすぎ
言い換えれば、言い訳しすぎ。時間がない。カネがない。自信がない。はいはい。

8.感謝なさずぎ。
失敗の原因は愛と感謝の欠如。


【関連記事】
2017/5/2 「PDCAサイクル」は、「C」からはじめる「CAPDサイクル」が重要だと思う
2016/1/6 しつこさと 切なさと 心強さと ♪
2015/11/13 商売の基本
2015/8/19 経営の原理原則

「PDCAサイクル」は、「C」からはじめる「CAPDサイクル」が重要だと思う


PDCAサイクル


経営活動において、Plan(計画)→Do(実行) →Check(評価)→Action(改善)を繰り返すことによって業務を継続的に改善することを「PDCAサイクル」といいます。

最近、やたらと「PDCAサイクル」という文字を書籍や記事で見かけます。「PDCAサイクル」をグルグルと回そうとか、「PDCAサイクル」を早く回そうとか、そういった内容のようです。

「P→D→C→A→P→D・・・・」と螺旋を描くようにサイクルを回していくことができれば、しかも、それを高速で回すことができれば、業務を改善できるはずです。

しかし、、、

私が「黒字社長塾」を始めてから、多くの中小企業を見てきましたが、そこで感じたことは「PDCAサイクル」を回している会社がめちゃくちゃ少ない! ということ。

非現実的なPlanを立てて終わっている会社、PlanなきDoに追われている会社、CheckもActionもない会社・・・、そんな会社がめちゃくちゃ多い。特に、中小企業で多いと感じるのが、Plan(計画立案)で満足して終わっている会社。経営計画を作り、中長期計画を作り、予算を作るけど、それらは過去の実績、問題点、改善点を反映させたものではなく、社長のマスターベーション、根拠なき熱狂の賜物に過ぎない。そのため、Planが非現実的であり、空想、幻想となっている。中長期計画、予算等が非現実的であり、空想、幻想となっていることから、具体的なDo(実行)のための戦略、戦術、アクションプラン等と紐ついていない。PlanとDoが断絶しているから、「経営」と「現場」が断絶する(もしくは、経営者が「現場」に介入する)。

私は、これが会社の成長を阻害している原因の一つだと思っていますし、成長企業と衰退企業の大きな違いの一つだと思ってます。

本来、Planningは、CheckやActionがあってこそ出来るものだと思います。つまり、Do(実行)したものを、キチンとCheck(評価)し、Check(評価)したものを、キチンとAction(改善)し、Action(改善)したものを、次のPlan(計画)に活かすという具合に。言い換えれば、Checkがあって、Actionがあってからの、Planをすべきだと思います。

ですから、「PDCAサイクル」は、本来は「C」からはじめる「CAPDサイクル」であるべきではないかと思っています。

では、Check(評価)はどうやってやるか。それは、「数字」です。正しい決算書を作成する。正しい財務分析をする。正しい業績評価をする。それをせずに、Action(改善)もPlan(計画)もできません。

マラソンのタイムを伸ばしたいなら、現状のタイムを知らなければなりません。ダイエットしたいなら、現状の体重を知らなければなりません。過去・現状を把握するから、問題点・改善点が分かるわけです。「数字のことは税理士に任せてるから、わしゃ知らん」という社長が少なくないことに驚かされますが、それ以上に、そういう社長がPlanningだけは一生懸命になっていることにも驚かされます。


「PDCAサイクル」は「C」から回す!

ってのが私の考えです。


気が付いたらお金が消えていたという話

『しくじり先生』というテレビ番組、面白いので時々見ます。

2月20日に放送された新庄剛志さんの『しくじり』は非常に面白かった。詳しい内容はこちらのブログに書かれているのでご覧頂ければと思いますが、簡単にいえば、44億円稼いだけど、気づいた時には預金残高が2200万円しか無かった・・・という絶望的なお話し。

ちょうど同じタイミングで、某社社長から不正調査の依頼がありました。話を聞くと、新庄選手と内容が全く同じでした。信頼してお金の管理をしてもらっていた人がいた、何年も通帳を見ていなかった、その人にお金を使い込まれた、気づいた時には会社の預金が無くなっていた、その人に逃げられた・・・と。

「なんで自分のお金や通帳を人に預けるんだ!」って思うのですが、中小企業の社長さんで自社の預金残高を知らない人って少なくないんですよね。「経理に任せているから」とか、「税理士に任せているから」などといって。でも、信頼したらダメだと思いますね。私は基本的に人を信頼してませんから、自分のお金を人に預けることはしませんし、契約書を交わさずに仕事をすることもありませんが、結構脇が甘いひとが多いです。黒字社長塾のクライアント様にも、売上10億円弱の会社なのに、経理部長に1億円抜かれていたことがありました。社長は数年間気がつかなかったのです。

新庄選手の話、TV番組としては面白いのですが、他山の石以て玉を攻むべしです。

カルロス・ゴーン氏の考える”リーダーの条件”とは何か ー「リーダーは周囲からリーダーだと認識されないとなれないもの」

今月もあと2日。カルロス・ゴーンさんの「私の履歴書」もあと2日。連載に最後に近づくにつれ、読者としてもテンションが上がってきます。

今日は『リーダーの条件』について。リーダー必読です。一部抜粋しておきます。

私が考えるリーダーの条件とは何か。1つは、結果を出せる人だ。トップはどんなに厳しい状況でも常に結果を出さなくてはならない。また、経営、組織の問題点をはっきりさせ、時には周囲が「右」と思っているところを「左」と言う必要がある。

日本人には簡単なことではないかもしれない。控えめなことを美徳と考える文化があるからだ。日産とルノーの「アライアンス・ボード・ミーティング」を初めて開いた時、会議でずっとしゃべっていたのはフランス人だった。日本人は静かに聞いていた。だから私はフランス人に「仲間の意見も聞こう」と言い、日本人には「もっと意見を言って」と促したものだった。意見を積極的に言い合うことは結果を出す上で重要だ

第2に、リーダーは人々とつながる能力を身につけないといけない。堅苦しい、冷たいなどの印象を持たれては話を聞いてもらえないし、部下たちの働く意欲も損なわれる。リーダーは「共感(empathy)」される能力を磨くべきだ

最後に、新しいことを常に学ぶ姿勢だ。ゼロエミッション(無公害)や自動運転、インターネットとつながる技術は進歩が著しい。自動車産業は今、転換期を迎えており、新しい技術や動きに精通し、行動していなければ、たとえどんなに結果を出すリーダーでも行き詰まる

そして、最後は以下のように締めくくっております。
生まれながらのリーダーなど存在しないと私は思うリーダーは周囲からリーダーだと認識されないと、なれないものだ。私も1999年に日本に来た時は懐疑的に見られていた。信頼を得たのは、従業員との対話を欠かさずともに結果を出し常に学び続けているからである

ノートに貼っておきました。

成功している人たちというのは、信じがたい努力をしてる

日本電産永守社長のインタビュー記事。

[週刊現代]日本電産・永守重信会長「ダメな経営者はすぐ分かる」

共感できることが多い記事です。

成功は、まず夢を見ることから始まると思っています。会社のトップが小さい目標を持つのはダメですよ。経営者の最大の仕事は、夢を形にすること。それができない経営者の下には、将来のある若者や人材は集まってきません。

若い経営者たちに言いたいのは、人は人を裏切ることがあるけど、努力は絶対にその人を裏切らないということです。私はいろんな方とお会いしてきましたが、結局、努力した人が最後まで勝ち残っています。一度成功したからといって六本木に飲みに行ったり、遊んだりしていたら、それはダメな経営者。それ以上の成功は望めません。

成功している人たちというのは、信じがたい努力をしています


【関連記事】
2016/4/5 成功者は努力を習慣化している。だから努力を努力と思わない。

経営の神様




今週の「週刊東洋経済」は松下幸之助特集。約50ページの大特集です。

松下幸之助は、私が最も尊敬する経営者の一人です。

特に真新しいことが書かれているわけではありませんが、経営者の方は手元に置いておいてよい一冊かと思います。

『戦後の歴史の中で完璧なリーダーは二人しかいないと思っている。
一人は読売ジャイアンツ監督として「V9」を達成した川上哲治さん。もう一人は幸之助さんだ。よいリーダーの条件として、圧倒的な実績と、人をうならせる理屈、そして人徳が必要だと思うが、二つ持っている人はひてもすべて備えているのは私の知るかぎり、この二人しかいない。』

(カルビー会長兼CEO 松本晃、P40〜)


【関連記事】
2016/4/28 世のため人のために何かを残す
2011/8/4 エピソードで読む松下幸之助

マイホームを購入するか、賃貸に住むか、という話。

資産運用の話の続きです。

もはや古典的な論点ですが、相談が多いものが、マイホームを「購入」するか、「賃貸」に住むかかという話。

都内で3LDKに住もうと思うと、「賃貸」なら月10万円以上必要になるけど、35年ローンを組んで「購入」すれば(購入金額や頭金にもよるけど)月10万円を下回る場合もあります。

だから、「購入の方が得だ!」と考える人が多い。

これは、目先の収支しか見ていないビンボー人の発想。

細かい話は省きますが、長い目でみたときの収支は「購入」と「賃貸」の間に違いはないはずです。

仮にそこを理解してもらったとしても、「賃貸」の場合、賃料を払い続けても手元に何も残らないけど、「購入」の場合、ローンの返済は「貯金」の一種で、完済すれば手元に不動産が残るから、「やっぱり購入の方が得だ!」と考える人も多い。

ビンボー人の、ビンボー人による、ビンボー人のための発想です。

ここでも細かい話は省きますが、マイホームの「購入」は、長年の夢かもしれませんし、幸せな家族の結晶かもしれませんし、”特別な何か”かもしれませんが、「不動産投資」に過ぎません。こういうことを言うと、詐欺まがいの投資用ワンルームマンション投資などをイメージされる方から、「自宅の購入は不動産投資とは違うんです!」と全力で否定されますが、感情面・心理面の違いを除き、経済合理性・使用価値といった点から一体何が違うというのでしょうか。自分が住むか、他人に貸すかと違いだけで、マイホームの「購入」は不動産投資そのものです。

マイホームを「購入」して益々ビンボーになっていく人は、マイホームがリスク商品であるということを考えたこともなかったのではないかと(つまり、目先の収支しか見ていなかったのではないかと)思います。だから、出口(EXIT)なんて考えたこともなかったのではないかと思います。商品の価値は、時間とともに劣化していき、築20年経つと上モノの価値はゼロ評価されることが多い我が国の特殊事情を鑑みれば、35年ローンをコツコツ返済した後に「手元に不動産が残った」といえるのか。そして、そもそも、あなたは35年後に築35年の家に住みたいのか、40年後に築40年の家に住みたいのか。

決して私はマイホームの「購入」を否定しているわけではありません。私もマイホームを「購入」した人間です。しかし、他の不動産と共に、自宅も不動産投資の一貫としてです。投資の鉄則は、できる限り安く買って、できる限り高く売ることです。今は購入の方が有利になるような税務面での優遇措置もありますから、その辺も活用すべきでしょう。金持ちがわざわざ借金してまでマンションを購入するのは、利息を支払う以上のリターンがあるからです。

この論点はどれだけ説明してもなかなか理解してもらえないので、これくらいにしておきます。

脱税は違法だが、節税は義務だという話

昨日の続き

お金を増やすためには「知識」(フィナンシャル・リテラシー)が必要だという話は昨日書いた通りです。まずは「原理」を掴むことが大切です。

その先に必要なことは「税務」の知識です。具体的には、税金を減らすための知識が必要です。これは会社経営でも、個人でも同じです。お金を増やすためには、税金を減らすための方法を勉強する必要があります。

「税金を減らす」なんていうと、道徳的に良くないことのように感じる方がいるかもしれません。しかし、脱税は違法ですが、節税は義務です。払うべき税金はきちんと納税すべきですが、(合法的に)守れるものは守らなければならないという話です。誰も無知を救ってくれません。

「税務」の知識習得のためには、昨日紹介した橘玲さんの本が一番良いと思います。

資産運用の話

経営者からも、個人からも、「資産運用」の相談をよーく受けます。

大学に行っても、社会に出ても、資産運用について教えてくれる人なんて殆どいません。だから、どうやってカネを使うか、どうやってカネを増やすか、どうやって富を得るか、といったことに関する「知識」がない人が余りにも多すぎるという印象があります。そこそこの収入があるのに、なんでそんなにビンボーなんだ、という人もいます。

人より100倍働いたら、100倍の富を得られるかというと、もちろんそんなことはない。
金持ち父さんと、貧乏父さんの差は、「知識」(フィナンシャル・リテラシー)の差だと思います。

自分で勉強するしかないと思いますが、とりあえずはこの3冊が王道です。相談を受けた場合も、まずこの3冊を熟読することを薦めています。ロバート・キヨサキ氏の本は、翻訳本であり、日本では使えないノウハウが多すぎるのですが、ここで書かれている「原理」を掴めれば十分です。








セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 (7月28日(金) @東京)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■日本経営協会主催主催
 (8月29日(火) @大阪)
  近日募集開始


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ