公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

経営のはなし

仕事から得られる喜び

昨日、久しぶりに真面目に経営の話を書いたら、経営者の読者の方から御礼の連絡を頂いた。タマには真面目な投稿もしてみるもんだ…。


昨日、社長は、従業員とコミュニケーション(対話)を通して、従業員をインボルブしていくことが大切だと書いた。では、何をインボルブするのか? そっちの方が大切かもしれない。

例えば、給与水準をちょっと上げたり、ストック・オプションを付与したり、福利厚生を充実させたり…といったことをやれば、優秀な人材が集まるかもしれないし、従業員をインボルブすることができるかもしれない。しかし、そのような金銭的インセンティブで人を集めても、そういう人は自社よりも良い条件の会社があれば直ぐに消えていくのではないだろうか。物で釣られて来た人は、物に釣られて消えていくと思う。

私は、働くにあたって最も大切なことは「その会社で働くことによって喜びが得られるかどうか」だと思っている。これに優るモチベーションがあるだろうか。そして、これは「会社のビジョン・ミッションに共感できるかどうか」と言い換えることもできるのではないだろうか。

私が就職活動・転職活動を行った際(約20年前の話だが)、就職先・転職先の決め手になったのは、その会社のビジョン・ミッションだった。特に監査法人から上場企業へ転職する際は、その上場企業トップの語る壮大な夢に共感し、給与や福利厚生の話を聞く前に、その社長の下で働くことを決めた。入社すると、社内やトイレの壁にその会社のビジョンやミッションがデカデカと書かれており、また、それが書かれた名刺大サイズの冊子を全社員が持ち歩いていた。この会社のビジョンやミッションを知らない社員は、この会社には一人もいなかった。それがこの会社の求心力となっていたことは間違いない。この会社に転職して、監査法人時代より給与は下がったが、この会社で働いたことは今でも誇りに思っているし、楽しかった。本当に良い会社だった。

以前、ソフトバンクグループで働く方と食事をしたことがあるが、その方が、「ウチの会社で、社長(孫正義氏)のいうことを疑っている人は一人もいないと思いますよ。みんな、社長の夢を叶えるために働いていますし、夢は叶うと信じていますよ」といってくれたことが、とても印象に残っている。卓越した業績を残し、永続して成長する企業は、経営トップの壮大な夢と人々を引き寄せるビジョンやミッションが強固な土台となっていると思う。

昨日紹介したソニーの平井一夫元社長兼CEOが、世界中を回ってタウンホールミーティングを実施して従業員に語りかけたのは、同社の「KANDO」(感動)というビジョン(経営方針)だった。「KANDO」と言われても、よく分からない。でも、そこには平井氏の想いが詰まっているし、ソニーの向かうべき方向性をひと言で表したコトバでもある。このビジョンを従業員に浸透させるために、平井氏は「世界を回る旅に出た」(著書P166)と言っている。このビジョンに人はインボルブされ、インボルブされたチームの一体感が「仕事から得られる喜び」になるんじゃないだろうか。

社長は、夢を語り、ビジョンを語る人でもなければならないと思う。


-----

ネットでバズっていた以下の記事、これこそが「仕事から得られる喜び」だと思う。ディズニーランドのキャストの笑顔の背景には、「私はディズニーランドが、幸福を感じてもらえる場所、大人も子供も、ともに生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出を作ってもらえるような場所であってほしいと願っています」というウォルト・ディズニーのビジョンを全キャストが理解しているからではないだろうか。


すてきな心
([出処]朝日新聞)

社長の仕事

3M

([出処]日経新聞(2021/9/6朝刊)より)

社長、かくあるべき。

私が最近紹介した『稲盛和夫、かく語りき』、『ソニー再生』、『ビジョナリー・カンパニーZERO』のいずれにも、従業員とのコミュニケーション(対話)がどれほど大切か書かれている。

ビジョン・ミッションが全ての従業員に浸透していたとしても、従業員が経営のことなど考えもせず、社長とは別のことを思っているということは往々にしてある。退社時間までどうやって仕事をしているフリをしようかとか、与えられた仕事をどうやって無難に乗り越えようかとか、いかに楽をして給与をもらおうかとか、そういうことを考えている従業員もいるだろう。利害が反する従業員をうまく巻き込んで、束ねて、社長と同じ方向に向けるかは至難の業であるが、これこそが社長の仕事であり、社長の力量である、ということを数多のビジネス書が教えてくれる。

4年連続赤字だったソニー(現 ソニーグループ)を再生させ、黒字に転換させた平井一夫元社長兼CEOは、社長兼CEOに就任していた6年間、世界中の拠点を回ってタウンホールミーティング(経営陣と従業員が直接対話できる集会)を70回以上開催したという。だいたい毎月1度は世界のどこかの町でタウンホールミーティングを開催していた計算になる。ソニーグループのような巨大企業であっても、社長自身が世界中の拠点を訪ね、従業員に語りかけ、従業員から質問を受け(プライベートなことも含め)、彼らの心に火を付けていったのだ。平井氏は、こうやって従業員とコミュニケーション(対話)をすることによって、社長は「雲の上の存在」ではなく、他の従業員と同じく、家族のために働くひとりの社員であること示し、チームワークを醸成し、従業員をインボルブしていった。

稲盛和夫氏は、「コンパ」と称して、従業員と飲みながら議論する場を設けていたことも有名な話である。

大切なことは、上のスリーエムジャパンの宮崎裕子社長がおっしゃるように、「1対1で話す機会をつくる」ということだと思う。それも、「口頭」で話す機会をつくるべきだと思う。最近は、社内のコミュニケーションをLINE、Messenger、チャットなどに依存している会社が増えてきた。社内では誰も喋っていないのに、笑い声だけが聞こえてくるという異様な雰囲気の会社もある。メールやLINEでのコミュニケーションも大切かもしれないが、それらのコミュニケーションだけでは感情までは伝わりづらい。しかも、LINEなどのコミュニケーションは、どうしても薄っぺらい言葉のやり取りとなる(だから、私はLINEなどのコミュニケーションは極力やらないというのは以前も書いたとおり)。かといって、メールで1度に数百文字、数千文字の文章を送ることも異常。

『ビジョナリー・カンパニーZERO』において、「残念ながら、多くの企業経営者はコミュニケーションが不得手だ。コミュニケーションができないのではない。しないのだ。」(P138)と書かれている箇所があるのだが、実際、その通りだよなぁ〜と思う。マネジメントの仕事の一環として、従業員との対話を通じてのインボルブは絶対に必要なことだと思う。宮崎社長のように「皆の思い込みを取り払うのも私の仕事」と言い切れる社長はすごいと思う。

人の上に立つというのは、恋しさとせつなさと心強さと、愛と感謝とEQが必要となる大変な仕事だと思う。

再会

にくらうす


朋有り遠方より来たる。
かつて一緒に仕事をしていた経営者の知人と久々に再会した。コロナの影響で経営が傾いてるとの噂だったが、まるで他人事のようだったので安心した。実際に影響は受けただろうが、抗っても仕方のない時は抗わないに限る。とはいえ、環境が元に戻ることはないと判断し、今まで築いてきたものを捨てて、新しいことをやっていく準備をしているという。こういう切り替えの速さはとても大切。意思決定と行動が遅い経営者が大成することはないと思う。スピードが他を凌駕する。何事も「秒」で動くべし。

-----

 またまたYouTube更新しました。

【公認会計士武田雄治の書籍紹介】の第4弾として

瀧本哲史著『2020年6月30日にまたここで会おう』

を公開しました。

東大での伝説の講義の講義録。

自分の頭で考えろ+意見をバラまけ!!

経営者も必読です。


・ご覧頂けた方は、「いいね」ボタンへのポチをお願いします!
チャンネル登録もお願いします!
・SNS等でのシェア・拡散歓迎です!


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
武田雄治の書籍紹介004

環境変化対応業という仕事

御堂筋


今年もあと200日。

久しぶりにオフィスの郵便受けを見たら、知らない弁護士から封書が届いていた。こういうのは心臓に悪いからやめてくれ〜。恐る恐る開封すると、7〜8年前のコンサル先の中小企業が破産手続に入るという内容だった。で、債権額を教えてくれ、と。知らんがな。

ヒトに貸したカネすら忘れてるのに、そんな昔の滞留債権の額など覚えているはずがない。

この企業は、全ての商品を中国で製造していた。コロナの影響で製造も止まり、中国への行き来も出来ず、完全に経営が止まったのだろうと推察される。

-----

私は常々、経営は(もしくは社長業は)「環境変化対応業」でなければならないと言っている。富士フイルムは生き延び、イーストマン・コダックが経営破綻したのは、写真フイルムの需要の減少期からデジタル化などへの変革を行った否かの対応力の違いであり、環境変化に対応できない会社はいずれ衰退することになる。

今日は、別のコンサル先の中小企業の社長さんが来社された。外部環境が変化する中で、これまでの常識を打ち破った新しいビジネスモデルを練り続けている。かれこれ数ヶ月、思考をこねくり回してきたが、ようやく「それオモロイかも!」というものがカタチになってきた。

「自らが」環境の変化に適応していくと生き残る。環境の変化に飲み込まれると衰退する。

-----

今日読んだ本によると、数十年後にはアジアは住めない国になるという。人生100年時代などと言われるが、100歳まで日本にいると多くの人が熱波で死ぬかもしれない(らしい)。コロナの影響よりも、この日本の暑さ(気温上昇)にどう適応していけばいいのだろうか。EXITを考える。後日、この本の書評を書こうと思う。


(※ 写真は、夜の御堂筋。ガラガラ過ぎて思わず撮ってしまった。本文とは何ら関係ない。)

コロナウイルスの影響で売上が下がり、キャッシュが減少し、会社がヤバイと焦る前に、経営者は何をすべきかという話 〜続き

前回の続きです)

今回も「ですます調」で。

「想定外」に備えて、手元資金を厚くしておきましょう

既にニュースになっていますが、新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の緊急対応策として、実質的に無利子・無担保で融資を受けられる新たな制度が本日(17日)から始まりました。日本政策金融公庫と沖縄振興開発金融公庫が取り扱っています。日本政策金融公庫のHPに詳細・必要書類等の情報が載っています。

最近1ヶ月の売上高が5%以上減少した中小企業やフリーランスを含む個人事業主を対象に、当初3年間は0.46%、3年経過後は1,36%(但し、3000万円超分は最初から1.36%)で融資を受けることができます(利率は本日時点)。その上で、売上高が15%(小規模事業者)、もしくは20%(中小企業者)減少するなどより厳しい経営状況の企業には、利子に当たる金額を当初3年間、国が補填してくれるという「特別利子補給制度」というものも併用できるため、実質的な無利子の融資を受けることが可能です(金額上限あり)。返済を最大5年間据え置くこともできるのです。

無利子・無担保で融資を受けることができる上に、返済を据え置くことができるということです。これはすごいことですよ。なんちゅーこっちゃです。

-----

私も、日本政策金融公庫の窓口行ってみました。人が殺到しているんじゃないかと思いましたが、驚くことに、空いてました(本日午後、大阪支店)。私のクライアントさんや友達等も本日窓口に行ったようですが、どこも空いていたようです。融資の必要がないのか、無知なのか、どちらなのでしょうか? 窓口にいくと、担当者が非常に丁寧に融資の制度を教えてくれました。


新型コロナウイルス感染症特別貸付

これと同じものはネットでも見ることができます。

「借入申込書」なども、その日にもらえます(これもネットからダウンロードできます)。

新型コロナウイルス感染症特別貸付

あとは必要書類を郵送するだけ。

後日、一度面談がありますが、問題なければ融資実行です。今申し込むと来月には融資実行できるようです。民間の金融機関で通常の融資を受けることに比べると、かなりハードルが低いです。実質無利子なので、既に同公庫や他行から融資を受けている方も借換を検討すべきでしょう。

各都道府県や他の金融機関でも、こういった融資を行うかもしれませんので、ググってみてください。

----

新型コロナウイルス感染症に関連して、融資制度だけでなく、各種助成金・補助金も設けられることが決まっています。これらも、申請すればもらえる可能性が高いものですが、当然ながら申請しなければもらえません。無知は貧乏の元、知恵は金持ちの元です。各種助成金等の情報は、私のもう一つのブログで紹介してますのでご参照ください。

コロナウイルスの影響で売上が下がり、キャッシュが減少し、会社がヤバイと焦る前に、経営者は何をすべきかという話

たまには真面目なことを書きます。今回は「ですます調」で。

コロナウイルス感染症の影響により、すでに日経平均など世界中の株価が歴史的な暴落をしてますが、ビジネスへの影響はこれからじわりじわりと来ます。旅行業や飲食店などは既に影響を受けていますが、コロナウイルスとは何ら関係のない業種や地域においても影響が出てくると思います。東日本大震災の時もそうでした。最悪の事態に備えることも経営者の務めです。

キャッシュが底を尽きると会社は潰れます。そのため、経営者はキャッシュの最大化を目指さなければなりません。キャッシュを最大化するためには何をすべきか、原理原則にかえって考えて下さい。冷静に、理詰めで、行動することです。経営者がパニックに陥ってはいけません。

-----

「収入」−「支出」=「収支」ですから、キャッシュを最大化するには(=資金繰りを改善するには)は、以下の2つの方法しかありません。
 (1)収入を増やす
 (2)支出を減らす


収入を増やすには、以下のような方法があります。
  1)売上を増やす(売掛金を回収する)
  2)借入をする
  3)換金する(資産の売却)
  4)増資する
  5)助成金・補助金を申請する


支出を減らす(というか、支払いを止める)には、以下のような方法があります。
  1)役員報酬の支払いを止める
  2)税金・社会保険料の支払いを止める
  3)借入金の返済を止める
  4)諸経費の支払いを止める
  5)仕入代金の支払いを止める
  6)(最後に)従業員給料の支払いを止める


今般のような状況において、売上を増やすことは困難です。今後の最悪の事態に備えるためには「2)借入をする」「5)助成金・補助金を申請する」ことを検討し、手元資金を厚くしておくことが望まれます(キャッシュが底を尽きてから動き出したのでは遅いです)。いま手元資金がある程度あるとしても、新規借入や既存借入の借換をしても良いと思います。既に国や都道府県が各種助成金・補助金を設けることを発表してますので、これらも該当するものは申請すべきです。こういったものはうまく活用しなければなりません(各種助成金等の情報は、私のもう一つのブログで紹介してます)。

それでも資金繰りがヤバくなったら、支出を減らす(=支払いを止める)必要があります。但し、支払いを止める順序を誤らないようにしてください。上の1)〜6)の順序で止めていくべきです。いきなり仕入代金を止めるようなことをすると、営業活動が継続できなくなるおそれがあります。

-----

経営をしていたら危機的状況に陥ることは何度もあることです。焦らず、パニックにならず、冷静に月次決算書(月次推移表)を分析し、キャッシュ・フローを確認し、どうすればキャッシュを最大化できるかを考えて下さい。策はあります。逆境で潰されるか、ピンチをチャンスにできるか、経営者の手腕が試されています。



私の本、絶版になっちゃったみたいですが、こういう時にこそ読んで欲しい本なんです。どこかの出版社が再販してくれて、バカ売れして、大ベストセラーになっちまった!なんてことはないかしら。。。ないね。。。


社長のための1年で会社を黒字にする方法
武田 雄治
日本実業出版社
2012-10-27

成功する人、成功しない人

コレド室町テラス


私よりも若い中小企業の社長から、「ビジネスで成功する人と、成功しない人の違いは何だと思いますか?」という質問を受けた。この社長は、父の逝去により家業を継ぐことになったが、会社は赤字。経営の経験もないし、会計の知識もない。「この1年は自己投資と割り切って、みっちり勉強し、会社を立て直す」と意気込んでいる方。

私は、「成功する人は、貢献の先に成功があることを知っている人」であり、「成功しない人は、に溺れている人」だと思う、と答えた。

独立して15年の間には色んなクライアントがあった。高級車を乗り回し、夜な夜なクラブやスナックで札をばら撒き、「近い将来、上場する!」と言いふらしていた社長がいた。しかし、足元は債務超過で、数億円の借入は全行リスケ。融資を受けるために粉飾決算も行われていた。「セールスとマーケティングを率先してやるべき」という私の提案を無視し続け、ネオン街を徘徊していた。そして、ある日、会社の玄関に弁護士の名前が書かれた破産手続開始の通知を貼り付けて、行方をくらませた。しばらく経った後、この社長が個人の破産手続中に財産を隠蔽し逮捕されたという記事を新聞で見た。新聞に書かれていた容疑者の住所は、自ら潰した会社から数百キロも離れた場所だった。この人は、最後の最後までお客様と接することを拒み、自分の利益しか考えずに、短絡的な快楽を追いかけていたと思う。私を雇ったのも、お客様のためではなく、自分の利益のためだったんだろう。私も良い勉強をさせてもらった。他山の石を以て玉を攻むべし。

会計士などの士業にもこういう人はいる。儲け話があるとすぐに飛び付く。それで講演したり、本を書いたりしている人もいる。しかし、こういう人は、別の儲け話があると、またそっちに飛び付くのだ。「結局あなたの専門は何なの?」と思う。仮に儲けていたとしても成功者とは思えない。

成功する人は、何らかのカタチで他者に貢献している人だと思う。貢献とは、自分を犠牲にすることではない。寄付行為でも、ボランティアでもない。(自分の利益ではなく)他者に利益をもたらすことが貢献だと思う(直接的であれ、間接的であれ)。

先日も紹介した岸見一郎氏の新刊書『哲学人生問答』に、この「貢献」について詳述されている。

・「他者貢献は回りまわって、結局のところ自分に戻ってくるものです」(P103)
・「そういう意味で他者貢献は自分のためでもあるのです」(同)
・「自分のことしか考えないエリートは、有害以外の何物でもない」(P104)
・「他者に合わせて、他者のために自分を犠牲にするという生き方をやめましょう」(P110)

そして、ありのまま自分で、普通の自分でいるだけで、他者に貢献しているのだ、と(P115)。

何をもって成功というのか、その定義は人それぞれだと思うが、巨万の富を築くことが成功だとは思わない。少なくともビジネスでの成功は、顧客の夢を実現したり、不を解消したりするような価値を提供し続けることであり、それを通して、感動を与えたり、ありがとうを集めたりすることではないだろうか。(岸見一郎氏がいうように)それが回りまわって、自分に戻ってくる。それが信頼になり、富になり、社会への足跡になるのだと思う。

だから、上の社長さんには、「本業を通した貢献こそが最大の社会貢献だと思う」ということも加えてお伝えした。松下幸之助翁もそんなことを言っていたと思う。私のもとには色んな儲け話が舞い込んでくるが、ほとんど興味がない。それをやってキャッシュが増える「かも」しれないが、増えたところで誰からも「ありがとう」と言ってもらえない。よく分からないものに投資するくらいなら、利回りのいい不動産や株式に投資している方がマシだと思う。上の社長さんも、まずは本業を通して既存客・見込客から「ありがとう」を集めることを考え抜いて欲しいと思う。


(※ 写真は、宿泊したホテルの近くにて。本文とは関係ない。)

編集思考 ―「観察する」「取材する」「価値を作る」「伝える」

これ、すごく良い記事。




知る人ぞ知る有名な編集者の記事。

新しい価値を生みだし、それを伝えていくための思考のプロセスを「編集思考」と名付け、それを「観察する」「取材する」「価値を作る」「伝える」の4つのプロセスに分けて説明してくれている。ヒット商品はこうやって生まれる。めちゃくちゃ参考になる。

冒頭にも書かれているように、この「編集思考」は、出版に限らず様々なビジネスに通じる考え方だと思う。TTP(徹底的にパクる)すべし。

一番長い期間サポートした会社

SNSを見てたら、非常に嬉しい投稿がありました。

「本日、株式会社〇〇は法人設立30周年の記念日を迎える事が出来ました!」という同社社長さんの投稿。この会社は、私の独立した2005年にコンサルティング契約をした中小企業です。独立したばかりの頃は、来るもの拒まず、中小企業の会計や経営コンサルティングも結構やっていました。

社長さんから「税理士に任せっきりで数字が何も分からない」、「税理士は年に1度しか決算の報告をしてこない。月次で決算をみたい」と依頼を受けました。月次決算をやるだけでなく、財務分析をし、毎月訪問して問題点を説明し、改善点・改善計画を立て、また翌月に月次決算の分析をする・・・ということ毎月毎月やっていきました。PDCAサイクルを毎月回していくような感じです。

契約受嘱時は資金繰りを圧迫するほどの多額の借金を抱えており、一時はホントに資金ショートをしそうになり銀行に駆け込んだこともありました。東日本大震災の時は連鎖倒産しかけました。何度も崖っぷちを乗り越え、負債も減らし、B/Sもキレイにしていきました。

社長さんからは「私が一人でどんなに努力したって、こうはならなかった」と言ってくれ、結局7〜8年サポートしたと思います。おそらく、一番長い期間サポートした会社だと思います。

私のサポートを離れてから、どうなっているのか気にはなっていましたが、その後も順調に経営され、設立30周年を迎えられたというのは非常に嬉しいことです。また久しぶり訪問してみようと思いました。

商売の原点




一度読んだら捨てるビジネス書が多い中、本書『経営者になるためのノート』は発売から3年経っても読み返してます。商売の原点経営の原理原則が語られている本は多い中で、本書はそれが大局的に語られている点と、結果を出された方が語っている点において、類書とは次元が異なる価値を感じます。(早く文庫化して欲しい。)

この本の中で、柳井氏は、経営者になるために必要なことは『お客様を喜ばせたいと腹の底から思う』ことであり、『お客様のために』が商売の原点と述べております(P66)。

先日、「誤解を恐れずにいいますが、起業家の方は、もっともっと金儲けに貪欲になるべきです」と書きましたが、私が言いたいのは「何をやったら儲かるかを考えろ」ということではありません。私がここで言いたかったことは、キャッシュポイントは複数あるということです。その前提として、社会から求められ、お客様から喜ばれるビジネスのシナリオを描かなければ商売は成り立たないと思います。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催(オンライン)
 12/15(水)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ