公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

活動報告

今年最初のYouTube Live!

youtube_黒字社長塾

今日は、YouTubeの収録と、YouTube Liveだった。

YouTube Live中に、ディレクターのニャン氏の誕生日ケーキ。
スタッフからのサプライズ。粋だねぇ〜。


youtube_黒字社長塾

YouTube Live中に「5キロ痩せる!」とコミットしたところだが、Live終了後にみんなで食べた。めちゃくちゃ美味しかった。

今回のLiveの事前質問の中に、「2021年のテーマは何か?」というものがあったが、今年は(今年も)ぼんやりしたい。けど、本を書きたい。「2021年に増やしたい習慣は?」というものもあったが、本を読む時間をもっと増やしたい。毎日読んではいるものの、インプットが少なすぎる。

エマニュエル・トッドが自身の思考法をまとめた『思考地図』という本に、「私の仕事の95%は読書です(残りの5%は執筆です)」と書いていたが、これにはかなり驚いた(P45)。やっぱ、インプットをしまくらないと、あれほどのアウトプットは出来ないんやな。(この本の書評を後日書く予定。)


エマニュエル・トッドの思考地図
エマニュエル・トッド
筑摩書房
2020-12-23




----

Liveのアーカイブを、しばらく残しておきます。
(今回もまたトラブルが発生したため、4分30秒頃から開始しております。)



▼閲覧は、画像をクリックしてください。
youtube live

今年初の東京入り

ヌガ

今年初の東京入り。

せっかくのトキオなので、元同僚と行きつけのお店で美味しい料理とワインを嗜んだ。


-----

プロネクサスIFRSセミナー


今年の仕事始めは、誰もいない部屋で、天井のカメラに向かって3時間喋り続けるという、孤独で過酷でNO蜜なものだった。

プロネクサス社のIFRSオンラインセミナー。
申込み受付中。1/19〜2/19限定配信。詳細はこちら


-----

中央経済社の『会計人コースweb』の新春特別企画「税理士・会計士に聞く“これからの働き方”」に掲載して頂きました。

【新春特別企画! 税理士・会計士に聞く“これからの働き方”】経営者からの「ありがとう」が最大の報酬(公認会計士・武田雄治)

受験生に刺激になるようなことを言ってくれと言われたので、刺激になるようなことを言ったつもりだがが、読み返すと偉そうなことを言いやがって…な記事になってるな…(笑)。

まぁ、ええか。

-----

本年最初のYouTube Liveは、

1月16日()20:00〜21:00の予定です。

今回のテーマは、【武田雄治の成功哲学 新春スータト編】

昨年5月に【武田雄治の成功哲学】をテーマにLiveをしましたが(アーカイブは訳あって非公開)、第2弾をお送りしたいと思います。これからの「風の時代」に、風に乗って、ガッツポーズを決めたい方は是非ご覧ください。事前の質問もお待ちしております。


youtube live

今年ラストライブ!

御堂筋イルミネーション

大阪は来月11日まで飲食店の時短営業要請と外出自粛要請が出ている。多くの飲食店が休業しているため、日が暮れると一気に人が消える。なのに、御堂筋のイルミネーションは灯る。外出自粛ちゃうんか? 

-----

今日は、本年ラストのYouTube Liveだった。「2020年を振り返る!」というテーマで、今回も視聴者の皆様からの質問への回答を中心に、1時間ちょっとのライブ放映を行った。

事前に頂いた質問に「今年一番嬉しかったことは?」というのがあった。それはやはり、仲間達がコロナ禍において「YouTubeをやろう!」と提案してくれ、OneTeamとしてやり続けてくれたことが一番嬉しかった。みんな自分の仕事があるのに、その合間に、収録も編集もやってくれた。収録のために沖縄にも自宅にも来てくれた。まだアップしていないが、それ以外の場所でも収録している。ディレクターのニャンさんに至っては、ライブに登壇もしてくれている。ホントありがたい。私ひとりでは絶対に成し得なかったことを、今年はやることができた。

Liveのアーカイブをしばらく残しておきますので、生で見れなかった方は、年末年始にでもご覧下さい。

▼閲覧は、画像をクリックしてください。(4:00頃から開始します)
youtube live



-----

次回のYouTube Liveは、

1月16日(土)20:00〜の予定です。

公認会計士試験の受験生と食事会

以前「週刊エコノミスト」に掲載された、加護野忠男教授による拙著「『経理』の本分」の書評がネットで見れることを知りました。


[エコノミスト]『「経理」の本分 部署の存在意義、業務の原則、部員の心得』 評者・加護野忠男

経営学の大家に「こんな本を待っていた」と言ってもらえるとは・・・。

感激の書評です。


「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06




-----


今日は、古巣、大原簿記専門学校(大阪校)へ行ってきた。数年前から、公認会計士試験の受験生と食事会をする場を設けて頂いている。今回はコロナの影響もあり少人数での開催となったが、今年受験をし、合格発表を控えた受験生たちとの対話を楽しんだ。

この食事会は、完全なボランティアであり、1円の報酬ももらっていない。が、この食事会に来てくれた人の中から活躍してくれる公認会計士が誕生し、若い人が業界を盛り上げてくれたらという想いで、限られた時間ではあるが、私が伝えられることは精一杯伝えたつもり。

今日参加して頂いた受験生全員に「『経理』の本分」を差し上げたら、全員からサインを求められた。既に読んでくれていた受験生もいた。素直に嬉しかった。そして、帰宅したら、早速御礼のメールが届いていたことも嬉しかった。

監査人の立場からも「『経理』の本分」を理解し、クライアントから感謝されるような公認会計士が増えれば、この業界のバリューも高まると思うし、業界のバリューが高まれば受験生も増え、さらに業界の質が上がると思っている。何かと経理部から不平不満が多い業界・仕事ではあるが、本来はプロフェッショナルとして感謝されなければならない仕事だと思うし、それが会計士の本分だと思う。微力ではあるが、魅力ある業界のためにも、私ができることはコツコツとやっていこうと思う。また年明けにも食事会があるので、そこでまた受験生とお会いできるのを楽しみにしている。いつもこの食事会を設けてくれる大原簿記の講師でもあり、友人のT君には感謝している。 


YouTubeで、公認会計士受験生向けに「公認会計士の仕事」というコンテンツを配信しています。

仕事納め

決算早期化セミナー

今日は、大阪で決算早期化セミナーに登壇した。
対面セミナーは、やはり楽しかった。
6時間があっという間。全然時間が足りなかった。

今年の対面セミナーは、今日で終了。
来年もオンラインセミナーが増えそうだけど、対面セミナーが出来ればいいなぁ〜と思う。

YouTube Day!

本日はYouTube Day!

午後は屋外で収録、夜は自宅の暖炉前でYouTube Live!!

YouTube Liveは、『明るい人生相談』と題して、皆様からのビジネスのご相談にお答えしました。事前質問を頂いた皆様、ライブ中に質問を頂いた皆様、どうもありがとうございました。

しばらくアーカイブを残しておきますので、見逃した方は是非ご覧下さい。
(※ 40分〜42分頃はYouTube側のトラブルによりLiveが中断しております)

ご覧頂けた方は「いいね!」ボタンをポチってください。
「チャンネル登録」もお願いします!


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
Live_201204


-----

次回のYouTube Liveは、

12月29日(火)21:00

今年最後のLiveです。
次回のLiveは、「1年の振り返りと、2021年に向けて」をお伝えする予定です。

----

今日のYouTube Liveでもお伝えしましたが、YouTube Liveとは別に、編集なし、字幕なし、スタッフなしの、タイムリーな自撮り動画に挑戦したいと思います。

来年は、(今更感もありますが)オンラインサロン的なものにも挑戦しようかと思っています。

こういうのは、皆様の声を聞きながら進めていきたいと思っていますので、内容等のご希望があればご連絡下さいませ。



経理部トップ同士の会食

麻婆豆腐


これまで上場企業・上場準備企業40社位の決算早期化プロジェクトを支援させて頂いた。この分野では日本一の成果を出していると思うが、すべてのクライアントで成果を出せた訳ではない。以前も書いたが、依頼主が主体性を発揮しなければどんな腕のある医者が手術をしても完治しない。大きなプロジェクトをやるのに、全く主体性がなく、「カネを払ってるんだから治せ」という態度の依頼主もいた。メールをしても返事がない、納品したものを見ない、提案したものを無視する、そんな依頼主もいた。メールの返事すらない人に、こちらから手を差し伸べるほどお人好しにはなれない。契約期間満了まで月日が流れ、「はい、さようなら」というクライアントも数社あった。当然、そういうクライアントとは、契約期間満了後も会わない。

他方、私が驚くほどに主体的に取り組んでくれ、すごい成果を出してくれるクライアントもいる。そういうクライアントとは、契約満了後もやり取りをしているし、飲みにも行く。そういう方は「同志」だと思うので、話をすれば盛り上がるし、有意義な時間を過ごすことができる。

-----

数週間前のこと、私が決算早期化コンサルティングで一緒にプロジェクトをやった上場企業の経理部トップから、「不躾なお願いで恐縮ですが、武田先生のクライアントで、決算早期化に成功した企業の経理部のメンバーの方々と一度交流・意見交換ができないでしょうか」という依頼が来た。

このクライアントは、決算早期化プロジェクトを管理部門全体を巻き込んで主体的に取り組んで、社内で表彰されたほどに成果を出した。しかし、上場企業と言えども、他社との交流はほどんどないため、他社の決算がどのように行われているかを知る機会がない。そこで、上のような依頼が来たのだ。

そして今日、私のクライアントの経理部トップ同士が会しての食事会が開催された。話の内容はここでは省くが、とても有益な意見交換・情報交換が行われ、私もかなり勉強になった。

改めて思うのは、私が書籍で書いた「経理の本分」を経理部員が深く理解し、実務の中で実戦することが、経理部員を変え経営者を変え会社を変えるということだ。

経理部は金庫番ではないし、仕訳屋でもない。経営者に対する「情報サービス業」でなければならない。そこを目指して、経理部と経理部員を進化させることが、経理部トップの大きな責務だと思う。その過程で、他社の経理部トップとの交流というスパイスを投入すれば、進化が加速するかもしれない。今日はそういう会食の場を設けることができて、私も嬉しく思った。

経理部の方々は、なかなか経理部を出て他部門を見ることもなければ、社外に出て他企業と交流することもないという人が多い。けど、我流での進化には限界があると思う。企業秘密だとか、情報漏洩だとか、そんなことを恐れて、他社との交流にネガティブな経理部トップがめちゃくちゃ多いことは実に残念。経理部トップが率先して外に出ていくべきだと私は思う。


「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06

新しいセミナー

IVP


今日は、某不動産会社主催のオンラインセミナー(Live)に講師として登壇した。

私が今年購入した不動産の仲介会社でもある。公認会計士と不動産投資家の両方の立場から、金融機関向けにどのような事業計画書を作成し、どのように金融機関を交渉するのかを、これから不動産投資をはじめる方をターゲットにレクチャーして欲しいという依頼だった。そのようなセミナーや書籍は見たことがないので斬新な企画だと思ったし、私の得意分野でもあるので、快諾した。しかし、これまでやったことのない内容のセミナーなので、テキストの制作など準備は大変だった。

巷の銀行に対応は「晴れた日に傘を貸すが、雨が降ったら傘を取り上げる」と揶揄されるが、「雨が振ろうが振るまいが傘を持ってきてくれる」ようになるための金融機関との付き合い方もある。つまり、「銀行が上、債務者が下」という立場を、逆転させる方法がある。今日は私の経験をすべて伝えたつもり。事業計画書のテンプレートもエクセルファイルで差し上げた。どーぞ、どーぞ。私はこの道の専門家じゃないから、出し惜しみするものなんてなにもない。ビジネスはTTP。徹底的にパクって、成果を出して欲しいと思う。

今回のセミナーは、このブログの読者の方も多く受講して下さっていた。いつも感謝です。

上の写真は、スタッフの皆様と。企画段階からセミナー当日までサポートして頂きました。感謝です。

今日もBBQ からのYouTube Live!!

BBQ


自宅を売却するという投稿をしてから、いろんな友がウチに遊びに来てくれる。

今日は、YouTubeチャンネルのスタッフが来てくれた。あいにくの雨だったが、軒下でBBQをした。巨大アスパラを持ってきてくれた。

今日もよく食って、よく飲んだ。BBQ肥満になりそう。

-----


そのまま、自宅からのYouTube Live!

自宅の暖炉前からの放映。

今回は「読書」をテーマに、オススメの本を紹介したり、視聴者からの質問に答えたり。あっという間の75分だった。まだいつか第2弾をやりたい。

しばらくの間アーカイブを残しておくので、興味ある方は是非ご覧ください。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
成功する読書術


-----

先日の沖縄旅行(じゃなくて沖縄出張)のVLOGを作成してみました。

如何でしょうか。感想等をお聞かせ頂ければ幸いです。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
202010_okinawa-vlog2



------

初公開。

自宅の地下のワインセラー。

だいぶ飲んだ後なので赤いですが。


ワインセラー


才能の原型

10月上旬に経営者・起業家を対象とした2日連続のビジネスセミナーに登壇した。このセミナーの目的・ゴールは、自分の夢・願望を満たし、「自分らしさ」があるビジネスプランを創り上げるということ。2日間のセミナー中に完璧なビジネスプランを創り上げることは困難なので、セミナー後に完成させることを宿題とし、1ヶ月後に持ってきてもらうことにした。

そして、今日はそのフォローアップセミナーだった。

受講者全員にプレゼンをしてもらい、私がひとりひとりにフィードバックをしていったのだが、受講者の一人の男性(40歳位?)のプレゼンがとても印象に残っている。1ヶ月間、自分がホントに何がやりたいのかを考えたら、昔からやっていた「野球」しかないと思ったという。ただ、現役を退いて何年も経つし、過去に怪我もしたので、フィールドに立てる訳ではない。けど、自分自身が怪我に泣かされてきた経験を活かして、子供達や指導者に対してやれることはあるのだ、と。

彼のビジネスプランの用紙は、他の受講者とは異なり、白紙に近かったし、自分自身でも準備不足であると認めていた。私も、まさか野球でプレゼンしてくるとは想定外だった。しかし、プレゼンの中から、彼の野球に対する情熱だけは十二分に伝わってきた。それはおそらく、彼の中で消えなかった継続する情熱だったのだろうと思う。ビジネスモデルがどうとか、収益性がどうとか、そういう難しい話は抜きにして、そういう情熱に火が付いたのであれば、セミナーをやっている人間としてこんな嬉しいことはない。

才能の原型は、いまやっていることの結果ではなく、過去にやってきた経験の中にあり、その才能を活かすことが「自分らしさ」だと思う。そういうビジネスができる人は幸せだと思う。

-----


受講者の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

コンラッド大阪




武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ