公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

活動報告

金曜4限

9月末から大学の後期授業を受け持つことになったのだが、早いものでもう3講目となった(全15講)。一応、事前にシラバスを作成したのだが、1講目からシラバス通りには進んでいない。受講者と「対話」をしながら、受講者の関心のある話をしていってたら、雑談9割で終わったりするが、まぁそれでいいのだ(後で大学から苦情がくるかもしれんけど)。

商学部でも会計専攻でもない学生諸君に、真面目に会計や監査の理屈を話しても全く面白くないと思うし、記憶にも残らんと思う。それより、記憶に残る授業をしたい。

学生のうちに現役会計士と「対話」できる機会なんて、フツーはない。それが、15週間にもわたってゼミ形式で「対話」ができる。贅沢な話だ。学生諸君には、その中から、知識よりも、何らかのインスピレーションをつかんでほしい。それがきっと人生の役に立つと思う。

いまは(残念ながら)オンライン形式だが、全員に「画面に顔を出せ」「喋れ」と言っている。こっちも必死でやってんだ。君らも90分くらい必死に聞いてくれ。他の授業は面白くないかもしれないが、私の授業に限っては下らないとは言わせない。そして、ノートとペンを用意して「気付き」を必ずメモしてくれ。自分の記憶に留めておこうなんて思わない方がいい。書いたことは思い出せる。書かないことは忘却する。とにかく書け、と。

1講目の授業で、顔出しも声出しも拒否した学生が1名いた。2講目から消えたが、それは別に構わない。大学に求めているものが私の講義ではなかっただけだ。ただ、他の履修してくれている学生諸君は、顔を出して、対話してくれ、メモをとってくれている。学生諸君も、ようやくフツーに対話してくれるようになり、私も楽しくなってきた。

コロナの感染者数も減ってきたので、大学には対面授業を復活して欲しいものだ。1年もオンラインなんて、学生達が可愛そう。私の授業を金曜4限に入れたのは、いつの日か、授業が終わってから学生達と飲みにでも行きたいと目論んだから(私の講義の履修者は全員20歳以上であることは確認済み)。年内には叶うだろうか。是非とも彼らとオンライン上ではなく、face to faceで対話がしてみたい。で、飲みに行きたい。


-----

次回のYouTube Liveは、

10月15日(金)20:00〜 に開催します。

次回のテーマは『ノート術』

学生諸君には「とにかく書け」とは言ったものの、どうやってノートを取るかも技術だと思うし、どういうノートを持ち歩くかも大事だと思う。目標を達成するためにもノートは活用すべし。今回は「ノート」について思うことをウダウダ喋ってみようと思います。事前質問がある方は、何らかの方法で当日午後までに連絡下さい!


youtube_live_ノート術

all you need is already within you

all you need is


上の画像はネットから拝借した。いい言葉。


今日はYouTube Liveだった。視聴者からのリクエストにより『これからの稼ぎ方』というテーマで、ウダウダと喋った。アーカイブ配信はこちらより。

『これからの稼ぎ方』を喋るにあたり、Liveの冒頭で、昨日紹介した山口周著『ビジネスの未来』に触れた。触れておいた方が良いと思い。

山口周さんは、右肩上がりの高度経済成長というのは既に終わっており、「高原」に到達したという主張を展開している。最近、一部の経済学者が述べている「脱成長」(=成長を諦めろ)の議論とは異なるが、ここを深掘りすると話が長くなるので、また今度にでも。

もはや経済成長が望めないとなると、日本型雇用とも言われるメンバーシップ型雇用や、終身雇用、年功序列、新卒一括採用が成り立たなくなり、ジョブ型雇用へと移行していくと思っている(既に日本の上場企業でもジョブ型雇用への移行を始めた企業がある)。さらに、ダイバーシティの促進や、リモートワーク、副業OK、時短OK、週休3日OK、地方移住OK…という企業も珍しくなくなってきた。

こういう移行期は、「古いルール」を残しつつ、「新しいルール」を取り入れる。しかし、「古いルール」はいずれ抹殺される運命にある。そうやって「雇用契約」というのが長い時間をかけて消えていくのではないだろうか…というのが私の考え。スキルのある個人が手を組んでいく働き方になっていくだろうし、既にそういう流れだと思う。

では、『これからの稼ぎ方』はどうなるのか。上述のように働き方が変わるという前提で考えれば、個人のスキルやバリューを高めていくべきだと思う。拙著『経理の本分』でも書いたが、私は、自分の価値と労働時間は比例しないと思っているが、自分の価値と年収はいずれ収斂すると思っている(P174〜参照)。どう稼ぐのか(労働するのか、起業するのか、投資するのか…)を考えることも大切だが、自分のバリューを高めることの方が大切だと思う。企業にもイノベーションが必要であるように、個人にもセルフ・イノベーションが必要で、知のアップデートしなければならないと思う。

という話しをLiveで言いたかったんだが、多分言い切れてないので、補足しておいた。

-----

ちなみに、Liveが終わってから、ワールドビジネスサテライトに20年くらい出演されていたロバート・フェルドマンさんが共著で書いた『盾と矛』という本を読んでいたら、2030年までに1600万人が職を失う「大失業時代」に備え、「学び直し」が必要だというようなことが書いてあった。

ただ、ここの「学び直し」とは、自分が持っていないスキルを学ぶことを提唱している(P30〜参照)。しかし、私は、20代、30代ならまだしも、それ以上の歳の人が未知のジャンルに飛び込む努力をするよりも、既知のアップデートをするべきだと思っている。ゼネラリストが勝ち残れない時代に、ゼネラリストを目指してどうするんだ、と思うので。

自分にしかない才能(の原石)は、きっと自分の中にある。それを磨くべきだと思う。


all you need is already within you.


今日もセミナーに登壇

BOXIL EXPO

今日は、(以前から告知していた)スマートキャンプ株式会社主催『BOXIL EXPO 第2回 財務・経理・総務・法務展』の特別講演に登壇した。登壇といっても、自宅からのZoom配信。主催者とも開始20分前に初めて顔を合わせた。「初めてまして〜、ではお願いします〜」ってな感じだった。時代は劇的にしか変わらない。コロナ前だったら、登壇までに何度も東京に通っていただろうに。

「攻めの経理が会社を強くする 今 考えたい経理の真価」というテーマで60分間喋らせて頂いた。テーマは主催者から頂いたのだが、いいテーマだった。

多くの経理部が「守りの経理」になっているが、「攻めの経理が会社を強くする」というのはホントにそのとおり。私が「経理を変えれば会社は変わる」と言い続けていることと同じであるし、拙書『経理の本分』で書いた内容とも同じである。経理部は「情報倉庫業」(=仕訳屋)に留まっていてはならず、「情報製造業」(=価値ある情報の提供)に進化させなければならないし、さらにその先の「情報サービス業」(=経営者へのサービス提供)にまで進化させなければならない。

独立してから言ってることは1ミリも変わっていないが、それでいいのだ。


-----

自分のセミナーが終わってから、とある有名な学者の講演のアーカイブ配信(見逃し配信)を視聴した。この学者のセミナーを聴くのは今回が初めてだったが、とても感銘を受けた。アーカイブ配信だったので、もう一度見返したほど。

めちゃくちゃ大きな気付きがあった講演であったが、内容自体はこの学者の書籍や論文や雑誌記事に10年前から書かれているものと1ミリも変わっていない。正直「あー、またその話か」と思ったが、それでも講演を通して解説してもらうと驚くほどの気付きがあった。インスピレーションを与えられる講演であれば、内容は10年前から1ミリも変わっていなくていいのだ。講演やセミナーで大切なのは新たな知識を得られるかどうかよりも、生きたインスピレーションを得られるかどうか。

この学者の著書をこれまで3冊読んだことあるのだが、実はこの3冊の内容もほぼ同じ。そこを批判する読者も多いだろうが、私は批判どころか賛美と感謝の気持ちである。大切なことを違う切り口で3度も言ってくれ、3度も気付きを与えてくれるのだから。

私の講演も書籍も、いってみれば同じことを何度も言ってるだけなので、それをいちいち批判してくる人もいるのだが、毎回毎回違うことを語る人なんて信頼できねーだろし、理念や信念は変わるものではない。大切なことは不易であり、それは語り続けるものだと自分に言い聞かせている。

これからも、「経理を変えれば会社は変わる」と言い続けると思う。

いま書いている本も、それを違う切り口から書いている。


-----

次回のYouTube Liveは、

9月17日(金)20:00〜 です。

ちょっと事情があり、今回は第3金曜日にやります。

視聴者の方からリクエストを頂き、今回のテーマは『これからの稼ぎ方』についてお話ししたいと思います。

2020年5月に『武田雄治の金銭哲学』というテーマでソロライブをしたことがありますが、お金についてお話しするのはそれ以来かもしれないですね。大切なことを違う切り口でお話しします。


IMG_6264




雑誌『企業会計』(2021年10月号)にコラムを寄稿しました

企業会計


本日発売の雑誌『企業会計』(2021年10月号)にコラムを寄稿しました。

会計士人生の中で大切にしてきた言葉とそのエピソードを紹介する『会計「諺」則』(かいけいげんそく)というコーナーへの執筆の依頼を受けましたので、恩師 平松一夫先生からペイフォワードされた言葉を紹介しています。

このブログでも時々書いていることと同じことを書いただけですが、平松先生が逝去された後にこの依頼がきたことは何か意味があるだろうと思います。天国で喜んで頂ければいいのですが。




経理の本分

経理の本分_セミナー

久しぶりにスーツを着たぞ!

スーツを着るのは、この夏、初めてじゃないかな。

クローゼットにゼニアのスーツが10着くらい眠ってるが、カビが生えるんじゃないかと扉を開けっ放しにしてる。コロナは色んなものを変えてしまった。

涼しい日で良かった。


-----

日本経営協会_経理の本分


今日は、拙著『「経理」の本分』をテキストに使った初めてのセミナーだった。4ヶ月ぶりの対面セミナーということもあり、前から楽しみにしていた。

緊急事態宣言が延長され、かなりのキャンセルが出てしまったのは残念だが、時々ブログにコメントをくれる方、社会人1年目の方、最近経理に配属された方など、色んな方が『「経理」の本分』を学びに来てくれた。一期一会。

これまでのような決算早期化やIFRSのセミナーとは違う内容のセミナーも楽しかった。「経理ほど楽しい仕事はない!」ってことを、ひとりでも多くの方が思ってくれ、1社でも多くの経理部が進化してくれたら、私としては「望外の幸せ」ってやつだ。ホンマに。


-----


ワイン会

夜、大原簿記専門学校時代からの友達が、ワインを持って遊びに来てくれた。彼はいま、大原簿記専門学校の公認会計士試験講座で講師をしている。私が9月から某大学で教壇に立つ予定なので、最新の情報を教えてもらった。かなり助かる。

今日から公認会計士試験。明日、模範解答を作らないといけないらしいが、えらく遅い時間まで引き止めてしまった。でも楽しい1日だったぜ。

視聴率40%超えの男!

オンラインセミナー


今日は、オンラインセミナーに登壇した。
某大学のOBで組成されている団体からのオファーで、受講者は上場企業の財務担当役員・社外役員が多かった。錚々たる企業の方を前に、僭越ながら「経理の本分」について語らせて頂いた。こちらからは受講者の反応が見えないが、セミナー後に何名からの受講者の方からメールを頂き、「大変勉強になった」と書いて頂いていたので、ひとまずホッとした。


-----

日本監査役協会において、2021年5月11日(火)〜8月18日(水)まで配信されていた監査役等の方を対象としたオンラインセミナーの視聴期間が終了した。なんと、3,649人の方が受講されたらしい。同協会の会員数を分母にすると、私のセミナーの視聴率は40.5%になるらしい。人数もパーセンテージも驚異的すぎないか!?

ちなみに、昨年末の紅白歌合戦(第2部)の視聴率は40.3%、先日(8/15)のサザエさんの視聴率は8.1%。

武田雄治は紅白歌合戦を超えた! 
視聴率40%超えの男!


使えるかな??

-----


以下、お知らせです。


BOXIL EXPO


スマートキャンプ株式会社主催『BOXIL EXPO 第2回 財務・経理・総務・法務展』の特別講演に登壇します

[スマートキャンプ]BOXIL EXPO 第2回 財務・経理・総務・法務展

▼講演概要
日時:9月15日 (水)14:40-15:40
タイトル:『攻めの経理が会社を強くする 今考えたい経理の真価』
会場:オンライン開催
参加費:無料

こちらは3000人がエントリー見込みのようです。





▼こちらも募集中です
2021/9/22〜@オンライン 決算早期化セミナー(上場企業経理担当者対象)




-----

次回のYouTube Liveは、

8月27日(金)20:00〜 開催します。

今回のテーマは、『食と健康』

このテーマに関して、私に質問等がある方は、事前に何らかの方法でご連絡ください。


youtube_live_食と健康


つらいことの先に自由がある

公認会計士


私のYouTubeを見てくれていた公認会計士を志す22歳青年が、話を聞かせて欲しいと訪ねてきた。

予め用意してくれていた質問に答えただけだが、2時間くらい話しただろうか。

「公認会計士になってから、つらかったことはありましたか?」

「つらいことしかなかったなぁ」

でも、こんないい資格はないから、集中して勉強して、合格してね。

-----

この3時間後、彼から御礼のメールが届いた。
「自分の夢を絶対に叶えます」と。

受験勉強も仕事もつらいことばかりだけど、その先に自由があると思う。
No pain, No gain.

出版記念セミナー

中央経済社

神保町の中央経済社へ。
これまで上梓した14冊の本のうち、12冊を担当して頂いている編集長に会いに行った。zoomでの打ち合わせでもいいと言われたが、私はzoomが大嫌いなので、会いに行った。編集長も、「このご時世、会いに来てくれる人はほとんどいないので、とても嬉しい」と言ってくれた。コロナが広まってから1年以上会えなかったので、私も嬉しかった。私にとっては親父みたいな存在。なんやかんやで2時間位話しこんだ。またお世話になることになった。14冊目で出し切ったと思ったが、15冊目はこれまでとは違う棚に並ぶ本を書こうと思う。またしばし引きこもることになりそう。

-----

午後は、その中央経済社から上梓した『決算・監査コスト最適化マニュアル』の出版企画記念オンラインセミナー。

セミナーってことで、髭を剃り、久しぶりにヘアワックスなんぞ付けて臨んだが、セミナー開始直前にカメラが潰れ、音声とパワポだけのセミナーになってしまった。。。

そんなことある!?!?


コリージアインターナショナル



オンラインセミナーはトラブルがツキモノなので、仕方ない。無事に開催でき、無事に終了できて良かった。我ながら良いセミナーだった。

共著者の浅野雅文会計士と打ち上げ。
KPMG時代の同期でもあり、戦友でもある。20年経ってもこうやって飲めるのが幸せだとしみじみ。楽しかった。


コリージアインターナショナル


3ヶ月ぶりの東京

決算監査最適化セミナー


新刊書の出版記念セミナー(オンラインセミナー)の収録で東京へ。

随分と久しぶりに東京に来た気がする。ノート(日記)を見返すと3ヶ月ぶりだった。そして今年3度目だった。自分でもびっくり。

東京・大阪間を、盆と正月以外の年50週・50往復する生活を10年以上続けていた私が、今年は半年で3回しか東京に来てないのか。2020年を境に何もかもが変わった。もう元に戻ることもあるまい。


------

出版記念セミナーの内容などについては、もう一つのブログで近いうちに述べるとするが、かなり濃いセミナーになったと思うし、類のない内容だったのではないかと思う。上場企業の多くが3月決算であり、その多くが6月に株主総会を開催する。その準備に忙殺される時期とあり、「受講したかったが、受講できない…」という声が多かった。セミナー開催日をいつにするかは本当に難しい。

そう思って、出版記念セミナーは2回開催とし、次回は6月29日(火)に開催するのだが、その日はなんと株主総会の開催集中日だということを後で知る…。おいおい…。急遽、お申込み頂いた方は一定期間はアーカイブでの視聴が可能になるようにしたが、7月になると第1四半期決算…。申込みは増えるのだろうか。僅かな不安。


-----

セミナー後は、共著者の浅野先生を含め、会計士仲間と食事。
今回の仲間との食事も何ヶ月ぶりだろうか。
コロナと緊急事態宣言は、多くの仲間との食事の機会も奪われてしまった。

やはり、コミュニケーションは、向き合って、食事しながら、飲みながら、やるべきものだと私は思う。オンラインでのやり取りは、コミュニケーションじゃないと思うし、そんなもので相手を理解することなんてできないと思う。だから、昨日も書いたが、私はzoom飲み会は絶対にやらない。でも、会いたい人がいたら、地球上のどこにでも飛んでいく。そこだけは、アフターコロナも変わらないと思う。

早く外でお酒が飲め、自由に海外に行けるようになればいいが。


archan

今日もモンブラン

中島大祥堂

今日もモンブラン。

モンブランといえば、「中島大祥堂」
「中島大祥堂」といえば、モンブラン。

中島大祥堂のサイト、ヤバイやろ。


----

さて、今日は月に一度のYouTube Live
アーカイブをしばらく残しておきますので、興味ある方はご覧ください。

最後までご覧頂けた方は、是非「いいね」ボタンを教えて下さい。
あと、「チャンネル登録」もお願いします!




今回は、YouTube Liveの前に、公認会計士松岡由起子さんとの対談の収録をしたので、そのままLiveにも出演してくれました。松岡由起子さんとの対談動画は6月にアップします。

今回のLiveは『明るい人生相談 第3弾 アフターコロナ編』というテーマでお送りしましたが、ある視聴者の方からLive中に「このコロナ禍を最大限にポジティブに捉えるとしたら何でしょうか?」という質問を頂きました。Live中にも回答しているのですが、私はあらゆることにポジティブに捉えています。色々と不条理なこともありますが、世の中は常に思い通りにはならないものです。ただ、いまの時代の節目は、あらゆる面でチャンスと捉えられることもできるのではないでしょうか。


-----

次回のYouTube Liveは、

6月26日(土)20:00〜

次回は、私のビジネスパートナー、明けちゃんが初出演してくれます!
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催(オンライン)
 12/15(水)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ