公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

活動報告

IPO勉強会

今日は、あるクローズドの勉強会にゲスト講師としてお招き頂いた。参加者は全員がIPO(新規株式公開)を控えた経営陣。それも全社がVCから出資を受けているIPO直前の企業。この勉強会で、公開企業になるとどうなるか、上場企業の経理部はどうあるべきかをレクチャーさせて頂いた。

これまで連結売上高数兆円という企業の経理部も見てきたが、IPO準備企業の経理部も随分と見てきた。同じ経理でも実態はまるで違う。しかし大半の経営者・経理部員は自社の経理以外を見たことがないと思う。違いが分からないから、進化できない。

私が「すごい」と思う経理部は、仕訳屋・決算屋ではなく、企業価値向上への中枢部門となっている。「真の経理部」を1社でも多く創ることをミッションとしている私としては、「あるべき経理部」について、できるだけ多くの方に知って欲しいと思っているので、今回のような機会を頂けたのは非常に嬉しい。

-----

「真の経理部」について分かりやすく書いてある本は、稲盛和夫氏『実学』以外に見当たらない。初版から20年以上経っても参考になりまくりだし、これを超える本が現れないことが、ある意味すごいと思う。



稲盛和夫の実学―経営と会計
稲盛 和夫
日本経済新聞社
2000-11-07

All I need is within me now.

先月、2日間(計22時間)で「自社(自分)の夢・願望を満たし、『自分らしさ』があり、かつ、『絶対に儲かる』ビジネスを創り上げる」ことを目的とした『SBM』というセミナーを開催した。

どんなセミナーも妥協することは一切ないが、このセミナーは私にとって特別なセミナー。

なぜなら、この2日間で、受講生の「人生」が変わるから。
責任も重圧も、それなりにある。

今回で5回目の開催になる。最初は「覗き見」といった感じで受講した方もいたのかもしれないが、回を重ねるごとに受講生の属性が変わっていき、既に経営者として成功されている方や、既に起業されている方が増えてきた。先月の『SBM』では、前日にサラリーマンを退職してきたという女性もいた。受講生も人生を賭けて『SBM』にのぞんでいる。目つきが違う。必然的に私も真剣に向き合う。幸福の定義が他者への貢献だとすれば、これほど幸福な2日間はない。

再受講して下さる方もいるので、毎回バージョンアップした内容をお届けする。今回、私が特に意識したのは、受講生の『自分らしさ』を発見することと、その『自分らしさ』を活かした事業モデルを創り上げることだ。

自分の、『才能の原型』を探り、『自分らしさ』とは何なのかを見付けるワークにかなりの時間をかけた。自分が最も大きな影響を受けている両親や先祖のキャラ、自分の幼少期の出来事を振り返り、自分も気付かなかった『本当の自分』に気付いてもらう。それこそが、他の誰にも負けない自分(自社)の経営資源だと思うからだ。

世界ナンバーワンのコーチと称されているアンソニー・ロビンズが『All I need is within me now.』(今、必要なものはすべて私の中にある)といっているように、必要であり、最強であり、無敵である経営資源は自分の中にあるはずだ。事業モデルを創る時は、その最強・無敵の経営資源を活かすべきだと思う。

逆にいえば、自分が持っていない資源を事業にすべきではない。どんなに儲かると思っても、そんなものは長続きしない。

-----

『SBM』開催後には、マンツーマンの「個別コンサル」(1人1時間)を実施している。約30名のお申込みがあり、5日間にわたりコンサルを実施している(今日で4日が終わった)。

『SBM』開催から個別コンサルまでの2〜3週間の間に、皆が人生を賭けて事業モデルを創り上げてきてくれる。「完璧!」といえる事業モデルをもってきた人は1名しかいなかったが、他の受講生については1時間の個別コンサルの中で軌道修正したつもりだ。再度ワークシートに向きあってくれたら、『自分らしさ』があるビジネスが出来上がるはず。

イチロー選手や、マイケル・ジャクソンや、東京ディズニーランドのキャストを思い浮かべて欲しい。彼ら/彼女らは金儲けのために仕事をしてたのか。金儲けのために仕事をしてたら、あのようになれるのか。フィールドでプレイしながら、ステージで踊りながら、パレードで演じながら、金儲けのことなど考えている訳がない。『自分らしさ』を全力で演じているから、周りを感動させることができるのだ。その対価が圧倒的な富となる。富は後からついてくるものであり、追いかけるものではない。

生き急がず、隣の芝を見ず、自分にしかできないものをやり続けて欲しい。
残りの人生をすべて賭けるつもりで。

これが、『SBM』受講生に私が最も言いたいこと。


「10年偉大なり、20年畏るべし、30年歴史に残る。」
鍵山秀三郎

内部統制セミナーを満員御礼の中 開催しました!

内部統制セミナー

先日、このブログで告知しました内部統制セミナーが本日開催されました。
ブログ告知から2日後に満員御礼となったセミナー。J-SOX導入から10年が経ち、「内部統制」というテーマでどれだけの人が関心を持ち、どれだけの受講者が集まるのか、主催者はヒヤヒヤだったらしいですけど、想定以上に多くの方が「内部統制」「J-SOX」に様々な悩みを抱えておられるようです。申し込みを頂いたのに受講をお断りした方もいたようです。嬉しい悲鳴です。

ということで、急遽、6月に追加開催することとなりました。

関心ある方は、以下のサイトよりお申し込みください。

【追加開催】内部統制対応効率化の秘訣セミナー


22時間セミナー

昨日・今日の2日間、螢▲ΕД▲優梗辧AWARENESS)主催の
『SBM(Strategic Business Management)』
という経営者・起業家向けセミナーに登壇した。

2日間、計22時間のロングセミナー。

たった2日間で、自分の夢・願望を実現させ、かつ、自分らしく、絶対に儲かる事業を創り、事業計画をまとめ、それをプレゼンできるようになるまでもっていくという唯一無二のセミナー。

私にとっても最高傑作のセミナー。

長年セミナー講師業をやってるが、22時間も立ちっぱなしのセミナーは他にない。
足はパンパンだし、熱も出てきた。

けど、私の人生にとっても特別な2日。
受講生にとっても、特別な2日になってくれただろうか。

最後の最後、全受講者によるスタンディングオベーションは素直に嬉しかった。
連日、夜遅くまで準備やサポートをしてくれたスタッフの皆さまに感謝!



決算早期化セミナーに登壇しました

決算早期化セミナー


今日は、税務研究会様主催の決算早期化セミナーに登壇。6時間、みっちりと。あっという間だった。

今は決算早期化よりも、働き方改革への対応(残業・休日出勤禁止等)の方が関心が高いと思うが、やるべき改善策は同じ。ムダなものを効率化させるより、ムダなものをなくすことを考えるべき。


セミナー後は、後輩会計士と食事。一回り以上若い方だが私の知らないことを多く知っている。色々と教えてもらった。頼もしい。後生畏るべし。


kamonka

今年最初のセミナー登壇

今年最初のセミナー登壇は、ダブルヘッダー。

10:00〜18:30まで経営者・起業家向けのセミナー
19:00〜21:00まで上場企業経理担当者向けセミナー
その後23:00まで懇親会。

こんな日は珍しい。
長い1日だったが、楽しい1日だった。

silent night

台場


過去の日記を見ると、クリスマスイブに外出するのは5年ぶりでした。5年前は男4人で焼肉を食べていました。人が多い所が嫌いなもので、こういう日はほぼ自宅から出ません。

が、しかし…

今日は台場にいました。若いカップルが沢山いましたが、私はセミナーに参加するために。分かる方には分かると思いますが、あのセミナーに行ってきました。

数百名の皆様と感動を分かち合えるというのはなかなかいいものです。この聖なる夜に一生忘れることができない経験ができたというのは、神からの最大のクリスマスプレゼントです。


今年も、講師としてのセミナー登壇も多かったですが、受講者としてのセミナー参加も多く、セミナー受講だけでも相当の時間とお金とエネルギーを費やしたと思います。知識の差、教育の差が、人生の差になると思いますので、これからもその分野のトップの人から最良の情報を貪欲に吸収し、最短距離で目標を達成したいと思います。


(写真はセミナー会場より。画像が荒いですが、台場のレインボーブリッジと、その右側がフジテレビ本社。)

今年最後のセミナー

名古屋

今年最後のセミナーは名古屋でした。

今日は、税務研究会様主催の決算早期化セミナーに登壇しました。名古屋でのセミナーは、いつも超一流企業の方が多くご来場頂きます。5時間半という長時間のセミナーでしたが、熱心に聴いて頂きありがとうございました。セミナー後にご連絡を頂いた皆様も、どうもありがとうございました。

今年も多くのセミナーに登壇させて頂き、多くの方にご来場頂きましたが、これらは決して当たり前のこととは思っておりません。貴重な時間とお金を割いてご来場頂いていることには感謝の気持ちで一杯です。何度も再受講して頂いている方もいますので、私自身も進化していかなければならないと思っています。来年も既にセミナー登壇の依頼を幾つか頂いておりますが、今年以上にパワーアップしたものにしていきます! 

(写真は宿泊したホテルより名古屋駅方面)

決算早期化プロジェクト

今日は、私の自宅から3つ隣の県にある某上場企業のクライアント様へ。

1年前から決算早期化プロジェクトを実施しています。膨大にあった決算資料を大幅に減らし、シンプルにし、属人化していた資料を根絶していく作業を1年かけてやってきました。クライアント様の協力もあり、我ながらよくここまで整理できたなぁ〜というレベルになりました。私がプロジェクトに関与する前は「何の資料かも分からない」というものが多くありましたが、今では「誰が見ても分かる」ものしかありません。フォルダ数、ファイル数も大幅に減りました。

結果として、今回の第2四半期決算(中間決算)では、自社の決算早期化のみならず、監査法人の監査工数も大幅に減りました。監査法人からの質問も「ゼロ」になりました。「誰が見ても分かる」ものを、「必要なものだけ」作成する、ということをやるだけで、決算は早期化できますし、生産性も向上します。人を増やさなくても、システムを導入しなくても、無駄を取り除くだけで仕事の効率は格段に上がるのです。

これまで上場企業約40社の決算早期化プロジェクトに関与しましたが、最高レベルの完成度です。経理部の皆様の「経理を良くしたい!」という強い想いがあってことの成果だと思います。

業務改善には終わりもなければ、完璧もありませんので、また新たな課題の改善に向けて下半期も取り組んでいかなければなりません。この下半期で私のイメージがカタチになるかな、と思っています。

インタビュー

先日私がインタビューを受けた記事がサイトに掲載されましたが、今日は某雑誌の企画で私がインタビュアーとなり某大手企業の経理部長へ1時間半ほどインタビューをさせて頂きました。

インタビューのテーマが私の研究テーマでもあったため(だからインタビュアーに抜擢されたのですが)、非常に楽しい1時間半でした。

雑誌は1月に発売されます。発売されたらまたアナウンス致します。
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード