公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

活動報告

YouTubeの収録からのYouTube Liveの日 ー 公認会計士まりこ先生をお招きして

youtube_黒字社長塾
(※ 左:ディレクターのニャンさん、右:公認会計士まりこ先生。許可を得て掲載している。)

今日は、YouTubeの収録と、YouTube Liveの日だった。

私のYouTubeチャンネルの中に【公認会計士の仕事】というコーナーがあり、これまで公認会計士の仕事の魅力などを一人で語ってきたが、現役公認会計士をゲストに招いて対談するのも面白いのではないかと思い、第1回目のゲストに受験時代からの友達である まりこ先生(桂真理子さん)をお招きした。日本公認会計士協会で広報の仕事もされているので、第1回目のゲストとしては適任かと。

数十分の対談の予定が、まりこ先生がめちゃくちゃ喋ってくれたこともあり、2時間近く喋ったかもしれない。これから編集するので、公開までしばらくお待ち下さい。

まりこ先生、どうもありがとう!


-----

収録後、YouTube Liveを開催した。まりこ先生も参加してくれた。

今回は【本屋さんの魅力】というテーマを頂いたので、本屋さんについて3人で喋った。

少しの間、アーカイブを残しておきます。閲覧はこちら
(※ Live中に スタッフが制作してくれた私のフェラーリの動画が流れます。)


-----

【本屋さんの魅力】に関する事前質問が多かったので、Live中に全てに回答できませんでした。

Live中に回答したものも含め、事前質問と回答を、以下に列挙しておきます。


▼事前質問(ご質問の表現は少し変えています)
●紀伊国屋書店、丸善ジュンク堂、ブックファースト等、書店の特徴を教えて。
《回答》私のイメージにすぎませんが、紀伊国屋書店は何でも屋、丸善ジュンク堂書店は専門書の在庫量が豊富、ブックファーストは売れ筋中心、蔦屋書店や個性派書店は売れ筋以外、という特徴があるかと思います。

●好きな書店は?
《回答》最も通っている書店は紀伊国屋書店梅田本店です(ただ、紀伊国屋書店は店内アナウンス等がうるさすぎるので好きではない)。丸善(丸の内本店、日本橋店)も好きです。蔦屋書店、誠品書店、青山ブックセンター等も好きですが、よほど時間がある時しか行きません。
なお、amazonのサイトは毎日見ますが、本はなるべくリアル書店で購入します(理由はLiveをご覧ください)。古本は絶版本くらいしか買いません。

●大型書店、個性派のどちらが好き?
《回答》どちらも好きで、どちらも利用します。個性派書店は、天狼院書店、恵文社、ホホホ座、誠光社(いずれも京都)が好きです。本が好きな人には4店ともオススメです。書店ではありませんが温泉宿「箱根本箱」も本が好きな人にはオススメです。

●書店で回る順番はある?
《回答》あります(詳細はLiveをご覧ください)。

●書店の好きなコーナーは?
《回答》人文コーナー(特に哲学・思想コーナー)です。

●本屋にどれくらい滞在する?
《回答》数分の時もあれば、数時間の時もあります。個性派書店での滞在時間は長いかもしれません。
なお、本屋の滞在時間が長すぎて読書時間がなくなるのは本末転倒なので、「1日1店舗」と決めています。

●本の選び方は?
《回答》欲のまま。直感。
表紙・帯 →著者プロフィール →目次 →中身を数行読んで、面白そうと思ったら買います。

●1回で何冊買う?
《回答》頻繁に書店に行くので、1〜3冊だけ買うことが多いです。それ以上買いたいものが見付かったら、優先順位が低いものを別の日に買いに行きます。

●電子書籍は読む? 紙との使い分けは?
《回答》防水機能の付いた「Kindle Oasis」を愛用しています。単行本・小説はKindleで購入することが多く、それ以外は紙で購入。旅行・出張に行く時は(荷物を減らすために)Kindleだけを持っていくことが多いです。
蔵書が増えすぎて困っているので、今後はKindleでの購入が増えると思います。

●本屋に行くときは、予め買う本を決めて行く?それともぷらっと入って決める?
《回答》どちらのケースもあります。

●買うつもりで行ったのに買わなかった本は?、買うつもりなかったのに買ってしまった本は?
《回答》買うつもりでも、書店でペラペラと数行読んで面白くないと思ったら買いません。逆に、買うつもりがなかったのに、書店でペラペラと数行読んで面白かったら躊躇せずに買います。

●良い本屋、そうでない本屋はある?
《回答》書店員さんが「売りたい」と思う本を、「売りたい」という意志を込めてセールス&マーケティングをしている本屋は良い本屋だと思います。単に新刊書・ベストセラーを平積みしているだけの本屋は面白くないし、ネットに勝てないと思いますし、既に淘汰されていると思います。

●町の小さな本屋は生き残れると思う?
《回答》かなり厳しいと思います(理由はLiveをご覧ください)。

●本屋で文具とか、本以外のものをチェックする?
《回答》します。文具は本屋で購入することが多いです(詳細はLiveをご覧ください)。


▼こういう本は買ってしまう。

全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん
ユニットことり会
ジービー
2018-08-21




▼今回のYouTube Liveで紹介した本。

人生を狂わす名著50
三宅香帆
ライツ社
2019-01-25




------

次回のYouTube Liveは、

4月25日(日)20時〜

次回は、新居からお届けする予定です!

新居から

そろそろ通常の生活へ。

12日ぶりにジムへ行き、行きつけのスタバで本を読んで、セミナーのテキストを制作した。じっくり本を読み、じっくりPCに向かったのも久しぶり。

「新居から『終わりの会』を早く!」という声もあったので、ようやく撮ってみた。
まだ本棚の整理が出来ていないので、グチャグチャだけど。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
自宅引っ越し


-----

引越前に収録した「書籍紹介シリーズ」も編集が完了してアップしました。
平松ゼミ&KPMGの後輩、吉田さんの書籍、超オススメです。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
武田雄治の書籍紹介010_s



-----

 次回のYouTune Liveは、3月26日)20:00〜 開催予定です。

次回は金曜日の開催です。

テーマは『本屋さんの魅力』に決定しました。

本が好きな方からのリクエストにより。

本屋さんといえば京都ですよね〜。そんな話になるのかしら。

ご質問等お待ちしております!


20210326_live_s

オンラインセミナー & YouTube Live

経理サミット


今日は、「楽楽精算」のラクス社が主催するイベント『経理プラスサミット』において『【決算早期化・効率化】を実現する経理・決算の実務』というテーマで、3時間ほど講演させて頂いた。

土曜日だというのに200名近い方にご受講頂いた。無料の講演で3時間も喋ったことは初めてだが、休日開催のセミナーで200名も参加されたのも初めてだと思う。多くの方の前で私の想いを伝える機会を頂いたラクス社のスタッフの皆様には感謝しかない。

私のセミナーを10年前から何度も聴いてくれている某上場企業経理部の方が、今回もまた受講してくれていたみたい。Twitterで、「私にとっては繰り返し読んでしまう古典みたいなもの。ただ、聞くたびに、新しいことで重要なことをさらっと言うのでメモ必須」というようなことを呟いてくれていた。最高の褒め言葉。冥利に尽きる。

-----

講演の後はたいていクタクタになるのだが、そのままYouTube Liveを行った。今回はトークが白熱した気がする。近況報告から、人間関係、コーチング、日本国憲法、学生時代の友達の話まで、多岐に渡って盛り上がった。楽しかった。

アーカイブはこちら



次回のYouTune Liveは、3月26日()20:00〜 開催予定です。
次回は金曜日に開催します。





▼YouTube Liveで触れた本




憲法とは何か (岩波新書)
長谷部 恭男
岩波書店
2006-04-20



戦争と法
恭男, 長谷部
文藝春秋
2020-07-30



Collegia International主催『内部統制対応効率化の秘訣セミナー』終了!

内部統制道場

本日、私が顧問をしておりますコンサルティングファーム Collegia International主催の
『内部統制対応効率化の秘訣セミナー』
をオンラインで開催しました。

同社初のオンラインセミナーでしたが、トラブルもなく終えることが出来て、ホッとしています。

内部統制道場


約160名もの方にご視聴頂き、嬉しい限りです。

セミナー後には、「打ち上げ」として、流行りの「Clubhouse」で受講者の方との交流も出来ました。夜遅くまでお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました!

-----

少しの間、アーカイブを残しておきます。閲覧はこちら

「チャンネル登録」もお願いします!

ゲラ

ゲラ


ゲラが届くと、中森明菜の曲が離れない病に冒される。。

今回は友人浅野雅文の新刊書の「執筆協力」というカタチで「監査報酬最適化」に関する原稿を書いた。

この本は、類書なき内容。

ベストセラーにはならないかもしれないが、ロングセラーになるはず。10年売れて欲しい。

春頃には書店に並ぶと思います。たぶん。

今年最初のYouTube Live!

youtube_黒字社長塾

今日は、YouTubeの収録と、YouTube Liveだった。

YouTube Live中に、ディレクターのニャン氏の誕生日ケーキ。
スタッフからのサプライズ。粋だねぇ〜。


youtube_黒字社長塾

YouTube Live中に「5キロ痩せる!」とコミットしたところだが、Live終了後にみんなで食べた。めちゃくちゃ美味しかった。

今回のLiveの事前質問の中に、「2021年のテーマは何か?」というものがあったが、今年は(今年も)ぼんやりしたい。けど、本を書きたい。「2021年に増やしたい習慣は?」というものもあったが、本を読む時間をもっと増やしたい。毎日読んではいるものの、インプットが少なすぎる。

エマニュエル・トッドが自身の思考法をまとめた『思考地図』という本に、「私の仕事の95%は読書です(残りの5%は執筆です)」と書いていたが、これにはかなり驚いた(P45)。やっぱ、インプットをしまくらないと、あれほどのアウトプットは出来ないんやな。(この本の書評を後日書く予定。)


エマニュエル・トッドの思考地図
エマニュエル・トッド
筑摩書房
2020-12-23




----

Liveのアーカイブを、しばらく残しておきます。
(今回もまたトラブルが発生したため、4分30秒頃から開始しております。)



▼閲覧は、画像をクリックしてください。
youtube live

今年初の東京入り

ヌガ

今年初の東京入り。

せっかくのトキオなので、元同僚と行きつけのお店で美味しい料理とワインを嗜んだ。


-----

プロネクサスIFRSセミナー


今年の仕事始めは、誰もいない部屋で、天井のカメラに向かって3時間喋り続けるという、孤独で過酷でNO蜜なものだった。

プロネクサス社のIFRSオンラインセミナー。
申込み受付中。1/19〜2/19限定配信。詳細はこちら


-----

中央経済社の『会計人コースweb』の新春特別企画「税理士・会計士に聞く“これからの働き方”」に掲載して頂きました。

【新春特別企画! 税理士・会計士に聞く“これからの働き方”】経営者からの「ありがとう」が最大の報酬(公認会計士・武田雄治)

受験生に刺激になるようなことを言ってくれと言われたので、刺激になるようなことを言ったつもりだがが、読み返すと偉そうなことを言いやがって…な記事になってるな…(笑)。

まぁ、ええか。

-----

本年最初のYouTube Liveは、

1月16日()20:00〜21:00の予定です。

今回のテーマは、【武田雄治の成功哲学 新春スータト編】

昨年5月に【武田雄治の成功哲学】をテーマにLiveをしましたが(アーカイブは訳あって非公開)、第2弾をお送りしたいと思います。これからの「風の時代」に、風に乗って、ガッツポーズを決めたい方は是非ご覧ください。事前の質問もお待ちしております。


youtube live

今年ラストライブ!

御堂筋イルミネーション

大阪は来月11日まで飲食店の時短営業要請と外出自粛要請が出ている。多くの飲食店が休業しているため、日が暮れると一気に人が消える。なのに、御堂筋のイルミネーションは灯る。外出自粛ちゃうんか? 

-----

今日は、本年ラストのYouTube Liveだった。「2020年を振り返る!」というテーマで、今回も視聴者の皆様からの質問への回答を中心に、1時間ちょっとのライブ放映を行った。

事前に頂いた質問に「今年一番嬉しかったことは?」というのがあった。それはやはり、仲間達がコロナ禍において「YouTubeをやろう!」と提案してくれ、OneTeamとしてやり続けてくれたことが一番嬉しかった。みんな自分の仕事があるのに、その合間に、収録も編集もやってくれた。収録のために沖縄にも自宅にも来てくれた。まだアップしていないが、それ以外の場所でも収録している。ディレクターのニャンさんに至っては、ライブに登壇もしてくれている。ホントありがたい。私ひとりでは絶対に成し得なかったことを、今年はやることができた。

Liveのアーカイブをしばらく残しておきますので、生で見れなかった方は、年末年始にでもご覧下さい。

▼閲覧は、画像をクリックしてください。(4:00頃から開始します)
youtube live



-----

次回のYouTube Liveは、

1月16日(土)20:00〜の予定です。

公認会計士試験の受験生と食事会

以前「週刊エコノミスト」に掲載された、加護野忠男教授による拙著「『経理』の本分」の書評がネットで見れることを知りました。


[エコノミスト]『「経理」の本分 部署の存在意義、業務の原則、部員の心得』 評者・加護野忠男

経営学の大家に「こんな本を待っていた」と言ってもらえるとは・・・。

感激の書評です。


「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06




-----


今日は、古巣、大原簿記専門学校(大阪校)へ行ってきた。数年前から、公認会計士試験の受験生と食事会をする場を設けて頂いている。今回はコロナの影響もあり少人数での開催となったが、今年受験をし、合格発表を控えた受験生たちとの対話を楽しんだ。

この食事会は、完全なボランティアであり、1円の報酬ももらっていない。が、この食事会に来てくれた人の中から活躍してくれる公認会計士が誕生し、若い人が業界を盛り上げてくれたらという想いで、限られた時間ではあるが、私が伝えられることは精一杯伝えたつもり。

今日参加して頂いた受験生全員に「『経理』の本分」を差し上げたら、全員からサインを求められた。既に読んでくれていた受験生もいた。素直に嬉しかった。そして、帰宅したら、早速御礼のメールが届いていたことも嬉しかった。

監査人の立場からも「『経理』の本分」を理解し、クライアントから感謝されるような公認会計士が増えれば、この業界のバリューも高まると思うし、業界のバリューが高まれば受験生も増え、さらに業界の質が上がると思っている。何かと経理部から不平不満が多い業界・仕事ではあるが、本来はプロフェッショナルとして感謝されなければならない仕事だと思うし、それが会計士の本分だと思う。微力ではあるが、魅力ある業界のためにも、私ができることはコツコツとやっていこうと思う。また年明けにも食事会があるので、そこでまた受験生とお会いできるのを楽しみにしている。いつもこの食事会を設けてくれる大原簿記の講師でもあり、友人のT君には感謝している。 


YouTubeで、公認会計士受験生向けに「公認会計士の仕事」というコンテンツを配信しています。

仕事納め

決算早期化セミナー

今日は、大阪で決算早期化セミナーに登壇した。
対面セミナーは、やはり楽しかった。
6時間があっという間。全然時間が足りなかった。

今年の対面セミナーは、今日で終了。
来年もオンラインセミナーが増えそうだけど、対面セミナーが出来ればいいなぁ〜と思う。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ