公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

活動報告

拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』 発売から10年&増刷!

決算早期化の実務マニュアル


本を書く時は、
「ベストセラーでなく、ロングセラーを」
と思いながら、魂を込めて書いている。

「最低でも10年以上は書店の棚に並ぶ本にしたい」
と思って書いた本が、10年経って増刷が決定!

ただただ嬉しい。感謝







-----


そして、次の本のゲラが届いた。

毎度ゲラが届くと、中森明菜の曲が頭から離れないのを何とかしたい、、、



この本も、相当魂を込めて書いた。

ベストセラーにならなくていいので、ロングセラーになって欲しい。

10年以上は書店の棚に残って欲しい。

そして、多くの方の役立って欲しい。

思うことはいつも同じ。


初校ゲラ

CPAラーニングの収録

CPAラーニング


CPAラーニング経理実務講座
全10コマ収録完了!

5月下旬リリース予定!

1コマ30分程度の講義だが、
この講義のための準備期間は20年。

それが無料開放。
是非会員登録を!

会員登録も無料!
なぜ無料なんだ!?
cpa-learning.com


執筆以外の大きな仕事は一旦完了。
明日から一足先にGW。
2週間ほど休みます。


-----


YouTubeにて、久しぶりに書籍紹介の動画を公開!

最近読んだビジネス書でブッチギリでオススメしたい一冊、ソニー(現 ソニーグループ)の元社長兼CEO 平井一夫の『ソニー再生』を紹介します。本動画では、特に重要なキーワードだと思われる3点をピックアップして解説しています。


20220428_サムネ



-----

次回のYouTube Liveは、

5月27日(金)20:00〜

テーマは随時募集中です。

Twitterで「黒字社長塾」のアカウントを作りましたので、フォローをお願いします。YouTube Liveの情報などを発信していきます。


-----

日本監査役協会主催 決算早期化セミナー(オンライン)開催します。

詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方

YouTube 3年目突入

YouTubeにデビューしたのが2020年4月9日
YouTube Liveの第1回放映が2020年4月24日

そこから月1ペースでYouTube Liveをしてきて、丸2年が経ったことになる。
なので、きっと24回開催したことになる。

今日のYouTube Liveで3年目突入、25回目の開催。
毎回視聴してくれている方や、手弁当で手伝ってくれているスタッフの皆様には感謝です!

今日はYouTube Liveのテーマは「筋トレ術」
筋トレ歴30年のマッチョ会計士がウダウダ喋るLIVE。
こんなテーマにも関わらず、いつも質問をくれる方も、感謝です!

しばらくアーカイブを残しておきます。見逃し配信


▼閲覧はこちらをクリックしてください
youtube_live_筋トレ術



頂いた質問に、ここでも答えておきます。

▼質問と回答(ご質問の表現は少し変えています)
●目標にしている体型のモデルはいますか?
《回答》ケインコスギさん

●美しい体型の価値観を教えてください
《回答》細マッチョ。脱いだらスゴイ系。

●週何日(何時間)鍛えてますか?
《回答》ジムでは週1〜3回(1時間)ほど、ウエイトトレーニングを中心に。
 ジムに行けない日は自宅で自重トレーニングとストレッチ

●ジムで他人のパーツをチェックすることはありますか?
《回答》他人のことを気にすることはないですが、腹が出てる人や、お尻が垂れてる人や、足が細すぎる人は多く、違うトレーニングをしたらいいのになぁ〜とは思います。

●有酸素運動は必要ですか?
《回答》必要だと思います。筋トレは無酸素運動ですから。

●プロテインは飲みますか?
《回答》筋トレ後は飲みますが、飲みすぎないようにしてます。
 (理由はLiveをご覧ください)

●筋トレした日は酒は控えた方がいいですか?
《回答》控えた方がいいと思います。私は1滴も飲みません。
 (理由はLiveをご覧ください)


なお、Live中に紹介した本は、以下の2冊です。
理詰めで良い身体を作りたい方は、この2冊をオススメします。


一生太らない体のつくり方
石井 直方
エクスナレッジ
2008-01-17






-----

【YouTube更新のお知らせ】

YouTubeにゲストをお招きしての「会計士対談」を更新しました。

今回は、プルデンシャル生命保険でライフプランナーとして大活躍されている公認会計士 菊池諒介さんをお迎えして、武田雄治と対談を行いました。

全3回放映の3回目のアップとなります。

第1回目はなぜライフプランナーの道を選択したのか等をお伺いし、第2回目は公認会計士&ファイナンシャルプランナーとしてしていること等をお伺いしました。第3回目の今回は、仕事以外の時間の過ごし方についてお伺いしました。公認会計士協会の広報活動以外にも、バーテンダーをやりながら人脈を広げていったりしているようです。

公認会計士を目指されている方は、とても刺激になると思います。是非ご覧ください!

▼閲覧はこちらをクリックしてください
公認会計士の仕事-対談4-3



-----

次回のYouTube Liveは、

5月27日(金)20:00〜

テーマは随時募集中です。

Twitterで「黒字社長塾」のアカウントを作りましたので、フォローをお願いします。YouTube Liveの情報などを発信していきます。

原稿納品!

中之島公園

3月18日に原稿を書き終え、再度原稿をチェックし、今日ようやく原稿を出版社に納品した。

執筆を開始したのが昨年7月27日だったので、ちょうど8ヶ月を要したことになる。少し時間をかけ過ぎたが、ようやく納得できるものを納めることができた。

この8ヶ月、多くの人に支えてもらった。執筆の協力をしてくれた方、コンテンツを提供してくれた方、精神的な支えになってくれた方、黒字社長塾のクライアントさん、編集長、全ての方々に感謝です。

何事もなければ、棚に並ぶのは2〜3ヶ月後かな。



中之島公園

外は最高の春日和。近所の公園も桜が咲き始め、多くの人が花見を楽しんでいた。3年ぶりに見る光景。

気持ちいい天気だったので、少し走った。



super bitter


夜は、近所のお店で祝杯。

おつかれ、俺!

モデリング

一昨日、昨日に続き、今日も収録の日。
今日は、YouTube Live
毎月毎月、スタッフの皆様が手弁当で手伝ってくれるのは感謝しかない。


Live前にスタッフと焼肉屋へ。
ジム帰りだったので、今日はノンアルコール(烏龍茶)で、肉・サラダのみ。

焼肉



-----

YouTube Liveは、今日もハプニング発生。マイクが音を拾わないという想定外なトラブルが発生した。生ライブはトラブルが付きものだと思っているが、画像が切れたり、音が切れたり、ネットが切れたり・・・次から次へと何かが起こる・・・。原因不明。結局、撮り直しとなったため、事前に告知していたURLと異なる所からの配信となった。最初からご覧頂いていた方には、ご不便&ご迷惑をおかけしました。


▼アーカイブ配信の閲覧は画像をクリックしてください。
youtube live



これまでのLiveで、「読書」や「知的生産術」をテーマに喋ったことがあったので、今回は「ライティング力」(文章力)をテーマに喋った。

前回(2月)のLiveの際に、視聴者の方から「プレゼン力を高めるにはどうしたらいいですか?」という質問を頂き、その際に私は「情熱で伝えるのみ」というような回答をしたのだが、文章力を高めるのも同じではないかと思う。文章に情熱を込めることが文章力を高めるのではないだろうか。

とはいえ、プレゼン力や文章力を高めるためには、モデルとなるような人の喋り方や書き方をマネるモデリングする)ことも大切だと思う。例えば、好きな作家の小説を読んでいる時に、心を揺さぶられるような文章に出会ったら、私は赤線を引いておき、読後にノートに書き写している。その文章をモデリングすることにより、語彙力や文章力は確実に上がっていく。漫才師になりたい場合も、外国語を学びたい場合も、同じようにモデリングすることが上達への近道ではないだろうか。学生時代、漫才師を目指していた友達は、ダウンタウンの漫才を一言一句暗記し、なぞるように一人でボケて、一人でツッコむということをやっていたが、しばらくするとホントに漫才師のような喋り方になっていた(その後、メガバンクに就職したのだが)。私が学生時代、英語にハマっていた時は、「Back to the future」のセリフを全部覚えて、マーティーやビフをなぞっていた。そういうセリフは、いまでも覚えていたりする。

ライティング力についていえば、長い文章を書くことよりも、短い文章を書くことの方が難しい。このブログは毎回1000文字くらい書いているが、これは簡単なこと。でも、このブログを300字とか500字にまとめろと言われると、それは難しい。

Liveでも述べたが、私は新聞のコラム(朝日新聞の「天声人語」、読売新聞の「編集手帳」、日経新聞の「春秋」、産経新聞の「産経抄」)はめちゃくちゃ参考にして、モデリングしている。特に竹内政明さんの時代の「編集手帳」と、いまの大島三緒さんの「春秋」は、かなり読み込んできた。時事ネタを盛り込みながら、オチまで付けて、約500文字にまとめるというのは、簡単にできるものではない。それを(休刊日以外)毎日毎日繰り返すというのは「神」だと思う。「編集手帳」や「春秋」も、赤線を引いて、ノートに書き写す(もしくはノートに貼り付ける)ということをやっている。

Liveでも紹介したが、竹内政明さんと池上彰さんの共著『書く力』は、文章力を高めたい人にはオススメ。竹内政明さんの本は、他にもたくさん出ているので、それらもオススメ。大島三緒さんの本も参考になった。あと、「天声人語」を担当された辰濃和男さんの本も。





「春秋」うちあけ話 (日経プレミアシリーズ)
大島 三緒
日本経済新聞出版
2020-03-10


文章の書き方 (岩波新書)
辰濃 和男
岩波書店
1994-03-22





Liveで紹介した竹内政明さんの神文章はこちら。

読売新聞



-----

Live後は、スタッフの皆様と打ち上げのケーキを。
モンブラン好きにはたまらない中島大祥堂の丹波栗をまぶしたモンブラン。

中島大祥堂


花粉症で喉のイガイガがひどい中、3日間よく喋った!
明日から無口な武田雄治に戻るわよ。

公認会計士 平林亮子さんと対談

プロネクサス_経理の本分


遂に! 
プロネクサス様にて、拙著「『経理』の本分」をテキストに使ったセミナーを開催することになり(5月31日までオンデマンド配信、詳細・申込はこちら)、今日の朝から収録だった。

開催して頂けることは感謝しかないが、スタッフもいない完全無人の部屋で、天井からぶら下がったカメラに向かって、3時間も喋り続けるというのは、めちゃくちゃ疲れる…。ボケても笑いがない。笑っても反応がない。最も酷な仕事といえる。相当な根性と、開き直りと、センスと、自己愛がなければ乗り越えられん。早く対面セミナーに戻って欲しい。

毎回、プロネクサス様の収録後はクタクタで、ぶっ倒れそうになる。


-----

収録後、ぶっ倒れそうになりながら、公認会計士 平林亮子さんがやってるカフェ(サロン?)へ訪問。

昨日に続き、私のYouTube 「黒字社長塾チャンネル」での対談を収録させてもらった。昨日も書いたとおり、私のYouTube において、ちょっと変わった公認会計士との対談を行っているのだが、その6人目のゲストとして登壇してくれることになった。

これまで対談された公認会計士の中で、一番マルチな活躍をされている。出版してきた書籍は50冊を超え、TV出演、歌手、専門学校講師、会計士独立塾主宰、起業家向けコンサル、上場企業社外役員などなど幾つもの顔を持つが、昔から「1日1アポしか入れない」と決めており、自由な生活をされている。

色んなことをしているのに1日1アポしか入れないところや、メディアに出まくっているのに人から何を言われようが気にもしないところなど、私は彼女の生き方に共感するところが多い。

今回の対談は、対談というよりも、久々に再会した友達と近況報告し合うような感じで、かなり長時間話し込んだような気がする。編集が大変かもしれないが、今日も楽しい1日だった。


平林亮子


ちなみに、平林さんとは11年前に『公認会計士の仕事』という本を共著で出したことがあるが、その続編のような本を再び共著で出す企画をあげている。執筆が終わったところであるが、引き続き執筆生活を送ることになりそう。乞うご期待!

No Fun, No Life !!


(※ 写真は許可を得て掲載している)

FIRE会計士と対談

シェラトン都ホテル東京

今年3度目の東京へ。

マンボウが解除され、新幹線も乗客が増えていた。定宿のホテルも人が多く、クラブラウンジは満席だった。こんな光景はコロナショック後、初めてかもしれない。喜ばしいことだ。

-----

今日は、ホテルに、KPMGの後輩であり同志である相京さんが来てくれた。

私のYouTube 「黒字社長塾チャンネル」の、「公認会計士の仕事」というコーナーにおいて、ちょっと変わった公認会計士との対談を行っているが、その5人目のゲストとして登壇してくれることになった。初めてスタジオを離れての収録を行った。

相京さんは私を師と仰いでくれるが、私も相京さんから相当色んなことを教わってきた。特に、不動産投資では私の数倍の投資実績があり、いまでも投資については相京さんに相談することが多い。ワインエキスパートの資格も持ち、フランスやアメリカ西海岸のワイナリーに訪ねるほどのワイン愛好家で、これまでワインについても色んなことを教えてもらった。とっくに「FIRE会計士」を実現されている相京さんに、差し支えない範囲で対談に応じてもらえれば、多くの公認会計士受験生や若手会計士の刺激になるのではないかと思い、ゲストにお招きしたのだが、包み隠さず全てを喋ってくれた。

改めて相京さんと話をして感じたのは、何事も「関心を持つ」ことと、関心を持ったことに関してはとことん「やり抜く力」の大切さだ。さらに、相京さんは、一つのことをやり抜くための「集中力」と、精神的・時間的な「余裕」とのバランスをうまく保っている。いい投資話が舞い込んで来た時に、その日のうちにアクションを起こす者だけがチャンスを掴むことができるということを、経験から体得しているともおっしゃっていた。忙しい人は、「心」を「亡くす」というが、人生を変えるようなチャンスをも失うことになるのだ。

今日の収録は、かなり面白いものになったんじゃないだろうか。
カメラを止めてからも話は尽きず、結局3時間くらい喋り続けた。楽しかったし、今日も学びが多かった。感謝!


youtube_黒字社長塾



----

収録が終わってから、相京さんと、先日の日経新聞に寄稿された税理士の山田先生と、定例ワイン会。日経からじゃんじゃん取材がくる税のプロだけあって話が面白い。


youtube_黒字社長塾


1杯目からけっこう良いワインを出してくれ、あとはペアリングでお店の方のオススメを頂いた。相京さんがチョイスするお店ははずれない。私のgoogle mapは「相京フラグ」が立ちまくっている。


wine


今日も、美味しい食事とワインと、落ち着く空間、至福の時間だった。
楽しく充実の1日だった。

No Fun, No Life !!


(※ 写真は許可を得て掲載している)

東京出張

ITトレンドEXPO

2ヶ月ぶり、今年2度目の東京へ。

今日は、『ITトレンドEXPO 2022Spring』という巨大なオンラインイベントに登壇するため、都内某所のスタジオへ。スタジオに着くや、メイク室に通され、ウブ毛を剃られ、眉毛を剃られ、ファンデーションを塗られ、髪型を変えられ…と、なされるがまま、改造されてった。

「そこまでする必要があるんかいな?」と思ったが、このイベントの登壇者は、毎年、全員がメイクをするらしい。すごいなぁ〜。

上の写真は、メイク後のもの。私には違いが分からん。

ちなみに、隣にはROLANDがいた。
なんじゃこの組み合わせ。

----

巨大なイベントとあり、メイクさん以外にも、ディレクター、カメラマン、エンジニア、案内係、司会者、ビュッフェ・飲み物のサーブ係などなど、100名以上の裏方スタッフさんがいたと思う。イベントやセミナーというのは、こういった裏方の方の支えがあって成り立つ。

本を出す時も同様。編集する人、校正する人、ゲラを作る人、印刷する人、営業する人、書店員さんなどなど、いろんな人の支えがあって成り立つ。一人の努力では絶対に本は出せない。

登壇者や執筆者を批判することは簡単なことだが、そこに至るまでに、どれだけの人と時間とカネが動いているのかということを、批判する人は知らんだろうね。

今回のイベントで私が登壇した時間は、正味20分程度だけど、ここに至るまでに、何人が、のべ何時間打ち合わせを繰り返してきたことか。そして、イベントが終わった後も、何人が、何時間かけて後片付けをし、視聴者のフォローをしていくのか。

私は登壇数十分前にスタジオ入りし、講演が終わったら直ぐにスタジオを後にするだけだが、スタッフは夜通し作業をしてくれてるのだ。ホント感謝しかない。


ITトレンドEXPO

今日のイベントに一緒に登壇してくれた日本オラクルのO様(写真右)と、司会者のM様(写真左)と記念撮影(※ 写真は許可を得て掲載している)。

一緒に登壇する機会を頂き、感謝しています。

司会者M様の声のキレさには鳥肌が立った。
あとでググって知ったが、有名なフリーアナウンサーのよう。サインもらっておけば良かった。


-----


渋谷

イベント登壇後、打ち合わせで渋谷へ。

2年半ぶりの渋谷。すっかりコロナ前の渋谷に戻っていた。

人、人、人。

改札口を出ると人に埋もれ、スクランブル交差点を渡った所で、もう酔った。

「あぁ、もう東京では生活できんなぁ…」と思った。

何事も同じだが、2年以上も離れると、感覚が錆びつく。
一度錆びつくと、研磨しないと元には戻れないが、研磨する気力もない。

大阪や沖縄で、ぼんやりしていることが性に合ってる。


-----


CPA会計学院


夜、私のYouTubeにも出てくれた桂真理子先生と一緒に、新宿の「CPA会計学院」へ。

桂真理子先生(写真右)とCPA代表国見健介先生(写真左)をお引き合わせ(※ 写真は許可を得て掲載している)。




かに道楽

「CPA会計学院」の上のフロアに「かに道楽」がある。
ということで、かに会席をご馳走になった。

大阪にいながら「かに道楽」に行ったことがない。
めちゃ美味しかった。国見先生、ありがとうございます。

会計の裾野を広げるために、真理子先生と共に一緒に新しいことをやっていく予定。楽しみしかない。


-----


東京都庁の隣にある定宿ホテルへ。
ここも、なんやかんやで久しぶり。

ホテルに着いて、マスクを取ると、内側がファンデーションで真っ茶色になっていた。あぁ、こうなるのね。女性の気持ちが少し分かった。


東京都庁

外を見ると、24時を過ぎても都庁のライトは付いていた。そして、眼下には数え切れない数のタクシーが行列を作っていた。働き方改革、どこへやら。都民のためにお疲れ様です。

メールをチェックすると、今日のイベントのスタッフの皆様から御礼のメールが届いていた。それも、何名ものスタッフから。

世のため人のために、遅くまで働いている方々には、頭が下がる。


支えてくれる方々への感謝を忘れずに生きていきたい。
今日も充実した1日だった。

CPAラーニングの収録

cpa_learning


今日は某所で講義5本分を収録した。

公認会計士試験の合格者数が(TAC、大原簿記を抜いて)NO.1となった「CPA会計学院」が運営する「CPA Learning」の講師を務めることになった。きっかけは、3ヶ月前の東京での食事会。人の縁とは不思議なものだが、人と会えば、なにかが動く。だから、会いたい人がいたら、世界中どこでも会いに行く。

ちなみに「CPA Learning」は、簿記・会計を無料で学習できるオンラインプラットフォーム。既に会員数は2万人を超えている。今後、ここにとんでもないコンテンツがアップされていく予定。私はここに実務家向けの講義を続々配信予定。

是非会員登録を!

人生は、Challenge & Contribution。
新たな挑戦と貢献は続く。

最後の句点。

カフェレクセル

昨年から続けていた原稿を書き終えた。最後の文章の最後の句点のEnterキーを押して、脱力した。今日は久しぶりに10時間くらい寝た。

一旦書き終えたが、もう一度最初から校正しないといけないし、書き直すところは山ほどあるし、図表も作り変えないといけないので、脱稿まではもう少し時間がかかりそうだけど、半年くらいかかった今の生活の終わりが見えた。やれやれ。

執筆はほぼカフェで行っていた。この半年で、400回以上利用したと思う。コロナショック後、一部のカフェは大きく進化しており、リモートワークに対応した電源付きの一人席を用意してくれている店が増えた。特に大きく進化したと思うのはドトール系列のカフェ。新大阪駅のドトールコーヒーは、改装後、座席の大半が一人席になった。この変化・進化の速さは、さすがドトールだと関心させられた。

経営環境の変化に素早く串を刺せた者だけが進化を続け、経営環境の変化に飲み込まれた者が淘汰される。この2年で潰れたカフェも多い。

今回の原稿に、ドトールコーヒー成功物語についても若干触れている。もともと「街の喫茶店」を営んでいたドトール創業者鳥羽博道氏が、1971年にシャンゼリゼ通りで見た光景にインスパイアを受け、今のドトールコーヒーを作り、約1300店舗の巨大コーヒーチェーンに成長させたというイノベーションの物語。お楽しみに。

脱稿に向けて、あと少し頑張ります。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ