公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

【オススメ本】橘玲著「『リベラル』がうさんくさいのには理由がある」 (集英社文庫)




先月、沖縄のひめゆり平和祈念資料館へ行った後、橘玲さんの「『リベラル』がうさんくさいのには理由がある」を読み返しました。

本書の冒頭(Part 0)に、沖縄戦に絡んだ「沖縄『集団自決』裁判」のことが詳細に書かれています。これは、内容もさることながら、橘玲さんの取材力、論理力、文章力に驚愕させられました(再読しても驚愕でした)。こういう文章が書ける作家になりたいとホンキで思っていますが、一生追いつかないと思います。(これを書くのに沖縄を2度訪れ、『集団自決』に関する記事・文献を3カ月かけて目を通したといいますが、それだけでこれだけの文章が書けるということも驚きでした。)

沖縄戦(1945年)において、集団自決が「軍による強制」によってなされたと教科書にも書かれています。大江健三郎は1970年に『沖縄ノート』を発刊し、軍命を出したとされる赤松元大尉を厳しく批判。赤松元大尉の弟らは、名誉毀損による損害賠償、出版差し止め、謝罪広告の掲載を求め、大江健三郎と岩波書店を訴えたのです。高名なノーベル文学賞受賞者が被告となったこともあり、この裁判は大きな注目を集めました。

裁判所は原告の請求を退けましたが、これは「軍による強制」があったと認めたわけではなく、「記述に真実性の証明もなく、名誉も毀損している」けれど、「公益性と真実相当性があり」、名誉棄損罪は成立しないというもの(P75)。

被告(大江健三郎ら)にとっては「勝訴」と喜べない裁判であったわけですが、大江氏は記者会見で「悪いのは書籍を誤読した原告だ」という趣旨のことを述べるのです(P79参照)。

橘玲氏は、日本の「リベラル」は、「日本独自の奇怪な思想」(P7)であり、大江氏の会見についても「傲慢なエリート主義が透けて見える」(P79)と批判的です。

「リベラル」はどこで間違えたのか? 「リベラル」がうさんくさいのはなぜなのか? 「リベラル」と折り合えないのはなぜなのか? ・・・本書は、慰安婦問題(朝日新聞問題)、中韓問題、軽減税率などを日常の話題になっているものも題材にしながら著者の意見が述べられています。Part 0以外は雑誌の連載を編集したものなので、気軽に読めますが、一つ一つはじっくり考えさせられる内容です。荒唐無稽で空想的な日本人にならぬよう、こういった「思想」の本もじっくりと読んでおくべきだと思いました。

ちなみに、本書は、『バカが多いのには理由がある』、『不愉快なことには理由がある』に続く3部作の3作目。世の中は、バカが多く、不愉快で、うさんくさい…ということですね。







【オススメ本】『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』

本屋さんを紹介している雑誌、書籍を一気読み。

新刊書やベストセラーだけを平積みしている本屋さんより、店主が薦めたい本を提案・提供してくれる本屋さんに行きたいと思いますし、そういう本との出会いが人生観を変えてくれることもあります。だから本屋巡りはやめられません。

そういった個性のある本屋さんを紹介してくれる雑誌や書籍があれば、即買いしてしまいます。

以前、京都に行ったときに、「天狼院書店」と「恵文社一乗寺店」の2店をはしごしただけで1日が潰れてしまったので、再度本屋巡りのためだけに1泊2日で京都に行きたいと企んでます。

『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』に載っている本屋さんを順番に回ってみようかな、とも。


SAVVY(サヴィ)2018年12月号[雑誌]
京阪神エルマガジン社
2018-10-23







【オススメ本】大家MASA著『大富豪サラリーマンの教え』(サンライズパブリッシング)

大富豪サラリーマンの教え
大家MASA
サンライズパブリッシング
2018-10-27



億万長者の知人が本を出しました。
(しかし、すげータイトルだな笑)

なぜ金持ちは法人化するのか、なぜ複数の事業(法人)を持つのか、どうやって法人化して節税するのか等々、億万長者でしか語りえない知識(&知恵)がテンコ盛りです。

ホンキで資産形成したいなら、ここに書かれていることは知っておくべし(特に最終章は有益です)。

本書を読んで改めて感じることは、キチンと資産形成をし、億を稼ぐ人は、会計と税務を勉強していますね。たくさん稼いで税金を支払うのではなく、税務を学んで税金をコントロールし、キャッシュを投資に回している。節税の知識はそんじょそこらの税務の専門家を超えていると思います。著者も、最近までサラリーマンとは思えないほどの知識をお持ちです。

ちなみに著者もフェラーリオーナーです。

読書について(10) ―読んだ本を忘れないために

続きです。

先日ある方から、「読んだ本の内容を直ぐに忘れてしまう。記憶を定着させるために何かやってることはあるか?」と質問を受けました。

私は、(読書に限ったことではなく)自分の記憶力に頼ることもなければ、そもそも暗記しようと思うことがないため、どんな些細なことでも書き留めます。ですから、常にペンを持ち歩いています。

いつも持ち歩いているのは、Zebraのサラサ0.7个寮屮撻鵑任后2箸涼罎Zebraの赤ペンが散乱してます。






読んだ本を忘れないために、私がやっていることは
(1)読前に「目次」をじっくり見て、得たい知識を明確にすること
(2)読中に赤ペンでマーキングすること、気付きを余白にメモすること
(3)読後にノートにまとめること

です。

何度も読み返すことはないと思った本は、読後に捨てますので、マーキングやメモをしたページを破り、ノートに貼り付けてます。ノートはモレスキンを使っています。モレスキンを見れば、私の読書遍歴、読んだ本の内容、気付き等がすべて分かります。

マーキングの方法は、松岡正剛氏の『多読術』などが参考になりますが、自分が分かりやすい方法で良いかと思います。

大切なことは、読中よりも読後の時間だと思います。ここで思考の整理をし、無知を未知、未知を既知にしていくことが読書の醍醐味であり、学びだと思いますし、ここまでやれば記録が記憶になるかと思います。

ついでにいえば、過去に付けたAという本のノートと、Bという本のノートを、比較したり、関係性を考えたり、境界線を調べたり、ズラしたり、繋いだり、合わせたり・・・しながら、新しい知を探求したりする時間も持てば、新たなものが生まれてくるものです。「想像」とか「創造」って、既知の組み合わせじゃないかと思います。



多読術 (ちくまプリマー新書)
松岡 正剛
筑摩書房
2009-04-08



商売の原点




一度読んだら捨てるビジネス書が多い中、本書『経営者になるためのノート』は発売から3年経っても読み返してます。商売の原点経営の原理原則が語られている本は多い中で、本書はそれが大局的に語られている点と、結果を出された方が語っている点において、類書とは次元が異なる価値を感じます。(早く文庫化して欲しい。)

この本の中で、柳井氏は、経営者になるために必要なことは『お客様を喜ばせたいと腹の底から思う』ことであり、『お客様のために』が商売の原点と述べております(P66)。

先日、「誤解を恐れずにいいますが、起業家の方は、もっともっと金儲けに貪欲になるべきです」と書きましたが、私が言いたいのは「何をやったら儲かるかを考えろ」ということではありません。私がここで言いたかったことは、キャッシュポイントは複数あるということです。その前提として、社会から求められ、お客様から喜ばれるビジネスのシナリオを描かなければ商売は成り立たないと思います。

【オススメ本】恩田 陸『木洩れ日に泳ぐ魚』 (文春文庫)

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)
恩田 陸
文藝春秋
2010-11-10



これはすごい小説。

なのにamazonの評価は低い・・・。

それだけすごい。

アパートの一室、別々の道を歩むことが決まった同居の男女が最後の夜を徹し語り合うという、たった「数時間」の物語。ただそれだけの物語なのに、実に深い。深すぎる。

他者愛と自己愛、真実と偽り、事実と解釈、生と死、時間と存在… とは何か?といった問いかけを、二人の会話の中に出てくる「父」「母」や、部屋にある「ピアス」「ナイフ」、記憶にある「柱時計」、現存する「写真立て」…とった象徴・表現を使って、我々読者にしてくる。

「うわぁ〜、こういう文章書ける人って、すごいなぁ〜」と思ったのは、佐藤正午著『鳩の撃退法』以来かもしれない。

この小説の中に上の問いに対するストレートな答えが書かれている訳ではないので、読者にとってはモヤモヤ感だけが残るかもしれません(それがamazonの評価が極めて低い理由だろうと思います)。二度三度読み返すことを前提に読んでいいかと思います。私もまた読み返してます。


▼こちらもオススメ
恩田 陸著『夜のピクニック』 (新潮文庫)

【オススメ本】シェリル・サンドバーグ著『LEAN IN ―女性、仕事、リーダーへの意欲』 (日経ビジネス人文庫)




フェイスブックの取締役(COO)シェリル・サンドバーグさんの話題作『LEAN IN』が文庫化されました。

女性向けに書かれた本であり、やはり女性の方にオススメした本ですが、男性の私も大いに共感できる内容でした。

女性が力を手にするためには、この内なる障壁を打破することが欠かせない――これが、私の主張である。その一方で、制度的な障壁を取り払わない限り女性は上に行けないと主張する人もいる。(P19)
つまり、自分の中の壁を打ち破り、一歩踏み出してはどうかと。
ちなみに、タイトルの『LEAN IN』は、一歩踏み出せというメッセージです。

英語では、出世はよく梯子に喩えられる。だがこれは、もはやほとんどの人に当てはまらない。(略)キャリアは梯子ではなくジャングルジムだ。(略)ジャングルジムならてっぺんに行く道筋はいくつもある。(P88)
「ほとんどの人に当てはまらない」という根拠は、2010年の時点で平均的なアメリカ人は18〜46歳の期間だけで11の仕事を経験しているため。日本でもジャングルジムのようなキャリアを積んでいる人が増えていますね。

リスクをとること、成長に賭けること、チャレンジすること、しかるべき昇進を要求すること(もちろんにこやかに)。これらはどれも、キャリア・マネジメントで重要な要素である。最後に私の好きな言葉を紹介しよう――「自分には力がないと考えたとき、人はもうあきらめている」。作家のアリス・ウォーカーの言葉である。地位も、やりがいのある仕事も、待っているだけではやって来ない。(P104)

私の見方(私の真実)があれば、相手の見方(相手の真実)がある。これを理解することこそが円滑なコミュニケーションの第一歩だ(P131)

企業では、会議の場でも本音で話すのはむずかしいが、正直なフィードバックを伝えるのはもっとむずかしい。相手が部下でも、上司でも、同僚でも。ここで覚えておくとよいのは、フィードバックは真実と同じで、唯一絶対ではないことである。フィードバックとは、あくまで自分の観察や経験に基づく意見、あるいは自分が他人に対して抱く印象にほかならない。(P137)
円滑なコミュニケーションには ”コーチング” の技術が必要だと思いますが、それを実践されています。このP137以降は熟読するに値します。ピョートルさんも「日本人にはフィードバックが圧倒的に足りない」と言っていました。

雑誌のコンテンツ力

kindleを買ったけど、本は紙で読みたい。
dマガジンを契約してるけど、雑誌は本で読みたい。


という方は多いはず。きっと。


『Discover Japan』という雑誌は、毎回コンテンツ力に驚かされます。
バックナンバーですが、9月号では「縄文」で1冊の雑誌を作るんだから。本気で熟読してしまった。





以前は「明治維新」で1冊作っていた。
これもコンテンツ力に驚かされた。永久保存しておきたいくらい。





こちらは雑誌ではなくムックだけど、これもすごいコンテンツ力で驚いた。




こういうコンテンツが結構有難かったりする。

神天皇相関図



『Casa BRUTUS』『BRUTUS』『pen』『家庭画報』『婦人画報』『CREA』『CREA Traveller』『Tarzan』などはコンテンツ力がすごいのでよく読んでます。

別格なのは『致知』ですね。もう10年くらい定期購入しています。

『哲学書を読むことは、私たちに考える喜びを教えてくれる』(鹿島茂)





再び、『日経おとなのOFF』(2018年8月号)より。

フランス文学者の鹿島茂さんは、哲学書を読むことを薦めています。

僕がお勧めするのは、哲学書を1年間かけてじっくりと読むことです。(略)なぜ哲学書がいいのか。それは、哲学書を読むことは、私たちに考える喜びを教えてくれるからです。
前も書いたとおり、スピノザが生涯をかけて書いた本を凡人が一度読んで理解できる訳がないのです。「1年間かけてじっくりと読む」という姿勢が大切ですね。私は今カントを読んでいますが、多分1年かけても理解できないと思います。。。

哲学書は「読む」ことよりも、「考える」ことが大切です。また、未知を「考える」だけではなく、既知を「考え直す」ことも大切です。モンテーニュは『学問は財布の中身を少しは良くするが、魂をよくすることはない』と言っていますが(「エセー」より)、哲学するということは「魂をよくする」と言えます。


ただ、鹿島茂さんは、1冊を読むだけではダメだといいます。
では、哲学書を読んで考えるにはどうしたらいいか。残念ながら1冊読んだだけでは、考えることはできない。少しくだけた例えですが、1人の男性としか交際したことのない女性が、その1人の相手から男性全体を論じることはできないですよね。それと同じで、哲学書も1冊読んだだけでは、比較ができないからです。
いい例えですね。いろんな男を知ってから男を語れと。何事も大局的視点(森を見る視点)で物事を見なければなりません。ドイツ観念論だけを知っていてもダメだと。



古今東西の哲学を大局的に、一気に見渡すには、以下の2冊が超オススメです。


史上最強の哲学入門 (河出文庫)
飲茶
河出書房新社
2015-11-05




「僕が本を読むのは『面白いから』、これに尽きます」(出口治明)




本を紹介する特集を組む雑誌は買ってしまいます。

既にバックナンバーとなっていますが、『日経おとなのOFF』(2018年8月号)も良かった。

特に、元ライフネット生命会長の出口治明氏の巻頭インタビューは良かった。

僕が本を読むのは「面白いから」、これに尽きます。面白い本ならジャンルを問いませんし、途中でつまらなくなったら読むのをやめます。
これは私も全く同じです。面白いから読む。面白いものを読む。つならないものは捨てる。
一度読んでつまらないと思った人の本は、別の本もつまらないことが多いから、基本的にもう買いません。逆に、一度読んで面白かった人の本は、別の本も面白いことが多いから、同じ人の本ばかり読むことも。

”ハズレ”を引かないために僕が心がけているのは、新聞の書評欄を参考にすること、必ず試し読みすること、そして古典を選ぶことです。
新聞の書評欄は私も毎週参考にします。読売新聞の書評欄が好きかな。新聞以外にも書評サイト「HONZ」「flier」「TOP POINT」は定期的にチェックするし、読前に書評の検索もします。書評ブログ「スゴ本」のチェックも欠かしません。

「試し読み」に関しては、出口さんは「最初の10ページ」を読むことを薦めています。「目次を見れば判断できるという人もいますが、本文を読まないと相性は分かりません」と。これも同意します。最初の10ページが退屈な本は、後のページも退屈なことが多いですからね。本は本屋で買いましょう。

「古典を選ぶこと」についても同意です。20代の知識を吸収すべき時期は、ビジネス書の新刊書を乱読していましたが、最近はほとんど読まなくなりました。新しい知識を詰め込むよりも、古典的な思想・哲学を知りたいという欲求・飢えの方が上回ってきました。以前は年間300〜500冊位を読んでいましたが、最近は100〜200冊位かもしれません。古典を読むのは時間がかかります。でも、それでいいやと思っています。このブログで書評が減っているのはそういう理由です。

一般的に古典が難解なのは、その本がその時代にどうして書かれたのかという背景の事情を知らないためですが、ガイド本があれば、古典を理解するための入り口の知識を教えてくれます。
そうなんです。「ガイド本」に惜しみなくカネをつぎ込むべし。スピノザが生涯をかけて書いた本を凡人が一度読んで理解できる訳がないし、1週間、1カ月で理解できる訳がないのです。さらに全ページを理解する必要もないのです。身近な人の考えていることも、自分のことすらも、全て理解できないのに、カントやハイデガーの言っていることが理解できてたまるか!! 

でも理解したいという欲求が爆発するときは、まず「ガイド本」を読む。幸いなことに、色んな方が「ガイド本」を出してくれています。「ガイド本」を選ぶ時に気を付けるべきことは、その著者が原書・原典を読んでいる人かどうかを見極めること

試験勉強のやり方が人それぞれ違うのと同じで、本の正しい読み方なんてありません
「本の読み方」については、よく聞かれます。私の場合は、赤の水性ペンを持ちながら本を読み、気になった箇所には赤線を引き、余白に書き込みをし、読後にそれをノート(モレスキン)にまとめるか、線を引いたページを破ってモレスキンに貼り付けます。ただ、その方法が絶対的なものとは思いません。自分が読みやすく、記憶の残る方法で読めばいいと思います。

本を読む力は、読み続けること
付け加えるなら、難しい本を読み続けること。楽しみながら読み続けること。


なお、出口さんは、「ガイド本」として『書物誕生』というシリーズ本を紹介してくれています。






こういう本が難解だと感じる方は、以下のような古典案内本をさくっと読んでみることをお勧めします。




大人のための世界の名著50 (角川ソフィア文庫)
木原 武一
KADOKAWA/角川学芸出版
2014-02-25









世界の哲学50の名著 エッセンスを究める
T・バトラー=ボードン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2014-02-21






西洋哲学の10冊 (岩波ジュニア新書)
左近司 祥子
岩波書店
2009-01-20

経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 (12月12日(水)@名古屋)
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』




●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社




コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード