公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

「わかっていることは、わからないということだけ」

昨日紹介しました『深夜特急』の中で、私が折り目を付け、何度か読み返したページを、自分のための備忘録として残しておきます。


その日の午後から、私はバンコクの街を歩きはじめた。
目的地も決めずにバスに乗り、適当なところで降り、そこから歩いて宿の近くまで戻ってくる。それを三、四日も続けると、バンコクという土地についての勘のようなおのができてきた。地図を見ただけで、ここからここへはバスで何分くらい、歩けば何十分くらいかかるかということがわかってきた。それと同時に、地理上の重要なポイントになる場所の風景が頭に叩き込まれるようにもなった。要するに、たとえバスを乗り違えても、途中で降りて方向を正すことができるくらいにはなった、ということだ。
(第2巻P34)

『深夜特急』を読んで人生観が変わったという人は多いと思うが、それは「こんな旅があるのか!」という衝撃ではないかと思う。


急ぐ必要はないのだ行きたいところに行き、見たいものを見る。それで日本に帰るのが遅くなろうとも、心を残してまで急ぐよりはどれだけいいかわからない。(第2巻、P168)

こういう旅がしたい。こういう旅をしていないことがストレスに感じるけど、だからこと自分の将来を結構真剣に考えるのかもしれない。


旅にとって大事なのは、名所でも旧跡でもなく、その土地で出会う人なのだ(略)。そして、まさにその人と人との関わりの最も甘美な表出の仕方が親切という行為のはずなのだ。(第4巻、P83)

これ、すごく分かる。


・・・香港の時のような沸き立つような興奮がないのはなぜだろう。(略)おそらく、最大の理由は時間にあった。毎日が祭りのようだったあの香港の日々から長い時間がたち、私はいくつもの土地を経巡ることになった。その結果、何かを失うことになった

旅は人生に似ている。以前私がそんな言葉を眼にしたら、書いた人物を軽蔑しただろう。少なくとも、これまでの私だったら、旅を人生になぞらえるような物言いには滑稽さしか感じなかったはずだ。しかし、いま、私もまた、旅は人生に似ているという気がしはじめている。たぶん、本当に旅は人生に似ているのだ。どちらも何かを失うことなしに前に進むことはできない・・・・・・
(第5巻P94)

最後の一文、メモった。


(古代スパルタの廃墟で会った老人と)
・・・彼はアメリカ人で、ニューヨークの大学で教鞭をとっていたが、16年前に引退してギリシャに渡り、以来ずっとここに住んでいるということだった。そして、この国もインフレになっているがまだまだ少ない金で暮らせるということや、アメリカではできない静かな生活が送れて気に言っていることなどを話してくれた。

異国に暮らして不自由なことはないのですか。私が訊ねると、彼は自信に満ちた口調で言った。何も不自由はしていない。なぜなら私にはテレビも必要ないし、新刊書も必要ないからだ。ただ、昔読んだ古い本を読み返していればそれでいい・・・・・・。

(略)

ふと、古代スパルタの廃墟で会った老人の顔が浮かんできた。(略)彼もまた人だけは必要としていたのではなかったか
そのとき私は、自分が胸のうちで、彼もまた、と呟いていたことに気がついた。そう、彼もまた、と・・・・・・。
(第5巻P182〜)

劇的紀行 深夜特急』(DVD)の中で、とても印象に残っているシーンがこれ。映像版は本書を忠実に再現していることが分かる。


ついにその一歩を踏みはずすことのなかった僕は、地中海の上でこうして手紙を書いているのです。
(略)

僕を空虚にし不安にさせている喪失感の実態が、初めて見えてきたような気がしました。それは「終わってしまった」ということでした。(略)自分の像を探しながら、自分の存在を滅ぼしつくすという、至福の刻を持てる機会を、僕はついに失ってしまったのです。(第5巻P228)

この箇所は、一番読み返した。何十回と読み返してようやく分かったような、でも、分からんような。


わかっていることは、わからないということだけ(第6巻P109)



【オススメ本】沢木耕太郎著『深夜特急』(全6巻)(新潮文庫)

深夜特急


間違いなく私の人生観を劇的に変えた、沢木耕太郎著『深夜特急』(全6巻)を再び読み返しました。以前はさらーっと流し読みした程度でしたが(それでも私の人生観を変えるには十分な内容だった)、今回は「熟読」しました。

これからの自分の人生を考えるに、何冊もの哲学書を読むより「深夜特急」を熟読する方が良いような気がして。


再読して、色々と思うことはありましたが、一言でいえば、仕事やめるわ(笑)。数年内に。

-----

「自分らしさ」は旅でしか見付けられない訳ではないですが、旅が一番自分をさらけ出すことができる手段であるような気がします。裸の自分、ありのままの自分、心が望むままの自分、これまで気付かなかった本当の自分・・・。

第1巻の冒頭に、「ミッドナイト・エクスプレスとは、トルコの刑務所に入れられた外国人受刑者たちの間の隠語である。脱獄することを、ミッドナイト・エクスプレスに乗る、と言ったのだ。」と書かれています。つまり、『深夜特急』とは、自分の人生から脱獄する旅なのです。

しかし、、、1年2カ月の旅の最後、友人との賭けに勝ったことを報告するために、ロンドンから電報を打ちます。

『ワレ到着セズ』と。

最後の最後にこのコトバ。すごいラストシーンです。

旅はいつまでも未完であり、そして人は人生から脱獄することもできない。

-----

私は、沢木耕太郎氏と比べ物にならないくらい浅薄な旅しかしてませんが、それでも何度も何度も海外に行くと、自分がいかにちっぽけな存在であるかを痛感します。70億分の1に過ぎず、誰も自分のことなんて気にしない。その辺の動物と変わらない。でも、その辺の動物と変わらない存在なのであれば、その辺の動物と同じくらい生きることを楽しんでやろうとも思うのです。

旅が存在を変えることはできないし、脱獄することもできないけど、旅は人を変える。自分が自分らしくあるために自分をさらけ出し、残りの人生で地球を征服したい、と本書を再読して改めて思いました。(だから数年内に仕事やめるわ)


【こちらもオススメ】
沢木耕太郎著 『旅する力―深夜特急ノート』 (新潮文庫)





【オススメ本】ピョートル著『ニューエリート  ―グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち』(大和書房)




先日紹介した『FUTURE INTELLIGENCE』という本の最後のページに載っていた広告を見て購入。

著者は、(毎日スーツを着ていた)モルガン・スタンレーの社員から、(TシャツでもOKの)グーグルに転職した経歴をもつ方。両者とも高学歴の社員が集まる超エリート集団ですが、グーグルに転職され、従来型の資本主義からポスト資本主義社会へ従来型の「オールドエリート」から「ニューエリート」の変化を体感することになります。

そんな著者が、これからの「ニューエリート」(新しい価値を生み出し世界を変える人たち)になるためにどうすべきかを教えてくれるのが本書。

色々な気付きがありましたが、ここではその中から3つを取り上げておきます。



■日本人にはフィードバックが圧倒的に足りない

フィードバックとは、端的に言い換えれば、「人からのアドバイスをきちんと聞く」ということ(P136参照)。日本在住17年のピョートルさんが、日本人に圧倒的に足りないのは、このフィードバックだといいます。

例えば、仕事をして褒められた時に、褒められて終わるのではなく、「どういう点が良かったでしょうか?」、「もっと良くなるためにはどうしたらいいと思いますか?」といったフィードバックをもらうことによって、新たな発見・気付きが得られるはずです。

逆に仕事をして叱られた時に、「すみません」で終わるのではなく、「どういう点を改善すべきですか?」、「あなただったらどうしますか?」、「分からないので教えてもらえますか?」といったフィードバックをもらうことによって、自分の問題点などを知る機会にもなりますし、改善のポイントも分かるはずです。

フィードバックが圧倒的に足りないのは「受ける側」だけでなく、「する側」にも言えますね。

人間は他者からのフィードバックによって成長するものだと思います。こういったコーチングのスキルは身につけたいものです。



■マラソン型の働き方よりも、スプリント型の働き方を

「マラソン」は一度スタートするとゴールまで延々と走り続けるけど、「スプリント」は一度全力でダッシュしたら、次のレースまでの時間は休養や次のレースへの改善に費やします。

終わりも決めずにだらだら残業するような「マラソン型」の働き方が非効率であることは言うまでもありません。ピョートルさんは、「スプリント型」といえど、。押3カ月で一定の効果を出し、インターバルをおくこと1年のうち、少なくとも1週間はたった一人で過ごす時間を作ること、を提案しています(P227〜参照)。

仕事のことを考えている自分から距離を取ることが必要だと分かっていても、なかなかできるものではありませんよね。「インターバルをおく」ということに、個人も組織も寛容にならなければならないと思います。


ニューエリート




■日本人は「自己認識」と「自己開示」が足りない

下の図のとおり、「自己効力感」(=自信)を得るためには、「自己認識」(=自分がどんな人間かをはっきりさせる)「自己開示」(=何をしたいのかをはっきりさせる)が必要だが、それが出来ていない(P282〜参照)

さらに、日本の職場には「自己開示」できる場所・環境がなく、日本のマネジメント層はマネジメントスキルがなさすぎる(P289参照)。

「働き方改革」が流行っているけど、この2つをすっ飛ばして「制度」から入る改革では考えただけでも無理だと分かる(P285〜参照)。

本書の最後の最後のページで、すごい大切なことが書かれています。「ニューエリート」になるか否かに関わらず、この「自己認識」、言い換えれば、自分とは何者なのか、自分は本当は何がしたいのか、といったことをはっきりとさせることが、幸せになるために最も大切なことであり、根本的なことではないかと思います。


ニューエリート

【オススメ本】大塚 公子著『死刑執行人の苦悩』 (角川文庫)

死刑執行人の苦悩 (角川文庫)
大塚 公子
角川書店
1993-07



本日オウム真理教元代表の麻原彰晃死刑囚ら元幹部7人の死刑が執行され、ネットでは死刑執行について賛否が入り乱れてますね。あれだけの凶悪な事件を起こし、多くの犠牲者を出したのだから死刑執行は当然だという意見もあれば、反対意見も多くあります。

こちらの本、私が学生時代に読んだ本です。死刑が執行されるということは、死刑を執行する人(=ざっくり言えば、人を殺すことを業とさせられている人)がいるということです。その「死刑執行人」にフォーカスを当てた本。

色々と考えされられる本です。絶版されたようですが、マーケットプレイスで購入できると思います。

【オススメ本】橘玲『朝日ぎらい  ―よりよい世界のためのリベラル進化論』 (朝日新書)





「朝日ぎらい」というタイトルの本を朝日新聞系の出版社から、しかも「京都ぎらい」のパロディとして出す辺り、マーケティングとしては最高。

政治にもネトウヨにも興味はないのですが、”出たら買う” 橘玲さんの新刊書ということで買ってみました。読み始めたら止まりませんでした。そして、この2週間で3回転。これは非常に良書。

右とか左とか、リベラルとか保守とか、自由主義とか功利主義とか、知ってそうで知らない話を、これほど分かりやすく一冊にまとめてくれた本は(私が知る限りは)この本くらいじゃないかと思います。政治学、社会学、進化論などを詰め込んだ内容。知を横断したい方に超オススメです。


【こちらもオススメ】
橘玲著 『言ってはいけない 残酷すぎる真実』 (新潮新書)
橘玲著「『読まなくてもいい本』の読書案内 ―知の最前線を5日間で探検する」(筑摩書房)

2018年上期 良かった本

もう1年の半分が過ぎました。

ということで、半期に一度のエントリー。

今年1月〜6月までに読んだ本の中で、良かった本をご紹介します。
(この期間に発売された本ではありません)



悪について (ちくま学芸文庫)
エーリッヒ フロム
筑摩書房
2018-01-11


『自由からの逃走』や『愛するということ』などの名著でも有名な精神分析学者・社会心理学者であるエーリッヒ・フロム(1900〜1980)の『悪について』が文庫化。既に何度も読み返しました。目の前には選択肢があり、どれを選ぶかは自分の自由だぜ。
書評はこちら



新装版 苦海浄土 (講談社文庫)
石牟礼 道子
講談社
2004-07-15


全国民、読むべし。
書評はこちら





今年は小説も何冊か読みましたが、この本はとても良かった。
書評はこちら





こちらの小説も非常に良かった。
書評はこちら





これまで読まなかったような本を乱読するきっかけになった本がこちら。
正に人生を狂わされた。
この著者に会いたいと、京都の天狼院書店にまで行きました(会えませんでしたけど・・・)。
書評はこちら



下半期も読書を楽しみます。

人生二度なし
良い本で、良い人生を!
No Fun,No Life !!



【過去に紹介した良かった本】
2017年下期 良かった本
2017年上期 良かった本
2016年下期 良かった本
2016年上期 良かった本
2015年下期 良かった本
2015年上期 良かった本
2014年下期 良かった本
2014年上期 良かった本
2013年下期 良かった本
2013年上期 良かった本
2012年下期 良かった本
2012年上期 良かった本
2011年下期 良かった本
2011年上期 良かった本
2010年下期 良かった本
2010年上期 良かった本
2009年下期 良かった本
2009年上期 良かった本
2008年 良かった本

本を紹介する雑誌

雑誌


書庫を整理していたら、「本」を紹介する特集を組んだ雑誌がボロボロと出てきました(上の写真はほんの一部)。10年くらい前の雑誌もありました。

懐かしく読み返してみると、私のこれまでの読書遍歴の原点と思われる記事や書籍もありました。色んなものに影響を及ぼされ、色んな人に刺激を受け、色んな本を乱読し、それらが編集されて今の自分が出来上がってきたのだと改めて感じました。

書籍代だけはケチらず、読みたいと思った本は全て購入し、隙間の時間にただ読み続けてきただけですが、10年もそれを繰り返していると、かつては未知だった世界を目撃し様々なものが開花していることに気付かされます。

No Book, No Life.
No Fun, No Life.

【オススメ本】『リーダーの本棚 ―決断を支えた一冊 』(日本経済新聞出版社)




日経新聞 日曜日朝刊の「読書面」において、月に2回、『リーダーの本棚』という連載コラムがあります。2016年に書籍化第1弾が発売されましたが、この度第2弾が発売されました。

第1弾と同様、これまで『リーダーの本棚』の紙面に登壇された方の中から50人の方のエピソードが書籍化されております(つまり、2冊で100人分)。各界のリーダーが、どうやって本と向き合ってきたのか、本から何を学んだのか、座右の書は何なのか・・・といったことを教えてくれる非常に貴重な内容です。読書が好きな方は、本書を読めばきっと視野が広がっていくことを感じると思います(私はこの2冊の書籍 ―正確には100名分の日経の紙面― から、世界観がかなり広がりました)。

某大学校長はE・H・カーの名著『歴史とな何か』を取り上げ、歴史の本質・歴史の意味を教えてくれます。「歴史は歴史家が選んだ事実でつくられ、大半が勝者による歴史である」との一文は衝撃でした。

GPIFの理事長は、カール・R・ポパー『開かれた社会とその敵』という座右の書を紹介し、どんな偉人といえども間違えることはあるため、自身がリーダーとなった際に反論を許さない状況を作ることはおかしいということを教えています。

某テレビ番組制作会社会長は、組織が常に動き、個人の自由との矛盾が生じる時に、自由の意味を説いたエイリッヒ・フロムの『自由からの逃走』から知恵を絞ってきたといいます。これは新たな視点に気付かせてくれました。

某美術館館長は座右の書として『エリック・ホッファー自伝』を取り上げ、思索を続けるホッファーの生き様を紹介してくれます。また別の方はハイゼンベルグ『部分と全体』を取り上げ、様々な学問を横断し、関連付けて考えることの大切さを紹介してくれています。この2冊は「いつか読もう」と数年間本棚に置かれたままになっている本です。これを機に向き合おうと思いました。

書き出したらキリがないの、この辺で。
このコーナー、このシリーズは永続して欲しいものです。
良い本を読んで、良い人生を歩みたい。
No Book, No Life.
No Fun, No Life.
読書好きな方には超オススメの一冊です。

人生なんて一夜の夢。


ただ狂え。ただ遊べ。


人生なんて一夜の夢
([出処]「読書という荒野」)

【オススメ本】『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 ―コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする』(だいわ文庫)




超オススメ

著者はデロイトなどでコンサルタントとして活躍された方で、今でも経営コンサルタントをされている方。

成毛眞さんが「前代未聞のビジネス書」と解説を書くほど異質な内容ですが、経営者の方には是非ご一読頂きたい一冊です。特に、コンサルタントを雇えばプロジェクトがうまくいくと思っている方は・・・。

一流ビジネススクールを卒業したばかりの新人に経営コンサルタントの仕事をさせたら、どういうことになるだろうか。

新卒の経営コンサルタントの得意なことは何か? 論理的な分析を行い、さまざまなモデルや理論を駆使して、新たなモデルや理論を構築することだ。

では、彼らに最も欠けているものは? 実社会での経験だ。(P3)

将来を予測するなど、世界で最も優秀な頭脳の持ち主にさえ不可能に近いのだから、20代のコンサルタントが束になってかかったところで、できるはずがない。(P62)

本書の主題はコンサル批判ではなく、役に立たない理論の数々に頼り、職場から人間性を奪うのはやめようということ。業績管理システム、人材開発プログラム、リーダーシップ開発・・・など、著者がこれまで携わってきたプロジェクトを取り上げ、それらがなぜ組織をぐちゃぐちゃにしていったかについて述べるとともに、会社としてどのようにプロジェクトに取り組むべきなのかについて提案しています。

個人的には、戦略を立てるのは、それ自体がゴールではなく、「自己発見」にあるという第1章の内容には深く共感しました。



事業計画_
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】


■税務研究会主催
 (10月22日(月)@札幌)
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』

■税務研究会主催
 (11月21日(水)@大阪)
 決算早期化セミナー
 (近日募集開始)

■税務研究会主催
 (12月12日(水)@名古屋)
 決算早期化セミナー
 (近日募集開始)



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社




コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード