公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

【オススメ本】 池上彰・竹内政明著 『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』 (朝日新書)




私の自宅では日本経済新聞と神戸新聞を購読しておりますが、ホテルに宿泊する時は読売新聞を持ってきてもらいます。駅の売店でも読売新聞を買います。いっそ自宅でも読売新聞を購読しようかとも考えています。なぜか。読売新聞朝刊一面の『編集手帳』が素晴らしいのです。内容に感動することもあれば、話の展開に唸ることもある。言葉の使い方に痺れることもあれば、余韻がしばらく消えないこともある。私を虜にするコラムを15年にわたり書き続けているのが竹内政明さん。

池上彰さんが「読売新聞の一面を下から読ませる男」と称する竹内政明さんに、「どうすれば、こんな文章がかけるのか。お話を聞かせていただきたい。」と対談をお願いしたとか。この対談を編集したのが本書。

ご承知の通り、池上彰さんも元NHKの記者。分かりやすい原稿を書くことでは右に出る者がいない「知の巨人」が、いってみればライバルの記者に教えを乞うような企画なわけで、そんじょそこらの対談ものとは訳が違う。読まない訳にはいかない。(ちなみに、池上彰さんは、『情報を活かす力』 という本の中で、「読売新聞の竹内政明さんが担当している『編集手帳』は見事」とも書かれております(P62)。)

さて、前置きはこれくらいにして本題。現役のプロの書き手が、ここまで種明かしをしてもいいのかと思うくらいの内容です。本当に良い本というのは一度読んだだけでは消化不良、二度目でようやく消化し、三度目で自分の身体に吸収できる。モノを書く仕事をしている方は、三度くらい読む価値があると思います(但し、モノを書く仕事をしていない人が、池上本と思って飛びつかない方が良いと思います)。

個人的に気になっていたのは、『編集手帳』がどのようにして作られているのかという点だったのですが、まず考えることは「テーマ」、次に考えるのが「書き出し」だそうです。「書き出し」がうまく浮かばなければ別のテーマにしてしまうほど「書き出し」を大事にしているようです。

ここから先が池上彰さんと異なる所で面白いのですが、竹内さんは「書き出し」と「結論」を先に決めて、そこから「部品」を探しにいって原稿ができあがることが多いようです。池上彰さんは「書き出し」を決めて、書きながら「結論」が浮かんでくるのを待つようです。私はどちらかといえば池上彰さんのパターンに近いかもしれませんが、竹内さんの原稿の書き方も参考にしたいと思いました。何度も何度も切り貼りを重ねながら読める文章になっていく、とも書かれていました。あれだけのコラムですから、「書き出し」から書き始めて、そのまま書き終えたものが人様に読んでもらえるような文章になっていることはないようです。

私が本書で最も参考になったのは、以下の箇所。文章を「削る」ことによって、良い文章が出来上がる。私も本書を数週間前に読んで以降、原稿を書くときに、意識的に「削る」ということをやってますが、これはオススメ。文章が磨き上げられる感じがします。


書く力


書くことを生業にしている方には超オススメの一冊です。




【オススメ本】 飲茶 『史上最強の哲学入門』 (河出文庫)

yamucha


この表示・・・
このタイトル・・・
この著者名・・・

胡散臭せー、絶対読まねー、って思ったけど、
読んでみると、この本(というかこの著者)すごい。

この世界をこれほど分かりやすく大局的に俯瞰できる本はないと思います。
『史上最強』のタイトルに偽りなし。

過去の哲人が、何に対して、なぜ、自らと格闘して哲学をカタチにしたのかのバックグラウンドがめちゃくちゃよく分かりました。

そして、最後まで読むと、「飲茶」の由来も分かりました。

飲茶最高!


史上最強の哲学入門 (河出文庫)
飲茶
河出書房新社
2015-11-05






▼こちらもオススメ
原田まりる著 『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)
岡田尊司著 『生きるための哲学』 (河出文庫)

【オススメ本】 原田まりる著 『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)




先日電車の中で女子高生がこの本を熱中して読んでたのを見て、「そんなおもろいの??」と思い、読んでみたのですが、これは期待超え。「超」面白かった。

17歳の女子高生の元にニーチェが登場したかと思ったら、ニーチェが電話で呼び出した相手がキルケゴールだったり、店のマスターがショーペンハウアーだったり、サルトルだったり・・・、と話の展開や登場人物が笑えるのですが、読み終えた時には「実存主義とは何ぞや」ということがスッキリと分かっている(気がする)。こりゃすごい本だ。

著者の原田まりるさんはまだ30歳位の女性。30歳でこれが書けるとは恐れ入った。

「ジャケ」で判断してはいけませんね。オススメです。

2016年 amazonアソシエイト・プログラムから売れた本

今年1月1日〜12月24日までに、このブログともう1つのブログから売れた本のランキングです。
(書籍のみ。雑誌、電子書籍は除く。)


■1位

4月に〈第2版〉を上梓しました。〈第2版〉なのに多くの方に買って頂き、感謝です!



■2位

このエントリーの直後に30冊位売れて、amazonから在庫が消えてしまいました。。。
著者の佐和さんからお食事をご馳走になりました(^o^)


■3位

この本を紹介したのは1年半も前なのですが、今でも売れ続けてます。



■4位

経理系以外の本では最も売れた本。オススメ本です。書評はこちら



■5位
決算早期化が実現する7つの原則
武田 雄治
中央経済社
2014-03-08

私が2年半前に上梓した本が、今でも売れ続けています。感謝です!
拙著『決算早期化の実務マニュアル《第2版》』と、『決算早期化が実現する7つの原則』の違いについては、こちらをご参照下さい。



■6位

タイトルのとおり、「ニッポン経済世界最強論」を述べている本。オススメです。書評はこちら



■7位

日経新聞1面に連載されていた「税金考」の書籍化。法人税、所得税、消費税、相続税、国際税務などの税の「ゆがみ」「不公平」などが一冊にまとめられています。結構面白いです。



■8位

5年前に上梓した本がいまだに売れ続けてます。それなのに増刷がかからないという不思議。。。



■9位

良書だと思います。時々読み返してます。



■10位

読んだことない方は年末年始にでも読んで欲しい。私がこの数年に読んだ小説の中でダントツで面白かった本です。



良い本で、良い人生を!
No Fun,No Life !!

2016年下期 良かった本

半期に一度のエントリー。

今年7月〜12月までに読んだ本の中で、良かった本をご紹介します。
(今年7月〜12月に発売された本ではありません)



サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08


サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08

この下半期に読んだ本で、最も熱中して読んだのは『サピエンス全史』(上下巻)。150億年の歴史を超早送りで再生したかのようなスピード感とワクワク感に引き込まれました。人類の歴史をこれほど大局的・俯瞰的に見たことがなかったため、この本は私の歴史観を変えました。





佐藤優さんが灘高生に対して行なったゼミナール形式の授業を編集したもの。正確にいえば、灘高生の中の意欲のある生徒が佐藤優さんのもとを訪れ、鋭い質問を投げ、佐藤優さんがそれに答えるというもの。そのやり取りが実に面白い。書評はこちら





同じく加藤陽子さんが学生(中高生)向けに行なった授業を編集したもの。これも熱中して読みました。歴史を学び直すキッカケにもなった本。書評はこちら




生きるための哲学 (河出文庫)
岡田尊司
河出書房新社
2016-11-05

これからどうやって生きていくべきかを決定付けてくれた、というと大袈裟かもしれないけど、それくらい出会って良かったと思う本。書評はこちら



来年も読書を楽しみたいと思います。

良い本で、良い人生を!
No Fun,No Life !!




【過去に紹介した良かった本】
2016年上期 良かった本
2015年下期 良かった本
2015年上期 良かった本
2014年下期 良かった本
2014年上期 良かった本
2013年下期 良かった本
2013年上期 良かった本
2012年下期 良かった本
2012年上期 良かった本
2011年下期 良かった本
2011年上期 良かった本
2010年下期 良かった本
2010年上期 良かった本
2009年下期 良かった本
2009年上期 良かった本
2008年 良かった本

【オススメ本】 池上彰・佐藤優 『僕らが毎日やっている最強の読み方』 (東洋経済新報社)




『知の巨人』の2人が知的生産術を語るなら、ということで中も見ずに購入。

膨大な知をアウトプットをしている2人が、新聞・雑誌・ネット・書籍からどうやってインプットしているのかを披露してくれている、個人的に嬉しすぎる一冊。

以下、私のメモ。

■新聞
●全国紙は、「客観報道」の前提が崩れている。
●全国紙は、通信社(共同通信など)の記事をほとんど扱わないという奇妙な習慣がある。
●地方紙に目を通すと通信社のニュースをカバーできる。
●全国紙+地方紙の複数紙を併読してほしい。(佐藤)
●朝日嫌いでも「朝日新聞デジタル」は目を通すべき。(佐藤)
●共同通信も時事通信も元々同じ会社。両者とも電通上場のキャピタルゲインで本社ビルを建てた。

■雑誌
●電子雑誌読み放題サービス「dマガジン」(月400円+税)の登場は大革命。
●新聞と同様、雑誌も「拾い読み」が基本です。(池上)

■ネット
●ネット情報は玉石混淆。ノイズ情報をいかに除去するかがポイント。(佐藤)
かかる時間に対して得られる情報が少ない(効率が悪い)のがネットの特徴。(佐藤)
●そもそもネットで入手できる情報の多くが二次情報、三次情報。(佐藤)
●メディアの情報の中で何か気になるものがあれば、原文にあたってみるといい(池上)

●最近のグーグルは使い勝手がよくない(池上)
●ウィキペディアの信憑性はバラツキがある(佐藤)
●「日本大百科全書」などが検索できる「ジャパンナレッジ」は便利(佐藤)

インプットの時間を確保するには、「ネット断ち」「スマホ断ち」(池上)
ネットサーフィンの良くない点は、時間の浪費に加えて、そこで見た情報がほとんど記憶に残らないこと(佐藤)
●歩きスマホをやめられないのは「ネット依存」「スマホ依存」(佐藤)
●東大で歩きスマホをしている人は見かけない(池上)

●海外メディアは、『フィナンシャル・タイムズ』がオススメ(池上)
●英語の学習を意識するなら、『BBC Learning English』もいい(佐藤)

■書籍
●基礎知識は書籍でしか身につかない(佐藤)
読む本は選ばなければならない(偏った情報が多い)(佐藤)
●いい本に出会うためのコツは「たくさん買う」こと。迷ったら買う。(池上)

●「熟読する本」と「速読で済ませる本」は分ける(池上)
●「熟読」、「超速読」(1冊5分)、「普通の速読」(1冊30分)を使い分ける(佐藤)
●現時点で「理解できる本」と「理解できない本」は仕分けをする(佐藤)

論理的な思考力を身につけるためには、難解な本と格闘する経験が必要不可欠(池上)
●読書ノートには「記憶のトリガー」になるものを一緒に書き込んでおく(佐藤)


2人に共通しているのは、膨大なインプットをするための時間の確保をする工夫をされていることですね。インプットの時間を確保するために、飛行機より新幹線を利用するという点は私も同じです。

本書に度々出てくるコトバが「ネット断ち」。佐藤優氏が「どんなに忙しくても、毎日4時間はインプットの時間を死守すること」を自分自身に課し、この4時間はパソコンもタブレットも電源を落とすという「ネット断ち」をしているようです。また、「ネット断ち」だけではなく、「酒断ち」もしているようです。「酒を飲むのは人生の無駄だ」と言い切ります。確かに、インプットの時間にアルコールが入ると、その時間は確実に無駄になります。私の場合、ソファーに座っての読書も、時間の無駄になることが多いですね。かなりの割合で寝てしまいますし、起きていたとしてもインプットできていないことが多いので。

池上彰氏、佐藤優氏は、単著でも知的生産に関する本を出されております。こちらも参考になることが多いと思います。特に『読書の技法』はオススメです。

佐藤優著『読書の技法』(東洋経済新報社)
池上彰著 『情報を活かす力』 (PHPビジネス新書)

【オススメ本】 岡田尊司 『生きるための哲学』 (河出文庫)

生きるための哲学 (河出文庫)
岡田尊司
河出書房新社
2016-11-05



出会いに感謝したい本。

佐藤優さんの 『君たちが知っておくべきこと ―未来のエリートとの対話』という本の中で、「自分の思考の鋳型を知ろう」という実に深い内容の話があり、そこで精神科医の岡田尊司(おかだ・たかし)さんの『マインド・コントロール』という本が引用されています。

この本を読んで以降、岡田尊司さんという方の本をいつか読みたいと思っていた所、書店の新刊書コーナーで本書『生きるための哲学』を見付けました(昔出版された本の文庫化のようです)。

------

『生きるための哲学』というタイトルではありますが、西洋哲学の小難しい内容が書かれている本ではありません。非常に読みやすい本です。

ただ、ショーペンハウアーや、ジャン=ジャック・ルソー、ヘルマン・ヘッセ、サマーセット・モーム、夏目漱石、ハンナ・アーレント・・・といった哲学者、思想家、文学者たちが多く登場します。

これらの錚々たる哲学者等の誕生まで遡り、彼等の「哲学」の原点を探ると、彼等が決して恵まれた生い立ちではないことが分かります。むしろ、多くの場合、幼少期の親子の関係に何かしらの「生きづらさ」を経験している。そして、その「生きづらさ」を克服するために、「自分の哲学を完成させる」という壮絶な闘いを小さい頃からやっている。その結果として生み出されたものが、何十年、何百年経った今でも書店に並ぶほどの作品となっている。

この世に生まれた時、頼るべき人は親しかいません。親から愛情を受けて育った人は幸せでしょう。しかし、小さな時から親の愛情を受けることがなかった人、親から暴力を振るわれた人、親を失った人、何らかの事情で親に会えなくなった人、親から認めてもらえなかった人・・・、そういった深い絶望の中で、強いストレスにさらされ、孤独や不安を抱えて生き抜かざるを得ない人も沢山いる。

人によっては、どん底の状態に落ちることにより決定的なダメージを受け、再起不能となることもある。他方、一部の人は、それを克服し、むしろそれを強みに変える。その違いは何なのかは第七章に書かれています。

「生きる」というのは何なのか、個人的な行為なのか、親、家族、パートナーとの共同行為なのか、意味があるのか、虚無なのか、楽しむべきものなのか、苦悩なのか、よく分からないテーマです。しかし、本書を何回も読み返し、自分自身の人生を何度も振り返った時に、何かモンモンとしていたものが流れていく感覚を得ました。本書を読んだ時の感じ方は人それぞれだと思いますが、私の場合、「自分の哲学を完成させる」という壮絶な闘いに残りの人生を割くべきだと思いましたし、自分が本当に何になりたいかを知っているのに行動していないことについて背中を押してもらった気がします。

▼目次
第一章  親と折り合いが悪い人に
第二章  自己否定や罪悪感に悩む人に
第三章  自分らしく生きられない人に
第四章  「絆」に縛られている人に
第五章  自分が何者かわからない人に
第六章  絶望を希望に変える哲学
第七章  生きる意味を求めて


【オススメ本】 齋藤孝著 『論語』 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)
筑摩書房
2016-10-06



これは嬉しい1冊。

論語の全文の「原文」「描き下し文」「現代語訳」が文庫サイズにまとまりました。

「現代語訳」が非常に分かりやすい。
「あれ? 論語ってこんなに読みやすかったっけ??」と思うほど。

論語に初めて触れる方でも、すらすら読めると思います。



ただ、これまで岩波文庫の金谷治訳で読んでいた方には、”口語すぎる”現代語訳に若干の違和感があるかも。

例えば、私が好きな論語の一節
『徳は孤ならず、必ず隣あり』(里仁第四)

の両者の現代語訳は、以下の通り。

▼金谷治訳
「道徳のある者は孤立しない。きっと親しいなかまができる。」

▼齋藤孝訳
「いろいろな徳は、ばらばらに孤立してはいない。必ず隣り合わせで、一つを身につければ隣の徳もついてくる」

なんだか、意味が変わってしまってますね




【オススメ本】大前研一著 『低欲望社会』 (小学館新書)




『私をリーダーに導いた250冊 自分を変える読書』という本の中で、ある社長が『低欲望社会』は読み応えがあった、と薦めていたのをみて購入。

それにしても、日本人の若い世代を中心に見られる、内向き・下向き・後ろ向きで、欲もなく、志もない者が増加している現象を、『低欲望社会』とは、うまく表現したものです。

この閉塞感あふれる日本を明るくする新しい国富論を大前研一氏が説きます。

根底にあるのは国の政策への批判と危機感。最近の「働き方改革」や、富裕層を狙い撃ちした税制への批判は、共感です。「働き方改革」は、私も、国が口出しすべきではなく、”余計なお世話”だと考えてましたが、大前氏も「愚の骨頂」(P8)だと切り捨てます。相続税増税の「過酷な税制」(P34)については、「そこそこの収入や資産を得たら、それ以上に収入や資産を増やそうというインセンティブはなくなってしまう」(P34)と指摘しますが、それは激しく同意します。相続税増税に限らず、所得税の最高税率の引き上げは富裕層のモチベーションを下げているはずです。「与党が人気取りのために富裕層への懲罰的な課税強化を重ねているわけで、それに嫌気をさした金持ちが海外へ逃避するのは当然だろう」(P213)という指摘も同意です。日本の場合、医者や農民などは税制面で極めて優遇されていたり、一定の所得に充たない者は税金を払わなくてもよくなっており、税負担が平等ではありません。大前氏は、「最低でも5%は課税し、累進性にするとしても最高税率は25%程度に抑えるべき」(P36)と提案してます。ちなみに、現在は所得税・住民税を合わせると最高税率55%です。

大前氏は、法人税減税についても猛烈批判(詳細はP156〜)。結局のところ、今般の税制改革により、富裕層や日本企業が海外へ流出するインセンティブを招いているとしか言いようがない。根本的な制度改革が必要なのに、小手先の微調整だけ行い、取れる所から姑息に税金を巻き上げるというやり方をやっているわけだから、国に見切りをつける人や企業が現れるのは当然だと思います。

本書を読んで、少し衝撃を受けたのは、下の図表。
濃い色が自然増加率で、薄い色が社会増加率(=移民)を表しています。つまり、他の先進国はすべて移民を受け入れていますが、日本だけは移民を殆ど受け入れていないため、自然増がマイナスに転じたことが分かります。

主要国の人口増減率


さらに衝撃を受け入れたのはが、下の図表。
日本では平均年齢を見ると、女性が結婚後約1年経ってから第1子を産んでいる計算になります。しかし、日本以外の国々では、いずれも結婚する前に第1子を産んでいる計算になります。婚外子の割合が日本は極端に少ないということが分かります。こんな状況でありながらも、家族関係の政府支出が対GDP比率で低水準になっている。

少子化関連指標の国際比較


他にも取り上げたい話がたくさんありますが、この辺で。

確かに読み応えのある1冊でした。


【オススメ本】 ジェフ・オルソン著 『スライトエッジ』(きこ書房)

スライトエッジ
ジェフ・オルソン
きこ書房
2016-10-08



「思考は現実化する」など多くの自己啓発本を出版するきこ書房facebookページにて紹介されていたのを見て購入。アメリカでは100万部突破のベストセラーだそうです。

非常に共感できる本でした。

少し長いですが、一部引用します。
成功者と呼べる人をあなたは何人知っているだろう? 経済的成功が成功の1つの側面であることは確かだが、必ずしも経済的に成功していなくてもかまわない。僕の言う成功というのは、人生のあらゆる面における成功のことだ。素晴らしく健康で多くの良き友人に恵まれている人、エネルギーと好奇心に満ち溢れ、常に新たなことを学び、人生にワクワクしている人。つまり、人生がその人の味方をしているとしか思えないような人。それが成功者だ。
(略)
そういう人をあなたは何人知っているだろうか?
(略)
正直に言おう。ほとんどの人は生きることにあっぷあっぷしている。それはお金の面だけではない。借金がそれ以上膨らまないように、健康状態がずるずると悪くならないように、忙しい日々の中ストレスで参ってしまうことなくすべてのやるべきことを何とかこなせるように、友情や人間関係とその他の義務を両立させられるように・・・・・・。
(略)
僕はここ20年間程この問題について観察してきたが、自分の人生の目標をかなり達成しつつある人は約20人に1人だ。お金、仕事、私生活、人間関係、健康、その他ありとあらゆる面において、そう言える。

20人に1人、つまり約5%だ。

ということは95%の人たちは人生に失敗しつつあるか、目標に到達できないでいるということになる。

では5%の人たちと95%の人たちとで何が違っているのだろうか? 5%の人たちがやっていて、95%の人たちがやっていないことは何なのだろうか?
(略)
1つだけ違いがある。それはスライト・エッジだ。

成功者と敗北者の違いをもたらすものは、「スライト・エッジ」「わずかな違い」にすぎない。それは、現状を変えようと思った時に、行動するか、行動しないかの違い。言い換えれば、することに快楽をおぼえるか、しないことに快楽をおぼえるかの違い。

本書を読んで印象に残ったのは、「自分がしているあらゆることの99.99%は自動操縦」だという一文(第11章参照)。つまり、行動や習慣は、意識的に変えようとしない限り、現状に甘んじて、流される。しかし、今がどんな状況であっても、人はどの瞬間にでも成功曲線に乗るという選択をすることはできる(第9章参照)。

上位5%の成功者になるには、無意識の自動操縦を打破し、新しい行動を選択し、習慣化するまで続けることだと思います。


【こちらもオススメ】
ナポレオン・ヒル著 『成功哲学』(きこ書房)

セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■プロネクサス主催
 (5月25日(水) @東京)
『先行事例から学ぶIFRS導入プロジェクトの実務』
(近日募集開始予定)

■日本経営協会主催
 (7月開催予定@東京)
 (8月開催予定@大阪)


【中小企業向けセミナー】

■黒字社長塾主催
 (4月24日(月) @東京)
『1年で会社を黒字にする方法』


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ