公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

死を語る

終戦記念日の翌日(2017/8/16)の日経新聞朝刊コラム『春秋』に、目が留まりました。
人が死ぬと霊は故郷へ向かう。歳月が過ぎると霊は個性を失い、他の祖霊と融合して氏神になり子孫を見守る。柳田国男は「先祖の話」でこう説く。本書は1945年春に執筆された。敗戦による人心の荒廃を予期したのか。柳田は驚くべき呼びかけをする。生き残った者が散華した若者の養子になるべきだ、と言うのだ。

子をなさず戦死した若者を新たに私たちの先祖に迎え、彼らとともに戦後社会を再建することを提案した。柳田は民俗学を「省察の学問」と呼ぶ。悲惨な過去をより良い社会を形成するための力にすべきだとの倫理観が底流にある。(以下省略)

色んな意味で凄い文章。

ちょうどこのコラムを読んでいた前日に、佐藤優氏・中村うさぎ氏の対談『死を語る』(PHP文庫)を読んでいました。タイトル・内容に惹かれた訳ではなく、佐藤優氏・中村うさぎ氏の対談ということで。

この対談、もともとは『男と女』がテーマだったようですが、対談直後(2013年夏頃)に中村うさぎさんが体調を崩し、心肺停止など生死の境をさまようという経験をされたことから、『死』をテーマにすることになったようです。

『死』の捉え方は、文化圏や宗教によって異なる話は興味深い。キリスト教、仏教、イスラム教によって『死』の捉え方は全く異なります。日本は地域・時期によって異なるのでしょう。戦後、上の柳田国男のような考えがあったことには驚きました。

『死を語る』の中で、死の一歩手前まで経験した中村うさぎさんのコメントが印象に残ります。心肺停止になっても、「天国の門」も「三途の川」も見えず、絶対的に「無」になった、といいます。痛みもなく、感覚もなく、感情もない。そして、それを「救済」と感じたと。そこで、私は何者かになろうと必死で生きてきたけれど、本当になりたかったのは「何者でもない」存在だったんだと気付いた、ともいいます。

私は(もちろん)『死』を経験したことはありませんが、(色んな『死』の捉え方がある中で)中村うさぎさんのいうような「絶対無」なんだろうなぁという気がします。以前、中村うさぎさんの『あとは死ぬだけ』(太田出版)という本を読んだ時も、この人の思想には相当驚かされましたが、本書(『死を語る』)もなかなかでした。

8月は色々と考えます。改めて、生を楽しもうと思いました。


死を語る (PHP文庫)
佐藤 優
PHP研究所
2017-08-03

ドラッカーの『マネジメント』を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
ピーター・F・ドラッカー
ダイヤモンド社
2001-12-14



再びピーター・F・ドラッカーの『マネジメント』を読み返しました。

何度読んでも痺れます。

企業の目的は、『顧客の創造』である。したがって、企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケティングイノベーションである。マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす。


では、その「マーケティング」、「イノベーション」とは何かのかという説明がまた痺れます。

実のところ、販売とマーケティングは逆である。同じ意味ではないことはもちろん、補い合う部分さえない。もちろんなんらかの販売は必要である。だがマーケティングの理想は、販売を不要にすることである

イノベーションとは、発明のことではない。技術のみに関するコンセプトでもない。経済に関わることである。
(中略)
イノベーションとは、人的資源や物的資源に対し、より大きな富を生み出す新しい能力をもたらすことである。


企業の目的たる『顧客の創造』のために、われわれは何をしてきたのか。

マーケティングイノベーションにどれだけの時間を割いてきたのか。

そういうことを考えると、何もしていない、できていない、という社長さんが多いなぁ〜と感じます。

「顧客とは誰か」との問いこそ、個々の企業の使命を定義するうえで、もっとも重要な問いである。


この顧客の定義、顧客の絞り込みは、マーケティングをする上でも非常に重要ですが、できていない社長さんが多いような気がします。


この『マネジメント』という本、過去にも買ったことがあるのですが、ボロボロになったので、2冊目を買い直しました。良い本は何度読んでも得られるものがあります。私にとっては経営のバイブルといってもいい本。「もしドラ」よりもこちらを熟読されることをオススメ致します。


【こちらもオススメ】
ピーター.F.ドラッカー『経営者に贈る5つの質問』

【オススメ本】丹羽 宇一郎著『死ぬほど読書』 (幻冬舎新書)

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)
丹羽 宇一郎
幻冬舎
2017-07-28



元伊藤忠商事社長、元駐中国大使の丹羽宇一郎氏の新刊書。

読書好きによる、読書好きのための、”読書を語る”的な本は、これまで何十冊と読んできました。読書なんて、読書が好きだという人が、自分が好きな時間に、好きなように読めばよく、あるべき「読み方」なんてなく、食事をするようにただ楽しめばよいと思います。

だけど、自分よりも遥かに多くの本を読んできたであろう方が、”読書を語る”的な本を出版されると、中身が気になって読んでしまう・・・。書斎を覗き見するような、そんな感覚で。

以下、備忘録として。

・人間にとって一番大事なのは、「自分は何も知らない」と自覚することだと私は思います。(P17)

・「無知の知」を知る。読書はそのことを、身をもって教えてくれます。(P17)

・「雑草には麦の養分を奪い、麦を枯らす。すなわち悪書は読者の金と時間と注意力を奪う」(ショウペンハウエル)(P32)

・人がいくらいいといっても、関心のないものは一生懸命に読んでも頭に入らない。蒙を啓く(ひらく)内容だといわれても、基礎知識がなければ理解できない。(P35)

・私がこれは大木だと思っている本でも、人からすれば雑草かもしれない。逆に人がこれはりっぱな本だと考えている本が、私にとっては雑草にすぎないかもしれない。(P35)

・最近、ある週刊誌の取材を受けて、その週刊誌を久しぶりに読んでみたのですが、そのくだらない内容に驚きました。(略)どうしてそうなるかというと、大衆の関心は他人の不幸を見聞きすることにあり、心のなかは「ねたみ、ひがみ、やっかみ」に満ちているからではないでしょうか。(P76〜)

・ネットの情報は週刊誌よりも、もっと断片的な細切れのものばかり。(P78)

・楽しいから読む。わくわくするから読む。心が潤うから読む。そういう気持ちで読むから本はいいのです。読書は無償の行為ゆえに無上の値打ちを持っているのです。(P100)

・私は40年以上、夜、寝床に就く前に、毎日欠かさず30分以上の読書を続けてきました。(略)その習慣が途絶えたことは1日たりともありません。(P104〜)

・私の場合は、(略)線を引いた箇所の多くは、後で必ずノートに書き写すわけです。(略)ノートに書き写す作業は、けっこうな時間がかかるので、週末の休みを利用したりしています。(略)読書は目だけではなく、手も使う。これはとても大事なことです。(P109)

・一つでも、二つでも心に刻まれる言葉があれば、儲けものと思ったほうがいい。(P145 )

・読書をするときに大切なことは、丁寧に読むというより、いかに集中するかです。(略)いざ読み始めると、どうも興が乗らない。そこを無理して読み進めても、あまり頭には入ってきません。そういうときはいったん本をおいて、別の本を読み始めたりします。(P114)

本は、基本的に身銭を切って読むものだと思います。(略)興味のある本を読むためなら、いくらお金を使っても惜しくはない。これだけは自分に許された最高の贅沢だと思っているのです。(P116〜)

・人生というものは、問題があって当たり前。問題のない人生など、どこにもない。問題がなくなるのは、死ぬときです。(略)どんなに苦しい状況に陥っても、それは天が自分に課した試練だと私は思っています。そこから逃げることなく、正面から受け止めてベストを尽くせば、必ず知恵と力が湧いてきます。思わぬ閃きも生まれる。そうして不可能だと思っていたものに、光が見えてくる。その源泉となるのが、読書と経験です。(P140〜)

数年前、「情熱大陸」で林真理子さんが出演された時に、「お金を持てるようになって良かったことは、あの国に行きたいといったら行けるし、あの本買いたいといえば買えることくらい」というようなことをおっしゃっていたのですが、これはホントに同感です。丹羽宇一郎氏も書籍代にはカネを惜しまないと書いていましたが、私も書籍代にはカネを惜しまないようにしています。ただ私と違って、丹羽氏は積ん読をしない(P119〜)、自分の預金口座にいくらの預金があるか知らない(P116)らしい。「読書」と直接関係ない話ではあるものの、上場企業の社長・会長にまで登り詰めた方が自分の預金を知らない(ワイフに委ねている)とは驚き桃の木。

【こちらもオススメ】
丹羽 宇一郎著『負けてたまるか! 若者のための仕事論』(朝日新書)
池上彰・佐藤優 『僕らが毎日やっている最強の読み方』 (東洋経済新報社)
佐藤優著『読書の技法』(東洋経済新報社)
齋藤孝 『大人のための読書の全技術』(KADOKAWA/中経出版)



【オススメ本】前野ウルド浩太郎著『バッタを倒しにアフリカへ』 (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)
前野ウルド浩太郎
光文社
2017-05-17



バッタに興味があるわけでもなく、なんでこの本を手に取ったのか未だにさっぱり分かりません。いつもと違うジャンルを覗いてみたかったのか、未知を既知に変えたい欲求なのか、何か刺激が欲しかったのか・・・。ただ、読み始めたら止まりませんでした。

著者は、ファーブルに憧れ、昆虫学者になることを心に誓い、子供の頃から「バッタに食べられたい」というのが夢になったといいます。その夢を叶えるために、31歳の時、バッタが大発生しているという西アフリカのモーリタニアへ。

日本では計画通りに研究を薦めないと、遂行能力が欠如した「劣等生」の烙印をすぐさま押されてしまう。だが、ここはアフリカだ。日本でやっていたように計画に縛られると、目の前の大切なものを逃してしまう。今回は、番外編として研究することにした。(P56)


しかし、日本語が通じない砂漠の国に単身で乗り込んだ訳なので、当然様々な苦難が待ち受けます。

まさか「バッタがいない」という状況になるとは。最悪だ。大発生すると評判のバッタが不在になるなんて、一体何しにアフリカにやってきたのか。いま途方に暮れずに、いつ途方に暮れろというのだ。

バッタを失い、自分がいかにバッタに依存して生きてきたのかを痛感していた。自分からバッタをとったら何が残るのだろう。私の研究者としての魅力は、もしかしたら何もないのではないか。バッタがいなければ何もできない。まるで翼の折れたエンジェルくらい役立たずではないか。(P166)

終始、こんな↑ノリです。

唇はキスのためでなく、悔しさを噛みしめるためにあることを知った32歳の冬。(P259)

昆虫学者がなんでこんなに面白い文章を書けるのやら。。。

文書力もすごいと思いますが、著者の行動力や、夢の実現に向けて一点集中で取り組む覚悟や、様々な苦難を乗り越えていく姿もすごいものがありますし、こういう日本人がいるのかと勇気を与えてくれます。

ファインマンさんの本を読んでいるかのような面白さでした。


【オススメ本】三浦太著『A3一枚でつくる 事業計画の教科書』(あさ出版)




先日紹介した『ビジネスプラン・シナリオ作成術』(かんき出版)と一緒に買った本。この本も非常に良かったです。

事業計画書の作り方を解説した本は多くありますが、「A3一枚」ってのが最高です。

本書には「A3一枚」の事業計画書テンプレートが掲載されており、その記載例も豊富に載っていますし、それぞれの項目の解説が非常に分かりやすく、素晴らしい内容です。また、基本的な経営戦略やビジネスモデルの書籍に書かれていることは本書でも解説されており、単なる事業計画書作成本ではありません。

「A3一枚」で説明が完結するコンパクトな事業計画書を作成することは、俯瞰力や網羅性が求められるため、分厚い事業計画書を作成することよりも難しいと思いますが、本書掲載の「A3一枚」の事業計画書テンプレートを埋めることができれば、必要に応じて詳細な事業計画書も作成することができるようになると思います。

なお、著者の三浦太さんは、新日本監査法人のシニアパートナーの方。監査法人のパートナーの方がこの手の書籍を書くのはかなり珍しいことです。そういう意味でも、貴重な一冊です。

【オススメ本】住野よる著『君の膵臓をたべたい』 (双葉文庫)




泣いた。

自分の人生は、自分で「選ぶ」ことで変わるという、
人生で本当に大切なものを、改めて教えてくれた。

たまにはこういう小説を読むべきですね。



【こちらもオススメ】
ヤン ゴールドスタイン著『ほんとうに大切なこと』

【オススメ本】『ビジネスプラン・シナリオ作成術』(かんき出版)




「会計」だけでなく「経営」に関するセミナー・講演をすることが増えそうなので、知識を体系的に整理する目的で、大手書店の「経営戦略」や「事業計画」等のコーナーにある本をどっさり購入して乱読していたのですが、その中で圧倒的に良かったのがこの本。

本書は、2001年に発売された『ビジネスプラン策定シナリオ』という本のリニューアル版のようです。

そのタイトルの通り、『ビジネスプラン(事業計画)』の策定について書かれた本なのですが、「事業計画書の作り方・埋め方」的なことを説明している類書とは異なり、「新規事業を創るためのストーリー(企画)の作り方」といった内容です。

新規事業をどうやって作るのかを体系的に解説した本は少ない(というか、私は知らない)中で、本書は重要なポイントを10ステップにまとめ、それぞれに企画事例(「成功例」と「残念な例」)と、その事例の企画書を載せてくれているという優れた内容です(「成功例」には実在する上場企業の新規商品企画事例であり、これを見ることが出来るだけでも、本書のバリューは高いといえます)。

ちなみに、10ステップは以下の通り。

STEP1  商品企画・事業企画の背景・問題意識を明確にする
STEP2  商品企画・事業企画のコンセプトを仮説化する
STEP3  コンセプトの仮説を検証する
STEP4  ベンチマーキング分析&ベストプラクティスを実施する
STEP5  ドメインを決定する
STEP6  市場規模を算定する
STEP7  ビジネス・ビジョンを設定する
STEP8  ビジネス戦略体系を構築する
STEP9  ビジネス戦略をアクションに落とし込む
STEP10  事業収支と事業評価を想定する

この10ステップをご覧頂くと分かるように、「ここに書かれていることを全部なぞってしまえば新規事業が出来上がるじゃないか!」という内容です。

これから新規事業を立ち上げる方や、新商品・新サービス・新技術の開発をされる方には、強くオススメしたい一冊です。


【こちらもオススメ】
山田英夫著 「異業種に学ぶビジネスモデル」

【オススメ本】池上彰著『知らないと恥をかく世界の大問題8』 (角川新書)




池上彰さんの本の中でも特に好きなシリーズ『知らないと恥をかく世界の大問題』の第8弾。年1冊のペースで発売されています。第8弾の発売をずっと待っていました。

1年間の世界情勢、外交問題などを振り替えるには最適な本です。非常に勉強になります。

目次を見ても分かるように、アメリカ(トランプ)、ヨーロッパ(EU)、中東(IS)、アジア(北朝鮮、中国、韓国)、日本(安倍政権)などの今の『世界の大問題』を一気に解説してくれてます。

▼目次
自国ファーストの世界を読み解く!
プロローグ トランプに振り回される世界 
第1章 分断されるアメリカ  
第2章 危機を迎えたヨーロッパの理想 
第3章 大国に翻弄される中東 
第4章 アメリカの変化にアジアは? 
第5章 分断される世界は人類共通の問題を悪化させる
第6章 安倍政権は、戦後最長の長期政権になるのか
エピローグ 分断に立ち向かう、未来への姿勢 〜未来を変えるのは私たちだ〜

【オススメ本】『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』




HONZの成毛さんの書評を見て購入。

久々に読書しながら爆笑しました。

「もし村上春樹がカップ焼きそばの作り方を書いたら」といったパロディ集なのですが、これが見事な文章。

読売新聞の『編集手帳』がカップ焼きそばの作り方を書いたら・・・とか、村上龍と坂本龍一がカップ焼きそばの作り方について対談したら・・・とかいったものなど、その発想力、文章力、編集力には、笑いを通り越して唸りました。

【オススメ本】河合雅司著『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』 (講談社現代新書)




日本の人口は激減します。

100年後には約5060万人に、200年後には約1380万人に、3000年にはなんと人口2000人に!

日本の人口推移


このように日本の人口が激減すると、どのような事態が起きるのか。

例えば、以下のような事態が待ち受けているといいます。
 2019年:IT技術者が不足
 2026年:高齢者の5人に1人が認知症患者に(約730万人)
 2027年:献血必要量が不足(手術・治療への影響が懸念)
 2030年:東京郊外にもゴーストタウン
 2033年:3戸に1戸が空き家
 2039年:死亡者数がピーク、火葬場不足が深刻化
 2040年:自治体の半数近くが消滅の機器
 2045年:東京都民の3人に1人が高齢者
 2050年:現在の居住地域の約20%が誰も住まない土地になる。
(P22〜23『人口減少カレンダー』参照)


もう、コトバが出ません。。。

特に衝撃だったのは、以下の図表。

国土交通省の『国土のグランドデザイン2050』なるもので、三大都市圏を除いた地域において主なサービスごとに立地に必要な需要規模を「存在確率50%」と「存在確立80%」というカタチで計算したもの。「存在確率50%」とは、その人口規模を下回ると、廃業や撤退するところが出てくるライン、「存在確立80%」であればほぼ存在出来るライン、を意味します。

サービス施設が立地する字自体の規模


例えば銀行だと、9500人の人口規模の自治体であれば存在できるが、6500人規模になると撤退を始めるということになります。

今後人口が減少した場合、「存在確率50%」を割り込むサービス施設が増えることが予想されます。2040年に「存在確率50%」を割り込む自治体の割合をサービスごとに推計すると・・・
 ●百貨店 ・・・38.1%
 ●大学 ・・・24.1%
 ●有料老人ホーム ・・・23.0%
 ●公認会計士事務所 ・・・19.5%
 ●税理士事務所 ・・・18.3%
などという結果に。

23年後の2040年には、公認会計士、税理士の事務所は約20%の自治体で存続できなくなる可能性があるというのです。これから独立開業される方は慎重に考えた方が良いと思います。


確実に労働力が不足する未来に向けて、政府は、外国人労働者の受け入れや、AI(人工知能)の活用などを進めようとしています。しかし、著者は、いずれも切り札にはなり得ないと、「戦略的に縮む」ことを提唱しています(第2部参照)。




▼人口問題に関心ある方は、こちらもオススメです。

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-06-10



セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催主催
 (8月29日(火) @大阪)
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』

■プロネクサス主催
 (9月5日(火) @東京)
『決算早期化(30日開示)を達成する決算実務』


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ