公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

八日目の蝉

八日目の蝉 (中公文庫)
角田光代
中央公論新社
2012-12-19



蝉は、七年も土の中にいて、外に出てると七日目に死んでしまう。
仲間はみんな死んじゃったのに自分だけ生き残っちゃったとしたら悲しいよね。

-----

年末年始に、角田光代さんの『八日目の蝉』を読んだ。角田光代さんの小説を読むのは初めてだったが、惹き込まれた。

不倫相手の赤ん坊を誘拐し、東京、名古屋、小豆島と逃亡生活を送るオンナと、その娘として育てられた女の子の話。小豆島でのお祭りで2人が仲良くいるところの姿が全国紙に掲載されてしまい、それを不倫相手(=女の子の父親)が見付け、オンナは逮捕される。3年半の逃亡劇が「やっと」終わり、女の子は本来の親の元に無事戻るのだが、3年半の間に、誘拐犯と女の子には「親子関係」が生まれていたのだ。血の繋がりのない2人は引き裂かれるが、記憶から消えることはない。

-----

どんな子供でも、一度や二度は、なぜ生まれてきたのか、なぜこの父親の子供なのか、なぜこの母親の子供なのか、と思ったことはあるだろう。親は親で、なぜ父親になったのか、なぜ母親になったのか、なぜ子供を授かったのか、と思ったことがあるのではないだろうか。

本来、無償の愛をもって愛し合うはずの「親子関係」が、時には憎しみ合い、時には目を逸らし、時には逃げ、時には事件になる。夢にまで見たマイホームが、狭く窮屈な場所になる。そうやって、7日しか生きられない蝉は、家族を憎みながら自分を守り、すべてに背を向けて、逃げていく。

逃げに逃げた八日目の蝉は、幸せなのか。悲しみしかないのか。そんなことを大人になった女の子は問うことになる。

女の子と知り合った千草という女性のコトバが、その問いの答えなのかもしれない。
「八日目の蝉は、ほかの蝉には見られなかったものを見られるんだから。見たくないって思うかもしれないけど、でも、ぎゅっと目を閉じてなくちゃいけないほどにひどいものばかりでもないと思うよ。」

他方で、刑期を終えた誘拐犯は、すべてを失い、乾いた抜け殻になってしまったが、手のなかにまだ何か持っているような感覚が消えない。

親子とは何なのだろうか。生きるとは何なのだろうか。

-----

『八日目の蝉』がamazon primeで観ることができるので、読後にこちらも観た。
泣いた。切ない。


八日目の蝉
森口瑤子
2013-11-26

ナイジェル・カンバーランド著『成功者がしている100の習慣』(ダイヤモンド社)

成功者がしている100の習慣
ナイジェル・カンバーランド
ダイヤモンド社
2020-09-09



「したいことリスト」を100個書いてみた時に書店で見付けた本。著者は、イギリス人で、リーダーシップ・コーチとの肩書を持つ方。15年以上にわたるコーチングの経験から、成功する人に共通する習慣の中から最重要の100個を厳選して編集したのが本書。

目次(見開き2ページ)に列挙されている100個を眺めるだけでも、有益だと思う。私が成功者と言われる人達をモデリングし、実践してきたことが、本書に集約されている。

100の習慣


例えば、習慣20「大切なことに集中している」というのは、成功するために不可欠な習慣だと思う。仕事、時間、人間関係を大切なことに集中しているかどうか。成功できない人は、大切なことを後回しにして、忙しいフリをしているだけではないだろうか。習慣32「仕事人間になっていない」習慣44「自分を大切にしている」習慣66「友人を選んでいる」などにも通じる。

習慣68「約束を守る」というのは、当たり前のようでいて、出来ている人は少ないと思う。約束の待ち合わせ時間に遅れないとか、約束の納期を守るとか、自分との約束をやり遂げるとか…。平然と約束を破ったり、嘘をついたりする人の方が多いと思う。

習慣21「大切なものに愛情を注いでいる」習慣85「周りの人に感謝している」というのも大切なことだと思う。何事もうまくいかないのは愛と感謝の欠如だから。

習慣28「モノに執着しない」習慣54「シンプルに生きている」というのは、いま私が実践しようとしていること。これからは、執着を手放し、ぜんぶ捨てて、シンプルに生きていきたい。

まずは、この目次(見開き2ページ)に列挙されている100個を、チェックリストのように○×△を付けて、現在地の把握をしていけばいいと思う(私は、76個、16個、×8個だった)。本文では、どのように行動し、習慣化していけばいいのかのヒントが書かれているので、×が付いた箇所を中心に読めばいいと思う。

2020年下期 良かった本

半期に一度のエントリー。

今年7月〜12月までに読んだ本の中で、良かった本をピックアップしておきます。
(この期間に発売された本ではありません)



ぜんぶ、すてれば
中野善壽
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2020-04-17


寺田倉庫の元社長、中野善壽さんの初の著書。
神座のラーメンのような本。一度読んだ時は「いいねぇー」で終わったが、何度か読み返すと「こりゃすげー」となる。この本に影響されたからだと思うが、今年は「ぜんぶ、すてれば」を実践して、モノも執着も手放した。そして人生で大切なものが残った気がする。書評はこちら





あまりにも感動したので、紀伊国屋書店梅田本店の在庫を全部買い占めて、配りまくった本。この本に書かれていることは、沖縄の問題でなく、日本全体の心の問題だと思う。この本を読んでから、大切な人の関心に、関心を持つようになった。無償の愛とは? 無条件の愛とは? 指導的立場にある方(経営者、親、教育者、コーチ、リーダー等)には是非オススメしたい一冊。書評はこちら





今年は、読書猿著「独学大全」、富増章成著「哲学大全」、入山章栄著「世界標準の経営理論」など、辞書のような分厚さの本を何冊か購入したが、その中でも「哲学と宗教全史」は、めちゃくちゃ面白かった。その名の通り、哲学と宗教の歴史を俯瞰できる。





読みながら溜息を何度もついた。なんでこんな本が書けるのか。大尊敬する松岡正剛ワールド全開。読書の醍醐味ここにアリ。参りました。



今年は読書をする時間がたっぷりあったはずだが、それほど読めてない。毎日2〜3時間は本と向き合いたい。人生に彩りを添えるためにも、読書、旅、人間関係の時間をこれまで以上に大切にしたいと思う。

人生二度なし
良い本で、良い人生を!
No Fun,No Life !!




【過去に紹介した良かった本】
2020年上期 良かった本
2019年下期 良かった本
2019年上期 良かった本
2018年下期 良かった本
2018年上期 良かった本
2017年下期 良かった本
2017年上期 良かった本
2016年下期 良かった本
2016年上期 良かった本
2015年下期 良かった本
2015年上期 良かった本
2014年下期 良かった本
2014年上期 良かった本
2013年下期 良かった本
2013年上期 良かった本
2012年下期 良かった本
2012年上期 良かった本
2011年下期 良かった本
2011年上期 良かった本
2010年下期 良かった本
2010年上期 良かった本
2009年下期 良かった本
2009年上期 良かった本
2008年 良かった本

斎藤幸平著『人新世の「資本論」』 (集英社新書)

人新世の「資本論」 (集英社新書)
斎藤幸平
集英社
2020-10-16



エコバッグを持つことや、ペットボトル飲料を買わないことや、SDGsも大切だが、この本からもっと大切なことが学べる。

人新世(ひとしんせい)とは、人類が地球の地質や生態系に重大な影響を与える発端を起点として提案された、完新世に続く想定上の地質時代である。(wikipediaより)

ここでいう、地球の地質や生態系に重大な影響として、気候変動地球温暖化)が挙げられる。そして、その原因となったのが、経済成長であり、資本主義である。20世紀に入ってから、人口もGDPも劇的に増加したが、それに伴って、大気中の二酸化炭素濃度も劇的に増加し、気温が上昇し、熱帯雨林が消失していった

人新世
出処

資本主義は、一部の先進国社会や、1%の超富裕層に「豊かさ」をもたらしたが、廉価な労働力を搾取し、資源、エネルギー、食料といった地球環境も収奪していった。資本主義が発展すればするほど残り99%の人は貧しくなっていき、地球環境は危機的状況に陥っていった。さらなる経済成長により気候変動を食い止めることができると主張する経済学者もいるようだが、むしろ、地球環境はさらに危機的状況に陥り、格差は拡大するのではないか。

では、どうしたらいいのか?

経済成長を諦めるしかない。

キーワードは『脱成長』

無限の経済成長を目指す資本主義に終止符を打ち、大量生産・大量消費から脱却すれば、経済は減速するが、これ以外の方法で地球環境を守れない。資本主義のせいで疲弊した人間と自然が修復するには『脱成長』を目指さなければならない、と本書は主張する。既に資本主義に抵抗する運動が世界各地で起きており、本書はそのような事例も紹介している。

-----

今後、あらゆるところで『脱成長』というコトバを聞くことになるような気がする。本書を読んで、なんとなく、コロナが『脱成長』への転換点になるんじゃないかと思った。これまで現代人は、消費と労働を繰り返し、なにかに追い立てられていたが、そんな生活をしていても「豊かさ」は感じられない。無限の成長を追い求めるのではなく、持続可能な社会、持続可能な生き方を本来は求めるべきではないだろうか。地球レベルでも、個人レベルでも、「幸せ」になるために、あらゆるものをスローダウンすべきだな、と思った。

それは「困難な『闘い』」(P361)になるかもしれないが。


▼こちらもオススメ
デイビッド・ウォレス・ウェルズ著『地球に住めなくなる日』(NHK出版)

保存したくなる雑誌




本を特集している雑誌があると買ってしまう。
そして保存してしまう。
書庫には10年以上前の本特集の雑誌があるが、今でも時々読み返す。

現在発売中の『BRUTUS』は、知を横断できる。読みたい本が溢れてくる。
dマガジンでも見れるけど、紙で購入した。

今年の年末年始は海外に行かないので、たっぷり自分と本に向き合おうと思う。


一冊あれば旅に出るより遠くに行ける



-----

YouTube 更新しました。

前回の続きで、「73の質問 」をされてみました。

ディレクターのニャンさんと、沖縄・恩納村のホテルで収録しました。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
沖縄旅行-73の質問-Par3



-----

【終わりの会】もアップしました。

【公認会計士武田雄治の終わりの会】2020/12/17  年末年始の過ごし方

私の年末年始の過ごし方を話しています。
身体を休めても、テンションは下げてはならない・・・というお話しです。


-----

次回のYouTube Liveは、

12月29日(火)21:00時間変更しました

次回のLiveは、「1年の振り返りと、2021年に向けて」をお伝えする予定です。
ニャンさんとの忘年会を兼ねて。
今年最後のLiveです。是非ご覧下さい。
事前の質問等もお待ちしております。


教育の目的は何なのか

2020年11月29日(日) 放送の『情熱大陸』に、"教育YouTuber" の葉一(はいち)という方が取り上げされていた。私はその番組を観るまで葉一さんのことを存じ上げていなかったが、チャンネル登録者121万人(本日時点)という人気講師らしい。

葉一さんは、もともと塾講師だったらしい。経済的理由により塾に通えない人や、塾に通ってるけど講習を申し込めない人が余りにも多いことを目の当たりにして、8年も前からYouTubeを始めたという。無料で授業を配信したことに対して、同業者などから激しいバッシングを喰らったという。しかし、いまでは多くの中高生が彼の動画から学んでいる。

-----

彼のような教育系YouTuberや、スタディサプリのような受験サプリが登場したのは時代の流れだなぁと思う。いまでは大手予備校に一切通わずに、このようなツールを使って一流大学に合格する人がいるという。私も歴史の復習をするためにスタディサプリの会員になっているが、質の高い授業の数々に驚かさせる。高額の月謝を払って遠くの予備校まで通わなくても、タブレットやスマホがあれば自宅や移動中の数十分で一流の授業を受講できる。大手予備校が校舎を閉鎖していってるのは、少子化だけが原因じゃないのだろう。

ただ、(教育ツールは変わっても)受験システムが変わらないことには違和感しかない。もう学歴社会なんて崩壊しつつあるのに、いつまで詰め込み型の受験教育に熱を入れてるんだろう。これまで続いてきた大学・高校・中学受験というのは、学んだことをアウトプットしているのではなく、インプットの確認に過ぎない。思考力や表現力を問うべきだと思うのに、受験生はひたすらインプット(暗記)を繰り返す。ググれば分かるようなものばかりなのに。そんな暗記力大会が受験戦争と呼ばれ、公教育以外に莫大なお金を払らなければ学歴を手に入れられなくなり、貧しい人が塾・予備校・学歴を諦めるという「機会の格差」が起こっている。希望する人が平等に教育を受けることができないなんて、冷静に考えたらおかしい話だ。

-----

橘木俊詔著『教育格差の経済学』(NHK出版新書)にも同様のことが書かれていた。本来、教育は「機会の平等」がなければならないが、現状は「教育格差」があり、それが学力の差を生んでいる。その原因のひとつが、(外国人から怪訝な顔をされるという)「塾」といいう存在である(P141)。著者は、「高い学歴を得るために生徒、親、教師、社会が必死になって、塾などに頼るという異常な状況」(P199)であるから、日本は学歴社会をなくすべきだと主張している(同)。

私もこの主張には賛成であり、受験システムも根こそぎかえるべきだと思う。いま、教育格差問題以外にも、子どもの不登校や自殺の急増が問題になっているが、根本的な原因は学歴社会や受験システムを含む教育システムにもあるんじゃないだろうか。教育の目的は何なのかを問わなければならないと思う。





黒川伊保子著『息子のトリセツ』 (扶桑社新書)




妻のトリセツ』 (講談社+α新書)
女の「オチのない話」に対して、男は「共感したフリ」をしとけ。


夫のトリセツ』 (講談社+α新書)
男は「話も聞かずにぼ〜っとしている」だろうが、女はそれを許してあげろ。


家族のトリセツ』 (NHK出版新書)
真面目に「世間の理想」を体現しようとするな。


黒川伊保子さんの「トリセツ」シリーズ、ツボにはまる。
「その通り!」と膝を叩くことばかり書かれている。

『息子のトリセツ』も出版されたので読んでみたが、これも「はは〜ん!」と頷ける内容が多かった。

男性脳は狩り仕様に、女性脳は子育て仕様に、初期設定されている(P24)。だから、男の子は、「遠くを見る」能力に長けており「近くが手薄」になる。自分(主観)より対象(客観)に夢中になる傾向が強く、徐々に自我を確立しながら大人になっていく。女の子は真逆で、対象(客観)より自分(主観)に夢中になる傾向が強く、早くから自我が確立され、徐々に「自我のリストラ」をしながら大人になっていく。(P27〜)

だから、男の子が(というか、大人の男性も同じだと思うが)、ひとつの対象(ゲームなど)に夢中になると他が見えなくなる。狩りに出た男が、獲物にロックオンするのと同じこと。ここで、「宿題しなさい」「早くしなさい」といえば、狩りができなくなる。「しないのは、やる気がないのでも、おもいやりがないからでも、人間性が低いのでもなく、できないからだと肝に銘じること」(P29)。

脱いだものを脱ぎっぱななし、やったものをやりっぱなしという「ぱなし癖」があることも、目の前のことをテキパキできず「ぼんやり」していることも、ここから説明できる。獲物にロックオンすると、近くのことに気が利かないように脳が設定されている。それよりも、遠い世界のことを空想している。これは傍から見ると欠点にしか見えないかもしれないが、長所でもあるのだ。欠点を許し、長所に惚れるしかない。

女性脳は子育て仕様に初期設定されているから、潜在的に失敗を恐れる。コンサバになる。他方、男の子は狩り仕様に初期設定されているから、失敗を恐れない勇敢さを持っている。この男の子の成長にブレーキをかけているのが母親であるということがままある(P171〜)。母親としては、「恐怖のリミッター」を外さなければならないのだ(P175)。

男の子にとって、母親の影響が大きい。今思えば、私の母親は、「ぱなし癖」があり、「ぼんやり」し、空想癖があり、狩りに出た私に、怒ることもなく、潰すこともなく、伸ばしてくれたと思う。伸ばしてくれたというより、成長にブレーキをかけてくれなかった。ただの放置プレーともいえるが…。

子を持つ親の中には、「子供にガミガミ言ってしまう自分がイヤだ」と言う人が少なくないと思うが、そういう方には本書が子育ての参考になると思う。


他人を愛することから始めましょう



雑誌『プレジデント』の表紙が変わったのか。

去年の年末も「孤独」を特集していた。年末に「孤独」を記事にすると売れるのだろうか。

ペラペラと読んでると、デヴィ夫人のインタビュー記事に目が止まった。めっちゃ良いことが書いてある。ベテランの芸能人でも、コロナで仕事を失い、「誰からも求められていない」と孤独に悩んでいる人がいるという。

そう、人間は、人と群れたら孤独を感じない訳じゃないし、ひとりでいるから孤独になる訳じゃない。「人から必要とされていない」と思う時に孤独になる。相手からイジメられたり、裏切られたりすることよりも、無視されたり、関心を持たれないことの方が何倍もツライ。

海外生活が長いデヴィ夫人は、日本のような平和な国で孤独に苦しむ人が増えているのは、日本人が利己主義になって、愛が足りなくなっているからだという。相手に対する尊敬、信頼、思いやりがない。家族愛も隣人愛もない。例えば、海外では親子が別々に住んでいても毎日のように電話をする人が多いが、日本人は連絡を取り合わない。同じ屋根の下の家族ですら、各人がスマホやゲームの画面に向き合っていたりする。愛のない繋がりが孤独を生んでいる。

だから、デヴィ夫人は、「他人を愛することから始めましょう」と提案する。ここでいう愛とは、上述の通り、相手に対して尊敬、信頼、思いやりを持って接するということ。愛があれば、ケンカになることもなければ、孤独に苦しむこともないのだから。

真の友といえる人や、腹を割って話せる人が少くてもいいと思う。LINEやSNSで何百人・何千人とバーチャルな仲間を作ることよりも、たった一人でも、傾聴してくれ、承認してくれ、頼り頼られる関係でいてくれる人の存在の方が大切だと思う。私の場合、この精神的、情緒的な人間関係を何よりも大切にしたい。人と群れることよりも、大切な人を大切にすることの方が何万倍も幸福だと思うので。

いい夫婦

11月22日、いい夫婦の日。なんじゃそれ。

1.出会いなんて偶然に過ぎず、永遠の愛なんてものは幻想に過ぎない。
2.性欲は、愛の持続を切り捨てる。
3.我が子は、自分の幸福を犠牲にする小さな偶像。
4.結婚は、相手を自分の持ち物のひとつにまで貶める。
5.愛する人を理解することもできなければ、自分と同一視することもできず、相手はこちらの手の届かない秘密を持っている。
6.ひとつの愛が死んだら、すぐに新しい愛に乗り換えろ。
7.持続する力を持つ愛情と、新しい対象を次々に望む性欲は、相容れない。

ということが、この本に書いてある(冒頭の番号は、章の番号)。

面白い本だった。


愛を知るための七つの講義
マッシモ レカルカーティ
早川書房
2020-06-18

黒川伊保子著『家族のトリセツ』 (NHK出版新書)

家族のトリセツ (NHK出版新書)
黒川 伊保子
NHK出版
2020-10-10



妻のトリセツ』『夫のトリセツ』が面白かったので、新刊書『家族のトリセツ』も読んだ。

本書も面白かった。

「人は、顕在意識では、相手の長所に惚れるが、潜在意識では、相手の弱みを愛おしがる」(P92)

確かにそうかもしれない。先日も書いたが、相手の弱みを容認した上で、互いの存在を承認し合える人間関係を築くことができれば幸せだと思う。

では、家庭内でなぜイライラが起きるのかといえば、相手の弱みや欠点を容認せず、ネガティブな感情を抱くからだ。結婚する前は、相手の弱みも愛おしかっただろうに…。

では、相手の弱みがイライラする「家族ストレスの正体」は何か? それは「世間」を家庭に持ち込むことだ(P52〜)。家族に健全な優等生を求めるところにストレスの根本的原因がある。

そのストレスを解消・解決するための方法は、著者が「心の対話」と言っているもの(P150)。多くの人は、5W1Hから会話を始めるが、これは禁忌。「何してたのよ!?」「どうしてそんなことするのよ!?」「なぜ手伝わないのよ!?」という5W1H型の対話は、相手の弱点を指摘するだけでなく、相手を威嚇したようにも聞こえる(P147)。「言いたい気持ちは、わからないでもないけれど、それを言ったからといって、素直に反省して、優しいことばを返してくれる家族がこの世にいるだろうか」(P147)。いるわけがない。

だから、「心の対話」が必要なのだ。詳細は第3章を読んで欲しいが、相手の弱みや欠点をも包含して、褒めるべきところを褒めたり、感謝すべきところを感謝したり、相手の存在を承認するような「言葉」を発し、「話の呼び水」にする。ここにオチなんていらない。

これは家族だけでなく、対人関係においても必要な術だと思う。

健全な優等生でなんていない。家庭にルールもいらない。
「家族は甘やかしてもいい」(P174)。

家とは、そういう場所じゃないのか。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ