公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

『キレる!』




脳科学者 中野信子さんの本は、『不倫』、『サイコパス』、『努力不要論』などを読んだことがある。いずれも、興味深いテーマを脳科学的な視点から解説してくれるので面白い。

その中野信子さんの新刊書『キレる!』も読んでみた。あおり運転、児童虐待、DV、毒親などのニュースが絶えない中で、タイムリーなテーマだと思う。

本書によると、「間違った行動をした人を正す」という正義感を持って制裁行動を取ろうとするときに、脳内にはドーパミンが放出されるらしい。ドーパミンは一度放出されると、快感を得てしまい、理性が効かなくなり、中毒状態になることから、止めることが難しくなる。「自分は正しいことをしている」という「承認欲求」が充たされるから、脳は快感を覚えるのだ(P57〜参照)。モラハラ、パワハラなど他人を攻撃する人も同じ症状なのだろう。そこには「承認欲求」があるのだ。でも、「認めてくれ!」と叫んだところで、人は認めてくれない。むしろ、理性を失った人間から人は逃げていく。

ただ、キレるということが必ずしも「悪」ではない。本書を読んで有益だったのは、「キレる」というコミュニケーションスキルを学べ、と書かれていること(P29〜、P158〜参照)。キレる人間が周囲にいたら「避ける」ことが最善策であるが、キレる人が家族・上司・先生などであればそこから逃げることが難しい。かといって黙っていたら、いいように利用されたり、搾取されたり、いじめられたりする可能性もある。なので、サバイバルするためにも、(こちらも)「キレる」というスキルが必要になる。

そのためには、「受け身的」でもなく、「攻撃的」でもなく、「アサーティブ」(Assertive:自己主張する)なコミュニケーションをすること。ポイントは、「私は」を主語として、自分の気持ちを正直に、その場にふさわしい表現方法で伝えること(P183〜参照)。

例えば、「なぜ、(あなたは)そんなひといことを言うの!」と言ってしまうと、相手は責められてると感じ、「君だって同じことを言ったじゃないか!」と喧嘩になってしまうかもしれない。そこで、「私は、〇〇なんて言われて辛い。もう言わないで欲しい」という表現に変えるだけで、相手に対する伝わり方も変わるし、「もう言わないでほしい」という目的も果たすことができる。「キレる」というより、「切り返す」方法かもしれないが、このようなコミュニケーション能力を身に付けることは有益だと思う。


自分の哲学を完成させる





昨日も書いた通り、雑誌は「dマガジン」で読むことが多い。だが、時々、ビジネス雑誌ですごい編集をすることがある。そういう時は紙でも購入する。

今週の「週刊ダイヤモンド」(2019/6/8号)は紙で購入した。P46以降で古今東西の哲学史を図解してくれているが、これは永久保存版。素晴らしい編集だと思う(下図参照)。よく見かける図であるが、こうやって全体像を示してくれるのは有難い。

哲学
([出処]「週刊ダイヤモンド」(2019/6/8号)P53)



この特集によると、MBA志願者の4位哲学専攻(文系では首位、下のグラフ右側)、給与の伸びの2位哲学専攻(下のグラフ左側)らしい。ビジネスにも哲学が必須だという記事だった。


哲学
([出処]「週刊ダイヤモンド」(2019/6/8号)P24)


長年ブログを読んでくれてる方からは、「最近読む本が変わったな」とよく言われる。親にも言われる。その通り。情報に飢えてる部分が変わってきたから、読む本も変わる。歳を重ねるごとに、「生きるとは」「死ぬとは」「なんのために生きるのか」みたいなことを考えるようになってきたから、哲学思想の本が読みたくなる。あらゆる悩みは人間関係に起因するため心理の本も読み漁っている。小説も読むようになった。健康にも気を使うようになってきたから医学の本も手に取るようになった。これらのジャンルは、読むのに時間がかかる。以前のように頻繁に書評をアップできないのはそういう理由。モノによっては1冊読むのに何ヶ月もかかる。それでも、そういう本の方が得られるものは大きいし、楽しい。目下の悩みは読みたい哲学書が山ほどあること。これから何年かかけて読んでいきたい。そして、「自分の哲学を完成させる」という人生のミッションを果たしたいと思う。

自立と孤独、自分の居場所と愛する人、そして人生の意味について

三浦瑠璃


意味もなく本を読むことはない。
この本を手に取ったのには、今の自分に必要だと思ったから。

発売を知った日、amazonの宅配を待ちきれず、紀伊國屋書店に向かい、直ぐに読んだ。

私が想定したいたものと異なる展開になり、途中、胸が潰れそうな衝撃を受けた。
こんなショックを受けたのは久しぶりかもしれない。
コトバにならない悲しみに涙を堪えながら、読み続けた。

最後から2つ目の章の恋愛論、そして最後の章の人生論は、その辺の哲学書を超える。

人は孤独だから恋愛をするのか。
無償の愛は、満たされないものを満たしてくれるのか。
いずれも違う。

不確実性がある中で、自分の気持ちを相手に差し出している状況が恋愛なのだ。
恋愛を求めるのは、関心を向ける対象を必要としているからだ。

恋愛は不確実性がもたらす不安からの自由ではないし、
相手が他人である以上、孤独でなくなるわけでもない。

誰しも大なり小なり傷を抱えて、孤独に生きている。
たとえテレビの画面では華やかなに活躍しているように見える著者でも。

けど、人生に絶望する必要はない。自己犠牲もいらない。
自分を定義するのは、他人ではなく自分。人生には意味がある。

心を開くのだ。
「いま・ここ」に生きる自分と向き合うのだ。
自分を愛するのだ。



本書から、そういうメッセージを受け取った。
フロムや神谷美恵子の本と同じくらい読み返したいと思った。





人生の目的

人生の目的 (幻冬舎新書)
五木寛之
幻冬舎
2019-03-14



人生に目的はない。

ブッタが説いた4つの心理の第一は「一切皆苦」(人生は苦である)という考えだった。生きるということは、苦しみである。「苦」とは、「思うにまかせぬこと」「思いとおりにならないこと」という意味もある。つまり、人が生きるということは、「思うにまかせぬこと」である

人は好きなことをしたいと思う。しかし、好きであっても素質がない場合もあり、素質はあっても環境や運に恵まれず、好きではない世界で一生を送らなければならないこともある。犯罪者として塀の中で一生の大部分を過ごすような人生もある。他人から利用され、泣きながら暮らさなければならない人もいる。愛する人と離別、死別することもある。計算どおりに進行するものは、ほとんどない。

私たちが選ぶ最も自然な道は、与えられた運命と宿命を、人生の出発点として素直に受け入れることだろう。「受容する」と表現してもよい。受容することは、敗れることではない。絶望することでも、押し付けられることでもない。運命を大きな河の流れ、そして宿命をその流れに浮かぶ自分の船として、自らを認めることである。そこから出発するしかないのだ。

自己の運命と宿命を受け入れた上で、どうするか。答えは一つしかない。それは「生きる」ことである。生き続ける。自分で命を投げ出して枯れたりせずに生きる。みっともなくても生きる。苦しくとも生きる。何のために、という答えは、あとからついてくるだろう

本書の幾つかのページをつなぎ合わせたら、こんな感じ(少し編集したけど)。

人生は思い通りにいかなくて当たり前。思い通りにいったら奇跡。運命と宿命を受容し、川の流れに身を委ねて流れ落ちていけばいい。以前紹介した『〈いのち〉とがん』という本にも書いていたが、「ただ死ぬまで生きればいい」と私も思う。


(※ 本書は、文庫版『人生の目的』(2000年)と新書化したもの。文庫本の新書化って・・・。)

マルクス・ガブリエル




ガブリエル、ガブリエル、ガブリエル・・・
と、一体この1〜2年の間にこの人の名前を何度聞いたことか。

マルクス・ガブリエルMarkus Gabriel, 1980年4月6日 - )

「天才」と称されている若き哲学者。

本書は、そのガブリエルを特集したNHKの番組が書籍化されたもの。

3章+終章=4章仕立てで構成されている。個人的にとても気に入って、何度も読み返したのが、第2章のガブリエルによる戦後哲学史講座。「認知」「時間」「歴史」という哲学的な問いに答えながら、「実存主義」「構造主義」「ポスト構造主義」という戦後の哲学史の時間軸を簡潔に(といっても難しいけど)説明し、最後にガブリエル(達)が主張する「新実在論」へと展開していく。たかだか70ページ弱の章だが、これだけの内容を70ページ相当の文字数で説明する辺り、さすがは「天才」と称されるだけある。この章は、今後も読み返すことになると思う。

「新実在論」の話はもっと詳しく聞きかかったが、これについては最近翻訳されたガブリエルの『なぜ世界は存在しないか』を読むことにしようと思う。

なお、「新実在論」やその周辺の話は、『いま世界の哲学者が考えていること』にも詳しい。こちらも、もう一度読み返そうと思う。


蜜蜂と遠雷








文庫化をずっと待っていたところ、GW前に文庫化された。

恩田陸の『蜜蜂と遠雷』は、史上初の直木賞と本屋大賞をW受賞した作品。
(しかも、本屋大賞を2度受賞したのは恩田陸のみ)

恩田陸の作品は、『夜のピクニック』『木漏れ日に泳ぐ魚』を読んだことがあり、両方とも再読したいと思う程に良い作品であったが、本作『蜜蜂と遠雷』は ”良い” なんてコトバでは言い表せない。こんな作品を読んだのは初めてだし、想像を超えるストーリーだった。こういう作品を読むたびに、私がどれほど努力したって小説家にはなれないと打ちのめされる。最後の解説を書いているのが本書の編集者というのも想定外の展開だった。

実在するピアノコンクールをベースに、構想から12年、取材11年、執筆に7年をかけて書きあげた渾身の作品。クラシック音楽には詳しくないが、読中はずっと頭の中でピアノが流れていたし、読後もコンクールの音楽を検索して聴いている。是非映画化して欲しい。

医者に殺されない47の心得




先日紹介した近藤誠著『がん治療に殺された人、放置して生きのびた人』を読んだ後に、近藤誠氏の本を数年前に父親からもらったことを思い出した。それがこの本。

その時は医療や医学に今ほど関心がなかったので、読んだことすら記憶に残ってなかったが、余り再度読み返すと大切なことが書かれていることに気付く。何事も関心がないものは脳に溜まらないけど、関心があれば何でも吸収できるものだと改めて思った。

-----

私は病院に行くことが殆どないが、私の知人はちょっとした風邪でもかすり傷でも病院に行く。「行く必要あるのか?」と何度も言ったことがあるが、本人は行かなければ気が済まらないらしい。本書は、そういう人こそ読むべきだ。医者の言うことが絶対ではないし、医者から言われた通りの治療をして殺されることもあるし、医者から出された薬で副作用を起こすこともある。大切なことは(先日紹介した本にも書かれていたが)「自分の頭で考えろ」ってことだ。医療に対する満足度が高い人ほど死亡率が26%も高いという笑えない追跡調査結果も載っている(P30〜参照)。

著者の言いたいことは、このページに集約されているように思う。

医者に殺されない47の心得
(新書版 [2012] P25より)


医者に関わらずに長生きするための心得も多くのページを割いて説明してくれている。

要は、人類が何百年も繰り返してきた基本のリズムで生きていくのがベストなのだろう。外が暗くなったら寝て、夜明け前に起きるという早寝早起きをし、ほどよい運動をし、栄養バランスのよい食事をする。たばこは吸わず、変なものは口にせず、変な石鹸やシャンプーは使わない。よく笑い、よく歩き、ストレスを溜めない。

仕事はほどほどに、ストレスのない生活を心掛けたいと改めて思った。

がん治療に殺された人、放置して生きのびた人




昨日紹介した本と一緒に関連する本を数冊読んだが、その中でもう一冊をご紹介。

論より証拠。本書は、がん治療(特に抗がん剤治療)の実例が多く紹介されている。
総じて、エグイ実例ばかり。
「がん治療は、がんよりずっと恐ろしい」(P71)ということがよく分かる。

…おかしいと思いませんか。
膵がんの手術から3ヶ月で急逝した沖縄県の翁長雄志知事のように、元気な人が人間ドックなどで「がん」を見つけられ、治療を始めるとみるみるやせ衰えて逝く。
(P4)

日本の医療は、体内にオデキ(腫瘍)ができただけでガンと診断されることがあるらしいが、著者は、ガンには「本物のがん」無害な「がんもどき」があるという。そして、がんの9割は基本的に放っておいて、(痛みなどの)病状だけを抑えるのが一番長生き出来るという(これを著者は「がん放置療法」と名付けいる)。

本書を読んで感じるのは、健康診断も人間ドックもがん治療も、「延命効果がほとんどない」のだろうなぁ〜ということだ。効果がないばかりか、不幸の始まりであり、人生を狂わせるだけだともいえる。無治療の方が延命する可能性が高いということが、世界各国のデータではっきりしているにも関わらず(P118参照)、どの医者も「がんを治療しない患者」を診たことがないし、治療することがビジネスだから、治療をする。効果がないと分かっていても。

本来は、(昨日も書いたとおり)人間の自然治癒力や生命力を伸ばして、延命させなければならないところ、そういう処置をする医院は少ないと思われる。

ネットで色々と調べてみると、本書に書かれていることをはじめとする「近藤理論」には賛否両論があるようで、同業者からは痛烈な批判を受けているっぽい(本書でもそれに触れている。P159〜参照)。だから信じるか信じないかは(ネットではなく書籍を)読んでから判断した方が良いと思うが、私は(がん治療を始める前に)読んでおいた方が良いと思う。納得した上で治療を受けべきだし、無知で命を奪われることは避けるべきだ。

治療には、命、人生、お金がかかっています。誰かに決めてもらったり、何かを信じるのではなく、知性と理性をフルに働かせて、自分の頭で考えることです。(P153)


【関連記事】
2018/10/30 人間ドック

病院で殺される

病院で殺される
船瀬 俊介
三五館
2013-07-23



タイトルは大袈裟ではない。

無知ほど怖いものはない。
無知によって殺されないために、興味ある方はご一読を。
絶版された本かもしれないが、amazonで中古品を購入して読んだ。

ワクチン、予防接種、クスリ、輸血…などにより「殺される」事例も多く載っているが、恐ろしいのは抗がん剤の猛毒性だ。

先日紹介した、坂井 律子著『〈いのち〉とがん』という本にも、抗がん剤は第一次大戦中のドイツ軍の連合軍攻撃において使われたマスタードガス(大量殺戮兵器)から発想されて開発された猛毒の化学物質であり、ガン細胞だけでなく正常な細胞にも作用を及ぼし、その副作用は壮絶である、ということが書かれていたが、本書『病院で殺される』にはさらに詳細に書かれている(第5章〜)。

ガンで死亡する年間35万人のうち、約80%(28万人)が抗がん剤治療などのがん治療の副作用死であることが判明している(岡山大学医学部調査、P138)。しかも、治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月であるが、治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない(カリフォルニア大学、ハーディン・ジェームス博士、P184)。患者の余命を縮めるのは、抗がん剤治療だけでなく、放射線治療についても同様であり、「放射線治療は痛みなどを軽減するための姑息な手段で、本質的には、単なる『気休め』である」、「最近の研究で、放射線治療を受けたほうが、受けなかった場合よりも、ガンが転移する確率が高い」(仏ショリアン・イスラエル教授、P191〜)とのことである。

我々がなすべきことは、病院やクスリや医療に頼ることではなく、日本でガンが激増している原因を知ることではないか。そして、長い人類が本来有している自然治癒力や免疫力を高める(回復させる)ことではないか。本書には自然治癒力を高める方法についても書かれている(P154〜、P218〜など参照)。体温を上げるとか、カロリー摂取を減らす(もしくは食べない)とか、運動するとか、原始的な生活を習慣にすることが大切であると痛感する。



【こちらもオススメ】
内海聡著 『薬が人を殺している  ―知っておきたい有害作用と解毒のすすめ
内海聡+真弓定夫著『医者だけが知っている本当の話
石原 結實著「『食べない』健康法

人格も行動も環境によって変化する

私は、外向型なのか? 内向型なのか?

私は、人前に出るのが好きなのか? 嫌いなのか?


自分でも自分の人格がよく分からない。よくある心理テストのようなものをやってみると、概ね自分の人格を把握することが出来るが、完全には当てはまらない。きっと私以外の人もそうだと思う。人は誰しも多重人格だから。

-----

昨日紹介した『ハーバードの個性学入門』に、こんな話が載っている。

ワシントン大学に正田祐一という教授がいて、子どもの発達に関してトップクラスの研究者らしい。6週間のサマーキャンプに来た数十人の子ども達の行動を全て記録・分析した結果、あることが明確に分かった。

それは、個人の人格も行動もコンテクスト(特定の状況)によって決まる、ということ。

例えば、遊んでいる時は外向型でも、授業中になると内向型になる人がいる。普段は「良い子」でも、友達といると攻撃的になる人もいる。人格は環境によって変化する。

私に置き換えると、セミナー講師として数百人の前で喋るのは平気だけど(外向型)、4人を超える飲み会に行くのは苦痛でしかない(内向型)、となる。

だから、自分が外向型の人間なのか、内向型の人間なのか、なんて分からない。コンテクスト(特定の状況)によって私の人格も行動も変わるのだから。

-----

正田祐一は、あの有名な「マシュマロ・テスト」の追跡調査も行っている。マシュマロをすぐに食べてもいいが、15分待てば、もう一つのマシュマロを食べることができるという実験。自制心が高い人の方が、学業でも良い成績を収めるという結果が、子育てや学校教育に応用されてきた。しかし、この「マシュマロ・テスト」もコンテクストが変われば結果が変わるらしい。

子育てや学校教育や社員育成の際にも、コンテクストを無視して、性格や行動を直そうとしてもダメだといえる。逆に、道徳的な行動もコンテクストにより左右されるのかもしれない。

我々は、限られた情報に基づいて相手の性格を判断していることになる。なぜなら、我々も、相手にとってのコンテクストの一部だから。


経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード