公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

おすすめの本

【オススメ本】田中慎弥著『孤独論 ―逃げよ、生きよ』(徳間書店)

孤独論: 逃げよ、生きよ
田中 慎弥
徳間書店
2017-02-09



田中慎弥さんといえば、2012年に『共喰い』で芥川賞した受賞した際の記者会見において、「都知事閣下と東京都民各位のために、もらっといてやる」などと選考委員の一人であった石原慎太郎を挑発するような発言を行ったあの方。これには賛否両論あったと思いますが、私は、シャイだけど芯がある方なんだろうなぁと肯定的に取りました。

その後、2013年1月放送の『情熱大陸』では、パソコンもケータイも持たずに、2Bの鉛筆で原稿にひたすら書き続ける姿や、「鉛筆と紙があればつらくない」と言っていたのを見て、何となく好きになりました。

その田中慎弥さんが『孤独論』というタイトルのエッセイを出されたということを知り、読んでみました。全体的に「奴隷状態から逃げよ」「孤独から活路を見出せ」という強いメッセージ。

私も「積極的な引きこもり」ですから、『孤独』が思考を強化し、自分の価値を高める時間であることを知っていますし、この時間が足りないと自分が駄目になっていくと思っています。本書でも同じようなことが書かれています(第三章参照)。

田中氏は、もし『孤独』が不安だとしても、「そこは耐えるしかない」(P79)し、「孤独を拒んでなしえることなど、なにひとつありません」(同)と述べています。しかし、私たちは無数のコミュニティーに属しているため、完全な孤独というものはない(P72〜)。その中で気を付けたいのが、社会、会社、仕事などの『奴隷』にならないこと。毎日が忙しい、思考を重ねる暇がない・・・という環境であれば、「あなたがやっていることは惰性であり、思考停止です。」(P91)。このような奴隷状態からは、(上述の通り)逃げるべし。ブラック企業も然り(P171参照)。

やるべきことはひとつ。いまいる場所から逃げることです。
意地やプライドは余計な荷物だということを自覚してください。そんなものはどうでもいい。

(略)
自分の命を守り、生き方を取り戻す方がはるかに重要です。とにかく、よからぬ状況から逃げ出します。
(略)
大げさではなく、逃げることでしか救われない命もある。真剣に考えてほしいと切に思います。(P26〜)


つまり、田中氏は、(当然)単なる引きこもりを薦めているわけではなく、本書のサブタイトルにもあるように『逃げよ、生きよ』という脱奴隷化と、生き方を取り戻すための適度な孤独化を薦めている。

総じて共感だらけ。

奴隷状態から突破するために「読書」も薦めており(第四章)、これも共感できるのですが、これを書き始めると長くなるので、また別の機会に。

軽〜いエッセイと思って読んだのですが、意外と(というと著者と出版社に失礼ですが)ずっしりした内容でした。オススメです。


▼こちらもオススメ
蛭子能収著 『ひとりぼっちを笑うな』 (角川oneテーマ21)
吉本隆明著 『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』(だいわ文庫)
東浩紀著 『弱いつながり』(幻冬舎)
藤原智美著 「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」(文藝春秋)
高野登著 『あえて、つながらない生きかた』(ポプラ社)

人は、誰もが「多重人格」

平野啓一郎さんの『私とは何か』、中野信子さんの『サイコパス』と読み進めると、本棚に眠っているこの本の存在を忘れるわけにはいきません。

田坂広志先生の『人は、誰もが「多重人格」』

平野啓一郎さんの本は、自分の中に複数の人格(分人)があることを認め、「ネガティブな分人」を小さくし、「ポジティブな分人」を大きくしていくことを薦めてくれているように私は受け取りました。他方、田坂広志先生の『人は、誰もが「多重人格」』は、人間は無意識に世界を2つに分けてしまっており(例えば、私は理系だから国語が苦手とか、私は技術者だから営業が苦手とか・・・)、これが自分の能力を限定しており(抑圧しており)、才能の開花を妨げているといいます。「ポジティブな分人」や「ネガティブな分人」以外にも、「自分が抹殺した分人」が自分の中に隠れているかもしれない。

才能を開花させるためには、その隠れた才能(人格)に気付き別の人格(なりたい人格)を演じろ、とおっしゃっています。そして、才能を開花させた「天才」といわれる人たちは、このような人格のマネジメントをしてきた人だ、とも。

マネジメントの方法は本書をご覧ください。そんじょそこらの自己啓発書を骨抜きにするような、実に深い思想の本です。




多重人格のわたし(続き) ―わたしの中のサイコパス

続きです。

先日紹介した平野啓一郎さんの『私とは何か』を読んだ後に、脳科学者 中野信子さんの『サイコパス』を読みました。

『サイコパス』(psychopathy)とは、「精神病質」と訳されるようですが、反社会的な人格をもつ人と思っていいのではないかと思います。本書によると、『サイコパス』は100人に1人くらいの割合で存在するようです。1学年100人だとしたら、その中に1人は『サイコパス』がいるかもしれない。中堅企業だと『サイコパス』が社内に数名いるかもしれない。日本人にも100万人以上の『サイコパス』がいるということになる。そう考えると、恐ろしい数です。

なぜ『サイコパス』が存在するのか、医学的な解明は進んでいるようですが、はっきりとした結論までは書かれていませんでした。まだこれからといった感じのようです。ただ、人類の長い歴史の中で社会から淘汰されず、今でも一定数が生存しているということは、『サイコパス』が生存しなければならない理由が何かあるはず。

ここからは、本書を読んだ私の個人的な感想に過ぎません。
平野啓一郎さんの『私とは何か』を読んだ後に、私が人は誰もが「多重人格」だと思ったのですが、中野信子さんの『サイコパス』を読んだ後に、私は人は誰もが「サイコパス」なのではないかと思いました。平野啓一郎さん風にいえば、私という個人の中に「サイコパス」という「分人」がいる。それが顕在化している人の割合が100人に1人くらいなのではないか。平野啓一郎さんの本には、私という存在は他者との相互作用の中にあり、付き合う人によって違った自分が引き出される、と書かれていて、これには大いに共感できたのですが、耐え難き環境に身を置いた時や、生理的に受け付けない人といなければならない時に、自分の中の「サイコパス」が顕在化したり、時にはパニックを引き起こしたりするのではないでしょうか。医学的根拠は全くありませんが、私の仮説が正しければ、人間は環境や付き合う人を変えなければならない。「消えてしまいたい」というネガティブな分人が顕在化しそうになったら、その場を去るべき。日常的に接している家族、同僚などが実は最大の危険分子かもしれません。



サイコパス (文春新書)
中野 信子
文藝春秋
2016-11-18

多重人格のわたし

先日、ある書籍を紹介しながら、「自己の二面性」「他人の二面性」の話を書きました。

人は誰もが「多重人格」だと思います。
私も、自分の中に複数の人格が共存しています。

私は、仕事の時、何百人という人の前で喋ったりしますので、人前で喋ることが好きな人間だと思われることが少なくありません。しかし、私は、ステージの上で人々を感動させたいと思う自分と別の人格――社会との交わりが極度に苦手という人格――が同居しています。仕事以外では、知らない人と交わることも、喋ることもない。子供の学校行事とか町内会とか飲み会とか、そういうイベントがあるだけで「消えてしまいたい」と思うほどに辛い。コンプレックスは消えないし、病気かと思ったこともあるし、遺伝の問題かと思ったこともある。「どっちの人格も、本当の自分なんじゃないか」と現実を受け入れるようになったのは、この数年のことかもしれません。ただ、自分で現実を受け入れるようになったとしても、周りは私のコンプレックスに気付かない。親も妻も気付かない。それが、時には私に多くの苦しみを与えてきた。

芥川賞作家の平野啓一郎さんが書いた『私とは何か』という本には随分と救われました。

自分の中にたった一つの「本当の自分」などというものは存在しない。人間にはいくつもの顔があり、「個人」とは多種多様な「分人」の集合体だ。つまり、武田雄治という「個人」の中に、「ステージの上で喋る自分」と、「人前で喋ることが苦手な自分」という、複数の「分人」が存在する。どちらの「分人」も自分なのだ。

そして、その「分人」は、公私にわたって付き合いのある人の数だけ持っている。言い換えれば、私という存在は他者との相互作用の中にあり、付き合う人によって違った自分が引き出される

そう考えれば、「消えてしまいたい」というネガティブな分人が同居することに絶望する必要はなくなる。

分人が他者との相互作用によって生じる人格である以上、ネガティブな分人は、半分は相手のせいである。(P101)

逆にいえば、自分がどういう人と付き合うべきか、自ずと見えてくる。

平野啓一郎さんは、「愛」についても述べており、「愛」をこのように定義しています。
愛とは、相手の存在が、あなた自身を愛させてくれることだ。(P138)

そして同時に、あなたの存在によって、相手が自らを愛せるようになることだ。(P138)

そんな相手と一緒にいたら、確かに幸せを感じます。

話をまとめます。

私たちは多重人格です。複数の分人を生きています。そして、対人関係ごとに分人化できるのです。たった一度きりの人生の中で、ネガティブな分人、ストレスの溜まる分人を生きる必要はありません。キャラを演じる必要もないし、仮面を被る必要もありません。ポジティブになれる自分、自分のことを愛することができる自分を生きるべきなのです。




【オススメ本】『覗くモーテル 観察日誌』(文藝春秋)

覗くモーテル 観察日誌
ゲイ タリーズ
文藝春秋
2017-01-30



ちょっと変わった本を読んだ。

アメリカのあるモーテルの経営者(ジェラルド・フース氏)の話。
モーテルの部屋の天井に自ら通風孔と見せかけた穴を開け、天井裏の「観察スペース」から密かに利用者を覗き、それを日記にまとめていった。なんと30年間も。

この本は、その「覗き魔」の30年の記録。
すべて実話(おそらく)。

”18禁”にした方がいいんじゃないかというエロシーンも沢山ありますが、私が紹介したいのはそこではありません。なんでこんな犯罪日誌を公開したのか・・・という側面から本書を読むと、そこには哲学的な「問い」があるような気がします。

まず、本書を読んで印象的だったのが、日誌が「一人称」と「三人称」を行き来していること。つまり、「私は・・・」と書かれている箇所と、「覗き魔は・・・」と書かれている箇所があるのです。「自己の二面性」が日誌に表れているのです。ジェラルドはこのようにも言っています。

「一階の書斎にいるときはビジネスマンのジェラルド。一方、観察スペースにいるときは覗き魔ジェラルドでした」(P227)

そして、覗きを繰り返すうちに、「他人の二面性」が見えてくるのです。つまり、モーテルのフロントにいるときの誠実で紳士的で清潔で幸せそうな「他人」と、部屋に入ったときの不誠実で不潔で虚偽で不幸な「他人」を何度も何度も目撃することになる。

「彼らは(略)人前で演じている顔と自分だけになったときの顔がまるっきり別人になる人々があつまって出来ている幻想の世界の一部だ」(P185)

「人は公共の場で隠している部分を、プライベートな空間であらわにします。だれであれ、公共の場で他人に見せようとしている自分は、本来の自分ではないのです」(P233)

人は誰しもが「仮面」と、仮面の下に隠れた「素顔」の二面性を持っている。では、それを正確に見定めることはできるのだろうか。何千人もの客の「仮面」と「素顔」を見てきたジェラルドは断言する。

「ぜったいに無理だ」(P63)


他人を覗きたいという願望から始めたモーテル経営であったが、ジェラルドは人間嫌いになり、社交嫌いになっていく(P185)。そして、隣近所とも社交を経ち、孤独の身となっていく(P233)。

ジェラルドは、日誌にこんなことを書いています。

「個人的な生活が不幸で嘆かわしいものであることを外部に知られないようにすることが、なぜ人々にとって必要不可欠なのかをわたしはずっと考えている。」(P63)

つまり、人はなぜ、自己の二面性を表に出さないで、覆い隠してしまうのか。

ジェラルドは、こう答えます。
「もし全人類の不幸がひとつ残らず同時に暴露されたならば、それに呼応して即座に大量虐殺がはじまるにちがいない、というあたりがその答えにちがいない。」(P63)


不倫、同性愛、グループセックス、近親相姦、獣姦、強姦、窃盗、殺人といった様々な人間行動を見せつけられる羽目となった人間だから分かる窮状か。


本書、アメリカでは大きな反響を呼び、最初に映画化権を取得したのはスピルバーグだったらしい。結局、スピルバーグによる映画化は流れたが、別の人によって映画化されたとか。日本での公開が待たれます。

how to be good −どう在るべきか

致知出版社から出版されている『一日一言シリーズ』を何冊か持っているのですが、そのシリーズの中でも、「安岡正篤一日一言」「安岡正篤活学一日一言」「平澤興 一日一言」の3冊はお気に入り。1年かけて熟読してます。


以下、「安岡正篤一日一言」より。

▼人間の第一義
名高い言葉に、how to do good(如何(いか)に善を為(な)すか)ということよりも、how to be good(如何に善であるか)ということの方が大事である、というのがありますが、人間の第一義は、何を為すかということではなくて、何であるかということである
([出処]「安岡正篤一日一言」2月27日より抜粋)

この”how to do good”より”how to be good”の方が大事、言い換えれば、do(何をするか)よりもbe(どう在るべきか)の方が大事である、というのは本当にその通りだと思います。

どう在るべきか(be)が確立されているから、それに向けて行動し(do)、リターンを得ることができる(have)。

この順序を逆に考える人がいます。つまり、〇〇があれば(have)、〇〇することができて(do)、〇〇になれる(be)みたいな。お金があれば、好きなものを買うことができて、幸せになれる、みたいな。。。でも、これは違う。

まずは、どう在るべきかです。





いかに生くべきか
安岡 正篤
致知出版社
2011-09-16



【オススメ本】大村大次郎著 『金持ちのヤバい資産形成術」 (中公新書ラクレ)




元国税調査官 大村大次郎氏の新刊書。大村氏の書籍はこれまで10〜20冊位読んできました。大村氏の書籍に書いていることを、知っているか知らないかで結構納税額が変わると思います。

さて、今回は『資産形成術』というタイトルですが、富裕層の相続税対策を紹介した本です。これも、知っているか知らないかで相続税額が変わると思います。事前の対応が欠かせません。

目次は以下の通り。
第1章 なぜ金持ちは「金」を買うのか?
第2章 なぜ金持ちは高層階に住むのか?
第3章 なぜ上場企業の創業者は「財団」をつくるのか?
第4章 秘かに出回る租税回避商品とは?
第5章 プライベート・カンパニーとは何か?
第6章 タックスヘイブンのヤバい真実
第7章 金持ちの相続は裏ワザがいっぱい!
第8章 税務当局の対応

ホントに「あの手この手」と新しい(合法的な)節税策があるものです。公益財団法人を使った節税策なんて一般の人には関係ありませんが、宅地面積330岼焚爾両貊蠅鵬搬欧汎欝錣垢襪箸、子供の教育費に教育資金免除規定を使うとか、ちょっとした税法の知識の有無が大きな差となるはず。


理詰めでお金持ちになりたい方にはこちらもオススメです。



【オススメ本】飲茶 『14歳からの哲学入門』(二見書房)




先日紹介した”飲茶”なるペンネームをもつ哲学者が書いた『史上最強の哲学入門』 (河出文庫)が、想像以上の「スゴ本」だったので、別の飲茶本を読んでみました。

本書は『史上最強の哲学入門』よりも後に書かれた本。

『史上最強の哲学入門』は、哲学の世界に「縦串」を刺して、哲学の「断面図」を大局的に俯瞰させてくれた本。具体的にいえば、「真理」、「国家」、「神様」、「存在」というテーマで縦串を刺し、絶対的な真理なんて存在するのか?、どうして働かなければならないのか?、神とは何か?、存在するとは何か? ということを追究した哲学者の思考を明らかにしてくれた。いかにも”哲学的な”古めかしいテーマではあるが、”哲学する”という「格闘」の歴史がこれほど分かりやすく書かれた本はないと思います。

他方、本書『14歳からの哲学入門』は、哲学の世界に「横串」を刺して、哲学の「時間軸」を大局的に俯瞰させてくれた本。いわゆる「哲学史」といわれる類の本ではあるものの、巷にあふれる類書とは違う別格の面白さ。哲学書なのに難しい用語は殆ど無いばかりか、「喋り言葉」で解説してくれているのがまた面白い。

哲学の世界に「横串」を刺した著者は、「次の時代の哲学として考えるべきテーマ」についても「私見」として述べています。「暇の哲学」ともいえるこの新しい哲学は、個人的に大きく共感できました。詳しくは本書をご覧下さい。

【オススメ本】橘玲 『ダブルマリッジ』(文藝春秋)




「出たら買う」、橘玲(たちばなあきら)氏の待望の新刊書。

これまでに上梓された橘玲さんの小説『マネーロンダリング』、『永遠の旅行者』、『タックスヘイヴン』といった金融小説っぽいテーストとは異なり、今回のテーマは「ダブルマリッジ(重婚)」。

大手商社に勤務するエリート部長が、パスポート更新のために娘に戸籍謄本を取りに行かせたところ、婚姻欄に妻の名前と並んでフィリピン人の女性の名前が記載されていた・・・という驚きの話から始まります。

ちなみに、本書の最初のページには、「これは架空の物語だが、戸籍に関する記述はすべて事実に基づいている。」と記載されています。重婚は日本では違法ですが、複数の妻が戸籍に記載されることがあり得るし、そのようなことが実際に起きているようです。日本人の夫とフィリピン人の妻との間に生まれ、フィリピンに残された”JFC(Japanese Filipino Children)”の数は、3万人とも10万人とも言われており、フィリピンではJFCに日本国籍を取らせる代行業者があるといいます。

冒頭から「え? まじで??」 という話の展開が続き、今回もページをめくる手が止まらず、最後まで一気に読みました(そして、週末の日が暮れた・・・)。クライマックスは意外な結末に。

今回も、前作『タックスヘイヴン』同様、ストーリーの内容・展開はめちゃくちゃ面白く、取り上げられているテーマ(問題)は奥が深い。かつ、海外での舞台(今回はフィリピン)の描写が凄まじい。現地を自分の足で歩かなければ絶対に書けない描写。主人公の娘と父親が訪れたフィリピンの場面を追体験できるように、橘玲さんのサイトで「フィリピンPHOTOツアー」がアップされておりますので、こちらと一緒に読めば尚一層楽しめると思います。

【オススメ本】 池上彰・竹内政明著 『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』 (朝日新書)




私の自宅では日本経済新聞と神戸新聞を購読しておりますが、ホテルに宿泊する時は読売新聞を持ってきてもらいます。駅の売店でも読売新聞を買います。いっそ自宅でも読売新聞を購読しようかとも考えています。なぜか。読売新聞朝刊一面の『編集手帳』が素晴らしいのです。内容に感動することもあれば、話の展開に唸ることもある。言葉の使い方に痺れることもあれば、余韻がしばらく消えないこともある。私を虜にするコラムを15年にわたり書き続けているのが竹内政明さん。

池上彰さんが「読売新聞の一面を下から読ませる男」と称する竹内政明さんに、「どうすれば、こんな文章がかけるのか。お話を聞かせていただきたい。」と対談をお願いしたとか。この対談を編集したのが本書。

ご承知の通り、池上彰さんも元NHKの記者。分かりやすい原稿を書くことでは右に出る者がいない「知の巨人」が、いってみればライバルの記者に教えを乞うような企画なわけで、そんじょそこらの対談ものとは訳が違う。読まない訳にはいかない。(ちなみに、池上彰さんは、『情報を活かす力』 という本の中で、「読売新聞の竹内政明さんが担当している『編集手帳』は見事」とも書かれております(P62)。)

さて、前置きはこれくらいにして本題。現役のプロの書き手が、ここまで種明かしをしてもいいのかと思うくらいの内容です。本当に良い本というのは一度読んだだけでは消化不良、二度目でようやく消化し、三度目で自分の身体に吸収できる。モノを書く仕事をしている方は、三度くらい読む価値があると思います(但し、モノを書く仕事をしていない人が、池上本と思って飛びつかない方が良いと思います)。

個人的に気になっていたのは、『編集手帳』がどのようにして作られているのかという点だったのですが、まず考えることは「テーマ」、次に考えるのが「書き出し」だそうです。「書き出し」がうまく浮かばなければ別のテーマにしてしまうほど「書き出し」を大事にしているようです。

ここから先が池上彰さんと異なる所で面白いのですが、竹内さんは「書き出し」と「結論」を先に決めて、そこから「部品」を探しにいって原稿ができあがることが多いようです。池上彰さんは「書き出し」を決めて、書きながら「結論」が浮かんでくるのを待つようです。私はどちらかといえば池上彰さんのパターンに近いかもしれませんが、竹内さんの原稿の書き方も参考にしたいと思いました。何度も何度も切り貼りを重ねながら読める文章になっていく、とも書かれていました。あれだけのコラムですから、「書き出し」から書き始めて、そのまま書き終えたものが人様に読んでもらえるような文章になっていることはないようです。

私が本書で最も参考になったのは、以下の箇所。文章を「削る」ことによって、良い文章が出来上がる。私も本書を数週間前に読んで以降、原稿を書くときに、意識的に「削る」ということをやってますが、これはオススメ。文章が磨き上げられる感じがします。


書く力


書くことを生業にしている方には超オススメの一冊です。




プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■プロネクサス主催
 (3月22日(水) @東京)
『決算早期化(30 日開示)を達成する決算実務』

■プロネクサス主催
 (5月25日(水) @東京)
『先行事例から学ぶIFRS導入プロジェクトの実務』
(近日募集開始予定)

■日本経営協会主催
 (7月開催予定@東京)
 (8月開催予定@大阪)


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ