公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

事務所からのお知らせ

『企業会計』に寄稿しました ー特集「話せる経理部」になる!

Accounting(企業会計) 2020年 05 月号 [雑誌]
中央経済社グループパブリッシング
2020-04-03



専門誌『企業会計』(2020年5月号)に寄稿しました。

著名な学者が論文を掲載する専門誌の特集記事を書かせて頂けるとは光栄です。

企業会計_話せる経理部


特集記事の巻頭を飾らせて頂きました。

「話せる経理部」って特集がいいですね。あらゆるステークホルダーに「話せる経理部」であるべきだと思います。本特集では様々な分野で活躍された12人の方が「経理部の在り方」について論じています(よくこれだけの論者を集めたなぁ〜と関心させられます)。経理に携わる皆様は、是非「経理の本文」を考え直すヒントとして本誌をご参照下さい。


▼目次
企業会計_目次

YouTubeオンラインセミナー 撮影開始

YouTube撮影_決算早期化


先日の告知の通り、YouTubeでオンラインセミナー動画を配信予定。早速、撮影に入った。上手く撮れたかどうかは分からんけど、上手く編集してくれるはず。コツは掴んだので、後は弾を打ち続けるのみ。来週以降も撮影を続ける予定。

2019年迄にやってきたことをすべて吐き出してもいいと思う。それが多くの経営者、経理パーソンの役に立つのであれば。

先に「チャンネル登録」だけでもしておいて頂ければ幸いです。

4月にYouTubeでオンラインセミナー動画を配信予定

コロナビール


4月中にYouTubeでオンラインセミナー動画を配信することにした。

1〜2年前から考えてはいたけれど、さっぱり乗り気になれず、企画を放ったらしにしてたが、コロナウイルス感染症の影響であらゆるセミナーが延期・中止になり、しかも、多くの中小企業経営者が困っているのを目の当たりにして、火が付いた。

振り返れば、2011年3月、東日本大震災が発生した後も、多くの中小企業経営者が路頭に迷った。知り合いの中小企業は資金繰りショートで倒産した。震災の影響を受けるとは思わなかった地域、業種の中小企業も資金繰りが悪化し、苦しみもがいていた。そんな中、自分に何ができるのだろうかと問うと、日本赤十字社に寄付をするということではなく、中小企業の経営者を救うことだ…と思い、「黒字社長塾」を立ち上げた。2011年7月23日に黒字社長塾のサイトをOPENし、全国でセミナーをやりまくり、それを撮影してDVDを売りまくり、そのコンテンツを書籍化して2冊上梓した。多くの経営者をコンサルし、コーチングし、多くの方から感謝して頂いた。公認会計士として一定の貢献ができたのではないかと思う。

そして今、また自分に何ができるのだろうかと問うと、「黒字社長塾」の再起動だろうと。9年前のように全国でセミナー行脚ができるような環境ではない。じゃ、過去のセミナーと同じ内容のコンテンツをすべてオンラインで配信しようと思った。協力者も集まった。

せっかくやるんだから、「黒字社長塾」のコンテンツ以外も配信したい。決算早期化も、IFRSも、これまでやってきたことを「無料」で配信したい。連打したい。広告料収入を稼ぐことが目的のYouTuberになるつもりはない。公認会計士としての使命としての情報配信としてやる。ブログで20年近くも情報配信してきたことを、オンライン動画でもやる。せっかくだから、いずれは双方向のコミュニケーションが取れればとも思う。

近いうちにアップできればと思う。オンラインセミナーについてのご要望などがあれば、このブログのコメント欄か、武田公認会計士事務所のサイトに掲載しているお問い合わせメールアドレス宛に連絡を頂ければと思います。


(※ 写真は先日行ったバルにて。本文とは何ら関係ない。)

新刊書『「経理」の本分』 6版出来!

経理の本分_6刷出来


新刊書『「経理」の本分』6刷 出来上がりました!



公認会計士江黒崇史先生のブロクに、2日連続で書評を書いて頂きました。

大推薦! 「経理」の本分

経理部の業務の本質、主たる6つの業務、経理部員の心得 「経理の本分」より

いつも江黒先生のブロクを拝見しておりますが、2日連続で同じ本の書評を書かれたことは(私が記憶する限り)ないと思いますし、「大推薦」とまで書いて頂き、嬉しい限りです。また、第6章の「経理部員の心得」を高く評価を頂いたことも非常に嬉しいです。専門書の出版社である中央経済社においても、第6章のような自己啓発的な内容の原稿を書籍にしたことは殆ど前例がないらしく、本書は(出版社においても)かなりチャレンジングなことだったのですが、その第6章を評価してくれる読者の方が多かったことにホッとしております。



このPOP、誰が作ってくれたんだろ。
ありがたいなぁ〜。

経理の本分_紀伊國屋書店梅田本店
(紀伊國屋書店梅田本店より)



第3刷までをお持ちの方は、いくつか誤植があります。こちらをご参照ください。

本書『「経理」の本分』をテキストに用いたセミナーを5〜6月頃に開催することが決まりました(税務研究会主催)。募集を開始したら本ブログにて告知致します。



「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06

新刊書『「経理」の本分』 広告掲載されました!

本日(2/20)の日経新聞朝刊1面に、新刊書『「経理」の本分』の広告を載せて頂きました。

中央経済社さん、ありがとうございます!

右の花王の本は、平松ゼミ生が関わっているらしい。左の佐和周さんは、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科の非常勤講師。関学にサンドイッチされている。左の佐和さんとは来月飲みに行く予定。


経理の本分_日経広告



「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06

新刊書『「経理」の本分』 4刷出来!

経理の本分_4刷_裏

新刊書『「経理」の本分』4刷! いきました!

amazonは再び在庫が切れましたが、大手書店では在庫があると思います。
お買い求めは、大手書店にてお願い致します。


第3刷までをお持ちの方は、誤植があります。こちらをご参照ください。

本書『「経理」の本分』をテキストに用いたセミナーを5〜6月頃に開催することが決まりました(税務研究会主催)。募集を開始したら本ブログにて告知致します。




「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06

新刊書『「経理」の本分』  書評を頂きました!

中央経済社「旬刊経理情報」(2020/2/10号)にて、

BASE株式会社 CFOの原田健さんが、新刊書『「経理」の本分』の書評を書いてくれた!

原田さん、CFOの目線からの書評、感謝です!

経理の本分_旬刊経理情報

(※ 原田さんと出版社の許可を頂き全文掲載しております)


第4刷がそろそろ流通開始すると思います。
第3刷までをお持ちの方は、誤植があります。こちらをご確認下さい。


「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07

新刊書『「経理」の本分』 さらに増刷決定!

経理の本分_4刷
(twitterより)

昨日、新刊書『「経理」の本分』の増刷本が流通開始したことをお伝えしたばかりですが、さらに増刷されることが決まりました! 発売して1ヶ月ちょっとで第4刷は想定外でした。ありがとうございます。


-----

第3刷までをお持ちの方は、以下の誤植がありますので、修正をお願い致します(第4刷で修正予定です)。

●P139 上から7行目
【修正前】・・・フロントに経つ・・・
【修正後】・・・フロントに立つ・・・

●P142 「心得1」の文章2行目
【修正前】・・・必ずといっていいほど経営担当者・・・
【修正後】 ・・・必ずといっていいほど経理担当者・・・

●P142 「心得1」の文章11行目
【修正前】・・・98%の確立で・・・
【修正後】 ・・・98%の確率で・・・

●P150 「心得8」の文章3行目
【修正前】 ・・・社会や経済の動きに影響を与えるから・・・
【修正後】 ・・・社会や経済の動きに影響されるから・・・

●P151 【図表6-4】の図表の標題部分
【修正前】自社のビジネスに影響を及ぼす要因
【修正後】自社のビジネスに影響を及ぼす要因

●P163 上から7行目
【修正前】・・・そのような経理部長、経理部長は・・・
【修正後】・・・そのような経理部長、経理課長は・・・

●図表1-5、図表1-6、図表5-1の左上部分
【修正前】経理をサポートする
【修正後】経営をサポートする



第1刷をお持ちの方は、以下の誤植がありますので、修正をお願い致します(第2刷以降では修正済みです。)。

●P72【図表4-10】の右下あたりを、以下のように修正をお願い致します(D211の矢印の場所を修正)。
経理の本分



------

下の写真は、丸善丸の内本店にて。

いつの間にこんなポップまで作って頂いて、中央経済社さん、丸善さん、感謝感激です!!

「経理を変えれば会社は変わる」んです!


経理の本分_丸善




「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07

新刊書『「経理」の本分』 増刷本が流通開始しました

「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07



お待たせしました!

『「経理」の本分』の増刷本が流通開始しました。

年末年始をはさんだので、遅くなりました。その間に書店からの追加注文が殺到してるらしく、さらに在庫切れになる可能性があります。できれば大手書店でお買い求め下さい。

【セミナー案内】 税務研究会主催 決算早期化セミナー 初の2days開催! 2020/1/28(火) 〜1/29(水) @東京

毎年開催しておりました税務研究会主催の決算早期化セミナーですが、今回、初めて
2日間連続開催!
をすることになりました!


・1日目は、【理論セクション】として、決算早期化・効率化・標準化、残業削減(働き方改革対応)、監査効率化・・・といった話のほか、「真の経理部とは何なのか?」、「経理部をどう進化させるのか?」って話もしていきます。(6時間開催)


・2日目は、【実践セクション】として、架空の上場企業を想定、その試算表のデータを用いて、どのようにアウトプット資料を作成するのか、どのように財務分析を実施し、分析結果をドキュメントするのか、どうやって監査や開示に備えるのか、といった一連の決算・開示業務を解説していきます。(3時間開催)


従来から実施していた【理論セクション】の講義に加え、今回から【実践セクション】を加えましたので、具体的に決算・開示実務をどのように実践するのかについても体感して頂けるようになりました。この2日間開催は、東京会場のみになる可能性が高いため、是非この機会にご参加頂ければと思います。



▼『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』 開催概要
■開催日: 2020/1/28(火) 〜1/29(水)
■会場:JR東京駅近く 鉄鋼ビルディング
■講義内容:
  【理論セクション】
  1.決算早期化を実現している会社の特徴
  2.決算早期化を達成できない原因と解決策
  3.決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方
  4.決算早期化を実現するアウトプット事例
  5.決算早期化を実現する「決算業務のマクドナルド化」
  6.IFRSに備えた決算早期化
  【実践セクション】
  1.決算早期化を達成するための「経理・決算の仕組み」の作り方
  2.アウトプット資料の作り方
  3.財務分析の実施
  4.エクセルの使い方

  (※最新情報をご提供するため内容・順序は変更する可能性があります)


▼本セミナーの詳細・お申込みはこちら
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』




セミナー来場者には拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)


プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ