バインミー

宿泊しているホテルに、朝食ビュッフェが付いていたのだが、あえて屋台へ。
ホテルから徒歩10分程の場所にある「ここは美味い!」と噂を聞いたバインミーの店へ。注文すると15秒位で作ってくれた。20,000VDN(約100円)也。


バインミー

ホーチミンはコーヒーショップがやたら多い。ヨーロッパからの観光客が、朝からコーヒーショップに吸い込まれていく。私もコーヒーをテイクアウトして、バインミーを食べた。めちゃくちゃ美味かった。日本でもバインミーが少しずつブームになってるけど、もっと流行ってほしいなぁと思う。

-----


ホーチミン


午前中はホテルでのんびりと過ごし、午後、街へ出た。
今日も35℃位。暑い暑い。


ホーチミン_フォー

ランチ。
ホーチミンに十年以上住んでいるという日本人を紹介してもらい、フォーのお店に連れて行ってもらった。春雨のフォー、炒めたフォー、揚げたフォーをシェアして食べた。どれも初めて食べた味だったが、美味しかった。日本のベトナム料理店では余り見かけることがないものばかり。
ちなみに、この店の店員さんは、無愛想な霜降り明星のせいやだった。


ホーチミン_KOI

食後、ベトナムのスイーツも試してみようと、若いギャルが行列を作る店に入ってみた。タッチパネル方式のレジレス決済なのは良いが、ベトナム語しか対応していない。よく分からないので、テキトーに注文。


ホーチミン_KOI

出て来たのは、タピオカミルクティーだった。普段、タピオカも、ミルクティーも口にすることがないのだが…。タピオカはちょっとキツかった。

後で知ったのだが、この店は台湾の有名店だった。しかも、日本にも店があるとさ。


-----



戦争証跡博物館


そして、「戦争証跡博物館」へ。

「戦争証跡博物館」はもう5〜6回来たことがあるので今回は訪れる予定はなかったのだが、昨日クチトンネルに行ってベトナム戦争の悲劇を体感したので、再度訪れてみたくなった。


戦争証跡博物館

屋外に米軍が使った戦闘機や、ヘリコプター、戦車などが展示されているが、エグいのは屋内の展示の数々。戦争に関する膨大な資料が展示されており、ベトちゃん・ドクちゃんをはじめ枯葉剤の被害者となった方々の写真、奇形児の写真、胎児のホルマリン漬けなども展示されている(興味ある方は画像検索をされたし)。

上の写真の下にも書かれているが、米軍の戦争のポリシーは、”Burn all , Destroy all, Kill all” (燃やし尽くせ、壊し尽くせ、殺し尽くせ)だったのだ。米兵はその通り、燃やし、壊し、殺した。子供の頭を撃ち抜き、家を燃やし、女性を強姦し、妊婦の腹を踏み潰し、四肢を切断し、井戸に突き落とし、戦車にくくりつけ、あらゆる手段で「ポリシー」を守った。

そんな、あまりにも残酷な写真の数々に、吐き気を催す人もいるだろう。

米軍がベトナムで使用した爆弾量は、太平洋戦争で(原爆を含め)日本へ投下した量の約26倍。8000万リットルもの化学物質、枯葉剤をベトナム国土の25%に散布し、数十万人を殺戮したのだ。そして、300万人以上が枯葉剤被害者となった。

たった50年前にこの地球上でこんな非人道的なことが行われていたことに、ただただショックを受ける。


戦争証跡博物館

政治犯を収容した「タイガーゲージ」(虎の檻)。横幅150cm、高さ30cm位だろうか。周囲は有刺鉄線。ここに入れられ、炎天下の中、放置されたらしい。



戦争証跡博物館

このような形で足首を拘束された囚人もいたらしい。
マネキンではなく、当時の写真も展示されている。



戦争証跡博物館

拘束された何人もの囚人が、足首を拘束されたまま狭いゲージで過ごす。そしてとんでもない拷問を受ける。その内容はエグすぎるので割愛する。

これだけ胸が痛む写真や展示物を見て回るだけでも苦しいのだが、この博物館にいまだに冷房が設置されていないことが苦しみを倍増させる。


戦争証跡博物館


人間は、ここまで残酷になれるものなのか。

ベトナム戦争、ナチス、沖縄戦、ポル・ポト、ウイグル…などなど、人間の残虐性はどこからやってくるのか。人間の悪の凡庸さについては学び続けたい。



「ひめゆり平和祈念資料館」「広島平和記念資料館」「長崎原爆資料館」「知覧特攻平和会館」と、この「戦争証跡博物館」は、生きてる間に絶対に行くべき資料館・博物館だと思う。

なお、「戦争証跡博物館」に展示されている写真の多くを撮影した写真家の石川文洋氏の『ベトナム 戦争と平和』 (岩波新書)という本にも、この博物館に展示されている写真が掲載されている。

-----


ホーチミン

暑さと苦しさで身も心も疲れ果てたので、ホテルへ。


ホーチミン

で、浮かぶ。


-----


日が暮れてから、再び街へ。
最後の晩餐は、ちょっと良さ気なベトナム料理店へ。

ホーチミン


紅芋のスープがかなり美味しかった。中には細かく刻まれた海老が入っており、しそが振りかけられている。風味も良かった。これも日本のベトナム料理店では余り見かけることがないと思う。これはまた飲みたい。

今日もよく飲み、よく食べ、よく動いた。
2年ぶりの海外旅行、楽しかった。

来月もどこか行こう。
人生は楽しんでなんぼ。
No Fun,No Life!