シギラリゾート

朝起きたら、めちゃくちゃ良い天気だった。
天気予報では今週ずっと雨だったのに。

これが沖縄ウェザー。

すぐに水着に着替えて、レンタカーに乗り込んだ。


-----

ホテル内のプライベートビーチにもウミガメが3匹いるらしいが、私は「新城海岸」(あらぐすく かいがん)という所へ向かった。宮古島の定番シュノーケリングスポットであり、ウミガメと泳ぐことができる場所としても有名。

朝から多くのダイバー、観光客が集まっていた。



海に入って数分で、ウミガメ発見!


新城海岸_ウミガメ




去年、慶良間諸島のウミガメスポットに行った時は、1時間泳いでも見付けることができなかったのに、ここでは浅瀬で何匹ものウミガメを見付けることができた。これはすごい。

現地の方に聞くと、ここのウミガメは人間に慣れているようで、人間を見ても逃げることがない。実際に触れることもできたし、伴走して泳ぐこともできた。キレイな海でウミガメと一緒にふんわりと泳ぐのは、なんとも言えない気持ち良さ。最高。


新城海岸_ウミガメ



息が上がるまで泳いだ。

新城海岸_ウミガメ


-----


泳いだ後、新城海岸から車で10分ほどの場所にある宮古島最東端の絶景スポット、「東平安名崎」(ひがしへんなざき)へ向かった。

東平安名崎



めちゃくちゃ良い天気。

東平安名崎



ABC ??

東平安名崎



約2kmの岬の先端の灯台へ。

東平安名崎



岬から眺め。宮古ブルーが水平線まで続いているよう。
見惚れた。言葉にならない美しさ。

東平安名崎



岬では3台のクルマが、カキ氷やブルーシールのアイスを売っていた。
私は「宮古ぜんざい」に惹かれた。

東平安名崎



ワゴンのお兄さんが「ウチの宮古ぜんざいは宮古一美味しいと思うよ!」と言っていたが、確かに、おかわりしたいと思うほどに美味しかった。

東平安名崎



-----


観光してホテルに戻ると、良い感じの時間に。

シギラリゾート




夜は、ホテル内で鉄板焼。
シェフのHさん。

シギラリゾート




昨日同様、ホテルのオリジナルワインを薦められるのかと思ったら、この店は違った。ワインリストに「Opus One」や「rindo」などの高級ナパワインが並んでいた。マジか。料理の値段を遥かに上回る値段に一瞬躊躇したが、KENZO ESTATEの「rindo」を頼んだ。

口をつける前から酔いそうになった。この芳醇な香りだけを何分でも味わいたいと思うほど華やかな香りがグラスに広がる。口に含んだ瞬間のパンチのある味とエレガントな味わいはしばらく忘れられん。

ワインに夢中になり、肉の写真を撮り忘れたが、フィレもサーロインもワインも、最後のガーリックライスまで、本当に美味しかった。最高。


シギラリゾート


なお、シェフのHさん、大阪から来たというので、色々とツッコんで聞いてみたら、私が大学生の時に何度も通った甲子園のイタリア料理店の創業シェフだった。まぁ、ビックリ。

沖縄本島や宮古島で出会う人は、大阪からの移住者がめっちゃ多い。皆、同じことを言う。「大阪には戻れません」と。そりゃねぇ〜。こっちの環境、良すぎるもんねぇ。


-----


食事が終わったら、今日も花火が上がった。


シギラリゾート



花火が終わって、空を見上げたら、満天の星空。
北斗七星もくっきりと。


シギラリゾート


今日はウミガメに始まり、満天の星空で締めくり。
これ以上に最高の1日があろうものか。
一生の記憶に残る1日になった。

人生を味わい尽くそう。
No Fun, No Life!!