札幌

約2年半ぶりの札幌。

昨夜まで豪雪・暴風で空路・陸路とも乱れていたが、今日は(若干の電車の遅延はあったが)問題なく札幌まで来ることができた。ツイてる。気温は1℃くらいだったが、全く寒さを感じない。


札幌

歩道は除雪の残骸。


札幌

路上駐車のクルマは、一晩で埋もれる。



札幌

自販機は営業不能。
屋根の下に置かないとね、、、



スープカリー

とりあえず、ランチ。
ラーメンを食べようかと思ったが、スープカリーにした。
野菜たっぷりのチキンカレー。もう少しスパイスが欲しかったが、ヘルシーでまろやかで美味しかった。


-----

札幌では、これまで不動産を4棟購入した。
「なんで札幌なのか?」とよく聞かれるが、利回りがいいから。保有物件の利回りは8〜15%。RC造でこれだけの利回りが出せる。購入後にコツコツと修繕にカネをかけて、コツコツと賃料を上げていった成果でもあるが、都心でこれだけの利回りを出せる物件はあまりない。ハナから札幌一極集中で投資した方が効率的だと思う。

しかし、スルガ事件以降、各金融機関が札幌物件に対する融資を引き締めたため、良い物件はあるのに融資を受けることが出来ないというもどかしい状況が続いていた。それでも諦めずに金融機関と交渉を続けていたら、少し道が開けてきた。「チャンスの神様には前髪しかない」と言われるように、チャンスは一瞬で通り過ぎていく。この前髪を掴まないと、次のチャンスは数年は来ないと思われる。こういうチャンスが来た時に、何も考えずに行動する人と、あれこれ言い訳して静観する人と、世の中は2つの層に分けられると思う。寒さが苦手なので、冬の札幌を避けていたのだが、今回はそんな言い訳はしてられない。思考よりも先に身体が動いた。

ランチを食べた後、目を付けていた物件を視察して廻った。16時半には日が沈み、17時前には真っ暗になるため、視察できる時間は限られるが、1棟、買い付けたい物件に出会えた。そして買い付けた。勢いだけ。

不動産投資は金持ちの道楽ではない。私が十数年前に初めて不動産を購入した時、年収・所得・貯金が少なすぎて、大半の金融機関から融資を断れた。相手をしてくれたのは異常な金利で金貸しをしているごく一部の地銀だけ。不条理な金利を払いながら、実績と信頼を高めていったのだ。私の周りの投資家も、最初はみんな同じ。最初からカネやノウハウを持ってる人なんて、ほとんどいない。圧倒的な行動力、だだそれだけ。

投資に限らず、何事も、行動しなければ、なーーーんも変わらない。
スマホを捨てて、街に出よ。


札幌


-----

夜、札幌通の友達から教えてもらった「鮨 いその」へ。

札幌_鮨いその


カウンター席のみの贅沢な空間で、旬の魚料理、唸るほど美味しいお寿司、地元の日本酒を頂く。至福の時間だった。お店を教えてくれたKちゃん、ありがと。大満足。


札幌_鮨いその


-----

JRタワーホテルからの眺め。絶景。
石狩湾まで見えそうなくらい空気が透き通っていた。

JRタワーホテル日航札幌