パークハイアット京都

パークハイアット京都へ。



パークハイアット京都

OPENした時から行ってみたいと思っていたホテル。
創業142年の伝統ある料亭「京大和」の歴史ある建物・庭園の敷地内に建てられた。景観を守るために、ホテルの床面積の約60%を従来の地下部分に埋めこむという前例のない大規模な掘削工事を行った結果、パークハイアット京都の背面にある京大和からも、八坂の塔が一望できるようにしている。



パークハイアット京都

いつもどおり、オーラ全開でチェックインしたら、スイートルームにアップグレードしてくれた。部屋からも八坂の塔が見える。サンセットまで部屋から動けなかった。



パークハイアット京都


-----

夜は、ホテル内のレストラン八坂でお客様と新年会。
予約して頂いたお店は鉄板焼屋さんかと思っていたが、目の前の鉄板で繰り広げられるのは、ただの鉄板焼ではなく、鉄板という舞台の上で繰り広げらえるフレンチ料理だった。


パークハイアット京都

フルコースの最初のメニューは「パンケーキ」。
いきなり甘いもん??? な訳がなく、ジャガイモをパンケーキ状にしたものの上に、海老、雲丹、キャビアが添えられる。ラウンドワンからノックダウン。



パークハイアット京都

その後も驚きが止まらない料理が続き、メインの肉料理はは漢方和牛サーロインとホロホロ鳥。

美味しゅうございました。



パークハイアット京都

巨匠たちの真剣勝負を見てるだけでも感動した。これぞプロフェッショナル。

奥には八坂の塔。
絶景。

-----

パーク ハイアット京都といえば、八坂の塔、京都タワー、京都の街を一望することができるBAR「琥珀」が有名だが、当然にここも行ってきた。ここにはクラフトジン「季の美」と開発したオリジナルのジンがある。ジン好きにはたまらない。このジンに笹の葉を添えたオリジナルカクテル「琥珀ジントニック」は個人的にかなり気に入った。

パークハイアット京都BAR琥珀
(※ この写真のみネットから拝借した)


-----

八坂の塔。
一切の音が聞こえない静寂の時間が流れる贅の極みの夜だった。


八坂の塔