金曜日は大学授業の日。
今週から(ようやく)オンライン授業と対面授業の併用が認められた。私は直ぐにでも対面授業に切り替えたかったが、私の授業の前後のコマの授業がオンラインを継続しているため、私の授業もしばらくはオンラインを継続することにした。1日に何コマも自宅からオンライン受講している生徒が多いようだが、ちょっとかわいそう。早くキャンパスライフに戻してあげて欲しいなぁ。

私の授業は、毎回課題を出している。レポートの提出ではなく、次回の講義でプレゼンしてもらうようにしている。もうすぐ社会人になる大学3年生が対象なので、自分の思考をまとめ、相手に伝わるように口頭で発表する練習をした方がいいよ、ということで。

前回の授業で、以下のような課題を出した。
『近年、企業が「財務情報」だけでなく、ESG、SDGsなどの情報を含む「非財務情報」を積極的に開示するのはなぜか。自身の考えを簡潔にまとめて発表すること。』

正直、テキトーにプレゼンする生徒が大半だろうと思っていたが、すべての生徒があまりにも良いプレゼンをするので驚いた。何かのコピペではなく、きちんと自分の思考をまとめて発表してくれていたのが嬉しかった。言われたことを暗記するのではなく、「なぜだろう」「どうしてだろう」を考え、自分なりの答えを出すということが真の学習だと思う。

今回もまた一つ課題を出した。答えのない(=考えなければならない)問題を出してみたのだが、頭が柔軟な彼らがどういうプレゼンをしてくれるか、いまから楽しみ。

-----

夜、月1で通う兵庫県某所の割烹料理屋へ。
いつもと同じ、平松ゼミの先輩・同期と共に。

申虎


随分前から予約を入れていたのだが、運良く、今日(10/22)から兵庫県は時短要請が解除された。ラストオーダーを気にせずに飲めるのは、素直に嬉しい。ワインを4本空けたのも、23時くらいまで飲んだのも、何ヶ月ぶりだろうか。


申虎

ただ酔いたいだけなら家で普段飲まない酒を飲めばいい。気のおけない友と酌み交わす時間は、私にとっては貴重な時間だ。この時間がない人生は虚しいし、この時間は誰にも奪われたくない。

本を読めば、旅に出るより遠くに行ける。

酌み交わせば、本を読むより見識が広がる。




書を捨てよ、町へ出よう