バラ園


今日も朝からランニング。

小さい時から50m、100mは学年トップだったが、長距離が苦手。今朝、快適に走るオジサンの後ろを追いかけるように走ったが、1kmで引き離された。

私はドジでのろまな亀です。

-----

今日は、大学の授業からの、YouTube Live

今回は『ノート術』をテーマにウダウダと話してみた。今回は「役に立った」というようなコメントを何名か方から頂いた。

Liveでは、私のモレスキンや、私が師と仰いでいる故池田教授のノートもチラ見してもらったが、ノートというのはただ書き留めるための道具ではなく、知を編集するものための道具だと思う。Liveでも言ったと思うが、私が池田教授から教わった事で最も印象に残っているのが、「知は移動する」というコトバ。本、新聞、雑誌、セミナーなどからインプットした情報をノートに書き留めたり、貼り付けたりするだけでなく、ノート上の色んなページを行ったり来たりしながら、ある日の思考と、別の日の思考を、ツナいでみたり、合わせてみたり、ズラしてみたり、関係性を考えてみたり、境界線を見つけてみたり、B案を考えてみたり、抽象化してみたり、ということを繰り返していくことにより、新たな「知」を発見する。これがノートの効用。池田教授は、Aというノートに書いたものと、それに関連するBという本に書いるページを共に引きちぎり、それらをCというノート貼り付ける…ということもやっていた。ノートや本を容赦なく引きちぎるという行為に最初は抵抗があったが、いまは私もマネして引き裂くことが多い。本を本棚に眠らせておくより、知を移動させた方が、本は活きる。


Liveのアーカイブはしばらく残しておきます。

▼閲覧は画像をクリックしてください
youtube_live_ノート術


なお、身近な友から、「本題に入る前の『前置き』が長すぎる」 と言われたが、ワザとそうしている。YouTube Liveは、ニャンさんが参加してくれるようになってから、「パペポTV」のように、打ち合わせなし、シナリオなしで、1ヶ月を振り返りながら話しを進めようということにしており、「前置き」が長くなることもある。個人的にはLive感があっていいと思うのだが・・・、テーマの内容を聴きたくて視聴してくれてる方にはウザいのかしら・・・??

テーマ無しで、ニャンさんと飲みながら喋るだけのLiveでもいいかとも思ってくらいなのだが、ニーズないかな。まぁ、いろんな意見を聴きながら、楽しくやっていこうと思う。



ということで、今回も事前に頂いた質問に全て答えることができなかったので、ここで回答しておきます。

●武田先生のノート術のベースとなった本はありますか?
《回答》Live中に少し触れましたが、松岡正剛『多読術』に書かれている、本にマーキングする方法は参考にしています。ノート術でベースになった本は特に記憶に残っていませんが、モレスキンのトリセツみたいな本は数冊読んで参考にしました。

●どこに何を書いたか分からなくならなくならないですか?
《回答》なります。色々ところに書いて、知を移動させればいいと思います。

●過去に書いたノートは読み返しますか?
《回答》めちゃくちゃ読み返します。むしろノートに全てを集約し、ノートのみを読み返せばいいようにしています。

●本を読んだあと、ノートにアウトプットするのですが、頭に入りやすかったり、復習しやすい書き方ってあるんですか??
《回答》キレイに書いたものより、雑に書いたものの方が頭に入ります。

●モレスキンにはどんなことをどんな割合で書いてますか?
 例えば、、夢や願望何割? 勉強何割? 気付き何割?
《回答》冒頭の約10ページは夢・願望を書いたエクセルシートを貼り付けています。それ以降のページは日付順で書いてますが、内容はバラバラ、めちゃくちゃ、ぐちゃぐちゃです。整理していません。


-----

次回のYouTube Liveは、

11月20日(土)20:00〜 開催します。

次回は土曜日の開催になります。

日本シリーズの日程と被っておりますが、観て頂ければ嬉しいです。