友達


ブログを書くのは「深夜の遊び」だと以前も書いたことがある。忙しく、慌ただしく、テンションが高いまま布団に入っても熟睡できないので、寝る前の何時間かは自室でぼーっとする。本を読んだり、ネットを見たり、モレスキンと向き合って1日を振り返ったり、ブログを書いたりしながら、脳と体を休ませ、クールダウンしていく。そういう習慣が十数年続いている。

でも、眠い時は寝る。「翌日に繰り越してもいいことは今日やらない」ということも習慣になっているので、モレスキンやブログが滞ることもあるが、それはそれでいい。川の流れに身を委ねて流れ落ちて行けばいいと思っている。

ということで、しばらく眠い日が続き、ブログの更新が滞った。心配して生存確認をしてくれる友がいるのは有り難い。YouTubeは更新したが、相変わらずブログの方が閲覧者が多い。

----

いまの自宅で過ごす最後の週末になった。

今日は、高校からの大親友ら3家族が遊びに来てくれ、みんなで鍋をつついた。旧友といると無になれる。心地よい。腹の底から笑える。あっという間に5〜6時間が過ぎていった。気が付いたらビールの空き缶だらけになっていた。毎度のことだ。

粗大ゴミを出し切って、すっからかんになった自宅から、まだ何かを物色して持ち帰ろうとする友。唯一残った家具であるダイニングテーブルもあげることにした。過去に執着はない。また新しいものを買えばいい。すべてを手放せば、新しいものしか入ってこない。運気もそうやって入ってくる。

知らんけど。