淡路島バーガー


「脱ハンコ」といいながら、毎日どこかにハンコを押している気がするし、かなりの頻度で印鑑証明書を取得するために法務局に行ってる。昔から意味がないと思っていたが、今でも契約書など対外的に交わす資料はまだハンコが残ってる。金融機関は、麻生大臣が非対面を求める談話を公表したにも関わらず、その後も私との面談を要求してくる。なんとかならんのかいな。今日も、とある契約を交わしに西宮の某所へ行ってきた。

普段行かない場所に行ったので、街中をぷらぷらとしていたら、「淡路島バーガー」の店を見付け、吸い込まれるように店に入った。昼間っから飲んだ。忙中閑有り。

緊急事態宣言で20時に飲食店が閉まるのに伴い、昼間っから店を開けて頑張ってる居酒屋やBARを見ると応援したくなる。夜飲みより昼飲みの方が時間を有効に使えるので、しばらく昼飲みを楽しむか。

後で知ったのだが、淡路島で食べることができる「全国ご当地バーガーグランプリ受賞」1位&2位を受賞したハンバーガーは「あわじ島バーガー」で、今日行った店は「淡路島バーガー」だった。別モノかよ。美味かったけど。


----

どうでもいい話のついでに、もう一つどうでもいい話。

引越先が決まった。言わんけど。

環境を変えたいとずっと思っていたので、ようやく。

1,000 から 60 へ。

「風の時代」の幕開けに、風に乗って飛んでいくわよ。


-----

久しぶりに「終わりの会」を更新しました。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
人生はトレードオフ