稲佐山展望台

ぷらっと長崎に来た。

ホントは昨年7月に長崎に来る予定だったが、九州(熊本)に台風が直撃し、空路・陸路共に欠航となり、行けなかったのだ。。。(で、その時は、行ける所まで陸路で西へ向い、太宰府へ向かった。)

半年ぶりにリベンジすることができた。人生初の長崎入りだが、長崎市内は初めてとは思えなかった。なんとなく懐かしさがあるのはなぜだろうか。どこかの地方都市で見たような光景が至る所にある。

-----

今回、長崎市内に入って、真っ先に寄ったのが長崎新地中華街にある「江山楼」というお店。「バナナマンのせっかくグルメ大晦日SP」というテレビ番組で、バナナマンの日村さんが食レポをしているのを見て、「ここは生きてる間に絶対に食べたい!!」と思ったのだが、3日後に実現した!

長崎新地中華街に着いたのが夕方だったが、中華街はガラガラだった。けど、「江山楼」は満席だった。TVの効果というより、地元のリピーターが来ているという印象。

長崎新地中華街



日村さんが食べていた「特上ちゃんぽん」(フカヒレがのってる長崎ちゃんぽん)を頼む。日村さんが立ち上がって叫ぶほどに美味しいという意味が、一口目のスープの味から分かった。麺も具もスープも最高。マジで美味かった。こんな美味しいちゃんぽんは初めて。スープもすべて飲み干した。ここはまた来たいと思った。

江山楼フカヒレちゃんぽん


-----

店を出ると日が暮れていた。

一度、「世界三大夜景」(香港、モナコ、長崎)といわれる夜景を見ておきたいと、稲佐山へ向かう。循環無料バスが走っているのは助かる(要予約)。

稲佐山ロープーウェイ



バスもガラガラ。

稲佐山ロープーウェイ



ロープーウェイを登って、展望台からの景色は、冒頭の写真のとおり。スマホではこれが限界だが、実際はもっとキレイ。

ただ、こんなこと言っちゃーなんだけど、神戸の六甲山頂や、芦屋の芦有ドライブウェイからの眺めの方がキレイだぜ。


-----

下山してから、市内をプラプラ。

定休日が日曜という飲み屋が多い上に、年始ということもあり、開いている飲み屋がなさ過ぎて、よなよな数千歩は歩いたぞ…。


眼鏡橋


有名な「眼鏡橋」。川面に映す姿がメガネに見えるから「眼鏡橋」。日本最古のアーチ型石橋らしい。1634年に架けられたという。皇居のお壕にかかる二重橋は、この眼鏡橋がモデルなのよ。

眼鏡橋


-----

歩けど歩けど開いてる飲み屋が見つからず、ホテルの近くで明け方まで開いてる「思案橋ラーメン」という店へ。このお店、長崎出身の福山雅治の行きつけの店らしい。それだからか、店内には著名人のサインがずらりと並んでいた。かなりの有名人ばかり。

壁には、福山雅治の年賀状と思われるものが貼られている。2010年以降、毎年ある。2021年のものもあった。すべての文面が「お前と賀正」と書いている。なんのことやろ…と思って、ググったら、色んな人にこの年賀状が届いているんだね。

思案橋ラーメン


福山雅治は「爆弾ちゃんぽん」ってのを頼むらしく、周りの客もそれを頼んでいたが、1日に2杯もちゃんぽんを食べるほど若くない…。とりあえずビールを飲んで、餃子、炒飯、おでんを頂く。美味しい。次来る時は「爆弾ちゃんぽん」を頼もう。

思案橋ラーメン

旅は人生を変え、体型も変える。
旅の恥はかき捨て、食事の自制心もかき捨てる。