年末年始、私の恒例の儀式がある。
『人生5カ年計画』というものをアップデートしている。

夢や願望は、書けば叶うが、書かなければ忘れる。

なので、先日も紹介した『夢リスト』(夢を50個書き出したリスト)の他に、『人生5カ年計画』も作成し、夢・願望をいつ叶えるのかも書き出すようにしている。これを毎日見るノートに貼り付けて、毎朝見ることによって、優先順位付けが明確になるし、自分へのコミットメントの確認にもなる。そして、潜在意識が行動を突き動かしてくれる。そうやって、壮大な夢をこれまで叶えてきた。

この儀式は、2004年から続けており、毎年、年末年始にアップデートしている(途中2年間、あえて立ち止まるためにアップデートをしなかった期間があるが)。

今の『人生5カ年計画』のテンプレートは以下の通り。

人生5カ年計画フォーマット


このテンプレートの使い方は、昨日の【終わりの会】で説明しているので、興味ある方はご覧下さい。

今回アップデートした『人生5カ年計画』は、従来のものからガラリと変わった。人生第2幕が始まるのだと思う。

ちなみに、私の『人生5カ年計画』をちらっと見せて欲しいという声もあるのだが、これは誰にも見せたことがない。夢や願望をビジュアル化したビジョンボードを作って、家族や友達などとシェアする人もいるが、私は誰にも見せないようにしている。なぜなら、壮大な夢や願望に対して「ムリムリムリムリ〜!!!」というのは決まって身近な人だから。少し頑張れば実現できるものは夢とはいわない。いまは実現可能性がないと思うものであっても、人生をかけて実現させるものが夢だと思う。そんなもの、身近な人に共感してもらえるとは思えない。『夢リスト』や『人生5カ年計画』は、目標ではなく、夢を描くもの。未来は現在地の延長にはない。だから、描く夢や願望は実現不可能・想定外のものでいい。仮に周りの人間から失笑されても、自分だけを信じて圧倒的な行動を起こせば、夢は全部叶うと思う。『夢リスト』も『人生5カ年計画』も、自分のために、ぶっ飛んだものを作成すればいいと思う。