2020年11月29日(日) 放送の『情熱大陸』に、"教育YouTuber" の葉一(はいち)という方が取り上げされていた。私はその番組を観るまで葉一さんのことを存じ上げていなかったが、チャンネル登録者121万人(本日時点)という人気講師らしい。

葉一さんは、もともと塾講師だったらしい。経済的理由により塾に通えない人や、塾に通ってるけど講習を申し込めない人が余りにも多いことを目の当たりにして、8年も前からYouTubeを始めたという。無料で授業を配信したことに対して、同業者などから激しいバッシングを喰らったという。しかし、いまでは多くの中高生が彼の動画から学んでいる。

-----

彼のような教育系YouTuberや、スタディサプリのような受験サプリが登場したのは時代の流れだなぁと思う。いまでは大手予備校に一切通わずに、このようなツールを使って一流大学に合格する人がいるという。私も歴史の復習をするためにスタディサプリの会員になっているが、質の高い授業の数々に驚かさせる。高額の月謝を払って遠くの予備校まで通わなくても、タブレットやスマホがあれば自宅や移動中の数十分で一流の授業を受講できる。大手予備校が校舎を閉鎖していってるのは、少子化だけが原因じゃないのだろう。

ただ、(教育ツールは変わっても)受験システムが変わらないことには違和感しかない。もう学歴社会なんて崩壊しつつあるのに、いつまで詰め込み型の受験教育に熱を入れてるんだろう。これまで続いてきた大学・高校・中学受験というのは、学んだことをアウトプットしているのではなく、インプットの確認に過ぎない。思考力や表現力を問うべきだと思うのに、受験生はひたすらインプット(暗記)を繰り返す。ググれば分かるようなものばかりなのに。そんな暗記力大会が受験戦争と呼ばれ、公教育以外に莫大なお金を払らなければ学歴を手に入れられなくなり、貧しい人が塾・予備校・学歴を諦めるという「機会の格差」が起こっている。希望する人が平等に教育を受けることができないなんて、冷静に考えたらおかしい話だ。

-----

橘木俊詔著『教育格差の経済学』(NHK出版新書)にも同様のことが書かれていた。本来、教育は「機会の平等」がなければならないが、現状は「教育格差」があり、それが学力の差を生んでいる。その原因のひとつが、(外国人から怪訝な顔をされるという)「塾」といいう存在である(P141)。著者は、「高い学歴を得るために生徒、親、教師、社会が必死になって、塾などに頼るという異常な状況」(P199)であるから、日本は学歴社会をなくすべきだと主張している(同)。

私もこの主張には賛成であり、受験システムも根こそぎかえるべきだと思う。いま、教育格差問題以外にも、子どもの不登校や自殺の急増が問題になっているが、根本的な原因は学歴社会や受験システムを含む教育システムにもあるんじゃないだろうか。教育の目的は何なのかを問わなければならないと思う。