merrychristmas


今日も収録だった。

セミナーではなく、某会員サイトの一コマ。飲み屋を貸し切りにして、飲み食いしながらトークをするという「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)のような収録。「動画」を見るのが好きではない私としては、自分が出ている動画もほとんど見ていないのだが、繰り返し見ている人もいるらしい。

世間では成功者といわれるような人が集って、あれやこれやと話をするという企画なのだが、今日は「人生のターニングポイント」というお題を与えられた。今日、いろんな人の話を聞いて感じるのは、「右肩上がりの直線」を描くような人生を歩んでいる人なんていないということ。学校の先生や両親が感心するような、真面目で、健全な優等生もいない。どちらかといえば、不真面目で、問題児で、空気が読めないような人が多い。けど、それなりの富や自由を掴んでいる人は、人生のどこかで、思いっきりしゃがみ込み、思いっきり飛び上がっている。大気圏を突き抜けるくらいに。

まぁ、前から書いていることではあるが、成功したり、夢を実現させるには、知識量や能力や学力やIQなんて全く関係ない。圧倒的な行動力とスピードが全てを凌駕するのだ。行動しない言い訳をせず、弾を撃った者が勝つ。

-----

帰ったら、裁判所から封書が届いていた。以前の黒字社長塾のクライアントの社長が破産したという通知だった。この社長には「言い訳はいいから、いい加減に行動したらどないですか?」と何百回と言ったことがある。二言目には「忙しい」と返される。言い訳する人は、最重要事項を分かっていない人だ。

報酬を踏み倒されたので契約を解除し、それ以降、一度も会っていないが、破産するまで「忙しい」を言い続けたのだろう。そして、破産はコロナのせいにしているのだろう。

忙しいほど働く健全な優等生よりも、当たるかどうか分からない的に何万発も弾を打ち込むアホでいてほしかった。