武田雄治

お遊びでない写真のデータも届いた。
何かに使おう。

-----

今日更新された「中田敦彦のYouTube大学」がオススメだと、秘書や知人から連絡が来た。GACKTがゲスト出演し、マレーシア移住について語っている(中田敦彦も来春にシンガポールに移住するらしい)。私はクアラルンプールにあまり良い印象がないのだが、GACKTがマレーシアを選んだ理由は概ね共感できる。住む場所は、自分の価値観が合う場所を選べばいいと思う。

この動画の冒頭で、GACKTが「昔は365日休みなく働いてきたので『記録』はあるけど、『思い出』がない」「何のために今まで頑張ってきたんだろうと思った」というようなことを述べている。「カネは失っても取り戻せるが、時間は失ったら取り戻せない」というようなことも述べている。これらも激しく共感できる。私もこの数年、同じようなことを思っていた。

-----

GACKTは、月1回、1週間だけ日本に帰り、そこで詰め込んで仕事をしているらしいが、リモートが当たり前になってきたら日本に帰る必要はないんじゃないか。私の知人の旅人会計士は、今回の9月中間決算の会計監査も全てリモート対応するという。いったん旅先から戻ってたが、戻る必要あるのか…?

今は簡単に海外に行くことができないが、近い将来、自分の価値観の合う場所に移住するためのあらゆる準備はしておこうと思う。それまでは国内でやどかり生活をするのもアリかもしれない。