武田雄治


先日写真撮影をしてくれたカメラマンの石田さんが、私のYouTube『フェラーリを買ったら節税できるのか!?』を見て、(お遊びで)こんな画像を作ってくれた。光の使い方、プロ過ぎる。

「使ってください」と言われたが、使うところがないので、ブログにあげておこうかと。

フェラーリも自宅も既に売りに出しているため、近々「フェラーリ会計士」は「元フェラーリ会計士」になる。フェラーリは意外と運転しやすく、最高に面白いクルマだった。新型「フェラーリROMA」も魅力的だと思うが、当面フェラーリに乗ることはないだろう。過去の夢を達成すれば、執着せずに手放す。でなければ、新しいものが掴めない。

今後どこに住むのか、何に乗るか、全く決めていないが、いつかの「やどかり生活」に備えて、あらゆるものを断捨離してる。「こんまりメソッド」に従い、ときめかないものは捨てた。さらに3年以上使っていないものも捨てた。自宅に1000冊以上はあろうかと思われる書籍・雑誌類も、ワイングラスも盃も、スーツも服も、写真も人間関係も、使ってないものは捨てた。会計関連本なんて99%は3年以上開けてもいない。IFRS本は自分が書いた本以外は全部捨てた。必要になればまた買えばいい。中野善壽著『ぜんぶ、すてれば』という本に書かれていたように、こだわりを捨て、執着を捨て、精神の自由を選びたい。

以前、某古本買取店(ブックオフではない)にダンボール一杯に古本を送ったのだが(その中には新しい本もたくさん入れし、某アイドルの激レア写真集も入れた)、買取500円アップのキャンペーンだったにも関わらず、振り込まれた額は701円だった。あれだけの書籍を送って買取額201円って、バカにしとんのか。時間と労力の無駄なので、もう二度と利用しない。メルカリも発送が面倒なので利用してない。

捨てるのに困っているものが幾つかあり、チェーンソー、芝刈り機、薪割り斧、高枝切りハサミ、ブロワバキューム(落ち葉掃除機)、キャンプ用テーブル&チェアー、テラス用テーブル&チェアー、BBQセット、DJ用ターンテーブル、アーロンチェアなど・・・。欲しい方は差し上げます(私の自宅まで取りに来れる方のみ)。

「いらない」と手放した途端、モノに執着していた精神が解き放たれて、
新しいことにエネルギーを注げるようになるはず。

(中野善壽著『ぜんぶ、すてれば』より)