SBM


『SBM』の翌日は、予定を入れないようにしている。

今朝、ホテルで目覚めたら10時だった。11時間以上寝ていたみたい。起きてシャワーを浴びても、目が覚めず、身体が動かない。これほど気力・体力を振り絞るセミナー登壇は他にない。

-----

土曜・日曜の2日間、螢▲ΕД▲優梗辧AWARENESS)主催の『SBM』という経営者・起業家向けセミナーに登壇した。2日間で自分の夢・願望を実現させ、かつ、自分らしさがあり、絶対に儲かる事業を創り、事業計画をまとめ、それをプレゼンできるようになるまでもっていくという唯一無二のセミナー。どのセミナーも妥協することはないが、このセミナーは私にとっては特別なものであり、最高傑作のセミナー。

年2回実施しているセミナーだが、もう7回目の実施となった。過去6回、400〜500名の受講者と向き合ってきたが、そこで感じるのが、「自分の頭で考える」ということを放棄している人が多いということ。知識の詰め込みと暗記を強いられる受験勉強をやってきた人ばかりなので、「考える」ということをせずに、絶対的な解を求めようとする人が多い。だから、未知に遭遇すると、「考える」前に、「難しい」と答える。でも、ビジネスに絶対的な解はないだからこそ「考える」ということを習慣にしなければビジネスで成功することはない。なので、今回は、情報をインプットすることをゴールとせずに、「考える」「アウトプット」することをゴールにするように工夫した(つもり)。多面的に、全体的に、長期的に、リミッターを解除して、色んな角度からひたすら考え、自分の解を出す。そういう機会を提供できたのではないかと思う。

さらに、多くの経営者・起業家は「自分のしたいこと」をビジネスにしようとする。それは間違えではないのだが、それが社会や顧客から求められることでなければ、独りよがりで自己チューで頑固親父なビジネスになってしまう。だから、社会が何を求めているのか、顧客が何を求めているのかといった「外部環境分析」が非常に大切になる。ビジネスとは「環境変化対応業」であり、「社会」と「顧客」に串を刺しにいくことだともいえる。しかし、過去6回を振り返ると、多くの受講者はここが苦手。今回は「外部環境分析」に時間を割いた。

-----

今朝、目が覚めたら、多くの受講者からメール等で感謝のメッセージを頂き、多くの受講者がSNSにセミナーのことを投稿していた。冥利に尽きる。

今回受講してくれた方には、受講をゴールとせずに、これからも考え続け、弾を打ち続けて欲しい。そして、過去の受講者の多くがそうであるように、自分らしい壮大なビジネスのシナリオを描き、結果を出し、社会に貢献して欲しいと思う。必要なことは2日間ですべて伝えたと思う。

ビジネスで成功するかどうかは、知識量や能力や学力やIQなんて全く関係ない。圧倒的な行動力とスピードが全てを凌駕する。行動して欲しい。