LDSS_池田


以前も書いたが、私が師と仰いでいる人が2人いる。

このうちの1人は、私に「知」の土台を教えてくれた。

その師が、今日、永眠した。

数ヶ月前に大腸がんが見付かり、病気療養中だった。手術自体は成功したのだが、その後の抗がん剤治療により全てを奪い取られたのかもしれない。秘書の方から度々連絡を頂いていたが、「あと10日も持たないかも」と連絡をもらった翌日に永眠された。

-----

私の書籍を読んでくれた方や、私のセミナー(SBM)を出てくれた方はご存知の方が多いと思うが、「ビジネスシナリオMAP」というA4サイズ1枚でビジネスのドメイン(方向性)を明確化することができる究極のシートがある。これを考案されたのが、この師である(師から許可を頂き、書籍とセミナーで使用させて頂いた)。

「知」を図式化(図解)させたら、この方の右に出る者はいない。 これまで3000枚に及ぶシートを頂いたが、1枚1枚のシートが芸術であり、それらのシートが私の思考領域、思考法、発想法、鳥瞰力、編集力など、あらゆる能力を高めてくれた。師との出会いは、間違いなく私の人生を変えた。私を「天才」にしてくれたと思う。それくらい人生において影響を受けた人であった。本の読み方、ノートの取り方、生き様、すべてが異次元に思える人だったし、カッコ良かった。

師が亡くなっても、私の心の中では、師が憧れの存在であることには変わらない。

私のモレスキンに「夢」を50個書いたリストを貼り付けている。
そのうちの一つが、師の後継者になることだった。
直接引き継ぐ事ができないことは残念であり、無念である。

私はこれからも師を目指し、自分なりの「知のMAP」を作っていくだろう。

-----

池田教授、
これまで15年以上にわたり、本当にお世話になりました。
教授から頂いた西田幾多郎や本居宣長などの数々の書籍を形見とし、教授を超えることを目標に知を磨き、知を旅して参ります。そして、教授のメソッドを継承していきます。出会えたこと、指導して頂いたこと、一緒に学べたこと、生きる楽しさを教えて頂いたこと、全てに心から感謝申し上げます。「知のバケモノ」と15年も共に過ごせたことは、私の人生においてかけがえのない時間でした。

まだ現実を受け入れることができませんが、書きながら涙が溢れてきました。

安らかにお眠り下さい。