阪神大震災


阪神大震災から25年

今朝、目が覚めた瞬間に、『生きてるだけで丸儲け』と思った。

この日になると、この言葉を思い出す。
明石家さんまさんの娘 IMARUさんの名前の由来でもある。

25年前のあの日、地球がひっくり返るような揺れの最中に死を覚悟した。
戦時中の兵士もこういう状況だったんだろなぁと思う。
揺れがおさまっても、死の恐怖はしばらく消えなかった。
死に直面することにより人は生きる意味を問う。


阪神大震災


人生二度なし。
人生はいつ終わるか分からない。
誰しもいずれ死ぬし、それはいつか分からない。

であれば、

楽しいことを最優先に、
大切な人を大切にし、

もっとバカになり、
もっと行動し、
もっと幸せになる、

という生き方を「選ぶ」べき。

人生、楽しんでなんぼやと思う。


阪神大震災2


(※ 写真はいずれもネットから拝借した)