1週間が7日間で、土日が休日というのは、よく考えられてるなぁと思う。祝日があるだけで1週間のペースが崩れる。人混みが嫌いなので出かける気にもなれないが、生活リズムを崩さないように、とりあえずスタバで2時間仕事して、ジムに行って、サウナに入り、残りの時間はオフィスで読書に費やす。日が暮れる時間からオフィス周辺はハッピーアワーが始まるが、ジム通いをはじめて26年、「筋トレした日はビールを飲まない」というルールは守り続けている。筋トレした後のビールは美味いに違いないが、筋肉がつかないのだ(経験則による)。

-----

連休中、友達から写真が送られてくる。

まず一人目は、サウジアラビアから。サウジアラビアは、昨年9月に観光ビザが解禁された。最近仕事を辞めて失業保険受給中なのに、サウジかよ! 元旦にはミャンマーで初日の出を見ていたと思ったら、サウジかよ!

サウジアラビア


別の友達(自営業者)は、イースター島から。チリのサンティアゴ経由でイースター島入り。「めっちゃ遠かった〜」というメッセージ付き。そりゃ遠いわ。 さらにボリビアに向かい、ウユニ塩湖まで行くとか。湖面でジャンプしてる写真を送ってくれ。2週間程帰るつもりないようだ。あなた、仕事は!?

イースター島


最後はヨルダンから。ペトラ遺跡。なんでこんなところに日本人!

ヨルダン


そこそこ自由に生きているつもりの私も、旅をしている人には嫉妬する。他人と比べるつもりはないが、自分の知らない世界を歩いている友が身近にいることに嫉妬する。

堀江貴文さんが、こちらのサイト「本気で人生を遊び尽くせ」と言ってる。「常になにか理由を持ち出して、自分ができないことの言い訳にしている人こそ、人生を無駄にして生きている人だと思う」とも。禿同。嫉妬するならチケット取れよ! サウナに浸ってる場合か! と自分に言い聞かせる。

-----

旅友から、町田康さんの『しらふで生きる』というエッセイを薦めてもらった。30年間、1日も休まずに酒を飲み続けたのに、ある日(平成27年12月末日)「酒を飲むのをやめよう」と思い、そこから酒を断ったという話。以上。

それだけで1冊の本になるんだから、小説家ってすげーなーと、またも嫉妬した。これだけブログを書いてるが、どんなに努力したって私は小説家にはなれないと打ちのめされた。「酒をやめた」ってだけで10万文字も書けるか!

と、酒でも飲みたい気分を抑え、チケットを手配した。
もっと遊べ。もっと楽しめ。