clapham


今日は、行きつけのBARの店主と飲みに行った。

もう7〜8年前から通っている店で、店主とも長いお付き合いをしているが、一緒に飲みに行ったのははじめて。

いつもカウンター越しに色んな話はしていたので、お互いのことはよく知っていたが、じっくりと腹を割って話をする機会が持てた。

この店主のBARは開業9年目。私の会社は先日第10期決算を迎えたところ。10年間も同じ仕事に熱中できたことは幸せなことだと思うが、じゃぁ、この先10年間も同じ仕事に熱中できるかというと、お互い「それはない」と一致。

10年前に今の自分が想像できなかったように、今も10年後の自分は想像できない。まったく会計と関係ないことをやっているかもしれないが、考えても仕方ない。病気になった人が「余命○年」と宣告されることがあるが、自分たちはその余命よりも短いかもしれない。だったら、先のことを考えるよりも、いつも「余命1日」と思って、今日1日を全力で楽しむべきだ。人生は楽しんでナンボだ。

今日はそんな話になった。

楽しい1日だった。明日も楽しもう。