蜜蜂と遠雷


アポとアポの間が3時間ほど空いていたので、映画蜜蜂と遠雷を観に行った。映画館に行ったのは久しぶり。

原作は、史上初の直木賞と本屋大賞をW受賞した恩田陸の『蜜蜂と遠雷』原作を読んだ時、映画化して欲しいと思う一方で、映画化はムリじゃねーかとも思ったのだが、映画化された。

当然に原作通りではないので批判もあろうかと思うが、私は非常に良い映画だと思ったし、もう一度観たいとも思った。ネタバレになるから内容については触れないが、この作品から、音楽の美しさ以外に、色んな「ギフト」を頂いた。映画を観て「…って話だったのか…」と思う箇所が幾つかあった。

主演女優の松岡茉優さんという方を初めて知ったが、この女優の表情、演技力、鬼気迫る演奏にも引き込まれた。他のキャストも最適だと思う。

この映画はひとりで観に行ってよかった。
しばし、余韻に浸りたい。