今日読んだ本に、とても共感できることが書いてあった。

書くとは、思いを相手に伝えることでもありますが、自分のなかにあって、自分でも気づかない思いを感じ直してみることです。
(若松英輔著『本を読めなくなった人のための読書論』(亜紀書房、P40)より)

その通り。

私は、「暇ができたらモレスキン」、「暇ができたらモレスキン」、「暇ができたらモレスキン」・・・と、心の中で自分に言い続けている。

あらゆる情報を1冊のノート(私はモレスキンを使っている)にまとめている。思ったこと、考えたこと、気づいたこと、反省点、振り返り、気になった小説の一文、取っておきたい新聞記事・・・なんでもかんでも1冊のノートに書き留めたり、貼り付けたりしておく。そのノートは常に持ち歩き、常に読み返す。思考を脳みそに擦り込ませるように。単に読み返すだけではない。色んなページを行ったり来たりしながら、ある日の思考と、別の日の思考を、ツナいでみたり、合わせてみたり、ズラしてみたり、関係性を考えてみたり、境界線を見つけてみたり、B案を考えてみたり、抽象化してみたり、ということを繰り返していく。それが新たな1ページのネタになる。そうやって「知」は移動する。

ノートに向き合い、自分と向き合い、考え抜くという時間を持つことにより、思考が思想や哲学に昇華されていき、自分の軸が出来上がっていく。特に、ネガティブな出来事があった時や、ネガティブな感情になった時に、じっくりとノートに向き合うことにより、自分の思想や哲学が編まれるのではないかと思う。

だから、出来るだけノートに向き合う時間を確保するようにしている(私の場合は寝る前の時間に1日を振り返ることが多い)。



この本には、こんなことも書かれていた。

「読む」ことを始めるために準備していただきたいのは、誰かがすすめた「ため」になる本ではなくて、何も書いていないノートと使い慣れたペンや鉛筆なのです。
(前掲書P34より)

これも同意。遠回りにみえる時間こそ、人生にとって大切な時間だと思う。