プロネクサス様主催で開催してきました「決算早期化を達成する決算実務」セミナーが、毎回大好評につき18回目のアンコール開催(19回目の開催)を行うことになりました


決算早期化・効率化、残業削減、監査効率化・・・といった話もしますが、「真の経理部とは何なのか?」、「経理部をどう進化させるのか」という話もしていきます。


経理部員の研修の一環としてもご参加頂ければと思います。


▼決算早期化(30日開示)を達成する決算実務(第19回)開催概要
■開催日:2019年9月24日(火)13:30〜17:30
■会場:東京(プロネクサス社セミナールーム)
■ 講師:    
   武田 雄治:公認会計士/武田公認会計士事務所 代表
■講義内容:
(1) 決算早期化を実現した会社がやっていること
(2) 決算早期化を実現する『経理の仕組み』の作り方
(3) 決算早期化を実現するアウトプット資料の作り方、財務分析の方法
(4) 決算早期化を達成できない原因と解決策(単体、連結、開示)
(5) 会計監査の受け方、監査工数を削減する方法
(6) 決算属人化を排除して、「マクドナルド化」を実現する人材育成方法
(7) 決算早期化の成功事例の紹介、他社の経理部の最新動向
  ※講義内容は変更する場合があります
■受講対象者:財務・会計部門の担当役員、管理者、実務担当者


▼本セミナーの詳細・お申込みはこちら
決算早期化(30日開示)を達成する決算実務 第19回





セミナー来場者には拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』 を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)