姫路城

そうするつもりは全くないが、このブログが「旅ブログ」か「家出ブログ」のようになってきた。しかも、「城」とか「庭園」の写真が多いから、「80歳のおじいちゃんが書いてるブログみたい」とまで言われた…。そうなん?

しかも、この手のエントリーをする時は、総じてアクセス数が減る。「求められてないんだね〜」と分かっているのだが、書くことがないんだから仕方あるまい。

札幌から帰ってきて、姫路城に来た。
また「城」だぜ。
更にアクセス数が減りそうだ…。


姫路城

姫路には何度か来たことがあるが、姫路城の中に入るのは初めてのこと。内覧に1〜2時間を要すると言われてる。時間がある時にじっくりと見て回りたい、と思っていたら、この歳になるまで中に入る機会を逃してしまった。


姫路城

こういう場所に来たら、パンフレットは隅々まで熟読。
汗だくになりながら天守閣まで登った。やはり1〜2時間を要したが、あっという間だった。日本一の名城に相応しき素晴らしい建築物だった。「すごい」以外のコトバが見当たらない。ますます歴史に興味が湧いてくる。さらに、世界中からの観光客を受け入れる体制がキチンと出来上がっているところも関心した。こういうのは他の観光地も見習った方がいいと思う。


姫路城

近くで見ると、こんな感じ。美しい。


姫路城

城を後にして桜門橋を渡ると、日が暮れてきた。内堀もとても美しい。


姫路城

内堀沿いにある松の木、一本一本もまた美しい。個々の木の美しさにも感動するが、こんなところまで手入れが行き届いていることにも感動する。もっと早い時間に来て、こういうところも時間をかけて鑑賞すべきだと思った。


姫路城好古園

姫路城の敷地内に「好古園」という日本庭園がある。ここも是非鑑賞したいと思っていたが、閉園時間が早すぎる…。17時閉園ってなんなの…。シンガポールの庭園は夜中も開いてるぞ…。

今日は時間切れで入園を諦めたが、また来る楽しみができた。
I'll be back.