岡山後楽園

倉敷から自宅に帰る途中にJR岡山駅と通る。ならばと途中下車して岡山後楽園に行くことに。日本三名園のひとつ。昔も岡山後楽園に来たことがあるが、その時は金沢兼六園と比較しながら鑑賞してしまった。初めて兼六園を訪れた時のような感動がなく、静かに帰路についたような気がする。今回、改めて岡山後楽園をフラットな気持ちで入園すると、「うわぁーーすごい…」と思わず感嘆の声を上げてしまうほど感動した。細部に至るまで妥協のない「美」を感じる。


岡山後楽園

沢木耕太郎が「旅はなぞるな」とエッセイ集に書いている。その趣旨はすごく理解できる。私も旅をなぞらないようにしなければと思う。けど、実際は旅をなぞっている。なぞることにも意味がある。


岡山城

岡山後楽園に隣接して岡山城がそびえ立つ。先日広島で会った友達が、やたらと歴史や城に詳しく、事前に色んなことを教えてもらったのだが、私にはまだ城の魅力が分からん…。でもそういう「オタク」に出会うと知的な刺激をもらえる。


岡山城

なんかかんやと炎天下の中、数時間、1万歩以上歩き、今日も汗だくになった。

岡山駅できび団子とママカリを買って帰路についた。