縮景園

ぷらっと広島に来た。用事は早々に済ませ、半日観光。

日本庭園が好きなので、広島駅の近くにある「縮景園」に行ってきた。江戸時代の1620年に築成された庭園らしい。小ぶりながらも風情があり素晴らしい庭園だった。40度近い気温だったんじゃないかと思うが、日陰で涼みながら、絶景に見惚れてしまっていた。日本人で良かったと思う瞬間だ。周囲の高層ビル・高層マンションがなければ、尚良かったのだが…。


平和記念資料館

縮景園での余韻を残したまま「広島城」へ行こうかと思ったのだが、地元の人から「平和記念資料館がリニューアルしたから見た方がいい」と言われ、予定を変更して平和記念資料館へ。平和記念公園は毎年のように来るが、資料館に入るのは久しぶり。確かに展示物が変わった(増えた)ような気がする。

広島の平和記念資料館、沖縄のひめゆり平和祈念資料館、ホーチミンの戦争証跡博物館の3つは生きてるうちに必ず行くべき資料館だと思う。何度見ても衝撃が激しく、胸が苦しく、言葉を失う。国家の争い事は尽きないと思うが、一般人を犠牲にする戦争は絶対にすべきではないし、核兵器は地球上から無くすべきだ。戦争で幸い生き延びても、その子・孫へと遺伝し、今尚なんらかの後遺症に苦しむ人がいる。ホントの意味で日本から戦争や核が無くなるのは何十年も先の話かもしれない。

上の写真は平和記念資料館の前で撮ったもの。雲が綺麗だった。


平和記念公園

平和記念式典の準備中だった。8月6日まであと4日。この日に来たかったが今年は東京出張が入って日程を合わせられず。
ここも、原爆ドームの後ろにある商工会のビルとか何とかならんのか…といつも思う。歴史的建造物を守るなら、景観も守れよ。


ふみちゃん

広島在住の大学時代の友達と、なんと20年ぶりに再会し、「ふみちゃん」という広島焼のお店に連れて行ってもらった。友曰く、「ふみちゃん以外の広島焼を食べることはない」と。確かに美味かった。しかも安かった。

20年ぶりに再会しても、20年ぶりという気がしなかった。「3日前にも会ったっけ?」みたいな不思議な感覚だった。大学時代に「会計研究会」なる怪しいサークルに入り、一緒になり、4年間を共に過ごした仲ではあるが、当時の記憶はほとんどない。なのにこうやって再会できたのことが不思議でならない。でも、これまでの経験上、そうやって川の流れに身を委ねて何も考えずに会いに行った人とは一生の付き合いになることが多い。そうなることを祈る。