フェラーリ


毎日、PCを立ち上げて真っ先にやることが、「過年度の今日」何をしたのかをチェックすること。

日々の行動内容、仕事内容、執筆内容、読書内容、睡眠時間、快眠度、運動内容、歩数、体重、体脂肪、食事内容、気付き・感想等を数年前からエクセルシートに記録しているため、2018年6月15日、2017年6月15日、2016年6月15日・・・に何をしていたのか瞬時に分かる。毎日過去を振り返ると、5年なんて一瞬だと感じる。5年前のこの時期もIFRSコンサルティングに追われ、週末に弾丸でバンコクに行っていた。今と大して変わらん生活をしていることに凹まされる。目の前の時間は、自分を置き去りにして、恐ろしい速度で過ぎ去っていく。

同じように、5年後も一瞬でやってくるはずだ。5年後にも過去を振り返って「今と大して変わらんなぁ」と思うようではつまらない。人生に強制的な変化をもたらさなければと思う。変化を起こし、生き方を変えなければ、いつまでも今と同じことを自動反応によってやり続けることになる。朝起きたらPCの前に座るという自動反応こそ、最も変えるべき自動反応プログラムかもしれない。

私がめちゃくちゃ好きな言葉に、『しあわせとは、あなたの考えと言葉とおこないが、調和していること』(マハトマ・ガンジー)というのがある。以前読んだ『良心をもたない人たち』 (草思社文庫)という本の最終章に載っていた言葉。幸せとは、思考と言葉と行動が合致していることだと。自分が考えていることや、発していることと、行動を合致させなければならない。その一貫性が幸せの源泉となる。嘘や言い訳をしていて幸せになれる訳がない。

変化を起さねばと思う。5年後の日記に何を書くかは、今の自分の思考と言葉と行動とセルフコントロールによって決まると思うから。


(※ 写真は、1年前の2018年6月15日に納車されたフェラーリ。本文とは何の関係もない。)