宇宙に命はあるのか


書店でこの帯を見て購入。

この本は超オススメ
夢を追い求めてる人は読んで欲しい。
夢を諦めてる人も読んで欲しい。
上の写真の帯にもあるように、子どもにも読ませたい一冊。

この世に存在するものは、先人がイメージしたものがカタチになったもの。イメージできないものが実現することはない。アインシュタインはこのように言っている。

Imagination is more important than Knowledge.
  (イマジネーションは知識より大事だ)

人間が宇宙に飛んだのも、月に到達したのも、先人がそれを強くイメージしたから。

しかし、宇宙の138億年の歴史を1週間に縮めてみると、人類が月に到達したのは7日目の23時59分59.9979秒のことであり、人類は宇宙のことをまだ何も知らない。銀河系にある約1000億個の惑星のうち、無人探査機を送り込んだものも含め、人類が近づいた惑星はいまだに8個しかないのだ。

知りたくないだろうか。 宇宙には何があるのか? 地球外生命体は存在するのか? 我々は何者なのか? 我々はどこから来たのか? 我々はひとりぼっちなのか? といったことを。

これまで多くの人がイメージした。1865年にジュール・ベルヌという人が書いた『地球から月へ』という小説はベストセラーになった。その本に影響を受けたロバート・ゴタードという人は、1926年に世界初の液体燃料ロケットを打ち上げた。飛行時間は2.5秒、到達高度は12mだったが、ゴタードは生涯にわたってロケットの改良を続けた。彼は宇宙への夢を果たせなかったが、彼のイメージは後世に引き継がれ、1969年にアポロ11号が月に向けて飛び立った。今、NASAには数万人が勤務しているという。著者もその一人だ。

たった「0.003秒」の間に、多くの科学者、技術者、政治家、小説家等がひとつのことに熱狂するのはなぜか。その原動力はなにか。それこそがImaginationなのだ。誰も知らないことを知る方法はひとつしかない。イマジネーションだ。

本書は、この「0.003秒」の人類のイマジネーションと宇宙探査の旅路、そして未来への旅の予見が詰まった1冊。最初から最後まで、ワクワクが止まらなかった。驚くことに、あと20年もすれば、我々は何者なのか? 我々はどこから来たのか? 我々はひとりぼっちなのか? という問いへの答え・ヒントが得られるかもしれないという。

人類のチカラは無限だと激しく感じる。

上述のジュール・ベルヌはこんな言葉を残したと言われている。
「人が想像できることは、すべて実現できる。」

ひとりの強烈なイマジネーションは、複製され、増殖され、人から人へと広がって、やがて実現するのだ。ひとりの人間が生きている間に成し遂げられることなんて、たかが知れてるかもしれないけど、大きな夢を持ち、ひとつの夢を追い求めることは大切なことであり、素敵なことだ。

色んな意味で壮大なスケールの本だった。久しぶりに何十冊と購入して、色んな人に配りたいと思った本に出会えた。感謝!