SNSを見てたら、非常に嬉しい投稿がありました。

「本日、株式会社〇〇は法人設立30周年の記念日を迎える事が出来ました!」という同社社長さんの投稿。この会社は、私の独立した2005年にコンサルティング契約をした中小企業です。独立したばかりの頃は、来るもの拒まず、中小企業の会計や経営コンサルティングも結構やっていました。

社長さんから「税理士に任せっきりで数字が何も分からない」、「税理士は年に1度しか決算の報告をしてこない。月次で決算をみたい」と依頼を受けました。月次決算をやるだけでなく、財務分析をし、毎月訪問して問題点を説明し、改善点・改善計画を立て、また翌月に月次決算の分析をする・・・ということ毎月毎月やっていきました。PDCAサイクルを毎月回していくような感じです。

契約受嘱時は資金繰りを圧迫するほどの多額の借金を抱えており、一時はホントに資金ショートをしそうになり銀行に駆け込んだこともありました。東日本大震災の時は連鎖倒産しかけました。何度も崖っぷちを乗り越え、負債も減らし、B/Sもキレイにしていきました。

社長さんからは「私が一人でどんなに努力したって、こうはならなかった」と言ってくれ、結局7〜8年サポートしたと思います。おそらく、一番長い期間サポートした会社だと思います。

私のサポートを離れてから、どうなっているのか気にはなっていましたが、その後も順調に経営され、設立30周年を迎えられたというのは非常に嬉しいことです。また久しぶり訪問してみようと思いました。