今日が1年の折り返し。7月になると「もう1年の半分が過ぎたのか」と思うと同時に、「独立して〇年が経ったのか」と、しみじみとあの日を思い出します。

2005年7月4日

私が独立し、事業を開始した日です。アメリカの独立記念日と被っているのはたまたまです。それまで働いてきた会社を6月末に辞め、翌月曜日が7月4日だった、というだけの話。

3年前、こんなことを書きました。ここでも書いた通り、独立してしばらくは波瀾万丈でした。たくさんの傷を負いました。思い出したくもないことばかり。

いろんなことを経験し、仕事においても「自分らしさ」を追求することがどれだけ大切かということを学びました。うまくいかないのは、「自分らしさ」を見失った時か、感謝を忘れた時かです。

自分は本当はどうしたいのか? 
今日やっていることは本当に自分がやるべきことなのか?
 

そういったことを問い続け、時間の使い方、環境、人間関係を変えていかなければならないと、今以ても感じています。


【関連記事】
2016/7/13 やがて哀しき起業家たち
2017/6/9 長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか。