上場企業の多くは3月期決算。4月〜5月が会計監査の繁忙期。なので公認会計士はゴールデンウイークなんて無い。替わりに閑散期に長期休暇(といってもせいぜい1〜2週間)を取る。

ってのが標準的な公認会計士かなと思います。

しかし、私は監査法人時代から今まで、ゴールデンウイークにアポイントが入ったことがありません。監査法人時代は休日も深夜も関係なく働きまくったのに、何故かゴールデンウイークだけは暦通り休みました。今年も暦通りです。もちろん、多くのクライアント様は決算中ですからその対応はしておりますが、人混みが嫌いなので外出する予定もありません。何のアポイントもない「金のなる週」を有意義に過ごします。