鳩の撃退法


これは最高に面白い小説でした!

読んで直ぐに帯の意味が分かります。
こんなの書ける人、ホンマすごい。

内容はネタバレになるので伏せますが、『見聞きした”現実”の出来事を”小説”に書いている』という小説家が主人公のお話し。リアルとフィクション、現実と虚構、あっちとこっち、を行ったり来たりし途中で「訳分からん!」と思わせるのですが、でもリアルと思っている話もフィクションな訳で、何か試されてるような感覚にもなりましたが、最後には”現実”を分からせるという手法は衝撃。

久しぶりにこんな小説を読みました。オススメです。




鳩の撃退法 上 (小学館文庫)
佐藤 正午
小学館
2018-01-04


鳩の撃退法 下 (小学館文庫)
佐藤 正午
小学館
2018-01-04