私のクライアントの経理部長は転職する』という話を、昨年6月に書きました。

ここで書いた経理部長さんと久しぶりに食事をしました。かつてのクライアントの経理部長さんが、転職されても私を指名してくれるってことは、心から幸せだと感じます。

これまで数十社の上場企業と取引をさせて頂きましたが、正直いってイヤな想いをしたことも多くあります。なぜ、自分が好きな仕事をやってイヤな想いをするのか・・・って考えた時期がありましたが、まぁなんとなく結論は分かっています。クライアントと会社対会社(BtoB)の関係だとうまくいきませんね。個人と個人の関係(CtoC)でなくては。1人で仕事をするようになってから気付いたことです。私が絶対に組織化しないと決めているのはそういう理由です。

上の経理部長さんも「私がどこの会社にいるかなんて関係ないですよ。私と武田先生との個人と個人の取引と思っていますから、これからもずっとよろしくお願いします。」と、もう涙出そうでした。目の前のプロジェクトのお話しよりも、それが終わった後の話で盛り上がり、それがまた幸せなヒトトキでありました。

おこがましい言い方に聞こえるかもしれませんが、クライアントの担当者と『同志』と言い合える関係が私の理想です。