1月に入ってから、外食がやたらと多い。

忘年会はほとんどなかったものの、新年会という名目の(?)会食がしばらく続きます。

-----

大学の平松ゼミの後輩の会計士Y氏は、彼が会計士を志す時や、会計士試験に合格した時など、その時々に進路の相談に乗ってきた。お節介もあったと思うが何度も背中を押してきた。年末年始の帰省中に時間を作って会いにきてくれた。昨年、新たな世界に飛び込んだとの報告を受けた。

KPMGの後輩 A氏は、10年程前に「監査法人を辞めたい」と私に相談しにきたことがある。まだ20代だった A氏に「監査法人から享受できるものがあるなら今の仕事を続けろ」とアドバイスした。A氏は今でも監査法人でバリバリに働いている。今は私が教えてもらうことも多い。彼も年末年始の帰省中に時間を作って会いにきてくれた。今年、新たな世界に飛び込むとの報告を受けた。

某上場企業役員のM氏は、(SNS上で見ているので)頻繁に会っている気がするが、久しぶりにお食事の機会を頂いた。同じ関西人であり、同じ大学の先輩でもある。国境など関係ないという想いもあるが、根底には関西や母校を盛り上げたいとか、貢献したいとか、そんな気持ちはある。M氏と一緒にそれができればと思う。上場企業役員でありながら、私のブログが「数少ない情報源」と言ってくれたのは嬉しい。

私を会計と会計士の道に導いてくれた高校・大学時代の先輩のK氏は、海外からの一時帰国の貴重な時間に私を誘ってくれた。それだけでも嬉しいが、今年始めようとしている新しいビジネスにチカラを貸して欲しいとの提案を受けた。私にとっては(永遠の)恩人であるK氏。何らかの形で恩返しがしたいと強く思う。

KPMGの同期(2人)とも会った。1人は投資会社勤務、1人はコンサルティング会社経営者。昔の同僚が集まると、「あいつは今何している??」「最近誰と会った??」的などうでもいい昔話に終始することが多いが、この2人は今と将来の話しかしなかったことが居心地良かった。久しぶりに会った私に仕事のオファーももらった。断る理由もないので快諾したが、翌朝には私がビジネスパートナーとして必要である理由が長々と書かれたメールを送ってきてくれた。仕事の内容より、この気持ちが嬉しかった。昔の戦友と再びタッグを組めることも嬉しい。

-----

会食はまだまだありましたが、これくらいにしておきます。

私は1人で仕事をしていますし、スタッフを雇うことは永久にありませんが、私という人間は、人と人との妙な縁によって編まれていると感じます。私の好きなコトバに「縁尋機妙」「多逢聖因」というものがあります。良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展していく様は誠に妙(たえ)なるものがあるということ、また、良い人に交わっていると良い結果に恵まれるということです。恩を受け、恩を返す。この繰り返しでここまできたような気がします。「人脈」っていうのは、そうやって発展していくものだと思います。