今日は成人式。

私の住んでいる市は、市長がマスコミで騒がれてます。

それを受けて、「市民として恥ずかしい」とか、「辞めろ」とか言っている市民がいるようです。アホちゃうかと思います。

騒がれている原因を作っているのはマスコミで、そのマスコミが面白おかしく記事を書いて、炎上させているのです。一連の報道を真っ先にネットで配信した新聞社は、配信した直後に記事の内容を摩り替えています。摩り替える前の記事が消されましたので確認出来ませんが、私の記憶では、最初は新聞社に否がある(=記者が休暇中に市長の自宅に押し掛けた)ような報道をしていましたが、摩り替え後はこの部分が削除され、市長が記者に暴言を吐いたという内容を前面に押し出しています。マスコミはこういうことを平気でやるんですね。

ちなみに、この新聞社は、成人式の直後も、「成人式で暴言には触れず」みたいなことを記事にしています。ワイドショーか。。。

議員ってのは世間から監視される立場にありますから、マスコミが取材するのは仕方ないとしても、議員のちょっとした一言(だけ)を持ち上げ、そこを膨らまし、事実を歪めた報道をし、個人を攻撃し、炎上させ、アクセスを稼ぐというやり方は共感できません。

我々としては、報道と事実を見極めることができる大人にならなければなりません。

--------

そんなこんなで、アンチ市長の市民も多いようですが、私は支持しています。そんじょそこらの国会議員よりもよく働き、結果をだしているんじゃないかと思います。情報開示も積極的です。彼のブログはほぼ全て目を通していますが、非常にクレバーで、正義感・行動力があるリーダーだと思います。

今日の成人式が終わった直後も、この市長は自身のfacebookやブログで式辞を掲載してくれています(こういうことを当たり前のようにやるところも共感しております)。

全て読んで欲しいですが、一部のみ抜粋します(全文は彼のブログでご覧下さい)。
特に、若い人には「熟読」して欲しい。

私が若い人に言っていること、そのまんまです。

さて、新成人の皆さんは、もうとっくに有権者でもあり、
すでにお仕事なさっている方、お子さまおいでの方もいらっしゃいますが、
世間では「若い」と扱われがちです。
ですから、年上の人からのアドバイスをしばしばお受けすることになります。
それは、もちろんみなさんのへの愛からくるモノではありますが、
ハタチのみなさんが大事にすべきことは、
必ずしも年上の人のアドバイスではありません。

たとえば、年上の人たちが「無理だ・やめておけ」と言ったりします。
その人は、あなたがその挑戦に破れて失敗すること、
そして、その失敗があなたを大きく傷つけることを心配して
そう言ってくれているのです。あなたへの愛ゆえにです。
彼は彼の経験上、あなたの挑戦が失敗に終わると思っているのです。

でも、その人が「無理だ」と言うのは、
「その人にとって無理」だっただけで、あなたには可能かもしれません。
その人の限界より、あなたの限界がもっと遠いところにある可能性は
じゅうぶんにあります。
また、たとえその人の言うように、あなたが失敗したとしても、
その失敗したところから、次の挑戦をすればよいだけの話です。
失敗して、傷ついて、だいじなものを失って、
そして、そこからどうするのかこそが、
あたらしい価値を生み出せるかどうかなのです。

経験に基づく先人の言葉が価値を持つことも、ときにはありますが、
彼らの言葉に束縛されることなく、
自らで判断し、新しい価値を創造することのほうが重要です

自分で決断し、自分で挑戦し、自分で失敗し、自分で這い上がり、
自分で限界を超え、自分で常識を疑い、
自分で新しい価値を創造し、自分で恋をし、
自分で血と汗を流し、自分で幸せをつかむ、
自由と責任があるんだという希望を、
きょう成人式で新たにしてもらいたいと思います。

(以下省略)


【関連記事】
2017/7/3 想像できないものは手に入らない