以前、私のコンサルティングの仕事は「外科手術」のようなものだと書きました。基本的に1年契約をさせて頂いており、常に並行して何件もの外科手術を施行しています。

「どのようにプロジェクト管理をしているのか?」という質問を頂くことがありますが、かなりアナログな方法で管理してます。以前はホテルの枕元にあるメモ用紙をTo Do Listにして管理していました(具体的な方法はこちらの本の第5章に書きました)。昨年からは、書店で売ってる「yPad half X」というものを使って管理しています。これ、アナログ派には超オススメ。この「yPad」のお陰で、多くのプロジェクトの可視化とタイムマネジメントを同時に達成することができました。


yPad half X
寄藤文平
朝日新聞出版
2016-09-20




まず見開きの左側のページはこんな感じで、タイムマネジメントができるようになっています。6時〜25時まで書き込めるようになっている点は非常に有難い。

プロジェクト管理


見開きの右側のページはこんな感じで、プロジェクト管理ができるようになっています。15個のJobが書き込めるようになっています。同時並行で行うJobは15個もありませんので、これで十分。

プロジェクト管理2


このように、見開き1ページで、1週間分のタイムマネジメントプロジェクトマネジメントが同時にできるのです(なお、見開き1ページで2週間分、1か月分のマネジメントを達成できる大型サイズの「yPad」も売ってます。)。

上のマネジメントのページの次のページは、このように方眼のページが付いており、これも非常に有難い。見開き1ページ目で管理をし、2ページ目でメモを取ることができますので、手帳や日記代わりになるというわけです。クライアント様とのやり取りを備忘的に書き留めておくこともできます。

プロジェクト管理3


この「yPad」の使い方を書いたページもあります。

プロジェクト管理4


プロジェクト管理5


大型書店に売ってますので、興味ある方は手に取ってご確認ください。