今日は、中央経済社の編集長さんにお誘い頂き、日本酒の美味しいお店で杯を交わしました。

私が1冊目の本『決算早期化の仕組みと実務』を上梓したのが2009年ですが、その時から今に至るまで、中央経済社で上梓した書籍は(1冊を除き)すべて編集担当をして下さっております。この編集長との出会いがなければ、今の私はありません。

2009年以降、毎年何かしらの原稿を書いていましたが、今年は全く原稿を書いていません。原稿を書く(=本を出す)というのは、私にとっては「社会に足跡を残す」ということであり、「やりたい」「やれたらいいなぁ」というレベルの話ではなく、「やらなければならない」行為ですが、今年は湧き上がってくるものがありませんでした。

出版点数の多い中央経済社にとって、1年以上原稿に向かっていない私のような人間は抹殺されてもおかしくありません。そんな私を誘って頂き、「武田先生にしか書けないことがあるんだよ」、「思いの丈を原稿にぶつけてみてよ」と編集長直々に言ってくれるのは、感謝感激雨あられです。

なんだか嬉しくて、2人で10合(1.8039ℓ)くらい飲んだかもしれません。久々にへべれけに酔いました。