時々、「1日48時間くらい欲しい」と思う時があります。
先週がそうでした。

武田公認会計士事務所、黒字社長塾、バックオフィスサービス・・・と、問い合わせが殺到し、その対応に追われていました。嬉しい悲鳴です。

こういう時は、(以前も書いた通り)自分に「忙中閑あり」と言い聞かせています。忙しい中にも閑寂な時間は必ずあるものです。そして、気が付いたらいつも通りの静かな日常に戻っていく。

忙しくても、労働時間を増やして乗り切ろうとか、睡眠時間を削ろうとか、全く思いません。「優先順位を決める」「初速度を上げる」ということをやれば、生産性や回転率は上がります。

毎日、本を読む余裕くらい持っておきたいと思っています。


【関連記事】
2017/6/5 物事を先送りしていると必ず大きなツケが回ってくる